恋愛映画のおすすめ名作50選【ハズレなし!胸キュンから泣けるラブストーリーまで】

2018年4月16日更新

恋愛映画が観たいけど、何を観ていいのかわからない。そんな時は映画メディアが選ぶおすすめ恋愛映画を参考にしてみてください!ニーズに合わせた11つの項目でたっぷり50選、ご紹介します。お気に入りがきっと見つかるはずです。

胸キュンから泣ける恋愛映画まで!おすすめラブストーリー50選

アバウトタイム

恋愛映画とひとくくりにいっても、内容は様々です。

今回は、おすすめ恋愛映画をの11つの項目に分けてご紹介します。気軽に見れる胸キュンラブコメ邦画から、カップルで観るのにおすすめの恋愛映画、絶対に泣ける切ない良作、語り継がれてきた古典名作など、どれも見逃せない50作品が選出されています。

観たい恋愛映画に困った時は、ぜひ参考にしてみてください。きっとあなたも胸キュンできるお気に入りの作品が見つかるはずです。

描かれ続ける胸キュンな「愛」の物語

映画に限らずに流行りの歌も、小説もマンガもその多くは恋愛要素を含んだ作品が大半です。創作物に限りません、中高生の頭の中も自分の気になる人のことでいっぱいですし、友達との会話の中心も「誰と誰が付き合っている」だとか「だれだれが告白された」という類の話が中心です。

恋愛で失敗して自分が傷つくのは怖いので、慎重になりすぎてしまう方も多いのでは。それもそのはず、成功確率を上げるために数多くの恋愛経験を積むというのが難しいためです。しかし創作物とは言え映画であれば様々なラブストーリーを知ることができるのでおすすめです。

なかなか思い通りでハッピーに進んでいく愛の物語ばかりではありませんが、胸がキュンとする一瞬や、ほろ苦いコーヒーのような物語と出会えれば幸いです。

1:恋が実る瞬間のトキメキを味わうおすすめ恋愛映画

友達以上恋人未満の2人の遠距離恋愛を描いた映画

イギリスの田舎町での幼なじみ、ロージー(リリー・コリンズ)とアレックス(サム・フランクリン)。一緒にアメリカへ大学進学をするはずでしたが、ロージーの他の男性の子供ができたため、アレックスだけが単身アメリカへ。気持ちを素直に伝えられないまま、2人は微妙な距離感を保ち、別々の人生を歩むことになるのでしょうか?

映画全体がオシャレで可愛い恋愛映画

ミニシアター系で上映され、日本で公開当時は劇場に行列ができるほどの社会現象になりました。主人公のアメリの純粋で不器用な恋愛模様に、誰もが応援したくなってしまいます。思わずほっこり笑える場面がたくさん詰まった恋愛映画です。

オードリーの魅力満載、エレガントラブストーリー

ハリウッドの大女優、オードリー・ヘプバーンの代表作。大都会のニューヨークでお金持ちの男性との結婚を夢見るヒロインホリー(オードリー・ヘプバーン)の、真実の愛にたどり着くまでの過程を繊細に描き出しています。

このもどかしさがたまらない!

ロンドンとパリを舞台に、2人の23年にわたる恋と友情をロマンチックに描くラブストーリー。恋心を胸に秘めたヒロインをアン・ハサウェイ、相手の自由奔放な男性をジム・スタージェスが演じています。監督はデンマークのロネ・シェルフィグ。

まさに男と女の感情のむきだし

園子温が監督した、西島隆弘、満島ひかり、安藤サクラ、渡部篤郎ら実力派俳優陣をキャストに迎え、実話を元に描いた究極の純愛物語です。女性ばかり狙う盗撮魔ユウ(西島隆弘)と、ヨーコ(満島ひかり)との運命的な恋の行方はどうなるのでしょうか?

2.胸キュンしたいならコレを観ろ!定番ラブコメ邦画

観れば恋がしたくてたまらなくなる

モテない男藤本幸世(森山未來)が、ある日突然モテ始める?!原作は久保ミツロウによる大人気漫画。長澤まさみ、麻生久美子、真木よう子、仲里依紗の豪華キャストにも注目です。

タイプではない相手からの告白。あなたならどうする?

中学の同級生、「イチ」こと一宮(北村匠海)への片思いをこじらせた24歳のOL江藤良香(松岡茉優)。同僚の霧島(渡辺大知)から告白を受けるものの、イチへの思いを振り切れない良香は同窓会を企画することに。原作の著者は小説『蹴りたい背中』(2003年)で、芥川賞最年少受賞を果たした綿矢りさ。2004年に上戸彩主演で公開された『インストール』に続く、自身二度目の映画化作品です。

恋焦がれた架空の人物が目の前に!

