脳裏にこびりつく!ディズニーキャラクターの酷い死に方10選

2017年7月6日更新

ディズニーアニメは人々に夢と希望を与えてくれますが、悪いことをしたヴィランに対して容赦ない制裁を与えます。中にはディズニーとは思えないほど残酷な死も描かれているようです。今回はディズニーキャラクターの酷い死に方10選を紹介します。

1.アースラの悲惨な最後!?『リトル・マーメイド』(1990)

リトルマーメイド

『リトル・マーメイド』(1990)に登場するヴィラン“アースラ”はかなり無残な死を遂げます。

リトルマーメイド:アースラ

映画終盤、トリトンを脅してトライデントを手に入れたアースラは巨大化、それが仇となります。アースラはエリック王子が操舵する船に腹を貫かれます。その後雷に打たれ、けたたましい叫び声を上げて海の藻屑になってしまいました。

2. スカーの悲惨な最後!?『ライオン・キング』(1994)

『ライオンキング』

『ライオン・キング』のスカーは王ムファサを殺した上にその罪を息子シンバに背負わせた極悪非道なキャラクターです。

ライオンキング:スカー

映画終盤、シンバとの壮絶な戦いに敗れたスカーは崖から転落、それまで見下していたハイエナたちにリンチに遭って死亡しました。

3.シャン・ユーの悲惨な最後!?『ムーラン』(1998)

ムーラン

『ムーラン』(1998)のシャン・ユーは残忍な性格で邪魔ものは躊躇なく消すフン族の長です。

剣で柱を真っ二つにするほどのパワーを誇るシャン・ユーでしたが、機敏さはムーランが上でしたが、ムーランがシャンの剣を奪った後、赤い竜ムーシューが花火をシャンめがけて飛ばします。シャン・ユーは花火と共に派手に爆死しました。

4.クレイトンの悲惨な最後!?『ターザン』(1999)

ターザン

『ターザン』(1999)のクレイトンはゴリラを狩るために旅に同行した狡猾な男です。

ターザン:クレイトン

映画終盤、クレイトンはジャングルで敵なしのターザンに無謀にも立ち向かいました。もちろんターザンに敵うはずもなく、蔦にからまって身動きが取れない状態に陥ってしまいます。

蔦を1本、また1本とナイフで切っていくクレイトン、身体を支えていた蔦がついになくなります。最後はまさしく自ら首を絞めて息絶えてしまいました。

5.ガストンの悲惨な最後!?『美女と野獣』(1991)

『美女と野獣』

『美女と野獣』(1991)に登場するガストンは自信家でナルシスト、いつも自慢話ばかりしている男です。

『美女と野獣』 ガストン

映画終盤、ガストンは城の上で野獣の背中を刺すことに成功します。しかし、あっさり野獣に振り払われて針山に落下、無惨な死を迎えました。

6.シンドロームの悲惨な最後!?『Mr.インクレディブル』(2004)

ディズニー:Mr.インクレディブル

『Mr.インクレディブル』(2004)のシンドロームはスーパーヒーローファンをこじらせて悪に堕ちてしまったむなしいキャラクターです。

Mr.インクレディブル:シンドローム

映画終盤、シンドロームは悪魔と化した赤ちゃんジャック・ジャックにボコボコにされてしまいます。その後、Mr.インクレディブルの投げた車が直撃、飛行機のジェットエンジンに吸い込まれて死亡しました。

7.『ノートルダムの鐘』(1996)

『ノートルダムの鐘』

『ノートルダムの鐘』のフロローはカジモドやエスメラルダ殺害を目論む邪悪な最高裁判事です。

ノートルダムの鐘:フロロー

映画クライマックス、フロローはガジモドとエスメラルダを搭の上から落とす寸前まで追い詰めますが、足場が崩れて立場が逆転してしまいます。フロローは燃え盛るマグマへと落下して死亡しました。

8.暴徒Aの悲惨な最後!?『美女と野獣』(1992)

『美女と野獣』

『美女と野獣』(1992)のキャラクター“ワードローブ”はおそらく家具の中で最強のキャラクターです。

城に入り込んできた暴徒をボディプレス一撃で仕留めるほどの攻撃力を誇っています。ワードローブの下敷きとなった暴徒は二度と起き上がることはありませんでした。

9.コンバット・カールの悲惨な最後!?『トイ・ストーリー』(1995)

40ピース 子供向けパズル トイ・ストーリー おもちゃがいっぱい チャイルドパズル

『トイ・ストーリー』(1995)にはピクサー史上最恐のサディスティックキャラクター”シド”が登場します。 コンバット・カール

そのシドの犠牲となったのが兵隊人形コンバット・カールでした。シドはカールに爆竹を取り付けて粉々に爆破してしまいました。

10.ホーンド・キングの悲惨な最後!?『コルドロン』(1985)

ディズニー:コルドロん

『コルドロン』(1985)に登場するヴィラン“ホーンド・キング”は死者の軍隊を率いる恐ろしい魔王です。 コルドロン:ホーンド・キング

映画クライマックス、ホーンド・キングはディズニー映画史上最もグロテスクな死を迎えることになります。

緑の光に吸い込まれながら、皮が骨から剥されるホーンド・キング。最後は血しぶきを上げて爆発してしまいました。