2017年8月31日更新

櫻井孝宏、おそ松さんを演じた声優の人気が止まらない!魅力に迫る8のこと

櫻井孝宏

アニメ『おそ松さん』で奇跡のバカ“おそ松”の声を担当し、一躍大人気声優となった櫻井孝宏。声優を諦めかけていた過去から、日本人声優としてレッドカーペットに経った経歴まで、櫻井孝宏の人気の秘訣を紐解きます。

目次

『おそ松さん』で奇跡のバカ、おそ松を演じた実力派声優・櫻井孝宏

2015年10月から2016年3月まで赤塚不二夫生誕80周年記念作品として放送されたTVアニメ『おそ松さん』。赤塚不二夫が1960年代に連載していた小学5年生の設定である『おそ松くん』の数年後を舞台に、成人した六つ子達の日常生活を描いています。 その中でも六つ子の長男でありタイトルを飾る松野おそ松を演じているのが、声優の櫻井孝宏です。今回はそんな人気声優となった彼の魅力に迫ります。

1:1996年に『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で声優デビュー

櫻井は1974年6月13日生まれ。1996年、テレビアニメ『爆走兄弟レッツ&ゴー!!』で端役ながらも正式にアニメデビューしました。 その後は『サイボーグ009』島村ジョー役、『金色のガッシュベル!!』高嶺清麿役、『D.Gray-man』神田ユウ役、『純情ロマンチカ』高橋美咲役、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』松雪集役、その他にも数多くの乙女ゲームにも出演し、今ではなくてはならないひとりです。 2012年第6回声優アワードでは海外ファン賞を受賞し、現在は日本だけではなく海外からのファン層も増えています。また、イベントやラジオなどのトークが上手く、アドリブにも素早く対応するため同じ声優仲間からは「世界一のレシーバー」と言われています。

声優を目指したきっかけは

幼少時代に、テレビで声優に対するインタビュー番組で声優業に興味を持ち始めます。中学時代の国語の先生から言われたことに影響され本格的に声優を志すようになりました。 子供のころ、テレビに出演してた声優さんの「声ひとつで色々なものになれる」という趣旨の発言に衝撃を受けたのがきっかけ。『ドラえもん』はドラえもんが喋っていると思っていたので。次に、中学一年生の国語の授業の時に「お前、声優さんみたいな声してるな」と言われ、自分に可能性を感じました。

2:声優を辞めようかと悩んだことも

今では人気でアニメやゲームにも出ずっぱりな櫻井ですが、正式なデビュー以前にも、ラジオドラマなどの小さな仕事を貰っていたようです。 しかしデビュー後もしばらくは、オーディションも受かることがなく上手く行かない時期が続いていたとのことです。 その為、25歳を迎える年に声優を辞めようかと思い悩んでいたようですが、1999年に『デジモンアドベンチャー』と『快感フレーズ』の2作でレギュラーを獲得し、現在の地位を確立しました。

『快感フレーズ』

1999年に放送されたアニメ『快感フレーズ』は櫻井が声優を続けるきっかけになった作品。本作では茶色い短い髪がトレードの、ドラムの永井良彦役を務めています。

『ゲートキーパーズ』

同じく1999年には初主演作となるゲーム・テレビアニメ『ゲートキーパーズ』浮矢瞬役で、自身初のキャラクターソングを歌っています。

3:『デジモンアドベンチャー』でテントモンを演じブレイク

1999年3月から2000年3月まで放送されたTVアニメ『デジモンアドベンチャー』シリーズでは、社交的で世話好きな性格で泉光子郎のパートナーデジモンを演じブレイクしました。 芸人気質なのんき者で関西弁を喋り、一人称は「ワテ」、相手を「~はん」と付けて呼ぶ癖があり、見た目も可愛らしくインパクトも十分の為印象に残っています。

4:声優として2番目にレッドカーペットを踏むことに

2005年に公開された映画『ファイナルファンタジーVII アドベントチルドレン』では主人公であるクラウド・ストライフ役として声優を務めています。ファイナルファンタジーシリーズは1987年に発売されたゲームソフトをもとに、OVAや映画化などメディアミックスされてきた作品。 映画公開同年の8月、本作は第62回ヴェネツィア国際映画祭に出展され、現地では大きな喝采とともに迎え入れられました。声優としてレッドカーペットを踏んだのは、日本人声優としては山寺宏一に継いで2人目の快挙だそうです。 右から2番目が櫻井孝宏です。本編映像終了後も大きな拍手が絶えなかったそうで、海外からの作品ファンの多さも伺えます。

5:櫻井孝宏がメガネをかけている理由とは?