映画監督を志す牧野健司(坂口健太郎)は、モノクロ映画に登場するお姫様の美雪(綾瀬はるか)に夢中。スクリーン越しの愛を募らせるという日々を送る健司に、思いもよらない奇跡が......!銀幕の世界を飛び出したお姫様との恋愛模様を描く異色のラブ・ファンタジーです。監督は映画「テルマエ・ロマエ」シリーズ手がけた武内英樹です。

ジョージ朝倉の伝説の少女漫画が実写映画化!少年少女の恋心をほろ苦く描く

東京でモデルとして活躍していた15歳の望月夏芽(小松菜奈)は、引越し先の浮雲町で出会った少年・長谷川航一朗と恋に落ちます。しかし、夏祭りの夜に起きた事件が彼女の運命を変えることに......。原作は、ジョージ朝倉による同名の少女漫画。主人公の美少女役に小松菜奈、浮雲町の神主一族の嫡男役に菅田将暉という旬なキャスティングも話題を呼びました。

3.涙が止まらない!絶対に泣ける切ない恋物語

累計発行部数200万部を突破。住野よるの人気処女小説を映画化!

「僕」こと志賀春樹(北村匠海)が、膵臓の病気を抱えるクラスメートの山内桜良(浜辺美波)の日記帳を拾ったことから始まる高校生同士の儚い交流を描いた物語です。映画版には原作で描かれなかった12年後の「僕」が登場し、話題となりました。Mr. Childrenの歌う主題歌「himawari」が、より物語を切なく仕上げています。2018年9月1日よりアニメ版が劇場公開されます。

海をこえて大ヒット!「男女入れ替わり」を描いた新海誠監督のアニメ映画

東京の男子高校生・立花瀧(神木隆之介)は、見ず知らずの女子高生・宮水三葉(上白石萌音)と「突然の入れ替わり」を経験。入れ替わった先の世界が3年前の岐阜県糸守町であることと、その町が隕石落下で消滅の運命にあることを突き止めた瀧は、住民を避難させるために必死に行動を起こします。瀧は三葉を救い、未来で出会うことができるのでしょうか。

最後まで病気に立ち向かう相手を見届けた純愛を描いた映画

高校時代に死別した恋人との思い出をいつまでも引きずり続ける青年が、過去を巡る旅をして、今を大事に生きていこうと思えるまでの姿を描いた切ない恋愛ドラマ。大沢たかおと柴咲コウ、長澤まさみと森山未來の共演が実現しています。

ベストセラー小説が原作。古都を舞台に繰り広げられる美大生の恋

京都の美大生・南山高寿(福士蒼汰)は、電車の中で見かけた福寿愛美(小松菜奈)に一目惚れ。二人の仲は交際へと発展します。「初めて」のことを経験するたびに落涙する愛美を不思議に思う高寿は、やがて彼女が抱える大きな秘密を知ることになります。メガホンを握ったのは、2010年の映画『ソラニン』で成功を収めた三木孝浩監督です。

10年後の自分から届いた手紙。大切な人の未来を救えるか?

高校生の高宮菜穂(土屋太鳳)のもとに届いた一通の手紙。差出人は26歳の自分でした。文面から、1年後に大切な人を失う運命にあることを知った菜穂は、同級生の成瀬翔(山崎賢人)の運命を変えるために立ち上がります。果たして菜穂と翔は、10年後も一緒にいることができるのでしょうか。作品の舞台となった長野県松本市の美しい風景が、主人公たちの青春に華を添えます。

4.逆境に立ち向かう愛に涙するラブストーリー映画

障害という逆境に、思わず心がキュッとしてしまう

ふとしたきっかけで恋に落ちた普通の大学生恒夫(妻夫木聡)と脚の不自由な少女ジョゼ(池脇千鶴)の、切ないラブストーリー。障害という逆境に負けず、不思議な魅力を持つジョゼと恒夫の恋愛に、考えさせられる映画です。

性別をこえる恋愛映画

カナダ人監督グザビエ・ドランによる、女性になりたい男性とその恋人の切ない恋物語です。国語教師のロランス(メルビル・プポー)は恋人のフレッド(スザンヌ・クレマン)に女性になりたいという秘めていた思いを告白します。フレッドは理解者になることができるのでしょうか。

