2020年6月9日更新

【アンパンマン】ホラーマンはどっちの味方?気になる恋の行方は

「アンパンマン」ホラーマン 編集記事 サムネイル

「ホラホラ~」というセリフで思い出されるアニメ「アンパンマン」のキャラクター・ホラーマン。ドキンちゃんが大好きなことは有名ですが、彼はばいきんまんの味方でしょうか?それともアンパンマン?本記事では、ホラーマンについて紹介します。

目次

「アンパンマン」ホラーマンのエピソードを紹介!恋の行方は?

「アンパンマン」に登場するホラーマンは見ての通り骸骨のお化け。体がバラバラになっても頭だけで動くことも可能。お調子者ですがどこか憎めない、優しい性格の持ち主で誰とでも仲良くできます。 特技は料理で、得意技はホネブーメラン。実は、シャツの骨はプリントでは無く本物の骨で、投げて技を繰り出すこともできます。 以前は頭蓋骨の形をした岩山にある洞窟に住んでいましたが、現在はばいきんまんやドキンちゃんと一緒にバイキン城に居候しています。 ホラー男爵という貴族の末裔でもあるホラーマン、「ホラー一族は人を怖がらせる事が正しい」というのが教えですが、優しい彼にはその教えは全うできそうにもありません。 ここからより詳しくエピソードを振り返っていきましょう!

ホラーマンはドキンちゃんのことが大好き

ホラーマンはドキンちゃんのことが大好き。そして優しい性格もあってか、ドキンちゃんの頼みごとは断れません。 アンパンマンと戦うように指示するのはもちろん、炊事や洗濯、色々な事を頼まれては、大好きなドキンちゃんのために頑張ります。しかしドキンちゃんは、ホラーマンの事をあまり好きではないようです。 ホラーマンはストーカーのようにしつこくつきまとったり、時にはドキンちゃんの妄想にまで入り込んだり。そんなホラーマンに対し、ドキンちゃんは怒ったり、嫌がったりしますが、持ち前のマイペースな性格で懲りずにアタックを続けています。

「とべ!とべ!ちびごん」で初登場!ちびごんの保護者的存在だった

ホラーマンはテレビ本編に先駆け、3作目の劇場版「とべ!とべ!ちびごん」に登場しました。作中では、子供のドラゴン・ちびごんの保護者的な立ち位置のキャラクターで、とくにアンパンマン側でもばいきんまん側でもありませんでした。 この劇場版でドキンちゃんやばいきんまんとも接触していますが、絡みはそれほど多くありません。ドキンちゃんに一目惚れしたのか、ホラーマンが彼女にウインクを送ってあしらわれたり、ばいきんまんにやられたりといったシーンが描かれています。 1回出して終わりの予定だったと原作者が語っていますが、意外にも人気が高く準レギュラーキャラとしてその後テレビ本編でも活躍していくことになりました。

ドキンちゃんを振り向かせようと、しょくぱんまんに扮する!?

ドキンちゃんに一目惚れしているホラーマン。しかし、肝心のドキンちゃんはしょくぱんまんにメロメロです。そこでホラーマンは、ばいきんまんに相談します。このとき、しょくぱんまんにやられて帰ってきたばいきんまんは、ホラーマンに悪知恵を吹き込み、ホラーマンはしょくぱんまんに扮することに。 しょくぱんまんとホラーマン。どちらも基本的には白く、意外と頭の形も似ています。変装後は、しょくぱんまんとして格好いい姿をドキンちゃんに見せようとしますが、騒動を起こした末に失敗。格好いいアピールは失敗に終わりました。 このエピソードは「しょくぱんまんとホラーマン」という話で、アニメで放送された以外にも絵本やアンパンマンショーでも上演される人気エピソードのひとつです。

まさかの娘!?ホラ・ホラコから好かれてしまう

劇場版「ホラーマンとホラホラコ」では、ホラーマンにそっくりなホラホラコが登場します。彼女はホラホラ王国のお姫様でホラ話が得意。ホラーマンの優しさに惹かれ、アンパンマンに自分は人魚姫とホラー王子の娘で、父であるホラーマンを探していると話します。 ホラーマンが主役となった珍しいエピソードで、彼は彼女のホラ話のなかでホラー王子という設定に。ひょうきんなところのあるホラーマンは、そのホラ話にのってホラー王子になったりホラー侍になったりと、騒動を巻き起こします。 善悪というよりも、興味のあることや楽しそうなことを好む彼の性格が前面に出ているエピソードです。

アンパンマンの仲間なの?それともばいきんまん?

