能登麻美子、癒し系声優・まみまみの魅力

2017年8月25日更新

容姿、実力共にパーフェクトな能登麻美子を徹底検証!透き通りすぎる美しい声で知られていますが実は『ジョジョ』で山岸由花子の声をやったこともあるんです。また彼女が歌った童謡が怖いと話題になったことも。そんな能登麻美子の魅力をご紹介します。

能登麻美子プロフィール

能登麻美子は1980年2月6日生まれの声優で、大沢事務所に所属しています。石川県金沢市出身のO型で、ニックネームは「のんのん」「まみまみ」など。

研修生時代には写真家の助手、ウェイトレス、仲居と3つのアルバイトを掛け持ちしており、しばらく自宅には洗濯機がなく、すべて手洗いしていたとか。声優として名前が売れるまでは貧しい生活だったんでしょうか。努力の介あって、現在は人気声優として知られています。

主に声優業中心で活動しており、それと並行して舞台女優や歌手、ナレーターとオールジャンルで活躍しているようです。

幅広いキャラクターをこなす実力派

能登は、アニメ出演本数が全女性声優の中で最も多く、その為様々なアニメで幅広く演じています。

活動初期は、2度に渡ってアニメ化された『犬夜叉』のりんや、2003年放送のアニメ『成恵の世界』の七瀬成恵など、天真爛漫な少女を担当しています。

更に2005年にはアニメ『ああっ女神さまっ』で高飛車な女性・三嶋沙夜子を演じてからは、悪役などにも挑戦し幅広いキャラクターをこなしています。また、ウィスパーボイスと呼ばれる柔らかく滑らかな声が特徴的と評価されているようです。

大人気ジョジョで声優を務める

2013年ごろ「ジョジョ立ち」が流行し、原作連載開始当初から現在まで幅広い世代に愛され続けている作品です。アニメ『ジョジョ4部』では能登も山岸由香子役で作品の仲間入りを果たしました。

ファンの間では能登のウィスパーボイスでこの役は合わないのではないかなど心配する声も上がりましたが、第一声が放送で流れ、汚い言葉でもやってのけた能登を見てからは、視聴者の心配の声はなくなりました。

CMナレーターとしての顔

声優としても才能を発揮している能登麻美子。CMやナレーターとしてもその才を発揮しています。

過去には、三菱電機のCM「たっぷり発電・絵本編」や「キューピーマヨネーズ」のCMでナレーションを担当。「アボカド・ドットコム」のCMでは顔出し出演もしています。

CM以外ではNHK教育アニメ『うっかりペネロペ』でナレーションを務めることも。『うっかりペネロペ』は3歳の小さなコアラの女の子の日常を可愛らしく描いている作品で、小さい子供に人気の番組となっています。

童謡が呪いの歌に…!?

2006年に放送したアニメ『ウィッチブレイド』のアフレコ現場で、童謡『かごめかごめ』を歌った時の事。現場で聞いていた人から「呪われそう」言われてしまいました。

同番組の番宣ラジオ『ウィッチブレイディオ』で、このエピソードを披露し、一小節だけ歌ったところ、リスナーからも怖いなどと反響を呼びました。

2005年から2009年まで放送されたミステリーホラーアニメ『地獄少女』の閻魔あい役のイメージに、能登の声質がピッタリだったので余計に怖く聞こえたのではないでしょうか。

歌をリリースするも音楽に興味なし!?

浮世離れした声が特徴で、混濁した部分がなく透き通るきれいな声の持ち味を生かして、2011年11月23日にglory hevenより自身初となる個人名義シングル『青のキセキ』を発売。

2008年10月9日から2013年3月18日まで自身がパーソナリティを務めていた簡易動画付きラジオ番組、『能登麻美子地球note』のオープニングテーマに能登の歌が起用されました。

こんなにも音楽活動も本格的にしている能登ですが、実は音楽に全く興味がないそう。今後は声優や舞台女優の場で活動していくのかもしれません。

本谷有希子との深い仲

「劇団・本谷有希子」を主宰する本谷有希子とは、能登とは地元時代で同じ劇団の所属していた友人です。シェイクスピアの『リア王』で同じ舞台に立ったこともあり、一緒の布団で寝たこともあるほど仲が良いそうです。

また2005年刊行された『Quick japan vol,5』に、2人の対談が記載されています。その中で、能登が携帯を壊したことで連絡が取れなくなってしまった時、本谷が他誌で自分の舞台を見に来てという発信をしたことで、能登との再会を果たしたというエピソードがります。

本谷有希子は、第154回の芥川賞を受賞した『異類婚姻譚』の作家で、かつて声優の仕事もしていた人物です。あの有名な『新世紀エヴァンゲリオン』の監督の庵野が手掛けた、1998年放送アニメ『彼氏彼女の事情』で沢田亜弥役に抜擢され、クールな役を演じていました。

現在は声優の仕事はしていないようです。