松来未祐、惜しまれる早すぎた死、人気声優をひも解く11の事実

2017年9月4日更新

38歳という若すぎる年齢で、大勢のファンや関係者たちに惜しまれながら死去した松来未祐。人気声優の早すぎた死に、誰もが驚きました。そんな人気声優、松来未祐をひも解く11の事実をご紹介します。

1:大学に通いながら声優の養成所にも通っていた

松来未祐は1977年生まれの声優で、歌手やラジオパーソナリティとして活躍し、病気により2015年10月27日この世を去ってしまいます。

声優を目指していたため、高校卒業後は上京したいという希望がありました。しかし、両親から大学進学を条件として上京を許されたため、慶応大学に通いながら日本ナレーション演技研究所、アクセント付属養成所シャインに通うことになります。

知らない地で一人暮らしをしながら、ダブルスクールに通うことは簡単なことではなかったでしょう。声優になりたいという強い気持ちがあったからこそ、乗り越えられたのかもしれません。

2:本名のまま1998年にデビュー

松来未祐の声優デビューは1998年、PlayStation用のゲーム『御神楽少女探偵団』の檜垣千鶴役です。当時は松木美愛子(まつき みえこ)という本名で活動していました。

しばらくは本名のまま活動を続けますが、後に画数が良くないことが分かり、松来未祐と改名しています。声優デビュー後は、「あっぷ²(あっぷあっぷ)」というユニットを組んで、楽曲をリリースするなどの幅広い活動を行っていたそうです。

3:『七人のナナ』で初のアニメレギュラーを獲得

2002年『七人のナナ』で、初のアニメ作品のレギュラーを獲得します。ナナか7人に分裂するというアニメならではのストーリーで、松来未祐はナナの同級生で親友の小野寺瞳役を演じています。

黒髪でメガネ姿で、ナナにとってお姉さん的存在の小野寺瞳に、松来の声がぴったりでした。

4:『超変身コス∞プレイヤー』では主演を飾る

コスプレ好きの女子高生、星野古都が、魔物の徘徊を打破するため、コスモポリタンプレイヤーと呼ばれる祈祷師となり、仲間と一緒に敵と戦うストーリー『超変身コス∞プレイヤー』で、松来未祐は見事主演を務めました。声優デビューを飾ってから6年で、アニメの主役の声を担当するまで実力を身に付けます。

『超変身コス∞プレイヤー』はお色気シーンも満載で、マニアたちにはたまらない作品となりました。

5:金田朋子と声優ユニットを組んでいたことも

松来は同じ声優の金田朋子と、ラジオ番組『RADIOデコピンないと』内で、SD☆Childrenを結成し、CDリリースやイベント出演などの活動をしていました。

金田と言えば、おしりかじり虫の声を務めたことで一躍人気声優となり、最近ではバラエティ番組に出演し、活躍の幅を広げている声優です。2人はファンの間でも名コンビとして知られる仲の良さで、松来未祐の存在を“数少ない大事なお友達のみゆちゃん”と話しています。

6:『ふたりはプリキュア Splash Star』のチョッピ役に抜擢

松来未祐は『ふたりはプリキュア』シリーズの美翔舞のパートナーである精霊、チョッピ役に抜擢されています。プリキュアシリーズ第3作目となる『ふたりはプリキュア Splash Star』は2006年から2007年に放送されていました。

本アニメは2004年の『ふたりはプリキュア』と同じ世界観ですが、メインキャラクターが一新されました。今までに女児向けアニメのメインキャラクターを変えた前例はなく、松来が演じたチョッピもこのシリーズからの登場です。

語尾の特徴的な“チョビ”を、可愛らしく表現しています。ビジュアルも可愛らしく、子供からも大変人気のあるキャラクターとなりました。

7:新房昭之が監督を務める作品の常連に

松来未祐は2007年放送のアニメ『さよなら絶望先生』で藤吉晴美役や、『ひだまりスケッチ』の吉野屋先生役など、新房昭之監督の作品の常連声優としても有名です。

『さよなら絶望先生』は第3期まで続く人気作品となり、松来の知名度も定着してきた作品といえます。『ひだまりスケッチ』も同じく2007年に放送が開始されて、第4期まで続きました。

新房昭之はその他に『荒川アンダー ザ ブリッジ』や『魔法少女まどか☆マギカ』、『化物語』などのヒットアニメを手掛けています。

8:声優ユニット「N±」としても自主活動していた

2012年から、自主活動ユニット“N±(えぬぷらすまいなす)”のメンバーとなった松来未祐。他メンバーには、植田佳奈、後藤麻衣、佐藤利奈、清水香里、生天目仁美が並び、マニアにはたまらないユニットとなりました。

テレビアニメ『乃木坂春香の秘密』の放送がきっかけで結成されたこのユニット。“N±”には、“メンバーが減ったり増えたりする”という意味が込められているそうです。

各種イベントは大人気で、ライブチケットは発売開始から5分で完売となったこともあります。

9:『這いよれ! ニャル子さん』で第7回声優アワード歌唱賞を受賞

2012年の『這いよれ! ニャル子さん』では、クー子役を演じ、声優ユニット“後ろから這いより隊G”の一員としてオープニングテーマを歌っています。また劇中ではクー子の他に、生物の授業の先生の声も務めました。

松来未祐は本アニメで見事に第7回声優アワード歌唱賞を受賞し、優れた歌唱力も認められています。

10:2015年に病気が発覚

声優として順風満帆だった松来未祐。そんな中2015年に病気治療のため、当面の活動を休むことを自身のブログで発表します。

急性の肺炎で治療に専念しなくてはならず、イベントなども急遽欠席せざるを得なくなってしまいました。ファンたちは松来未祐の活動再開を心待ちにしながら、病気の完治を祈るばかりでした。

11:約3か月の闘病の末、死去

松来未祐の体調不良の原因は、後にEBウイルスが原因だったことが判明します。EBウィルスとは、早期発見すれば9割が助かる病気ですが、発見自体が困難で、医師にも見分けが難しい病気と言われています。

発見が1年以上も遅れてしまったこともあり、松来未祐は3ヶ月の闘病の末、帰らぬ人となってしまいました。あまりにも早すぎる死に、親友の儀武ゆう子や、声優仲間をはじめとする関係者たちが多数、ブログやTwitterなどで急逝を悼む言葉を綴っています。