2019年4月18日更新

ウィル・スミスを知るための7編のトリビア 青すぎなジーニー役で人気再燃!?

WENN.com

実写版「アラジン」ではジーニーを演じた際の真っ青な姿が話題を呼んだウィル・スミス。『インデペンデンス・デイ』『メン・イン・ブラック』など数々のヒット作で知られる彼ですが、妻の整形や息子との共演など話題が尽きません。今回は彼についてもっと詳しくなれるトリビアを7編にまとめて紹介します。

ウィル・スミスについて、どれくらい知っていますか

超人気俳優のウィル・スミス。「ウィル・スミスってだれ?」なんて言う人はいないほど日本でも有名ですよね。2019年公開の映画「アラジン」で実写版ジーニーを演じる姿は、SNSで彼の人気を再燃させました。 この記事では彼に関するトリビアを7編にまとめて紹介していきます。プロフィールから家族のゴシップ、代表作の裏話、プライベートなど……、あなたはいくつ知っているでしょうか。

1.ウィル・スミスのプロフィール

まずはウィル・スミスの誕生から、俳優として成功を収めるまでを辿ってみましょう。

ウィル・スミスはアメリカの俳優・ミュージシャン・映画プロデューサーです。出演する映画が次々とヒットを飛ばし、ハリウッドを代表する俳優の1人に挙げられるウィルは、1968年9月25日にアメリカのペンシルベニア州フィラデルフィアで生まれました。 家族構成は教育委員会に勤める母と、冷却装置の技師である父。それから4歳上に姉が1人と、3歳下に双子の弟と妹がいます。両親はウィルが13歳の頃から半ば離婚状態にあり、2000年頃には完全に離婚してしまったそうです。 1990年ウィル・スミスはアメリカのシットコム(シチュエーションコメディ)『ベルエアのフレッシュ・プリンス』で俳優デビューを果たすこととなります。エグゼクティブプロデューサー“クインシー・ジョーンズ”によると、ウィルは本作に出演するまで全く演技経験がなかったそうです。 しかし、クインシーはわずか15分の本読みでウィルに演技の才能があることを見抜いたと語っています。 ウィル・スミスがエンタメ業界を目指すきっかけは15歳の時の苦い経験だったようです。15歳の時に彼女に浮気されたことをきっかけに、エンターテイナーになることを志したそう。

ミュージシャンとしての一面も

16歳の時に同じくフィラデルフィア出身で、10歳の頃からDJとして活動しているジャジー・ジェフに出会い、ラップ/ヒップホップデュオであるDJジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスを結成。1989年に楽曲『ティーンエイジャーの主張』でグラミー賞を獲得しました。

その後1991年にリリースしたシングル『サマータイム』では2度目のグラミー賞とBillboard Hot 100で4位を獲得しています。主な活動は1994年までですが、その後も何度か再結成という形で楽曲を発表しており、ジャジー・ジェフとは今でも親友です。

実はギネス記録保持者

2005年、ウィル・スミスは『最後の恋のはじめ方』のプレミアでマンチェスター、バーミンガム、ロンドンと3つのレッドに連続して登場しました。 ギネスワールドレコードは12時間で最も公衆の面前に現れた人物として彼を認定しています。

ドル箱スター!金遣いが荒いウィル・スミス

2002年『メン・イン・ブラック2』~2008年『ハンコック』までの間、ウィル・スミスは興行収入100億円突破映画に連続出演していました。2008年には「最も稼いだ俳優番付」で1位になるなど、その稼ぎの額でも有名な俳優です。8作連続で全米興行収入1億ドル越え、11作連続で全世界興行収入1億5千万ドル越えを記録した俳優は、世界でウィル1人とのこと。 そんなウィルですが、1988年から1999年頃はお金を惜しみなく使ってしまうタイプで、税金もきちんと払っていませんでした。アメリカ合衆国内国歳入庁によると、当時ウィルの未納税金総額は約3億。多くの財産や給料が差し押されられていたそうです。 そんな中で出演が決定した『ベルエアのフレッシュ・プリンス』の成功で窮地を脱し、世界1のムービースターになることを誓います。