バイキン城に居候していることや、ドキンちゃんが好きなことからばいきんまんの仲間のように見えますが、実はそんなこともありません。アンパンマン達ともちゃんと仲良しです。 両方の仲間というのが正しい設定です。 ちなみに、テレビアニメではアンパンマン側にいることが多く、劇場版などではばいきんまん側にいることがよくあります。

ホラーマンにはモデルがいた!

ホラーマンの口癖と言えば、「ですね〜」。そして逃げ出すときには必ず「サヨナラ、サヨナラー」と言います。 実はこのセリフ、ホラーマンのモデルになっているとある人から来ているんです。 そのモデルとなった人物とは映画評論家の淀川長治。独特の口調と強烈なキャラクターで、映画評論家と言えば必ず初めに名前が挙がるであろうビックネームです。 ちなみに、原作者のやなせたかし先生の注文によってホラーマンの口調が淀川風になったという逸話があります。

ホラーマンの声優は誰?

初代・肝付兼太(きもつきかねた)

ホラーマンを演じた肝付兼太(きもつきかねた)は、鹿児島県出身、1935年11月15日生まれ、81プロデュース所属の声優・俳優です。 『ドラえもん』のスネオ役でその声を知らない人はいないでしょう。 1963年からアニメに出演し、『鉄腕アトム』、『オバケのQ太郎』、『怪物くん』、『あしたのジョー』、『のらくろ』、『アルプスの少女ハイジ』など、挙げればきりがない程数々の有名な作品に参加をしています。 草創期から日本のアニメを支え続ける名声優、トリッキーな役柄をこなす事が多いだけにホラーマン役はまさにうってつけです。

2017年以降は矢尾一樹(やおかずき)

「ホラホラ~」と独特な喋り方をするホラーマンの声を2017年7月以降演じているのは、矢尾一樹です。 彼は『ONE PIECE』のフランキーのモデルとなっていることでも有名。同作ではフランキー役のほか、ジャンゴやMr.2・ボン・クレーなどの声も担当しています。 『機動戦士ガンダムΖΖ』のジュドー・アーシタ役や『頭文字D』の池谷浩一郎役なども演じていて、熱血漢やアニキキャラなど、迫力あるキャラを演じることの多い声優です。

ホラーマンの変身レパートリーをいくつか紹介

ゴールドホラーマン

733話Aパートで登場。ホネブーメランを不思議な泉に落としてしまい、全身が金ピカになってしまいました。ただ言動がちょっとキザになっただけで、戦闘力は余り変わりません。

さわやかホラーマン

1034話Bパートで登場。 ミントちゃんのミントティーを飲んでさわやかになってしまったホラーマン。バイキンログハウスに何度も訪れて、部屋の中をミントの力で綺麗にしたり、お花を飾ったりしたためばいきんまんを何度も怒らせてしまうことになりました。

鉄骨ホラーマン

383話Aパートほかで登場。 みんなの役に立つために、ばいきんまんの鉄骨マシーンで強く、大きくなった姿。劇場版ではこの姿をみる機会も多いです。 このほかにもホラーマンは「しょくぱんホラーマン」、「ホラー王子」、「ホラー男爵」など様々なキャラクターに変装します。

ホラーマンのキャラソングにも注目!

アンパンマンのキャラクターソング同様、ホラーマンにもテーマ曲が存在します。そのタイトルは「ホラーマンメチャクチャチャ」。 やなせたかし先生によって作詞されたこの曲は自己紹介のような内容になっています。「クールでハンサム」や「おばけのくにのアイドル」など歌詞に注目してみても面白いかもしれませんね。