タイ・シェリダンの出演映画まとめ【『X-MEN』サイクロプス役】

2017年7月6日更新

南部の少年役を継続して演じ注目を集めてきたタイ・シェリダン。『X-Men: アポカリプス』ではサイクロプス役で出演することが決まり、ますます注目が集まっています。タイ・シェリダンのプロフィール、出演映画、今後の活動についてご紹介します。

タイ・シェリダンのプロフィール

タイ・シェリダンは、1996年11月11日生まれ、アメリカ・テキサス州エルクハート出身の俳優です。ビューティーサロン経営者の母と貨物運送会社UPSに勤務する父の間に生まれました。妹が一人います。 幼少期から学問やスポーツの素質を見せ、中学のフットボールではクウォーターバック、陸上ではトラック競技で活躍しました。 2011年に『ツリー・オブ・ライフ』でデビューする以前は、学校の演劇で演じた経験がわずかにあるだけでしたが、オーディションで1万人の中から選ばれてデビューすることとなりました。

タイ・シェリダンの映画デビュー作

1950年代半ば、テキサスの小さな町に暮らすオブライエン一家を壮大な視点から描いた物語。タイ・シェリダンは三男のスティーブを演じています。

タイ・シェリダンが主演に大抜擢!演技も高評価

whentheycry 下調べの時点でツリーオブライフの三男坊(MUDのエリス役)が成長してて驚いた! 演技も良かった。

終わって考え直して見ると何にも解決してないようにも何にもエリスの為になってるとも思えない。 でも、最後はハッピーエンディングなのかな。

エリスの周りに登場する大人たちは愛に不自由を感じてしまっている人達でエリスの「愛は永遠」っていうのを信じる気持ちが凄く理解できた。だから見終わって振り返ってMUDの生死すら確認できてないエリスは報われないなぁって。 でも終わりは凄く清々しい顔をしている。 両親が何かしらのけじめがついたように、MUDと育ての親が再び一緒にいるようになったように、MUDの恋する相手が幸せに暮らしてるようにエリスも見つけられたのかなって思いました。 あ、でもMUDが2回目の文通をエリスに頼んで渡して戻ってきた時にエリスが激怒して言った言葉はほんとにド直球過ぎて、あの頃の僕の気持ちを綺麗に代弁してるようで驚きました!!! だからそこに彼なりの理解をしたのかなと。

個人的には映像、服装、夕日、夕暮れ、そよ風、夕闇、強い日差しを見てとても夏を感じ夏が待ち遠しくなりました笑 ある夏休みの出来事みたいな感じに捉えました。

あ、でも人と人の繋がりが素晴らしかったですね!

タイ・シェリダン演じる14歳の少年エリスと、マシュー・マコノヒー演じるミシシッピ川の島に隠れ住むマッドとの交流を描いた物語。

本作でタイ・シェリダンは、ワシントンDC映画批評家協会やフェニックス映画批評家協会の新人賞を受賞するなど各賞にノミネートされ、高い評価を受けました。

貧しく健気な少年を演じ、ニコラス・ケイジと共演

仕事をせず呑んだくれ暴力を振るう父をもつ南部の貧乏一家に育った15歳のゲイリー。前科はあるが周りからの信頼は厚い男、ジョーに出会う物語です。ある日、職を探していたゲイリーは日雇い労働者を管理していたジョーと出会い、仕事を始める。懸命に働くジョーでしたが、稼いだ金はすべて父に使い込まれてしまいます。 そんなゲイリーを静かに見守っていたジョーでしたが、ある日突然彼は撃たれてしまいます。 タイ・シェリダンはゲイリー役を演じ、インディアナ映画ジャーナリスト協会助演男優賞にノミネートされるなど、高い評価を受けました。

ジョーはニコラス・ケイジが演じています。

アメリカでは2013年に公開された本作でしたが、日本での公開はされていませんでした。

そんな本作ですが、日本未公開作品ばかりを集めた映画祭『未体験ゾーンの映画たち2016』に出品されました!これを機にチェックしてみるのもいいかもしれません!

ジョン・トラボルタの息子役で出演!『THE FORGER 天才贋作画家 最後のミッション』(2014)

モネの名画を盗もうとする贋作者の父と子を描いたクライム作品。タイ・シェリダンは息子ウィル役を演じています。父ジョセフ役はジョン・トラボルタ。 本作はスリル要素が弱かったなどの意見が多くあまり高く評価はされていないようです。

エマニュエル・ルベツキ撮影で砂漠でのロケに参加!

キリストの「荒野の誘惑」を描いたロドリゴ・ガルシア監督の『Last Days in the Desert(原題)』(2015)に出演しました。タイ・シェリダンはキーラン・ハインズの息子役を演じています。キリスト役はユアン・マクレガー

『ゼロ・グラビティ』『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』『レヴェナント: 蘇えりし者』などの撮影を担当しているエマニュエル・ルベツキが撮影監督を務めたことで話題になりました。

歴史に残るセンセーショナルな実験を映画化。タイ・シェリダンは被験者に

1971年、スタンフォード大学心理学研究室が行った、模型の刑務所で被験者を看守役と囚人役に分けてそれぞれの役割を演じさせた実験を描いた映画『プリズン・エクスペリメント』(2015年)。 2002年公開の『es[エス]』や2010年公開の『エクスペリメント』などでも取り上げられた、衝撃の人体実験が再び描かれています。 タイ・シェリダンは囚人役を割り当てられた被験者を演じています。

『X-Men:アポカリプス』のサイクロップスに大抜擢!

やはり多くの人が注目したのは、『X-Men:アポカリプス』への出演でしょう。タイ・シェリダンは、旧シリーズではジェームズ・マースデンが演じたサイクロップス役を演じることが決まっています

演じるサイクッロプスは目から破壊光線を出すスーパーヒーローで、X:MENでのリーダー格を担っています。どのような仕上がりになるのか、非常に楽しみです。大作への出演で大きく知名度を伸ばすことは間違いなさそうです。 2016年8月11日に日本公開されました。

タイ・シェリダンの今後

他にも2015年以降の出演作は目白押しです。 2015年には、ゾンビに襲われるボーイスカウトを描いた『ゾンビーワールドへようこそ』が全米公開されました。 また2016年には、不貞の義理の父を殺すべきか悩む法学生を描いた『Detour(原題)』が、2017年にはイラク戦争に参戦した二人の若者を描いた『The Yellow Birds(原題)』と、いたずらが原因でガールフレンドの兄を死に追いやってしまった少年を描いた『Grass Stains(原題)』がアメリカで公開されています。