2.ウィル・スミスの結婚生活

一見幸せそうなスミス夫妻。しかし、世間ではいろいろな噂が飛び交っています。

ウィルは1992年にシェリー・スミスと結婚して息子トレイを授かりましたが、1995年に離婚。1997年に再婚した女優のジェイダ・ピンケットとはおしどり夫婦として知られ、2人の間には息子のジェイデンと娘のウィロウがいます。 1990年からウィル・スミスはアメリカのシットコム『ベルエアのフレッシュ・プリンス』に出演していました。その時、ウィルは現在の妻ジェイダ・ピンケットと出逢っています。ジェイダは本作でウィルのガールフレンド役オーディションに参加していたそうです。オーディションには落選したものの、その後ジェイダはもっと大きなものを手に入れることとなりました。   これまでに何度か離婚報道が流れているウィルとジェイダ。理想の夫婦像を演じるのに疲れているのではないかと噂されていますが、2015年に二人は報道を否定。確かに破綻寸前の時期もあったと認めた上で、今でも良い関係を保っているそうです。

ジェイダの顔が変わった?

ウィル・スミスの妻ジェイダの顔が変わったと話題になっています。顔全体にハリがでていて、整形顔が目立つようです。世間ではジェイダの変わりように対して、賛否両論があるようです。しかし、「不自然だ」という声がやはり多いよう。

3.「親バカ」として有名なウィル・スミス

ウィル・スミスは親子共演が多いことで知られていますよね。

近年、ウィルの子供達がその才能を開花させて話題になっています。息子であるジェイデンとは『幸せのちから』で共演。ジェイデンの高い演技力が認められると共に、ウィルは2度目のアカデミー賞ノミネートを果たしました。ジェイデンはその後も俳優やモデルとして活躍しています。 また、『アイ・アム・レジェンド』では娘のウィロウと共演。彼女は2010年から音楽活動を開始しており、シングル『ホイップ・マイ・ヘア』はBillboard Hot 100で最高11位を獲得。モデルとしても活躍しています。才能あふれる子供達ですが、ウィルは思春期の彼らに少し手を焼いているのだとか。 それ以前にも97年にリリースしたシングル「Just The Two Of Us」のミュージック・ビデオで、前妻との間にもうけた息子トレイと共演しています。

4.代表作にまつわるトリビア

ここからは映画にまつわるトリビアを紹介します。代表作である『インデペンデンス・デイ』、『メン・イン・ブラック』にはこんな裏話が。また「青いウィル・スミス」の姿が衝撃的な、映画「アラジン」でのジーニー役についてもピックアップしています。

「スター・ウォーズ」を参考に演じた『インディペンデンス・デイ』

ウィル・スミスは『インデペンデンス・デイ』(1996)でスティーヴン・ヒラー大尉役を演じていますが、このキャラクターは『スター・ウォーズ』のハン・ソロを参考にしていたそうです。 『インデペンデンス・デイ』でヒラ―大尉を演じたウィルですが、彼が気を失っている宇宙人を引きずるシーンは、米国ユタ州の北部にあるグレートソルト湖に近い塩類湖底で撮影されました。グレートソルト湖には海エビが生息しており、海エビは死ぬと体が湖底に沈み分解(腐敗)しますが、風が吹くとなんとも言えぬ悪臭を放ちます。 エイリアンに向かって「And what the hell is that smell? (なんだよこの臭いは?)」というセリフはそんな激臭に耐えかねて出たアドリブだったそうです。

『メン・イン・ブラック』ではエイリアンについて研究していた

『メン・イン・ブラック』での役作り

『メン・イン・ブラック』での役作りのため、ウィルはラスベガスで開催されたエイリアン・エンカウンター・コンベンション(alien encounter convention)に参加し、エイリアンに関する知識を少しでも吸収しようと務めたそうです。 『メン・イン・ブラック2』でもウィルは台本にないセリフを披露し、私たち観客を楽しませてくれています。特に「Actually it came with a black dude, but he kept getting pulled over (前は黒人の運転手だったけど、高級車に乗ってるせいか怪しまれて警察に止められまくる始末でさ)」と人種ネタをジョークにしたセリフはプロデューサーのお気に入りとなり、予告編の一部に組み込まれました。

