2017年10月20日更新

上坂すみれの気になる要素が多すぎる!ロシア好き声優を徹底解剖!

【Amazon.co.jp限定】タイトル未定 【初回限定盤】(オリジナルブロマイド付)

とても多趣味でモデル並みのスタイルを持つ人気声優・上坂すみれ。意外な側面が沢山ある上坂すみれのプライベートや仕事ぶりを覗いてみませんか?

目次

気になる声優・上坂すみれを徹底解説!やっぱり可愛い!

上坂すみれは1991年12月19日生まれ神奈川県出身の声優、タレント、歌手として活動しています。9歳の時にスペースクラフトジュニアタレント部にスカウトされ、ヴィダルサスーンのCMに出演し芸能界に入りました。

その後声優を目指してスペースクラフトのアニメセクションに所属し、2012年にアニメ『パパのいうことを聞きなさい!』の小鳥遊空役で本格的に声優業を始めたそうです。

代表作は2012年『中二病でも恋がしたい!』の凸守早苗役、2013年『GJ部』の神無月環役、2014年『犬神さんと猫山さん』の犬神八千代役、2015年『プラスティック・メモリーズ』の海松エル役など様々な作品に出演しています。

実家はお金持ちでお嬢様な上坂すみれ

実家がお金持ちなのでは?!とかなり噂になっているようですが、確かにネットに上がっている実家の写真は、豪華な階段やシャンデリアなどが写っていて単なる噂ではないようです。言われてみれば上坂の見た目やオーラからも、お金持ちの雰囲気があるようにも感じますよね。

あの元総理大臣の鳩山由紀夫との2ショットも公開し、両親の職業は政界関係か資産家もしくは会社社長ではないかと様々な憶測がありますが実際のところはっきりとは分かっていません。上坂の謎の私生活、とても気になりますね!

上坂すみれの趣味はミリタリー!

大のミリタリー好きとしても知られていて、ファンからは「師団長」や「軍団長」と呼ばれているほどです。好きな戦車はBТ-5(ベテー・ピャーチ)で様々なミリタリー雑誌や、イベントなどにも出演するなどかなり本格的で趣味の域を超えています。

『ガールズ&パンツァー』のキャストコメンタリーでは声優にもかかわらず、ミリタリーコメンタリーに出演し何故か軍事評論家と対等に熱く語るというシーンもあり、他の共演者も驚いたことでしょう。

また2015年には『上坂すみれの文化部は夜歩く』の公開録音が行われ、ゲストにプロのミリタリーライターを招き趣味と仕事を上手く結び付け楽しんでいる姿が印象に残ります。

ロシア語専攻!上坂すみれのロシア好き度が半端ない!

高校1年生の時に、ロシアやソビエト連邦に興味を持ち始めました。ソ連国歌『祖国は我らのために』を聞き感銘を受けたことがきっかけとなり、その後ロシアに没頭し上智大学外国語学部ロシア語学科でロシア語や国についてかなり学んだそうです。

ロシア語は日本人にとってイントネーション、アクセント共にかなり難しいと言われています。『アイドルマスター』、『シンデレラガールズ』ではロシア語を披露していて、違和感なく聞こえるので上坂は相当練習したのではとファンからも絶賛されているようですね。

歌手デビューもしている上坂すみれ

2013年4月には東京・六本木のニコファーレでイベントを開催し、歌手デビューも果たしています。アニメ『波打際のむろみさん』の主題歌『七つの海よりキミの海』がデビュー曲となり、ロリータファッションに身を包み同イベントで初披露しました。

その後2ndシングル『げんし、女子は、たいようだった』を発売し、アニメ『げんしけん二代目』主題歌を担当し立て続けにアニメ主題歌に抜擢され歌手活動も注目され始めたようです。CD製作にライブと精力的に活動し、今後も目が離せません!

声優アワードで画像新人女優賞を受賞!

2016年3月12日に東京・文化放送メディアプラスホールで「第十回声優アワード」の授賞式が行われ、上坂は新人女優賞を受賞しました。声優アワードとはその年に最も活躍した声優や、印象に残った作品を称えるアワードです。

2015年度は『アイドルマスター シンデレラガールズ』、『コンクリート・レボルティオ〜超人幻想〜』など沢山のアニメで主演を務めていて、その活躍が受賞へとつながったのでしょうね。自身のブログでも受賞の喜びと、ファンへの感謝を綴っています。

ラジオのパーソナリティも務めている

上坂が初めてラジオパーソナリティーを務めたのは、2012年4月18日~2014年9月27日にJFN系列で放送された『TOKYO No.1 カワイイラジオ』です。この番組は世界の漫画、アニメ、J-POPの「カワイイ」を届けるもので上坂の得意分野が思う存分発揮されていました。

また現在は2016年4月2日から文化放送で、『上坂すみれの♡(はーと)をつければかわいかろう』という単独ラジオが始まり、話すことでもファンを魅了しているようですね。

上坂すみれの胸が大きすぎると話題に?

