『北斗の拳』本当に最期まで泣かせてくれる男は山のフドウだ!

2017年7月6日更新

核戦争後の大地で仲間との出会いにより主人公・ケンシロウが戦いを繰り広げていく『北斗の拳』。その中でも南斗五車星の一人で、巨漢を持ちながら心の優しいフドウについて登場時から感動の最期までをご紹介していきます。

フドウのプロフィール

フドウは南斗五車星の挙士の一人で、身長225㎝・体重270㎏・バスト240㎝・ウエスト200㎝という想像を絶する巨体の持ち主ですが、漫画原作やアニメでは公式よりも大きく描かれているようです。登場時は善人でしたが過去は極悪人で、悪人から善人に変わっていくキャラクターは珍しいと言われています。

フドウの戦闘スタイルは巨漢を活かした悪鬼時代からの力技が多く、南斗聖拳の手刀で暴漢を真っ二つにするシーンがあり周囲からはかなり恐れられている人物。体が大きすぎて屋内では天井に頭がぶつかっているシーンも多々あり、気圧により大きさが変わる体質にもなっています。

南斗五車星の一人

南斗五車星とはユリアという南斗正統血統を守護する、5つの星の戦士によって作られたものです。5つの星とは海・山・雲・炎・風からなり、「海」は「海の兵団」を率いる軍師のリハク・「山」は「若草色の軍団」を率いて山の拳を持つフドウ・「雲」は我流の拳を持つジュウザ・「炎」は斬撃に火炎を交えるシュレン・「風」は真空波を走らせるヒューイというメンバーで構成されています。

メンバーには五星のタトゥーが入れられ、自分自身の星は他の星より大きく入っていてこれが南斗五車星の証といっても過言ではありません。また5人はユリアに従える身なので、他の五星のシンやシュウに敬意を払っています。

幼いころは鬼と恐れられていた?

かつては親に捨てられてしまった過去から親や人の命の重さを知らずに育ったため、人間は虫と同じような扱いをしており「鬼のフドウ」・「悪鬼のフドウ」と呼ばれ北斗・南斗の寺院で暴挙ばかりし恐れられていました。

あのラオウでさえ修業時代に恐れていたというほど狂暴で誰にも止められない過去があったようです。

ユリアとの出会いがフドウを変えた

フドウが幼い頃に南斗六聖拳「慈母星」を宿星に持つユリアと出会います。ユリアに命の大切さを教えられたことをきっかけに今までの周囲を恐れさす暴挙が一切なくなり、人が変わったように善人になっていきました。ユリアが助けた母犬の子犬を手のひらに乗せると、小さな命の尊さを知り人の命の重さも感じるようになったのです。

それからユリアに従えることを決意し、多くの孤児たちを引き取り父親代わりのように育てるなどでいたらぼっちのように善人として生きようと今までを反省しました。ユリアとの出会いは、フドウにとって人生を変える出来事でした。

登場は臆病なただの巨人だった

登場時は南斗最後の将に会わせるためケンシロウを連れてくるようにリハクに命令され、体が大きいだけの臆病な巨人を装いケンシロウに近づいていきました。ケンシロウの人柄を見るためにわざと挙王軍にリンチされましたが、リンやバットは気づく様子は見せないもののケンシロウだけは疑いの目でフドウを見ていたのです。

しかし知人の鶏商人を殺した悪人を、拳法で真っ二つにし退治したことから五車星の一人であると正体をバラし、ケンシロウの宿命の旅を終わらせるには南斗最後の将に会う事が必要と告げました。

最期はラオウまでも恐れさせた

仕えているユリアがラオウに連れ去られたことから、ラオウとの対決が始まります。フドウの村は拳王軍の急襲を受けてしまいますがそんな危機の中、封印していた武具を使い鬼神となってラオウに挑む姿はユリアを思う気持ちが溢れ出ているようでした。

戦い自体はラオウが驚異的なパワーを持ち肉体は圧倒されます。しかしフドウは育てている子供たちから支えられ、ラオウを精神的に追い込んでいきました。実はラオウは今回の戦いで、「勝負に勝った者が勝者ではなく、線から後退したら負け」というルールを決めていました。これは精神的にという意味で、ラオウが負けたら自分に矢を向けろと部下に指示していたのです。

ラオウの部下は負けたと思ったフドウに向かい矢を放ち、最期を迎えます。ラオウはこの戦いは、実質的に自分の負けだと自負しているようです。

最期まで平和を願ったフドウ

ラオウとの戦いの末、瀕死の危機にある時も駆けつけたケンシロウに村や孤児院にいる子供たちのことを頼む、そしてこれからの世の中をよくしてくれと最期まで平和を願うのでした。

育てた子供たちやケンシロウに見守られながら、フドウは息を引き取り還らぬ人となりました。この感動的な最後のシーンは、アニメスタッフからも愛され愛着を持たれていた事が伝わってくる名シーンとなりました。

フドウの声優は誰?

フドウの声優は、1933年5月23日生まれ福島県出身の声優・飯塚昭三が務めています。高校時代から演技に興味を持ち始めて、日本大学芸術学部在学中に劇団を結成し全国で舞台公演をしていました。

映画の吹き替えで声優の仕事を始め、それがきっかけで声優として様々なジャンルで活躍していきます。特に特撮ものが多く『天装戦隊ゴセイジャー』の大王モンス・ドレイク役・『宇宙刑事ギャバン』のドン・ホラー役・『仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z』魔王サイコ役などを担当したようです。

出演作は多かったのですがそれまでは主演を務めたことはありませんんでした。2009年に『カールじいさんの空飛ぶ家』で主役のカール・フレドリクセン役に抜擢され、ようやく初主演を飾りました。