『メン・イン・ブラック』と『アイ・アム・レジェンド』の意外な関係性

『メン・イン・ブラック』でジェームズ刑事が 跨線橋からバスに飛び乗るシーンですが、あれはマンハッタンにあるパーシング・スクエア・ブリッジ(Pershing Square Bridge)で撮影されました。実はこの場所、『アイ・アム・レジェンド』で主人公ロバートが感染された犬に襲われるシーンが撮影された場所でもあるんです。

青いウィル・スミス!?「アラジン」ジーニー役が話題に

実写版「アラジン」でウィル・スミスがジーニーを演じるということで話題になりました。劇中での「青いウィル・スミス」の姿が面白いと、SNSで拡散されましたね。見た目はウィル・スミスそのまんまですが青い姿は確かにショッキング。しかし、ジーニーの姿が結構似合ってますよね。

5.その他の出演作にまつわるトリビア

数多くの作品に出演し、成功を収めているウィル・スミス。その中から厳選したトリビアを紹介します。

シドニー・ポワチエの息子に?

『私に近い6人の他人』でウィル・スミスはポールという青年役を演じていますが、このポールは名優シドニー・ポワチエの息子と名乗る謎の多いキャラクター。世間を彼は本当の息子なのでは?と思わせるほどウィルの演技は素晴らしく絶賛されました。実は私生活で彼がシドニー・ポワチエにはじめて会った際に、黒人を代表する往年のスターから「僕の息子になるのに十分ハンサムな顔立ちをしているね」と言われたそうです。

ウィル・スミスVSマイケル・べイ監督

『バッドボーイズ』でウィルが演じるマイクが相棒のマーカスに最後に言うセリフ「I love you」を言うか言わないをめぐり、マイケル・ベイ監督とウィルはバトルを繰り広げました。ベイ監督は言うべきだとウィルを説得し、彼もそれに納得していましたが、そのシーンの撮影日当日になってウィルは監督の意見に再度反発。何時間も監督と論争を繰り広げる結果になりました。しかし撮影時間があと15分しか残っていない状態になり監督もお手上げ状態、そこでウィルは緊迫した雰囲気から解放され言うことを決意したそうです。

まだまだあった面白アドリブ

『エネミー・オブ・アメリカ』の撮影時、ウィルはドラマチックな場面で周囲に笑いを誘うおもしろいセリフをどうしても言いたい衝動にかられたんだとか。ジーン・ハックマンとのやりとりでは、「俺には週末になると女装したくなる趣味があるの。食べられるパンティは男をビンビンにさせる最高のアイテム」などと即興のアドリブを披露しています。

モハメド・アリに成りきった陰の努力

『ALI アリ』では、モハメド・アリに成りきるため、ウィルは体重を20キロ近く増やし長期間のトレーニングを行い伝説のボクサーを熱演しています。劇中でジョージ・フォアマンを演じたチャールズ・シュフォードは実生活でもヘビー級のボクサーで、打ち放つパンチをよりリアルに見せるよう監督に指示されたチャールズのパンチは、実際にウィルのボディに何発か入ってしまったようです。

『アイ,ロボット』でのやり直しなしのワンテイク撮影秘話

ワンテイクの撮影で挑んだオートバイ走行のアクションシーンで、ウィルは時速60マイル(時速約96キロ)で走行したまま乗り捨て。オートバイは見事なまでに大破しました。 このテイクはそのまま採用され、彼がコントロールを失いはじめる瞬間を劇中で垣間見ることができます。

ルービックキューブの才能

ウィル・スミスは『ベルエアのフレッシュ・プリンス』や『幸せのちから』(2006)でルービックキューブを解く姿を披露していました。 実際ルービックキューブの才能があるウィルはテレビ番組でわずか55秒という早さで攻略しています。

『7つの贈り物』のオーディションにはあの大物俳優も参加していた

『7つの贈り物』の主人公ベン役のオーディションに、なんとあのトム・ハンクスも受けていたそうです。ウィルがベン役を勝ち取る結果になりましたが、ハリウッドを代表する大物俳優らが今だにオーディションを受けるなんてビックリですね。

『ハンコック』のコスチューム

『ハンコック』の劇中で彼が着用しているコスチュームの背中部分には、1948-95年のフィラデルフィア・イーグルスのレプリカロゴがマークされているんです。フィラデルフィア出身のウィルからフィラデルフィア・イーグルスへの敬意を込めたあいさつなのでしょうか。

M・ナイト・シャマランに監督を直々に依頼

ウィルが原案し、また息子ジェイデンとの親子共演が話題になった『アフター・アース』ですが、ウィルは長年の夢であったM・ナイト・シャマランとタッグを組むため、シャマランに直接監督を依頼しました。脚本に感銘を受けたシャマラン監督は正式に本作へのプロジェクトに着手しましたが、結果この映画は散々な批評を浴び、大コケするはめに。

6.ウィル・スミスはあの映画とも関わりが……?

