2017年7月6日更新

鈴村健一の魅力に迫る!おそ松とイヤミの中の人は超仲良し?

鈴村健一 

声優活動20年以上を誇る、もはや日本のアニメ業界にはなくてはならない存在の鈴村健一の声優活動、私生活の交友関係などについてご紹介します。

鈴村健一のプロフィール

鈴村健一は1974年9月12日大阪府出身の声優、ナレーター、歌手。特に声優としての人気が非常に高く、デビューは1994年の『マクロス7』モーリー少尉役。その後声優の頭角を現していき、これまでに数多くのアニメ作品に出演してきました。

ここ数年の代表作としては『銀魂』の沖田総悟や『うたの☆プリンスさまっ♪』の聖川真斗、『黒子のバスケ』の紫原敦、『おそ松さん』のイヤミの声優として有名です。

2006年に放送したアニメではほとんど主人公の声を担当

半分の月がのぼる空

2006年1月12日から2月23日まで放送されていたアニメです。原作は橋本紡によるライトノベルで、アニメのほかに実写映画化、テレビドラマ化などメディアミックスされています。

重い心臓病に侵された少女・里香と、肝炎を患い、同じ病院に入院した少年・裕一の儚く切ない恋愛模様を描いたアニメで、鈴村健一は主人公で17才の少年・戎崎裕一役を演じました。

TOKKO 特公

東京都町田市に突如出現した穴から現れた怪物に両親を殺された申道蘭丸が、警察官となり、特殊公安部(特公)に入隊するアクションアニメ。2006年4月15日から放送されていました。

鈴村健一演じる主人公・申道蘭丸は高校生の時に、怪物によって両親を殺され、その犯人を捜すために警察官を目指します。

円盤皇女ワるきゅーレ

2002年から2006年に渡り放送されたアニメです。宇宙人の存在が認められ始めた時代、温泉「時乃湯」の掃除をしていた高校生・時野和人はUFO墜落事故に遭遇してしまいます。

UFOから降りてきたのはヴァルハラ星からやってきたプリンセス・ワルキューレで、他にもさまざまな宇宙人が加わって繰り広げられるコメディアニメです。

主人公・時野和人役は鈴村健一で、亡き祖父から受け継いだ「時乃湯」を経営する高校生役を演じました。

BALDR FORCE

恋愛アドベンチャーゲームのオリジナルアニメ版として2006年11月10日から発売開始したもの。主人公はコンピューターが生み出した架空世界で、ハッカー集団「ステッペンウルフ」の一員として暮らす相馬透。

「ステッペンウルフ」が解散する事になり、最後のハッキングで侵入した軍のセキュリティに返り討ちにあい、親友・野々村優哉を死なせてしまった事で、軍やテロ組織への復讐を誓う物語。

鈴村健一は天才ハッカー・相馬透役を演じました。

蜜×蜜ドロップス

人気少女漫画のオリジナルアニメ版として、2006年4月28日発売開始したもの。

名門校「蜂城学院」で、名家の子息だけが通える特別クラス「九華科」。また蜂城学院には九華科の生徒・MASTERに指名された普通科の生徒・HONEYが、MASTERの身の回りの世話をしなくてはいけないという制度が存在します。

「九華科」の煉夏可威は、暇つぶしの道具として普通科の生徒・萩乃柚留を自分のHONEYに選ぶ、という恋愛物語。鈴村健一は文武両道でクールな性格の煉夏可威を演じました。

同じく声優の坂本真綾と結婚!

2011年8月8日、同じく声優の坂本真綾と結婚した鈴村健一。

付き合うきっかけとなったのは、2003年に放送された『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』。鈴村が主人公のシン・アスカ、坂本真綾はガンダムの女性パイロットルナマリアホークを演じた事で急接近したといわれています。

結婚前から二人で食事に行ったり、共通の趣味で盛り上がったりといった情報が多く見られました。結婚した現在でもイベントやラジオなどで、鈴村健一から坂本真綾に対して「いつも美味しいご飯を作ってくれてありがとう」と愛のこもったメッセージを伝えるなど、ファンが認めるおしどり夫婦としてほほえましいエピソードが尽きません。

『人造人間キカイダー』をこよなく愛している

熱心な特撮オタクとしても有名な鈴村健一。

特にお気に入りなのが『人造人間キカイダー』だそうで、これまでにも自身のラジオで『人造人間キカイダー』に対する愛のこもった考察を繰り広げています。

『人造人間キカイダー』は、良心回路が不完全なため、善と悪の間で悩む人造人間・キカイダーが行方不明になってしまった人造人間の生みの親、光明寺博士を見つけるため、博士の子ども・ミツ子とマサルを連れて光明寺博士を探す旅に出るという話。そのテーマの深さから大人の人気が高い作品です。

そんな『人造人間キカイダー』が好きな鈴村健一は、特撮好きが高じて自身のインターネットテレビ番組『超人タイツ』内で、オリジナルの特撮DVD・CDを制作するほど。

また特撮番組『仮面ライダー電王』では、重要な登場人物の一人であるリュウタロスの声優役に抜擢され、「夢が叶った」と喜んでいました。

過去に多くの受賞歴があった!

