2017年7月6日更新

『NARUTO -ナルト-』木ノ葉隠れの里の特別上忍一覧

ナルト

週刊少年ジャンプで圧倒的な支持を受けていた忍者漫画『NARUTO -ナルト-』。原作コミックスは30ヶ国以上で翻訳されアニメは80ヵ国以上で放映されています。今回はそんな人気作に登場する木ノ葉隠れの里の特別上忍についてまとめています。

目次

特別上忍とは

『NARUTO -ナルト-』の世界では忍者の地位を上忍・中忍・下忍というようにランク分けされています。さらに忍者が請け負える任務にもS~Dランクまでで分類されていて高い地位に居る忍ほど高いランクの任務が請け負えます。

今回ご紹介する”特別上忍”は上忍と中忍の間にあり、専門的な任務を請け負っています。

エビス

猿飛ヒルゼンの孫、猿飛木ノ葉丸の家庭教師として登場した特別上忍。エリート家庭教師として知られ多くの火影候補生を育成してきました。いつも掛けている丸いサングラスがトレードマークです。

ナルトのハーレムの術で鼻血を出してしまったり、部屋に大量のエロ本を隠していたりとエビスはスケベキャラとしても有名です。

森乃イビキ

木ノ葉暗部の拷問・尋問部隊隊長の特別上忍。手袋や頭巾で隠されていますが全身には過去に敵の捕虜になった際の拷問の後が残っています。

中忍選抜第一試験では試験官を務め、生徒たちの忍者としての覚悟を試す、少々手厳しい選択を迫ったこともありましたが、その後はナルト達にエールを送ったりするなど彼の人柄が伺える描写も見られます。

みたらしアンコ

名前の通り甘党な特別上忍。その極端な甘党っぷりは、お団子を食べる時でもおしるこを飲み物として選ぶほどです。

大蛇丸の元部下で彼と同じ術や一部の禁術を使い、首筋には”天の呪印”という生き残る確率が10に1つという呪印が大蛇丸によって刻まれています。

月光ハヤテ

いつも咳き込み、青白い顔をしている特別上忍で中忍選抜第三試験で登場しました。木の葉の暗部、卯月夕顔の恋人です。剣術の使い手として知られ”三日月の舞”という術を使うことで有名です。

作中では薬師カブトの追跡の際、大蛇丸の策謀を知ってしまい、砂隠れの里の上忍・バキに殺害されていましました。

不知火ゲンマ

4、5代目の火影の護衛を務める特別上忍。口に加えている”くわえ千本”は吹くとクナイに負けない程の威力を誇ると言われています。

護衛をしていたこともあり、四代目火影波風ミナトから”飛雷神の術”を教わっていますが、並足ライドウ・たたみイワシが共に居なければ発動はできません。

並足ライドウ

顔にある火傷が印象に残る特別上忍、戦いの際は猛毒が仕込まれた黒刀を使用します。強い正義感の持ち主で、過去には火影と風影のやり取りにも口を挟むなどかなり熱い気性なのが伺えます。

同じく特別上忍の”不知火ゲンマ”とは、共に四代目火影の護衛を勤めていたということもあって現在も一緒にいる描写が見られます。

犬塚ツメ

犬塚キバと犬塚ハナの母親の特別上忍、豪胆で好戦的な性格は息子にも受け継がれています。黒丸という人の言葉が話せる大型の忍犬が相棒です。

また、時期は定かではありませんが夫がツメを恐れて逃げ出してしまったようで、女手一つで2人の子を育て上げました。

山城アオバ

常に掛けているサングラスが特徴的な特別上忍。非常に冷静でクールな性格の持ち主です。

大量のカラスを使って目眩ましをしたり、秘術石針で相手の動きを止めたりなど、前線でガシガシと戦うというよりは味方をサポートするのが役割の忍です。