ジャムおじさんの変身姿が超シュール!かわいいパン工場情報も!

2017年7月6日更新

ジャムおじさんと言えば、『それいけ!アンパンマン』で有名な代表する超有名キャラクター!優しいキャラで人気も高いですが、アニメでは語られていない設定もあるんです!そんなジャムおじさんを7つの項目に分けて紹介したいと思います。

ジャムおじさんのプロフィール

アンパンマン

アンパンマンの生みの親であるパン職人。みんなに美味しいパンを食べてもらうために、真心をこめてパン作りを行っています。

とても心優しい性格で、アンパンマン達はもちろん、ばいきんまんであろうともパンや果物をあげることもあります。

パンを以外にも、様々の料理ができ、さらに、ロボットの作製や修理、乗り物の運転、スポーツ万能、などあらゆることがこなせるすごい人物です!

ジャムおじさんって妖精なの?

アンパンマン

実はジャムおじさんをはじめとしたアンパンマンの世界の住人は人間ではありません。人間の姿をした妖精です。

これには理由があり、

アンパンマンは空を飛び

アンパンマンは自分の顔をちぎって

ひもじい子どもを助ける

でも

そんなことができるだろうか

絶対にできない

引用:ikedahayato.com

作者のやなせたかしはこう説明しています。

ファンタジーの世界にすることで、実際には不可能なことを可能にしているのです。だからこそアンパンマンの世界観が出来上がっているんですね!

ジャムおじさんの変身がシュールすぎる

ねこジャムおじさん

アンパンマン

出典: hcm.link

映画『それいけ!アンパンマン 夢猫の国のニャニイ』に登場。

夢猫の国に封印されていた、ムーマと呼ばれる怪物の額の目から出るビームを浴びてしまうとこうなってしまいます。

なんとも言えないシュールな見た目をしていますが、結構可愛いと思いませんか?

ピラミッドジャムおじさん

アンパンマン

出典: hcm.link

こちらは映画『それいけ!アンパンマン 虹のピラミッド』にて登場しました。

舞台となる虹の星ですなおとこがトライアングルの力を使い、次々とキャラクターたちをピラミッドの姿に変えてしまいます。

ジャムおじさんもピラミッドの姿に変えられてしまいましたが、これはシュールを通り越してちょっと不気味ですね...。

ジャムおじさんの声優は?

増岡弘

ジャムおじさんは増岡 弘が声優を務めています。『サザエさん』のフグ田マスオ役でも有名なのでご存知の方も多いのでは?

1936年生まれ、埼玉県出身、2016年現在79歳の大ベテランです。

声優以外にも、劇団「東京ルネッサンス」を主宰しての舞台活動、東京アニメーター学院声優科の講師等様々な仕事をこなしています。

また、日本各地で人権問題について考える講演活動も行っており、ジャムおじさんのように心優しいことが伺えますね。

ジャムおじさんのパン工場がかわいすぎる

アンパンマン

横浜アンパンマンこどもミュージアム&モール内に出店されています。

1階はパン屋、2階はカフェとなっており、家族で一息つきながら楽しめるようになっています。

アンパンマン

キャラクター達の可愛らしいパンがたくさん販売されています。また、不定期ですが親子で楽しめるパン教室を開催しているようなので、お子さんといかがでしょうか?

ジャムおじさんとバタコさんとの関係は?

アンパンマン

出典: ameblo.jp

この2人の関係は長らく謎に包まれており、親子、恋人...様々な意見が飛び交っていました。しかし、公式からの正式な回答は意外なものでした。

Q.ジャムおじさんとバタコさんの関係は?

無関係なんです。とは言っても、一緒に暮らしていますので、非常に家族に近い関係でしょうか。親子や肉親ではありません。

引用:anpanman.jp

なんと無関係!家族に近い関係とのことなので、もしかしたら師匠と弟子のような関係かもしれませんね。

ジャムおじさんの名言が深イイ!

アンパンマン

出典: bokete.jp
このツギハギのひとつひとつが、アンパンマンのがんばった印なんだ

アンパンマンのマントは何度も直して使っているためツギハギだらけです。それは、アンパンマンが正義の味方として戦い続けてきた証拠でもあります。

アンパンマンを一番近くで見ているジャムおじさんはその頑張りを一番理解しています。

悪いことをしたのに気がついたら、素直に謝らなくてはいけないよね?その相手がたとえ、バイキンマンであっても。そうだろ?

悪いことをしたら謝る。基本中の基本ですね。そんなことは当たり前だ、という人もいるかもしれません。

相手がばいきんまんであっても、というのがジャムおじさんらしい所です。相手が悪人や嫌いな人間等、理由はたくさんあると思いますが、たとえそうであっても、自分が悪かったらちゃんと謝る。なかなかできないことだと思います。

相手がだれであろうとも自分の日はきちんと認める大切さ、ジャムおじさんはこれが伝えたかったのでしょう。