2008年にはラジオやテレビ等の番組でのパーソナリティや司会者としての活躍が認められ、ベストパーソナリティ賞を受賞しました。また、シナジー賞では『仮面ライダー電王』での功績が認められる形に。

その他にもミュージック・ジャケット大賞では2度受賞経験があり、2012年と2016年は声優アワードで歌唱賞や助演男優賞を受賞しています。声優アワードは過去に小野大輔や森川智之、宮野真守らも受賞しており、鈴村も小野大輔らと肩を並べる人気声優となりました。

弟はアクション監督の鈴村正樹

鈴村健一の実弟である鈴村正樹は、アクション監督・スタントマン・ワイヤーコーディネーターとして活躍されています。

これまでにも『魁!クロマティ高校』のメカ沢役や『リアル鬼ごっこ』の鬼役をはじめ、激しいアクションが必要な作品に多数出演している人気アクション監督です。

二人の見た目はどことなく似ており、ファンからは特に目元や口元が似ているという声が多く見られます。特撮が好きな兄・健一と、アクションが好きな弟・正樹、何か共通する点がありそうですね。

おそ松さんを演じた櫻井孝宏と仲が良すぎる問題

『おそ松さん』で主人公・おそ松を演じた櫻井孝宏とイヤミを演じた鈴村健一は、同い年でデビュー時期も近く、共演回数も多い事から普段から仲が良い事で知られています。

共演作品は2006年に放送された『D.Gray-man』や、2007年放送の『ZOMBIE-LOAN』、2012年放送の『坂道のアポロン』など、大小合わせて30作品を超えています。

二人が仲良くなったきっかけは初めて共演した『KAIKANフレーズ』の収録で、二人で居酒屋で飲み明かして意気投合したそうです。

鈴村健一おすすめアニメ12選

2001年『キャプテン翼』(若林源三)

『キャプテン翼』は週刊少年ジャンプにて連載されたサッカー漫画です。天才サッカー少年大空翼が、小学生全国大会からジュニアユース大会を経てブラジルへ旅立つまでが描かれており、サッカーの楽しみや魅力を伝えるスポーツ漫画としてサッカーブームを起こしました。 鈴村健一が演じた若林源三は、全日本少年サッカー大会無失点優勝という快挙を成し遂げた天才ゴールキーパーで、大空翼の初めてのライバルです。

2002年『ヒカルの碁』(伊角慎一郎)

『ヒカルの碁』は週刊少年ジャンプにて連載された囲碁を題材とした少年漫画です。主人公の小学6年生進藤ヒカルが、祖父の家にあった古い基盤に宿っていた平安時代の天才棋士、藤原佐為の霊に取り憑かれ、「神の一手を極める」という彼の目標につき合わされることとなり、囲碁の世界に足を踏み入れます。 鈴村健一が演じた伊角慎一郎は、院生1位の成績を誇りながらプロ試験を落ち続ける最年長の院生です。

2002年『スパイラル‐推理の絆‐』(鳴海歩)

『スパイラル‐推理の絆‐』は、月刊少年ガンガンにて連載されたミステリー漫画を原作とした、テレビアニメです。高校生の主人公鳴海歩が身の周りで起こる事件を解決していくと同時に、「ブレードチルドレン」と呼ばれる少年少女たちとの戦いや葛藤も描かれています。 鈴村健一が演じた鳴海歩は、私立月臣学園高等部1年生で、義姉の鳴海まどかと高級マンションで2人暮らしをしています。

2003年『GAD GUARD』(真田ハジキ)

『GAD GUARD』は、2003年に放送されたロボットアニメです。ナイトタウンに住む少年真田ハジキは運び屋のバイトをしていたところ襲われてしまいます。その時、ハジキの触れた配達物の中の「GAD」が周囲の物体を取り込み、巨大メカ「鉄鋼人・ライトニング」へと姿を変えました。これをきっかけに、ハジキはGADにまつわる事件に巻き込まれていきます。 鈴村健一が演じた主人公の16歳の少年真田ハジキは、鉄鋼人ライトニングと出会ったことで、心境が変化していきます。