何かが欠如している2人の素晴らしい愛

とにかく普通に生きることを願っていた祐一(染谷将太)と、愛する人に守られながら生きたい景子(二階堂ふみ)は共に15歳。ある事件をきっかけに絶望に溢れる日常に変化してしまいます。2011年のベネチア国際映画祭では主演の2人が新人俳優賞を受賞しています。

警察とマフィアから追われながらの破滅的な愛

トニー・スコット監督がタランティーノ監督がデビュー前に書いた脚本をもとに、マフィアと警察から追われる恋人たちの逃避行を描いたバイオレンス・ロマンスです。クリスチャン・スレイターとパトリシア・アークエットが共演し、ブラット・ピット、ゲイリー・オールドマン、デニス・ホッパーなど豪華キャストが結集しています。

友人に関する記憶が一週間でリセットされてしまう高校生

過去の出来事がきっかけで、友人に関する記憶を一週間で失ってしまうという障害を持つ高校2年生の藤宮香織(川口春奈)と、同級生の長谷祐樹(山崎賢人)の恋物語。監督は、高視聴率を記録した2003年のドラマ『白い巨塔』を手がけた村上正典です。葉月抹茶による同名の原作コミックは、テレビアニメ化(2014年)および舞台化(2014年)も経験済みの人気作品として知られています。

5.カップルで観るのにおすすめ!今の愛を再確認できる名作

タイムトラベルで気がつく本当の幸せ

リチャード・カーティス監督が、タイムトラベルを繰り返しながら本当の幸せとは何か気がつく青年の姿を描いたロマンティックコメディです。主人公のティムをドーナル・グリーソン、ヒロインのメアリーをレイチェル・マクアダムスが演じています。

記憶の残らない彼女のためにできることとは?

ドリュー・バリモアとアダム・サンドラーが共演したロマンチック・ラブコメディ。記憶を1日しか残すことのできない恋人のため、毎日試行錯誤をして演出をする健気な姿に、心が打たれます。

2人の距離はあとどのくらい?

列車の中で出会ったアメリカ人の青年ジェシー(イーサン・ホーク)とフランス人女性セリーヌ(ジュリー・デルピー)は、意気投合して途中下車することとなり。14時間だけの約束で一緒に過ごすことになります。監督はリチャード・リンクレイターが贈る、極上のラブストーリーです。

クリスマスのなると観たくなる恋愛映画

リチャード・カーティス監督の、総勢19人のキャストによるアンサンブル・ラブストーリー。ヒュー・グラント、キーラ・ナイトレイら、実力派俳優の豪華共演が楽しめます。それぞれの恋愛模様、恋が実る瞬間のトキメキがたっぷりです。

6.恋人との仲直りの仕方を学ぶラブストーリー映画

記憶除去不術の効果は?

脚本はチャーリー・カウフマン、監督はミシェル・ゴンドリーの作品。喧嘩別れをしたカップルのジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はお互いを忘れたいという思いのもと不思議なクリニックで記憶除去の手術を受けることを決心します。時系列がバラバラなので、クレメンタインの髪の色のチェックは必須です。

偶然の出会いが偶然に一致

家庭も仕事も順調な生活をしていたキャル(スティーヴ・カレル)は、妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)の浮気を知り、離婚の希望をを打ち明けられたことで人生が一変しました。グレン・フィカーラとジョン・レクアがタッグを組み、脚本はダン・フォーゲルマンが手がけています。

愛に国境は関係ない?

在日朝鮮人の杉原(窪塚洋介)は、進路も決まらず喧嘩ばかりの日々を送っていました。ある日、同級生の加藤(村田充)のバースデーパーティで出会った桜井(柴咲コウ)と恋に落ちたことで、かけがえのない時間を共有することになります。しかし、彼が在日朝鮮人だということがわかった途端彼女は去って行ってしまうのですが……。金城一紀の小説を原作に、監督は行定勲、脚本は宮藤官九郎で映画化した痛快青春映画。

理想のキャラクターと現実で恋をする

天才作家と若くしてもてはやされたカルヴィン(ポール・ダノ)は、スランプ真っただ中。ルビー・スパークスという理想の女の子の物語を書くことにしました。執筆に夢中になっていると、目の前に自分が想像したルビーが現れたのです。

刑務所内で出会った運命の相手に伝えたい

グレン・フィーカーとジョン・レクアがメガホンを取り、刑務所内で知り合った運命の相手に会うため、脱獄や詐欺などの不正を行い続けた男の実話を元にして作った作品です。ジム・キャリーとユアン・マクレガーの豪華共演も見どころです。

7.身分差を超えた愛に挑戦するおすすめ恋愛映画

社会現象まで起こした身分を超えた愛

豪華客船タイタニック号の中で運命的な出会いをするジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)。2人はお互い強く惹かれ合いますが、身分の差や婚約者であるキャル(ビリー・ゼイン)などの問題が多く横たわります。そんな中突然、タイタニック号は氷山に接触し、沈没してしまいます。

人間とOSとの恋?

