まるで人形!若い頃が美しすぎる海外の名女優8人

2017年7月6日更新

今もなお、人々の記憶の中で輝き続ける往年の世界的名女優たち。その女優たちの若かりし頃は、さながら人形のような美しさです。誰もが一度は目にしたことがある有名作品に出演してきた名女優たちの若かりし頃をご紹介します。

1:カトリーヌ・ドヌーヴ

60年代のフランス映画界を代表する女優、カトリーヌ・ドヌーブ。そのバービードールのような可憐なルックスで、フランスではアイドル的な人気でした。1964年に出演した『シェルブールの雨傘』では、ヒロインのジュヌヴィエーヴ役を務め、世界的な女優となりました。

清楚で可憐なイメージに合った役柄が多かったカトリーヌ・ドヌーブですが、1967年の『昼顔』で昼は娼婦として働く主婦、という過激な役どころに挑戦し、女優としての新境地を開拓しました。

2:マギー・スミス

『ハリー・ポッターシリーズ』でのマグゴナガル先生役が記憶に新しいマギー・スミスは、イギリスを代表するベテラン女優で映画や舞台、テレビと現在も幅広く活動をしています。

1969年に『ミス・ブロディの青春』でアカデミー賞主演女優賞に輝き、その後も数々の大きな賞を受賞しています。最近では、2012年に出演した映画『マリーゴールド・ホテルで会いましょう』で全米映画俳優組合賞助演女優賞、『カルテット!人生のオペラハウス』ではゴールデングローブ賞 主演女優賞と、二つの大きな賞にノミネートされています。

3:オードリー・ヘップバーン

『ローマの休日』のアン王女役が世代を超えて愛され続けている、永遠の妖精と謳われた名女優オードリー・ヘップバーン。その可憐で愛くるしいルックスを生かしたファッション・スタイルも当時の女性に大きな影響を与えました。

1954年に出演した『麗しのサブリナ』では、ヒロインのサブリナ役を演じ、衣装であったくるぶし丈のタイトなパンツが、後にサブリナパンツとして正解的に大流行しました。

4:エリザベス・テイラー

エリザベス・テイラーは、ハリウッドの黄金時代と言われた、50年代、60年代のハリウッド映画を代表する世界的な名女優です。1963年には歴史映画『クレオパトラ』でクレオパトラ役を演じ、話題になりました。

ブルネットの髪とエキゾチックなルックスを持つエリザベス・テイラーの魅力を最も感じることができる映画です。

5:ミア・ファロー

男の子のようなショート・ヘアにスリムなスタイル、そしてそばかすがとてもキュートな女優、ミア・ファロー。その中性的な魅力を生かした個性的なファッションもとてもキュートで、当時の女性たちの間で大流行しました。舞台女優として活躍した後、1968年のホラー映画『ローズ・マリーの赤ちゃん』で初主演を務めます。

ミア・ファローの出演映画は、その繊細な演技の魅力もさることながら、そのキュートなファッションにも注目が集まっています。レトロでガーリーなファッションは、現在の若い女性にも大きな影響を与えているようです。

6:グレース・ケリー

その気品ある美しさからクール・ビューティと謳われた、ハリウッド女優グレース・ケリー。ブロード・ウエイスターを経て、映画女優としてデビューし、後にモナコ公妃となりました。

かの有名な「ケリー・バッグ」の名前の由来になった女優でもあります。グレース・ケリーが妊娠中のお腹をその時持っていたエルメスのバッグで隠したことをきっかけに、エルメス自ら「ケリー・バッグ」と名づけました。

7:ジェーン・フォンダ

セクシーでワイルドなルックスが当時の同年代の女優とは一線を画していたジェーン・フォンダ。モデルとして活動した後、演技を学び、1968年に出演したSFコメディ映画「バーバレラ」で人気女優となります。この作品でのセクシーなシーンや演技が話題となり後の出演作品も、セクシーな魅力を生かした役どころに恵まれます。

2005年にはふたたび女優として復帰し、2013年の歴史映画『大統領の執事の涙』で演じたレーガン大統領夫人が話題となりました。

8:ゴールディ・ホーン

アメリカのコメディ女優であるゴールディ・ホーン。ちょっと幼さの残る顔立ちに明るく弾けるような笑顔がとてもチャーミングです。

コメディ映画を中心に活動していましたが、1992年のホラー映画『永遠に美しく・・・』に出演したことが話題に。娘のケイト・ハドソンとは仲睦まじい様子で度々メディアの前に姿を現しています。