エヴァ・ロンゴリア、結婚歴が半端ないデス妻女優のファション・出演作まとめ

2017年7月6日更新

大ヒットドラマ『デスパレートな妻たち』でメインキャストのひとり、ガブリエルを演じたエヴァ・ロンゴリア。こちらでは、彼女の生い立ちや出演作品、そして私生活についてまで、幅広くご紹介します。

エヴァ・ロンゴリアってどんな人?

エヴァ・ロンゴリア_01

エヴァ・ロンゴリア(本名:エヴァ・ジャクリーン・ロンゴリア)は、1975年3月15日にテキサス州で生まれたアメリカ人女優です。大学生の時地元のミスコンで優勝したエヴァは、卒業後にロサンゼルスで様々なコンテストに出場しているところをエージェントに見いだされました。

『ビバリーヒルズ青春白書』や『ジェネラル・ホスピタル』などのテレビドラマに出演し、2004年からは大ヒットドラマ『デスパレートな妻たち』にレギュラー出演。2010年からの1年間に稼いだ資産はおよそ10億円で、その年にテレビ界で最も稼いだ女優でもあります。

また、女優業以外にも、広告のモデルや慈善活動なども行っております。

『デスパレートな妻たち』で大ブレイク!

エヴァ・ロンゴリア_02

エヴァの人気の火付け役となった作品が、『デスパレートな妻たち』でした。『デスパレートな妻たち』とは、2004年から2012年にかけてアメリカで放送された大人気ドラマです。

ウィステリア通りを舞台に、何かしらの問題を抱えた主婦たちの日常をミステリーやお色気の要素も交えながら描いていくストーリー。

今作でエヴァはメインキャストのひとり、主婦のガブリエル・ソリスを演じています。ガブリエルは元トップモデルとして活躍した過去を持ち、財産やお金、物欲への執着がひときわ強い女性として演出されています。

アメリカンドリームを体現している!

エヴァ・ロンゴリア_03

エヴァの生き様は正に「アメリカンドリーム」そのものです。彼女は、農場を経営する貧しい一家の4姉妹の末っ子に生まれました。

3人の姉は金髪で青い目をしていましたがエヴァだけ容姿が異なることから、両親からは「エヴァは養子だ」と聞かされていたそうです。そんな彼女は14歳から6年間、ファストフード店でアルバイトを始めます。

大学生の時には地元のミスコンで優勝し、ロサンゼルスでコンテストやコンペティションに出るも全く上手くいかなかったそうです。しかし、エージェントに見いだされたことがきっかけとなり、いくつかのドラマ出演を経て『デスパレートの妻たち』へ出演し、現在の成功を掴み取りました。

エヴァ・ロンゴリア_001

ドラマ自体が大ヒットしたことに加え、エヴァの演技も評価されて第63回ゴールデングローブ賞テレビ部門主演女優賞にノミネート。2009年には『デスパレートな妻たち』へのギャラが1エピソードあたり約4000万円になり、テレビ女優で最もギャラの高い女優に。

2010年から1年間でエヴァは約10億円を稼ぎ、結果、テレビ業界で最も稼いだ女優として米経済専門誌「フォーブス」にも載りました。

努力やチャンスによってのぼり詰めた結果、貧しい生活から脱し大変豊かな人生を手に入れた、まさに「アメリカンドリーム」そのものですね。

エヴァ・ロンゴリアの結婚歴が半端ない

エヴァ・ロンゴリア_04

出典: radiodelta.fm

エヴァは今まで多くの男性と交際・婚約したことでも有名です。

2002年には、俳優のタイラー・クリストファーと結婚するも、2004年には離婚します。離婚後は、人気グループ、イン・シンクのメンバーJC・シャゼイと交際。

2006年には、NBA選手のトニー・パーカーと婚約・結婚するも、2010年には離婚調停に入り、2011年に正式離婚。

直後に、女優ペネロペ・クルスの弟であるエドゥアルド・クルスと交際しはじめ、破局と復縁を繰り返すも2012年に破局。

2012年秋には、ニューヨーク・ジェッツのクォーターバック、マーク・サンチェスとの交際を宣言し、同居する物件まで探していたが破局。

2013年には、スペイン語圏の最大手テレビ局「テレビサ」の社長、ホセ・アントニオ・バストンと交際を始めて2015年に婚約、2016年5月に結婚しました。

メイクとすっぴんの差がすごい

エヴァ・ロンゴリア_05

普段、メディアの前に登場するエヴァは、とてもエキゾチックでクールな美しさのあるメイクを施しています。しかし、ひとたびメイクを落とすと全く印象が異なります。

メイクをしていると妖艶な雰囲気ですが、すっぴんになるとキュートさが前面に押し出されます。ハリウッドセレブなどのメイクとすっぴんの差は、度々話題に挙がるホットワード。

エヴァの様にクールな顔立ちから一転、キュートな素顔になると、また新しい魅力を見つけた気分になりますね。

エヴァ・ロンゴリアの主な出演作

シークレットサービスの攻防を描いた作品

2006年公開の映画『ザ・センチネル/陰謀の星条旗』は、とある事件を軸に、シークレットサービスのエージェントピートと、過去に仲違いをした部下のデヴィッドの確執や疑惑を描いたサスペンス映画です。

主人公ピートをマイケル・ダグラスが、デヴィッドをキーファー・サザーランドが演じています。エヴァは、デヴィッドのもとに配属された部下である、ジル・マリンを演じています。

サンタさん…ではなく、彼の息子が活躍する物語

2011年に公開された映画『アーサー・クリスマスの大冒険』は、クリスマスを舞台にしたCGアニメーション映画です。

クリスマスの夜、600万人の子供たちにプレゼントを配ったサンタと息子のスティーブは、ミスで1人の子供だけにプレゼントを届けられませんでした。プレゼントを贈ることを諦めようとする二人。しかし、そんな様子を見ていた末っ子のアーサーは、日が昇るまでの2時間でその子のためにプレゼントを届けようとする、というストーリー。

エヴァは今作で、チーフ・ド・シルヴァの声を担当しています。

ファッションセンス抜群!エヴァ・ロンゴリアの私服画像

エヴァ・ロンゴリア_07

エヴァ・ロンゴリア_08

エヴァ・ロンゴリア_09

出典: www.telva.com

エヴァ・ロンゴリア_10

エヴァのファッションは、ド派手かと思いきやシンプルかつ洗礼されたものが多いですね。是非参考にしてみてくださいね。

女優としてドラマ、映画出演をはじめ広告モデルや慈善活動と、幅広く活躍するエヴァ。今後は現在制作段階中の『Decline and Fall(原題)』や、アメリカで2016年公開の『Refugio』への出演が決まっています。

今後の活躍からも目が離せませんね。