ファンの間やネット上でも胸が大きい!と話題を集めています。本当に胸が大きいのか検証する、といった内容のサイトもあるほどでこれはかなり注目を浴びているようですね。

実際にラジオ番組『アニスパ!』にゲストで出演した際、共演者の浅野真澄が面と向かって胸が大きいと思わず胸の内を言ってしまい、他の共演者や上坂を唖然とさせたというエピソードもありました。グラビアや写真集を望む声も多く、その理由は納得できます。

上坂すみれおすすめアニメ8選

2012年『ガールズ&パンツァー』(ノンナ)

2012年に放送されたテレビアニメです。戦車を用いた武道「戦車道」という競技が、女子のたしなみとされていて、競技は学校対抗という試合形式で行われています。上坂すみれが演じたのは、プラウダ高校の副隊長ノンナで、クールな性格で別名ブリザードのノンナと呼ばれています。 舞台となっているのは、茨城県の大洗町で、実在する店舗名などと一部リンクするところもあるようです。学生時代に専攻していたロシア語を披露した作品です。

2012年『パパのいうことを聞きなさい』(小鳥遊空)

2012年に放送されたテレビアニメで、ある日突然主人公瀬川祐太の姉夫婦が搭乗していた飛行機が行方不明となり、その子供である3姉妹を祐太が引き取るところから物語が始まります。 上坂すみれは、ドタバタとした日常を描いたラブコメディで、祐太に恋心を抱く3姉妹の長女・小鳥遊空(たかなし そら)役を演じました。本作品で初レギュラー・初ヒロイン役を演じたことで大きく成長し、声優業を本格的に開始するきっかけになったようです。

2013年『GJ部(グッジョブ)』(神無月 環)

2013年に放送されたテレビアニメで、個性豊かな部員たちの日常を描いたコミカル系ストーリー。GJ部は活動内容が不明でマイペースな部活です。 上坂すみれは、GJ部の部員であり、神社の宮司を代々務める家系の長女・神無月環(かんなづき たまき)役を演じました。GJ部員の中では料理ができる貴重な存在。所作が猫っぽいところから、猫呼ばわりされるがこれを嫌っているようです。普段は長女をしている反動からか部内では妹キャラを貫いています。

2014年『ガールフレンド(仮)』(ユーリヤ・ヴャルコワ)

ゲーム発祥ですが、2014年にテレビアニメとして放送されました。 学園恋愛もので、タイトルの(仮)は運命の子を探しに行くまでの仮という意味から付けられました。テレビアニメでは恋愛要素はなく、女の子同士の絡みが中心に描かれています。 上坂すみれが演じたのは、落ち着いた性格のロシアからの留学生。フラッと旅に行くのが趣味のようです。 登場キャラクターは非常に多く、上坂すみれを始め豪華な声優陣がボイスを担当していることでも話題になりました。

2014年『ノブナガン』(ガリレオ・ガリレイ)

2014年に放送されたテレビアニメです。主要キャラクター達は、歴史上の偉人たちの遺伝子を改良し、特殊能力を得た「E遺伝子ホルダー」として、偉人の魂を武器に変え、地球の生態系を脅かす宇宙生物「進化侵略体」との戦いを描いています。 上坂すみれが演じるのは、特殊班で主に索敵や敵の調査を担当するガリレイ・ガリレイ(本名:ヴァレンチナ・カッサーラ)で、「〜っす」という口調で話すのが特徴です。

2015年『アイドルマスター シンデレラガールズ』(アナスタシア)

ゲーム発祥ですが、2015年にテレビアニメとして放送されました。シンデレラプロジェクトに選ばれたメンバーがアイドルとして成長していく様子を描いています。 「CINDERELLA PROJECT」に選ばれた14人の内の1人で、愛称「アーニャ」で呼ばれるロシア人ハーフ・アナスタシア役を演じています。 上坂すみれ自身がロシア語を得意としていることから、ロシア人系の役が多いようです。

2015年『艦隊これくしょん-艦これ-』(吹雪、飛龍、蒼龍)

ブラウザゲーム発祥ですが、2015年にテレビアニメとして放送されました。登場する女の子は、航空母艦・戦艦・巡洋艦・駆逐艦などの軍艦が擬人化され、艦娘(かんむす)と呼ばれています。 上坂すみれはアニメでの主人公吹雪を演じており、作中では吹雪の成長譚が描かれています。ちなみに吹雪の名前の由来は駆逐艦・吹雪からきています。 飛龍・蒼龍ともに名前の由来は空母艦。飛龍と蒼龍は相棒関係にあるようです。 上坂すみれは、本作品では3役を演じています。アニメの他にもゲームでも同じキャラクターの声を担当しています。

2015年『いとしのムーコ』(玲奈)

1話完結型のアニメで、ガラス工房を営んでる職人の小松と、飼い犬であるムーコの日常を描いた作品です。 上坂すみれは、ムーコ(柴犬のような雌犬)を可愛がる小学1年生の女の子玲奈を演じています。接し方が子供らしく雑であり、ムーコに嫌がられているようです。 ムーコは犬で直接喋ることはできませんが、心の中の声という形でセリフを喋っています。