長きに渡って俳優活動を続けてきたウィル・スミス。彼があの有名作品に出演する可能性があったこと、知っていますか?

出演する可能性があった作品たち

ウィル・スミスは1999年公開の傑作SFアクション『マトリックス』のネオ役のオファーを受けていたそうです。しかし彼は『ワイルド・ワイルド・ウエスト』出演を選択したため、キアヌ・リーブスがネオを演じることになりました。 また、2005年公開の大人気アクションコメディ『Mr.&Mrs.スミス』ブラッド・ピットがキャスティングされたジョン・スミス役の候補に挙がっていたそうです。ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーは本作をきっかけに交際を開始したと言われているため、もしウィル・スミスが出演していたら2人は結婚していなかったかもしれません。

ルークを演じた俳優と誕生日が同じ

ウィル・スミスはマイケル・マドセン(『レザボア・ドッグス』)マイケル・ダグラス(『ゲーム』)キャサリン・ゼタ・ジョーンス(『シカゴ』)マーク・ハミル(『スター・ウォーズ』)など名だたる俳優たちと同じ誕生日(9月25日)です。

ケヴィン・ジェームズの大ファン

ウィルは1998~2007年にアメリカで放送されたテレビドラマ『The King of Queens (原題)』の大ファンで、これに出演していたケヴィンと共演を果たすべく、『最後の恋のはじめ方』のアルバート役に抜擢したそうです。

大統領を演じるかも?

アメリカ合衆国大統領バラク・オバマはもし自伝映画が製作されるとしたら、ウィル・スミスに自身を演じてほしいと語ったことがあります。

7.ウィル・スミスの知られざるプライベート

ここからは、ウィル・スミスのプライベートにまつわるトリビアを紹介します。山下智久との交流があること、知っていましたか?

山下智久がウィルのインスタに登場

2018年4月、ウィル・スミスの公式インスタグラムに、ジャニーズの山下智久が登場し話題となりました。仲良さそうに肩を組んだ写真ですが、どうして2人は知り合ったのでしょうか。実は、ウィルの息子ジェイデンと山下智久が交友関係にあるらしいです。

サイエントロジーの信者?

ウィル・スミスが多くのハリウッドスターが入信したアメリカの新興宗教サイエントロジーの教徒だという噂が流れていましたが、それは事実ではないようです。

北欧に別荘がある

ウィル・スミスファミリーはフロリダとフィラデルフィアに自宅をかまえていますが、それ以外にスウェーデンストックホルム南部に別荘を所有しているそうです。 ストックホルムがリラックスするにはベストの場所だと語っています。

ウィル・スミスは「ミスター7月」

メディアからはたびたび“ミスタージュライ(ミスター7月)”と呼ばれることがあります。これは多くのウィル・スミス出演の夏の超大作が7月に公開されるためです。

小学校を設立

ウィル・スミスは妻ジェイダと共に、カリフォルニアカラバサスに“ニュー・ヴィレッジ・リーダーシップ・アカデミー”という私立小学校を設立しました。

実ははかなづちだった

『フォーカス』で共演したマーゴット・ロビーと彼女の母親から水泳の手ほどきを受けたそうですが、ウィルにも苦手なことがあるんですね。

ウィル・スミスはスターであり続ける。そしてトリビアは増え続ける。

この記事ではウィル・スミスについて、本人のプロフィールからプライベートまで、トリビア情報を紹介してきました。「ウィル・スミスってこんな人だったのか」と、案外彼の知らない顔がたくさんあったのではないでしょうか。意外な好きな俳優の意外な一面を知ると、その俳優がより身近に感じることが出来ますよね。これからも彼の活躍に期待しましょう。