『NARUTO -ナルト-』暁メンバー一覧

2017年7月6日更新

週刊少年ジャンプで連載されていた大人気漫画『NARUTO -ナルト-』。その圧倒的な人気は連載を終えた今でも衰えていません。今回は作中に登場する謎の組織”暁”についてご紹介したいと思います、ご覧ください!

暁とは

暁

各里のトップである”影”にも劣らない戦闘力を持つ、10人の忍によって構成されたグループ”暁”。S級の犯罪者として恐れられる抜け忍を束ねるこの組織は作中でも異彩を放つ存在です。

黒字に赤い雲の模様が入った独特の装束を身に付け、ツーマンセル(二人一組)で暗殺や工作など様々な汚れ仕事を請け負っています。

組織が掲げる目的は尾をもつ巨大な魔獣、“尾獣”を手中に収め、何億もの人々が一瞬で死に絶えるような禁術兵器を作る、というなんとも穏やかではないものとなっていますが、そこにはリーダーである長門の過去が深く関係していました。

長門

長門

暁のリーダー格である長門・最強の瞳術と呼ばれる”輪廻眼”が幼い頃に覚醒してしまい、様々な苦悩を強いられることになります。しかし、戦争孤児である小南と弥彦に出会い「世界を支配し争いのない世界を作る」という理想に触れ、平和を訴える組織として暁が結成されました。

多くの者がその思想に賛同していきましたが、自らの立場が脅かされると危惧した雨隠れの里の長、半蔵の策略によって弥彦の命が奪われ、さらには組織の仲間も次々に殺されてしまいます。

この出来事によって長門はそれまでの考えに絶望し、“ペイン六道”という6体の死体操り半蔵を殺害するにまで至りました。これら長門の過去が“戦争屋”となった現在の暁に強く関係していると言えるでしょう。

小南

小南

出典: ameblo.jp

紙を用いた術を使用する“暁”唯一の女性キャラクター。冷製で落ち着いた喋り口調ですが、優しい内面を感じさせる描写も見られます。

雨隠れの里の人々はペインを“神”としていることから、それらと行動を共にする彼女は“天使”とよばれています。ただ長門との関係は前述の通りですので彼女はペインの仕組み理解しているのです。

うちはイタチ

うちはイタチ

『NARUTO -ナルト-』の世界では血継限界という遺伝によってのみ伝えられる特殊能力が存在します。うちは一族に伝わる“写輪眼”を持つイタチは過去数人しか開眼させた者がいないという“万華鏡写輪眼”を持つ、かなりの実力者です。

イタチは主人公ナルトの親友サスケの実兄で、一族滅亡に追いやったり、サスケを抜け忍にするきっかけをつくったりと、弟へ数々の冷酷な仕打ちを仕掛けています。しかし背後には彼なりの事情と思いがあり、一概に悪者として扱えないキャラクターでもあります。

干柿鬼鮫

干柿鬼鮫

名前が示す通りサメのような容姿をした暁のメンバー。かつては水の国に属する霧隠れの里で“忍刀七人衆”の内の1人として数えられる程の実力者でしたが国家破壊工作、大名殺しなどの重罪を犯し抜け忍となっています。

忍術を使うためのチャクラを敵から削り取り、喰らう“大刀・鮫肌”を愛刀としていますが、この刀は前任者である河豚鬼を殺害し、奪いとったといういわくつきです。

デイダラ

デイダラ

土の国、岩隠れの里の抜け忍で暁には芸術家としての願望を叶えるために加入しました。岩隠れの里に伝わる秘術を用い、チャクラと粘土を混ぜた“起爆粘土”を使って戦います。

所々に自らのアーティストとしての面を匂わせるデイダラ、その独特のキャラクターは人気投票でも主人公ナルトを上回る支持を受けている程です。

サソリ

サソリ

風の国に属する砂隠れの里の抜け忍。傀儡を用いて戦闘を行い、砂隠れに所属していた当時は天才造形師と呼ばれるほどでした。さらには周囲の砂を赤い血で染めた事がきっかけとなり“赤砂のサソリ”という異名を取っていた過去もありました。

「永く後々まで残ってゆく永久の美」を芸術とする信条を持ち、ツーマンセルを組むデイダラとのペアは“芸術コンビ”という呼び名で知られています。

ゼツ

ゼツ

体が巨大なハエトリグサの様なものに包まれている暁のメンバー。左半身と右半身とでは肌の色が違い、互いに異なった人格(黒ゼツと白ゼツ)を持っているという変わり種です。

自らの身体を地面や木に潜め、移動することもできます。その特殊な能力を活かし、戦闘では仲間を補助する役割を担当しています。

飛段

飛段

湯隠れの里の抜け忍。 殺戮をモットーとしている新興宗教“ジャシン教”に深く傾倒していて、暁に所属している理由にはその教えを広く知らしめるためということもあります。

不死身の肉体を持つことに加え“呪術・死司憑血”という、自分が受けた傷を相手にもリンクさせる術を用い簡単に相手の急所をつく事が可能です。

角都

角都

滝隠れの里の抜け忍。普段は冷静沈着ですが、一度スイッチが入ると仲間であっても殺害していまうほどの荒っぽい気性の持ち主です。

角都が使用する“地怨虞”という術は体を切り離し操ることが可能で、その逆に切り離された体を繋げることもできます。この術を使い、相手の心臓を奪い補充し続けることで寿命をいくらでも伸ばすことができる角都。ツーマンセルを組む飛段とのペアは不死コンビと呼ばれています。

うちはオビト

うちはオビト

サソリが死亡した事に際し暁のメンバーとして補充されました。当初はトビと名乗り、お調子者の新人という印象でした。

しかし、物語が進行していくとその本当の姿が明らかになっていき、実はかつて四代目火影、波風ミナトの班に所属していた人物で、様々な事件の首謀者であることが判明していきます。