シャーロック・ホームズのおすすめ映画ランキングトップ15

2017年7月6日更新

『シャーロック・ホームズ』は書籍のみならず映像作品も多数公開されています。謎解きにとどまらずコメディやアクション要素も含まれていますよね。各ウェブサイトのランキングで評価の高かったホームズ作品をまとめたランキングをご紹介します!

15位.派手なアクションシーンに注目【2011年】

ロバート・ダウニー・Jr.版のシリーズ第2弾。ホームズ(ダウニー・Jr.)とワトソン(ジュード・ロウ)の掛け合いは相変わらずで、ジャレッド・ハリスのモリアーティ博士の名演技や電車からの銃撃戦が評価されました。

14位.有名スパイが探偵に?【1976年】

『ロジャー・ムーア/シャーロック・ホームズ・イン・ニューヨーク』(TV映画)

3代目ジェームズ・ボンドのロジャー・ムーアがホームズを演じたこの作品。舞台もロンドンではなくニューヨークだったりと斬新な設定に注目です。

13位.ヒッチコック作品との共通点【1942年】

『ベイジル・ラスボーン版 シャーロック・ホームズ 緋色の爪』(劇場未公開)

アメリカではホームズといえばベイジル・ラスボーンが演じたシリーズが人気です。『緋色の爪』はバイオレントなシーンもあり、ヒッチコックの『サイコ』に似ているという口コミもあるようです。

12位.各シーンの舞台にも注目【1944年】

『ベイジル・ラスボーン版 シャーロック・ホームズ 死の真珠』(劇場未公開)

『死の真珠』はミステリーというよりはスリラー要素たっぷりの作品です。100%ロンドンの街を舞台にしており、アクションシーンにクラシックなロンドンの街並みが似合います。

11位.ホームズが現代に蘇る【1987年】

『帰ってきたシャーロック・ホームズ 』(TV映画)

冷凍冬眠していたホームズが目覚めたのは現代のアメリカ。彼はワトソンの孫娘、ジェインとコンビを組み事件の解明に挑みます。現代社会の発展やカルチャーに衝撃を隠せないホームズの様子に思わず笑ってしまう一作品です。

10位.芸術性の高さを買われている一作【1942年】

『ベイジル・ラスボーン版 シャーロック・ホームズ シャーロック・ホームズと恐怖の声』(劇場未公開)

70年以上経った現代でも根強いファンが多い『シャーロック・ホームズと恐怖の声』。カメラのアングルや影の切り取りなど、編集・舞台芸術面でも高く評価されています。

9位.斬新な設定のコメディ【1988年】

事件を解決する名探偵はワトソンで、ホームズはワトソンの雇い主だったという突飛な設定で、コメディ要素の強い一作です。マイケル・ケインとベン・キングスレーの2大俳優が出演しているという点でも魅力的です。

8位.切り裂きジャックvsホームズ!【1979年】

『名探偵ホームズ/黒馬車の影』(劇場未公開)

かの切り裂きジャック事件をモチーフにした作品。コナン・ドイルの原作にはないオリジナル作品であるものの、ホームズの世界を再現していると評価は高いようです。また、キャストのバランスがいいという声も。

7位.若いホームズが見られる【1984年】

ヤング・シャーロック/ピラミッドの謎

ホームズとワトソンの若き日を描いています。初期のCGが使われているという点でも評価されています。

6位.あの劇作家が監督を務めた【1970年】

ビリー・ワイルダーが脚本・監督を手掛けた一作で、原作にはないオリジナル版です。ワイルダー流アレンジが効いており、一部のファンの間ではカルト的人気を誇っているのだとか。登場人物の一人、マイクロフトを演じたクリストファー・リーの好演も見所です。

5位.ラスボーンのホームズにハマるかも!?【1939年】

ラスボーン版の第2作目にあたる『シャーロック・ホームズの冒険』。すっかりホームズ役が板についているラスボーンの演技に注目。この作品以降ホームズシリーズでヒットを飛ばすことになったのもうなずけます。

4位.ガイ・リッチーらしいアクションシーン満載【2009年】

ロバート・ダウニー・Jr.版のホームズはガイ・リッチーが監督を務めたことでも有名です。アクションコメディとしての要素とミステリーとしての要素が上手く融合されているという評価を受けています。

3位.ワトソン役に絶賛の声【1959年】

『バスカヴィル家の犬』(劇場未公開)

度々映像化されている『バスカヴィル家の犬』。この1959年版はホームズ作品の中で初のカラー映像となっています。アンドレ・モレルのワトソンはハマり役でしたが、彼ならホームズも演じられるのではという声もあがりました(実際に後年TVシリーズでホームズを演じています)。

2位.クラシックな雰囲気がホームズの世界にぴったり!【1939年】

『ベイジル・ラスボーン版 シャーロック・ホームズ バスカヴィル家の犬』(劇場未公開)

同じ『バスカヴィル家の犬』でもこちらはラスボーン版。この作品はラスボーンとナイジェル・ブルース(ワトソン役)が初めてタッグを組んだものですが、一番の出来と言われています。映画の雰囲気はまさしくホームズの世界そのもの、白黒の映像が逆にその雰囲気を引き立てています。

1位.ホームズがコカイン中毒に…!?【1976年】

『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』

多くのホームズ作品の中で、どのサイトでも高評価を受けているのが『シャーロック・ホームズの素敵な挑戦』。コカイン中毒になったホームズが誘拐事件を探るという設定です。精神に異常をきたしたホームズの治療シーンでは、普段何を考えているかわからない彼の心理を探ることもできます。原作ファンもそうでない方も楽しめるでしょう。