リザ・ホークアイ、『鋼の錬金術師』マスタング大佐の美人部下の秘密とは?

2017年8月30日更新

マスタング大佐の部下リザ・ホークアイは美人でスタイルも抜群。普段は服に隠れて見えませんが背中に大きな彫り物を背負っているのです!!リザの過去に何があったのでしょう?

リザ・ホークアイ、背中に秘密を背負う『鋼の錬金術師』の美人中尉

アメストリス軍所属の軍人で階級は中尉。マスタング大佐の側近を務めています。銃の腕前には定評があり、仕官学校時代に狙撃手としてイシュヴァール戦線に召集されるほど。射撃の腕とホークアイという姓から「鷹の眼」の異名を持っています。年齢は25才前後。 軍服に身を包み金髪を無造作にまとめていますが、美しい顔に均整のとれたプロポーションをもち、勤務以外の時は優しげな笑顔を見せることもあります。普段はハイネックを着用して肌の露出を極力抑えていますが、実は背中から腰にかけて彫り物を施しているのです。 プライベートでも愛用の2丁拳銃を手放さないほど常に冷静で有能な副官。加えてウィンリィや飼い犬のブラックハヤテ号に愛情を注ぐ女性らしい一面をもっています。

上司・マスタングとの関係

ロイ・マスタングは十代の頃、錬金術師であるホークアイ中尉の父に弟子入りしていた過去があります。当時はお互いを「リザ」、「マスタングさん」と呼び合うほどの仲の良さでした。マスタングは国民を守りたいという信念の下士官学校に入学し、希望通り国家錬金術師の資格を取得。 イシュヴァール殲滅戦では人間兵器として投入され「焔」の錬金術で存分に活躍、結果大勢の味方の命を救うのことになりました。一方ホークアイはマスタングの理想に共感し自身も士官学校に入学、射撃の腕前を見込まれ学生の身でありながら前線に駆り出されます。 練成陣はイシュバールを焼き尽くし罪のない民衆をも焼き尽くしました。未来を夢見た2人にとって現実は過酷なものでした。マスタングは無意味な戦争を目の当たりにし、この国のトップになることを心に誓うのです。現在の体制を壊し人々が幸せになる国家を作るために。 「道を誤ることがあれば撃ち殺してくれ」と背中を任されたホークアイもまた、マスタングを支えていくことを決めたのです。ここで立ち止まったら人殺しで終わってしまう、同じ罪を背負う2人の絆はより強固なものとなりました。 日頃は上司と部下というクールな関係を維持していますが実は互いにとって「特別な人」なのです。

リザ・ホークアイ、その背中に刻まれた刺青の意味とは?

リザの父親は国家錬金術師になれるほどの才能をもち、長い間研究を重ねた末焔の錬金術を編み出しました。しかし余りにも強大な力をもつ錬金術の構築図を書物に残して人の目に触れることを恐れ、暗号化した秘伝を幼い娘の背中に刻むことにしたのです。 マスタングの理想に共鳴し背中に残る構築式をマスタングに伝えたリザは、これがアメストリスの人々の幸せに繋がることを信じて疑いませんでした。ところが現実はそう単純ではなかったのです。 焔の錬金術は全てを焼き尽くす殺人兵器として実力を発揮。現実は厳しく過酷なものだったのです。 リザの父親は焔の錬金術のことを、「最高最強の錬金術だ。使い手によっては最凶にもなりうる」と評していました。父の懸念した通り最凶になってしまったのです。 焔の錬金術を使う者が今後現れてはならない……。己の罪を自覚したリザはマスタングに背中を焼き潰すように頼み、マスタングによって一部を焼かれた刺青は決して読み解くことのできないものとなりました。

リザ・ホークアイの名言

銃はいいです。剣やナイフと違って人の死に行く感触が手に残りませんから。

イシュバールの戦いの最中、罪のない市民の死を目の前に自分が人殺しであるという現実から目を背けたくて口にした言葉。

死なないわ……私はね、命令で死ねないことになっているのよ。

マスタングを追い詰めるために人質にとられ、頚動脈を切られながらも吐いた捨てセリフ。リザとロイの絆を感じる一幕です。

私は私の意志で引き金を引くの、守るべき人のために。その人が目的を果たすその日まで迷うことなく引き金を引くわ。

軍医として戦地に赴いた結果命を落とした両親。それから軍人嫌いになってしまったウィンリィは、ホークアイ中尉に「なぜ軍にいるのかと」と問いかけました。

アニメ版「ハガレン」でリザ・ホークアイの声優を務めるのは?

過去二度にわたりアニメシリーズ化された『鋼の錬金術師』。一度目は2003年10月から2004年10月まで、二度目は2009年4月から2010年7月まで放送されました。

根谷美智子

第1期アニメ『鋼の錬金術師』でリザを担当したのは1965年10月4日生まれの根谷美智子です。高校生の時に声優になることを思い立ち、専門学校に通いながら勝田声優学院に入学。劇団あかぺら倶楽部にも所属していました。 1988年の『ハーイあっこです』で声優デビューを果たしましたが、レギュラーの仕事を獲得したのは『地球SOS それいけコロリン』のフロン役を務めた1992年のこと。代表作に『地獄先生ぬ~べ~』高橋律子役、『頭文字D』シリーズの佐藤真子役があります。

折笠富美子

2009年4月から放送された『鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST』でリザを演じた折笠富美子は東京都江戸川区出身、1974年12月27日生まれの声優・舞台女優です。高校卒業後、1993年三宅裕司主催の劇団「スーパー・エキセントリック・シアター」のオーディションに合格し劇団員となりました。 1999年テレビアニメ『GTO』のヒロイン冬月あずさ役でデビュー。代表作として『BLEACH』朽木ルキア役や『こばと。』の沖浦清花役、『あたしんち』の主人公・立花みかん役があります。

実写版『鋼の錬金術師』でリザ・ホークアイを演じるのは?

ゆりちゃん、です☺︎ 素敵な朝を届けられますように 頑張ります???? #べっぴんさん

蓮佛美沙子さん(@renbutsu_misako)がシェアした投稿 -

実写版『鋼の錬金術師』でリザを演じる蓮沸美沙子は鳥取県鳥取市出身、1991年2月27日生まれの女優です。 2005年「スーパー・ヒロイン・オーディション MISS PHOENIX」でグランプリに輝き芸能界入りを決めました。映画初主演作『転校生-さよなら あなた-』の好演が認められ、キネマ旬報ベストテンでは日本映画新人女優賞を受賞。 2015年1月期のドラマ『○○妻』では東山紀之の後輩キャスター役を演じ、健気で可愛いらしいと話題になりました。2015年以降は『アイムホーム』野沢祥子役、『37.5℃の涙』杉崎桃子役、『お義父さんと呼ばせて』の花澤美蘭役とほとんど出ずっぱりの活躍です! 2016年10月から放送予定のNHK連続ドラマ『べっぴんさん』では主人公の姉・坂東ゆり役に抜擢されていて、注目度の高い女優です。