2017年7月6日更新

ハンナ・ジョン・カメンはスピルバーグとタッグを組むことになった期待の新人女優!

スティーヴン・スピルバーグのSF大作『Ready Player One』への出演が決まったイギリス人女優、ハンナ・ジョン・カメン。最近注目度急上昇の彼女について、基本的がプロフィールから今までの出演作などをご紹介します。

ハンナ・ジョン・カメンって誰?

ハンナ・ジョン・カメンは、1989年9月6日生まれ、イギリスのイーストヨークシャー州アンラビー出身の女優です。

カーク・エラの小学校からハル・カレッジ・スクールに進学し、その後ロンドンのナショナル・ユース・シアターで演劇の訓練を始めました。2012年には、多くの名優を輩出しているセントラル・スクール・オブ・スピーチ・アンド・ドラマを卒業しています。

キャリアのスタートはゲームだった?

ジョン・カメンは演劇学校卒業前の2011年、人気ビデオゲームの『ダークソウル』に声のキャストとして出演しました。役名はローズ・ブレイド・サイアランで、太陽の光の王グウィンに仕える4人の騎士のうちの、唯一の女性騎士です。

女優として活躍する前にゲームの声優という経験があったのですね。

その後テレビドラマに多く出演!

デビュー後、ジョン・カメンは多くのテレビシリーズに出演することになります。

2011年には人気SFシリーズ『MISFITS/ミスフィッツ』、『ブラック・ミラー(原題)』にゲスト出演し、2012年には『ホワイトチャペル 終わりなき殺意』、『ザ・シンジケート(原題)』、『ザ・ミッドナイト・ビースト(原題)』、ベン・ウィショー主演のミステリー『The Hour 裏切りのニュース』に立て続けに出演しその名を広めました。

その後ゲストとして『ミステリー in パラダイス』、『Happy Valley』(2014)、マンチェスターのゲイライフを描く『キューカンバ(原題)』と続編の『バナナ(原題)』や『トンネル〜国境に落ちた血』(2015)に出演。

2016年にはついに世界的人気ファンタジードラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』に、ドスラク人の未亡人役で出演を果たしています。

ミュージカル『Viva Forever』で主演を演じる

ジョン・カメンは2012年から2013年に。スパイス・ガールズの楽曲をもとにしたミュージカル『Viva Forever』で主演を務めました。批評は芳しくありませんでしたが、ジョン・カメンについては英デイリー・ミラー紙の演劇批評欄で次のように書かれています。

Vivaを演じたジョン・カメンをはじめ、才能あるキャストの無駄遣いだ。ありきたりな物語と退屈な会話によって魅力を削がれてしまっている。

映画『スターウォーズ/フォースの覚醒』にも出演

2015年に公開された『スターウォーズ/フォースの覚醒』に、ハンナ・ジョン・カメンは出演しています。『スターウォーズ/フォースの覚醒』はシリーズ7作目となる作品で、前作の公開から10年が経っていたこともありファンにとっては待望の作品となりました。

彼女の役柄はカイロ・レン(アダム・ドライバー)率いるファースト・オーダーの士官でした。大人気シリーズの最新作に出演したことで、一気に注目度が上がったようです。

2018年公開予定『Ready Player One(原題)』に大抜擢!

ジョン・カメンはスティーヴン・スピルバーグが監督する映画『Ready Player One(原題)』にも出演することが決定しています。アーネスト・クラインの人気小説を映画化する本作は、その企画段階から大きな注目を集め、多くの若手俳優が大抜擢されています。ジョン・カメンも出演するということで、期待が高まっています。

また本作には日本人俳優・森崎ウィンも出演することが決定しています。

テレビ、舞台、映画と幅広い活躍を見せる若手女優、ハンナ・ジョン・カメン。大作への出演も決まり、今後ますます注目を集めそうですね!