スパイク・ジョーンズが監督と脚本を担当したSFラブストーリー。人工知能OSの声に惹かれる主人公セオドア(ホアキン・フェニックス)と、どんな女性よりも魅力的なシステムサマンサ(スカーレット・ヨハンソン)との恋の結末はいかに?

ティム・バートン監督のラブ・ファンタジー

エドワード(ジョニー・デップ)は博士により生み出された人造人間でしたが、完成直前に博士が死んでしまい、両手がハサミのまま取り残されてしまします。ひとりぼっちで過ごす彼の元へ、ベグ(ウィノナ・ライダー)が訪れます。ペグの自宅には娘のキムがいて、エドワードはキムに恋してしまいます。

身分違いの純愛の結末は?

ニコラス・バークスのベストセラー小説を映画化し、監督はニック・カサヴェテスが務めました。ライアン・ゴズリング、レイチェル・マクアダムスが身分違いの純愛を貫く情熱的な愛の行方を演じています。

大切なひとが選んだ結論は、半年後の尊厳死

介護の仕事を始めたルイーザ(エミリア・クラーク)は、事故で脊椎損傷を負った大富豪のウィル(サム・クラフリン)と出会い、恋に落ちます。しかし、ウィルには尊厳死を選択するというかねてからの計画がありました。愛するひとを心から尊重するとは、どういうことなのか。ただの切ない恋愛映画では終わらない、人間心理を多角的に描いた作品です。

8.昂まる激情に身を委ねる恋愛映画

美しいブルーが印象的な映画

フランスの人気コミックを原作にした、アブデラティフ・ケシシュ監督の作品。美大生エマ(レア・セドゥー)と、運命的な出会いをしたアデル(アデル・エグザルコプロス)との情熱的な人生を描いています。大胆な性的描写も話題となりました。2013年、カンヌ国際映画祭バルムドール受賞。

恋愛経験0の女子大生の刺激的な恋愛

ロンドンの一般女性がネットに投稿した官能恋愛小説を元に、ドン・ジョンソンとドン・ジョンソンとが共演し、サム・テイラー=ジョンソンが監督を務めました。恋愛経験0の女子大生が、大企業のCEO相手に繰り広げる刺激的な恋愛体験を、ドキドキしながら楽しめます。

現実から離れた世界で、情欲に身をまかせる男女の恋愛映画

とあるアパートの一室で出会った中年男性(マーロン・ブランド)と若い女ジャンヌ(マリア・シュナイダー)。男は突然ジャンヌを犯します。しかし、ジャンヌはその関係を何回も続けてしまいます。男は昔、妻が自殺するという悲しい過去を持っていました。

ある恋人たちの激しすぎる愛の行方

海沿いの村で暮らすゾルグ(ジャン=ユーグ・アングラード)は、小説家を夢見て生活をしていました。そんな彼の前に美女ベティ(ベアトリス・ダル)が現れ、たちまち激しい恋に落ちていきます。

女性同士の間に恋が生まれる瞬間を、気品に富んだ映像と音楽で描く

1950年代のニューヨーク。高級百貨店に勤めるテレーズ(ルーニー・マーラ)は、裕福な人妻キャロル(ケイト・ブランシェット)に憧れを抱きます。しかし、キャロルのかげりを帯びた眼差しには、不幸な事情が秘められていました。原作者は、アラン・ドロンの『太陽がいっぱい』(1960年)の著者として名高いパトリシア・ハイスミス。ルーニー・マーラは、本作品でカンヌ国際映画賞女優賞を獲得しています。

9.恋人に翻弄される恋愛映画

運命の恋信じる?信じない?

