2017年10月20日更新

まるで天使!あまりにも可愛すぎる声優・花澤香菜に迫る!

花澤香菜

透明感のあるかわいいボイスで癒しをくれる人気声優、花澤香菜。声だけでなく、本人もとってもキュートですが、実際性格はどうなのでしょうか?プロフィールと共に、チェックしたいと思います。

目次

花澤香菜、声も見た目も最高に可愛い女性声優を紹介!

実は声優以前に幼稚園児の頃から子役として活躍していた花澤香菜。バラエティ番組の『やっぱりさんま大先生』や、ドラマ『ガッコの先生』などにもレギュラー出演していました。

14歳の時に2003年放送アニメ『LAST EXILE』で声優デビュー。2006年から『ゼーガペイン』のヒロイン役を演じたのをきっかけに本格的に声優を目指し始めます。

2010年にはラジオ番組のリスナー投票で行われる「アニメグランプリ2010」で「最優秀女性声優賞」を受賞しました。

透明感のあるかわいらしい癒し系の声を持っていて、ちょっと大人しい少女のイメージにぴったり。演技力もあるので、大人っぽい役からどすのきいた役も得意ですね。

TVアニメのみならず、ラジオやゲームの声も出していますし、女優や歌手としての活動も行っています。

花澤香菜の代表作を紹介!

『To LOVEる-とらぶる-』

男子高校生をめぐっての三角関係を軸に語られるラブコメディ作品。花澤香菜は、主人公の妹で大人びた性格をしている妹、結城美柑役を担当しました。

『化物語』

人気作家の西尾維新原作のライトノベルシリーズからアニメ化された作品。新房昭之監督の独特なセンスが光る作品です。

花澤香菜が演じるのは、『化物語』のなかの「なでこスネイク」「なでこメデューサ」のメインキャラクター千石撫子を演じます。

『青の祓魔師』

2011年から放送されたMBS製作初のジャンプアニメ作品。加藤和恵が描くダークファンタジーコミックを原作としています。

おっとりした性格の本作のヒロイン、杜山しえみ役を担当しました。

『デュラララ!!』

ヤスダスズヒトのライトノベルをアニメ化した作品で、2010年に放送されました。

花澤香菜は、浮世離れした雰囲気を持つ少女、園原杏里役を担当しました。

『orange』

2016年7月に放送された高野苺による同名漫画を原作にしたSF青春ラブストーリーです。

花澤香菜は、本作の主人公である未来の自分から手紙で翔が事故で亡くなる事を知り、翔を救う為努力する高校2年生、高宮菜穂役を演じています。また、2016年11月18日には映画も公開され、引き続き主演を務めます。

花澤香菜の性格っていいの?

自分の呼び名は「香菜ちゃん」や「香菜たん」としてほしいようですが、「花澤さん」と呼ばれるとサザエさんの「花沢さん」の物まねをしてくれたりするそうで、ちょっと人見知りするところはありますが、仲のいい声優同士でのノリの良さは抜群です。

性格はかなり天然で、見た目の印象通りのおっとりの癒し系。自分を飾ることなく自然体でいることができ、また周りへの気遣いもちゃんとできる女性dのようです。

花澤香菜の彼氏は梶裕貴!?

ネットやファンの間で一時期人気声優、梶裕貴との交際が噂されていました。

過去のインタビューや番組での発言において、同じドラマにハマっていたり、同じ趣味を持っていたり、さらに今年の目標という質問に対して同じ回答をしていたりと共通点が多すぎるのが噂の原因のようですが、真相は明らかになっていません。

2015年には実写映画にも出演

最も多忙な声優の一人として、注目されている花澤香菜ですが、2015年3月15日には実写映画『君がいなくちゃだめなんだ』で主演を演じるなど女優としても活躍をし始めています。 歌手としては2015年に武道館でライブツアーなどを行ったりと、今後も女優に声優に歌手にとますますの活躍が期待できますね。