『黒子のバスケ』笠松幸男、海常高校を支える頼れるキャプテンを紹介

2017年7月6日更新

熱いバスケットアニメの『黒子のバスケ』。強豪・海常高校バスケット部の笠松幸男は、チームを支える頼りがいのあるキャプテンです。今回は、笠松幸男についてプレースタイルから意外な一面まで、その魅力をまとめてみました。

笠松幸男のプロフィール

笠松幸男 黒子のバスケ

私立海常高校3年、バスケット部のキャプテンである笠松幸男は、身長178cm、体重66kg。背番号は4番で、ポジションはポイントガードです。

バスケットは親に勧められミニバスから始めたそうです。バスケット選手の中では小柄ですが、冷静な判断能力と度胸を持ち、たとえ体格で劣っても決して怯みません。

練習試合の相手が見事なダンクシュートでゴールを壊した際には、チームメイトに同じことでお返しをさせようとした負けず嫌いエピソードもある体育会系のノリの熱血漢です。バスケット時にはレッグスリーブを愛用します。

海常高校を支えるキャプテン

笠松幸男 黒子のバスケ

笠松が2年生の時、チームはインターハイ優勝を狙えるほどの高いレベルでまとまっていましたが、笠松のミスにより初戦で負けたことがありました。

罪悪感に耐えきれず退部を考えた笠松を「だからこそ」と、あえて監督はキャプテンに立てます。そのことから、笠松はキャプテンとして高い意識を持つことを決意し、インターハイ優勝という目標へ向かって情熱的にチームを引っ張り支えています。

今やチームメイトとの絶大な信頼関係が築かれた、強豪チームを率いるにふさわしい名キャプテンと言えるでしょう。

黄瀬涼太の教育係?

黄瀬 涼太 黒子のバスケ

海常高校バスケ部に「キセキ」のひとりである黄瀬涼太が入部してきました。天才プレーヤーとして名を馳せた黄瀬は、先輩に対しとても傲慢な振る舞いをします。礼節を重んじる笠松は、たとえ天才だからといって特別な待遇はせず、その驕った態度を改めるように蹴りと口で厳しく叱ったのだとか。

初めての扱いに黄瀬はすぐには受け入れられなかったようですが、次第に笠原の人柄に惹かれチームにも溶け込んでいきます。

笠松は度々黄瀬に手や足を出しますが、これは笠原のコミュニケーションスタイルであり、愛ゆえの行為なのでしょう。

3Pも打てる万能PG(ポイントガード)

司令塔として指揮しながら、3Pシュートも打てる万能ポイントガードの笠原は、バスケットの専門雑誌で特集を組まれるほどの選手です。

特筆すべきはそのスピード。「キセキ」のような特殊能力はありませんが、高速のターンアラウンドやフェイダウェイジャンパーを武器にチームに貢献します。その速さは「キセキの世代を除けば最速」と言われ、一目置かれる存在です。

熱すぎるバスケへの思い

海常高校 黒子のバスケ

バスケットを愛し、インターハイ優勝への思いが人一倍強い笠原。海常高校メンバーとしての誇りとキャプテンとしての自覚を持つチームの大黒柱です。

黄瀬が最も難しい青峰のプレーのコピーを試みようとした時、「できるかできないかじゃねぇ。やるんだよ、ウチのエースを信じろ」とメンバーを叱咤激励し、チームの心はひとつになりました。その力強い言葉からも、バスケットへの情熱や仲間を大切に思う熱い魂が感じられます。

また、黄瀬と共にライバル校の試合観戦にも出かけていて、プレー外でも研究熱心です。

実は女の子が苦手?

性格もプレーも男前な笠原ですが、女の子は苦手だそうです。生身の女子と会話するどころか、写真の中の女子もまともには見られないことが小説版で語られています。もはやそれは「苦手」では済まされないレベルかもしれません。

しかし、一方で「巨乳好き」という噂があります。これは、海常チームが合コンをした際、女子に免疫のない笠原があまりにも緊張してしまい、「乾杯!」と言うつもりが「おっぱい!」と言ってしまったというエピソードから発生したようです。

笠松幸男の声優は?

保志総一朗

笠松幸男の声を担当したのは、福島県出身、1972年5月30日生まれの保志総一朗(ほし・そういちろう)です。

声優デビューは、1995年のアニメ『ビット・ザ・キューピッド』でした。やや高めの少年のような声質を活かし、『幻想魔伝 最遊記』孫悟空役や、『機動戦士ガンダムSEED』キラ・ヤマト役などで人気を得ました。その後も年齢を感じさせない若々しい声で、多くの作品で活躍しています。

早口のセリフを得意とし長文でも一発OKを出すことで有名ですが、素のトークはグダグダ気味なのだとか。また、酒癖の悪さでも名を売っていて、アニメやラジオ番組で共演した林原めぐみの腕を噛むなど、声優界に被害者が続出しているそうです。