自分の愛する人と、恋愛観が異なり過ぎてしまった場合、どうしますか?運命の恋を信じる男と、そうでない女が繰り広げる、少し苦しくてユニークな恋愛コメディ。監督は初メガホンのマーク・ウェブ、ジョセフ・ゴードン=レヴィットとゾーイ・デシャネルの共演も話題です。

キャメロン・ディアスがとにかく魅力的

キャメロン・ディアスの可愛らしい姿に、ファンでなくても夢中になってしまう作品です。高校時代、学園人気ナンバーワンのメリー(キャメロン・ディアス)のことが忘れられないテッド(ベン・スティラー)は探偵のヒーリー(マット・ディロン)の調査を依頼しますが、ヒーリーもメリーに恋してしまい、まさしく『メリーに首ったけ』状態になってしまいます。

ペニー・レインの大人になりきれていない色気がたまらない

ロックバンドのツアーの同行取材を任された少年の姿を描く青春映画です。15歳の少年ウィリアム・ミラー(パトリック・フュジット)が、バンドの追っかけ(グルーピー)の一員であるペニー・レイン(ケイト・ハドソン)に片思いをするというストーリー。果たして少年の淡い恋は実るのでしょうか?キャメロン・クロウ監督の体験がもとに作られた恋愛映画です。

スピーディな展開についていける?!

舞台は夏のベルリン。ローラ( フランカ・ポテンテ)に恋人マニ(モーリッツ・ブライプトロイ)から助けを求める電話がかかってきます。それは12時までに金を作らないと殺されるという悲痛な叫び。どうにかお金を工面するため、ローラは家を飛び出します。全体的に物語がスピーディに展開していく、ハイテンションなラブストーリーです。

10.失恋を癒す新たな恋を探すおすすめ恋愛映画

美味しいブルーベリーパイをオシャレな音楽で

ウォン・カーウァイ監督の初英語劇のラブストーリー。失恋直後のエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、カフェオーナーのジェレミー(ジュード・ロウ)が作るブルーベリーパイの美味しさに癒されていきます。失恋相手を忘れるため、エリザベスは一人旅に出ることに決めます。ナタリー・ポートマン、レイチェル・ワイズなども出演し、豪華キャストとなっています。

音楽が運ぶ素敵な恋

2館の上映から始まり、最終的には140館まで広がった、話題のラブストーリーです。ダブリンの街で出会ったミュージシャン(グレン・ハンサード)と、音楽の才能に優れたチェコ移民の女性(マルケタ・イルグロヴァ)が共通の音楽によって惹かれ合うストーリー。監督はジョン・カーニー、バンドマンだったこともあり、素敵な音楽と一緒に映画が楽しめます。

すれ違う恋愛模様をスタイリッシュに描いた名作

失恋した警官モウ(金城武)と麻薬取引にかかわる女ディーラー(ブリジット・リン)、恋人とすれ違いが続く警官(トニー・レオン)と飲食店店員フェイ(フェイ・ウォン)。2組の人間関係を軸に、物語が広がっていきます。監督は香港のウォン・カーウァイ。

音楽を通じて出会った男女のラブストーリー

昔の恋人トリス(アレクシス・ジーナ)のことが忘れられない高校生のニック(マイケル・セラ)は、自作のCDをトリスに送り続けていました。しかし聞かれることもなくCDは捨てられ、ゴミ箱からそのCDを拾い続けていたノラ(カット・デニングス)、ノラは会ったことのない男性の作った音楽に惹かれていきます。

11.絶対に観ておきたい名作古典ラブストーリー

名言多き、純愛映画

1940年のカサブランカは、戦火が近づいていることがあり、自由を求めて渡米しようとする人で溢れかえっていました。ナイトクラブを経営するリック(ハンフリー・ボガート)と元へやって来た抵抗運動の指揮者の妻イルザ(イングリット・バーグマン)は、かつての恋人でした。言わずと知れたアメリカ映画の古典的作品です。

怪人と歌姫の恋

19世紀のパリのオペラ座を舞台に、オペラ座に住む謎の男と、歌姫の恋物語がつづられています。監督はジョエル・シュマッカー、主演はジェラルド・バトラー、エミー・ロッサム。歌唱シーンも見どころです。

ハリウッドのミュージカル映画傑作

新たな時代に突入した映画界が舞台。トーキーの出現で、ハリウッドは大騒動が起きます。それまでスターのリナ(ジーン・ヘイゲン)は、悪声から将来が危ぶまれます。ドンとキャシーのロマンスを描いたミュージカル作品となっています。音楽に合わせながら、恋のトキメキを楽しめる恋愛映画です。

身分を気にせず、たった1日のロマンス

オードリー・ヘプバーンがアメリカ映画初主演を務めました。共演はグレゴリー・ベック。ヨーロッパを旅行中の王女アン(オードリー・ヘプバーン)と、新聞記者ジョー(グレゴリー・ベック)との、身分を超えた、たった1日の夢のようなラブストーリーです。