2020年4月23日更新

【アンパンマン】ジャムおじさんは妖精!?ベテランパン職人の気になる秘密を紹介

ジャムおじさん サムネイル

ジャムおじさんと言えば、『それいけ!アンパンマン』で有名な代表する超有名キャラクター!優しいキャラで人気も高いですが、アニメでは語られていない設定もあるんです!そんなジャムおじさんにまつわる秘密を紹介していきます。

目次

パン職人・ジャムおじさんに隠された設定を一挙紹介!

アンパンマンの生みの親であるパン職人。みんなに美味しいパンを食べてもらうために、真心をこめてパン作りを行っています。 とても心優しい性格で、アンパンマン達はもちろん、ばいきんまんであろうともパンや果物をあげることもあります。 パンを以外にも、様々の料理ができ、さらに、ロボットの作製や修理、乗り物の運転、スポーツ万能、などあらゆることがこなせるすごい人物です! この記事ではジャムおじさんに関する噂や都市伝説を一挙紹介していきます!

ジャムおじさんは妖精だった!

実はジャムおじさんをはじめとしたアンパンマンの世界の住人は人間ではありません。人間の姿をした妖精です。 こちらはアンパンマン公式ポータルサイトでも確認することができます。「Q.ジャムおじさんとバタコさん以外人間はいますか?」に対する回答が以下。 「アンパマンワールドに人間はいません。ジャムおじさんとバタコさんも人間の姿をしていますが、妖精なんです。」とのことです。 アンパンマンという、ひもじい子に自らの身体を差し出し、どこへでも飛んでいくヒーローを描くにあたって、きちんとファンタジーの世界観を作り上げているんですね。

ジャムおじさんの好物はジャムじゃなかった!?

ジャムおじさんという名前を聞いて、最初に思い浮かべるのはどうしても「ジャム」でしょう。名前に冠しているため、嫌でも頭に浮かんできてしまいます。 しかし作中で好物として登場しているのは、甘いジャムとは真逆と言ってもいい、「コーヒー」です。こちらはアニメ78話「アンパンマンとかいじゅうモカ」などでも、普段と様子が違い、少し落ち着きがないようになってしまうのが描かれています。 コーヒーのこととなると少しだけ人が変わるところを見ると、こだわりを持っていること、本当にコーヒーが好きだということが分かります。

ジャムおじさんはバイク乗り!

ジャムおじさんの最も意外な一面、それはバイク乗りであるということです。それも、原付のようなバイクではなく大型の単車を乗りこなしています。 峠を、バイクでまるで走り屋かのように颯爽と走る姿は、誰しもが不覚にもジャムおじさんのことをカッコいいと思ってしまうことでしょう。 普段はカッコいいイメージをまず持たないキャラですが、ヘルメットとゴーグルを付け、単車で走る姿は“優しそうなおじいさん”から“渋カッコいいおじいさん”へと変貌。憧れてもおかしくないカッコいい姿を見せてくれます。 バイクをふかすシーンなども描かれており、移動手段として使っているだけでなくバイクが趣味の1つなのであろうことが推測できます。

ジャムおじさんの変身がシュールすぎる

ジャムおじさんは、これまでに何度も変身させられてしまっています。悪者によって姿を変えられた様子は、どことなくシュールです。

ねこジャムおじさん

映画『それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ』に登場。 夢猫の国に封印されていた、ムーマと呼ばれる怪物の額の目から出るビームを浴びてしまうと、猫の姿に。体は猫のため四足歩行、猫耳のついた顔だけがジャムおじさんのままという、なんとも言えないシュールな見た目をしています。

ピラミッドジャムおじさん

こちらは映画『それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド』にて登場しました。 舞台となる虹の星ですなおとこがトライアングルの力を使い、次々とキャラクターたちをピラミッドの姿に変えてしまいます。 ジャムおじさんもピラミッドの姿に変えられてしまいましたが、これはシュールを通り越してちょっと不気味ですね

ジャムおじさんの声優・増岡弘(初代)と山寺宏一(2代目)

増岡弘(1988年~2019年)

ジャムおじさんを担当していた1代目声優は増岡弘。ジャムおじさんの他には『サザエさん』フグ田マスオ役、『ドラゴンボールZ』亀仙人役(2代目)などが有名ですね。 声優以外にも、劇団「東京ルネッサンス」を主宰しての舞台活動、東京アニメーター学院声優科の講師等様々な仕事をこなしていました。 2020年3月に、惜しまれつつも83歳でこの世を去りました。

山寺宏一(2019年~)

増岡弘の後任として、ジャムおじさん役を山寺宏一が引き継ぎました。代表作を挙げればきりがありませんね。アニメやゲームはもちろん洋画の吹き替えなど数々の作品に出演してきた、言わずとしれた有名声優です。 『アンパンマン』ではジャムおじさんのみならず、めいけんチーズやかまめしどん、ポテト保安官など複数キャラを掛け持ちで担当しています。その数は30以上。声優としての役幅の広さを物語っていますね。