『ドラゴンボール』いい味出してる”ナッパ様”はネット上でも大人気!

2017年7月6日更新

『ドラゴンボール』で敵として活躍するサイヤ人の生き残りであるナッパ。口髭と禿げ頭が特徴的なナッパがネットで流行っていることをご存知ですか?今回はそんなナッパの戦闘能力から最期を迎えるまでに迫ります。

ナッパのプロフィール

ナッパ『ドラゴンボール』

ナッパは鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場するサイヤ人の生き残りの一人です。他のサイヤ人と比べてがっしりとした体格で、口髭と禿げ頭が特徴的です。

惑星ベジータではエリートで王家の側近を務めていました。フリーザ一味の中での地位は大した物ではなく、下級戦闘員からは敬意を込めて「ナッパさん」と呼ばれていましたが、上級兵士ではないようです。地球襲来時の年齢は50歳以上と言われています。

悟空とピッコロがラディッツと戦ったことによって地球のドラゴンボールの事をスカウターで知り、べジータと共に地球へやってきます。

ナッパの戦闘力は?

ナッパ『ドラゴンボール』

戦闘力は4000。ラディッツをが敗れ去った1年後に地球へやって来た時、挨拶と称して東の都を住民ごと吹き飛ばしたほど。その脅威的な戦闘力で後に天津飯や餃子、ピッコロなどを葬り去ります。

その後、ベジータは孫悟空の目の前で、息子や仲間を殺し見せしめにするつもりで「悟空を3時間だけ待つ」と提案します。初めは反発しますがベジータを恐れているため、その命令に従います。その際ナッパは3時間の間に単独で行動し、自分達を倒そうとした地球の軍隊を1人で壊滅させたほど強い戦闘力を見せています。

クンッ

ナッパ『ドラゴンボール』

チョキにした指を上に向けてクンッ、と上げることで大爆発を起こすナッパの代名詞とも言える必殺技。最大で数千キロに及ぶ広範囲攻撃であり、手加減してす数十キロに収めることも可能です。

ナッパの最期

ナッパ『ドラゴンボール』

ナッパは悟空との戦いで力を使い果たした悟飯を攻撃しようとしますが、当たらず逆に頭に乗られるなど力の差を見せつけられます。その後、悟空から倒された仲間の恨みとして攻撃を食らいます。しかしダメージはほとんど受けず、ベジータから「頭を冷やせ」と言われ冷静さを取り戻しました。

優位には立てずなかなか相手を仕留められない事に苛立ったベジータに戦闘から下がるよう命令されますが、引っ込みがつかないと悟飯とクリリンを殺そうとしたのが災いし、ナッパは悟空の界王拳により戦闘不能状態に。

ここでベジータに助けを乞いますが「動けないサイヤ人は必要ない」と言われ始末されてしまいました。 ナッパは、サイヤ人の王子ベジータの命令には忠実で非常に恐れており、その命令に対して従順だったようです。

ナッパ様が流行っている?

ナッパ『ドラゴンボール』

ネット上ではキャラクター性からか、度々話題に出ており「ナッパ様」と敬意を込めて呼ばれるなど人気を博しています。

ラディッツの蘇生を提案したり、ゴミのように軽く惨殺した栽培マンの虐殺に対しての憤慨や、農学の知識にも長け、地球の土の質を瞬時に見分けられる思慮の深さなど、彼の愛にあふれた行動が多くのファンを生み出したようです。

悟飯のギャグ「お前の母ちゃん出ベソ」にもリアクションをとるなど子供への優しさや、フリーザの横暴さに業を煮やしていた際思わず抵抗するといった一面も。ファンからは「ナッパ様はNo1」「この世の唯一神」と言われているそうです。

ナッパの声優は誰?

飯塚昭三『ドラゴンボール』

『ドラゴンボール』ではナッパの声優を務めた飯塚昭三。洋画の吹き替えがきっかけで声優としてのデビューを果たしています。野太い低い声が特徴的で『忍たま乱太郎』稗田八方斎や、『ミスター味っ子』丸井善男などのアニメや特撮で悪役やボスなどの役をこなしています。ナッパ役もこれにハマっていますね。

2016年でも声優として第一線で活躍しており、声優養成所や専門学校の講師を勤めているようです。