2005年『いちご100%』(真中淳平)

『いちご100%』は、週刊少年ジャンプにて連載された学園ラブコメディ漫画です。中学3年生の真中淳平が、学校の屋上から偶然美少女の「いちごパンツ」を目撃したことをきっかけに、真中淳平を取り巻く女子たちの恋愛模様が描かれます。 鈴村健一が演じた主人公真中淳平は、女の子の妄想が少し激しい平凡な少年です。

2006年『桜蘭高校ホスト部』(常陸院光)

『桜蘭高校ホスト部』は、LaLaにて連載され、アニメ化やテレビドラマ化もされた学園漫画です。上流階級家庭の子供が集まる桜蘭高校特待生1年の藤岡ハルヒが、ある事情から「暇を持て余す美少年が、女生徒をもてなす」ホスト部に女子でありながら入部することになります。 鈴村健一が演じた常陸院光は、禁断の兄弟愛とシンメトリーが売りの双子の兄です。

2006年『銀魂』(沖田総悟)

『銀魂』は週刊少年ジャンプにて連載中の、時代劇コメディー漫画です。江戸のかぶき町を舞台に、主人公坂田銀時を中心とした周囲の人々とのドタバタ劇が描かれており、ギャグを交えつつ人情話やバトルシーンも満載の作品となっています。 鈴村健一が演じた沖田総悟は、真選組一番隊隊長で真選組副長の座を狙っており、腹黒で毒舌でドSな性格です。

2006年『D.Gray-man』(ラビ)

『D.Gray-man』は、週刊少年ジャンプなどで連載され、2016年現在はジャンプSQ.CROWNにて連載中の少年漫画です。仮想19世紀末のヨーロッパを舞台に、人の弱い心に呼び出された魂を閉じ込める悪性兵器AKUMAを製造し、世界終焉計画を企む「千年伯爵」とそれに対抗する力を持つ「黒の教団」との戦いを描いた作品です。 鈴村健一が演じたラビは、黒の教団に所属する戦士エクソシストで、世界の裏歴史を記録する役目を負うブックマンの後継者の青年です。

2011年『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%』(聖川真斗)

『うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%』は、PSP用に発売された女性向け恋愛アドベンチャーゲームで、2011年からアニメ化されている人気シリーズです。作曲家志望の七海春歌が芸能専門学校「早乙女学園」に入学し、卒業式に行われる「シャイニング事務所新人発掘オーディション」に合格するため、作曲活動に奮闘する様子やプリンスたちとの学園生活を描いた青春ラブコメディです。 鈴村健一が演じた聖川真斗は、聖川財閥の嫡男。真面目で古風な性格で繊細な面もあり、恋愛に関してはかなり奥手です。

2012年『黒子のバスケ』(紫原敦)

『黒子のバスケ』は週刊少年ジャンプにて連載された、バスケットボールを題材とした少年漫画です。超強豪校「帝光中学校バスケットボール部」の歴史で、最強と呼ばれた天才5人のいた世代「キセキの世代」。その幻の6人目と呼ばれる黒子テツヤが、誠凛高校バスケットボール部に入部し、日本一を目指すというストーリーです。 鈴村健一はキセキの世代の一人、紫原敦を演じました。並外れた体格に天性のバスケセンスを持ち、マイペースな性格でよくお菓子を食べています。

2012年『男子高校生の日常』(ヨシタケ)

『男子高校生の日常』はウェブコミック配信サイト「ガンガンONLINE」にて連載されたギャグマンガです。「○×県立真田北高校(男子校)」に通うタダクニ、ヒデノリ、ヨシタケを中心とした男子高校生のバカでコミカルな日常を描いた作品です。 鈴村健一演じるヨシタケは、真田北高校に通う金髪の男子高校生です。天性のバカで、ヒデノリと一緒にいることが多く、ヒデノリに様々な手助けをしています。

2014年『戦勇。』(フォイフォイ)

『戦勇。』は、ニコニコ静止画で連載中のニコニコ漫画で、ジャンプスクエアでも連載される人気ギャグファンタジー漫画。突如現れた魔王を討伐するため、ヘタレ勇者のアルバがお供の戦士ロスと3代目魔王を名乗る少女ルキと共に旅に出るというストーリーです。 鈴村健一が演じたフォイフォイは、魔王を討伐するために旅に出た勇者の一人で、中二病で特徴的な喋り方をする少年です。