櫻井孝宏はメガネをかけているイメージがありますが、視力が悪いわけではないんだとか。デビュー当初に事務所から「目つきが悪い」と指摘されたため、伊達メガネをかけるようになったそうです。 基本的には黒縁のメガネを好んでかけています。いろんなメガネを所有しているそうなのでメガネをチェックしてみるのもいいかもしれません。

6:声優の水樹奈々と熱愛報道

人気声優として博している櫻井孝宏。イケメン声優としても名高いため、熱愛の噂もあったりします。お相手は同じく声優として歌唱力も高く、アイドル声優としての先駆けとなった水樹奈々。 2003年に熱愛を報道されたフライデーによると同じ指輪をはめていたという二人。しかし結果的に両事務所が否定しました。今では熱愛の噂も聞かなくなりましたが、結婚の報告があった時はお祝いしたいですね。

7:イヤミが立ち上げた会社に所属するおそ松さん

TVアニメ『おそ松さん』ではイヤミの会社でブラック企業の社員として一時働いていたおそ松さん。この話はアニメの中だけではありませんでした。実はイヤミ役の鈴村健一が設立した会社インテンションに、おそ松役の櫻井孝宏が所属しているのです。 櫻井は元々81プロデュースに所属していましたが、2013年にフリーで活動することになりその後2014年7月にインテンション所属となりました。 『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』や『D.Gray-man』『ワンド オブ フォーチュン』など、昔からアニメやゲームの共演も多く、公私ともに仲の良かった鈴村の会社に移ったのは自然なことかもしれません。 インテンションのスタッフブログでも度々仲の良さそうな写真も掲載されていますので、日々チェックしてみるのも一つの楽しみになるかもしれませんね。

8:櫻井孝宏のおすすめアニメ10選

2001年『サイボーグ009 THE CYBORG SOLDIER』(009/島村ジョー)

石ノ森章太郎のSF萬画『サイボーグ009』を原作としたアニメ作品です。第1期『誕生編』から第2期『地底帝国ヨミ編』の話が初めてアニメ化されています。また、石ノ森章太郎の遺稿『Conclusion God's War』を基にした話もアニメ化されました。 孤児として教会で育った島村ジョーは、育ての親である神父を殺害した犯人に間違えられ、警察に追われていたところをブラックゴーストに拉致されます。悪の組織ブラックゴーストによってサイボーグ009に改造されたジョーは、ほかの00ナンバーサイボーグたちと脱出し、付け狙う暗殺者たちとの闘いの日々に呑み込まれます。

2003年『金色のガッシュベル!!』(高嶺清麿)

雷句誠の漫画『金色のガッシュ!!』原作のアニメです。天才ゆえに孤独な中学生、高嶺清麿のもとに魔物の子供ガッシュが現れます。記憶喪失だったガッシュですが、実は魔界の王を決める戦いに参加させられた100人の魔物の子の1人でした。襲いかかるライバルの魔物たちと闘う中「やさしい王様」になることを決意したガッシュは清麿とともに王の座を目指します。 櫻井孝宏が演じる高嶺清麿は、IQ180の天才的頭脳を持つクールな中学生。その頭脳に対する妬みからクラスから孤立させられ不登校気味の毎日を送っていました。しかし、ガッシュとの交流で前向きな性格へと変わっていきます。戦いにおいてもその頭脳を生かし勝利をつかみ取ります。キレると鬼の如き形相になり仲間でさえも震え上がるほどです。

2004年『今日からマ王!』(渋谷有利)

喬林知のライトノベル『㋮(丸の中にマ)』シリーズを原作にしたアニメです。正義感の強い高校生の渋谷有利は、公園のトイレから異世界に流されてしまいます。そこで、眞魔国27代目魔王として人間と戦わなければならないと告げられ、文化や価値観の壁を感じつつも、正義感と平和主義で新米魔王として成長していく姿を描いたファンタジーです。 櫻井孝宏が演じた渋谷有利は正義感が強く無鉄砲な性格で、公園で不良に襲われていた同級生を助けようして返り討ちに遭ってしまい、トイレの便器に顔を突っ込まれそうになったところ異世界に流されます。気持ちが昂ると「上様モード」と呼ばれる状態になり、時代劇口調で成敗を下します。

2005年『FINAL FANTASY VII ADVENT CHILDREN』(クラウド・ストライフ)

ゲーム『ファイナルファンタジーVII』から2年後の世界を描いたCGアニメーション作品です。クラウドたちの活躍で世界は滅亡の危機から脱したものの、星痕症候群と呼ばれる謎の病気が蔓延していました。かつての敵、神羅カンパニーのレノから元社長ルーファウスの下へ向かうよう依頼を受け、再び星を救う戦いへと呑み込まれていきます。 櫻井孝宏が演じるクラウド・ストライフは、2年前の星を救う闘いの後、運び屋「ストライフ・デリバリーサービス」を開業しています。孤児たちと暮らしていましたが、自らが星痕症候群に侵されていることや過去の闘いででた仲間の犠牲への懺悔の気持ちから、教会で孤独に過ごしています。

2011年『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』(松雪集/ゆきあつ)

埼玉県秩父市をモデルにした街で展開される、若者たちの絆や成長、心の傷や淡い恋を描いたオリジナルアニメーション作品です。ドラマ性を重視し、登場人物の心理や複雑に絡み合う人間関係などを丁寧に描いており、アニメ的な描写や展開を避けた演出は話題を呼びました。 櫻井孝宏が演じたゆきあつは、成績優秀で女子にモテる集タイプですが、負けず嫌いで感情的になりやすい性格です。芽衣子への好意から、リーダーの仁太に対抗心やコンプレックスが小学生当時からあり、高校生になった今でも続いていることが常軌を逸した行動に繋がります。

2012年『PSYCHO-PASS サイコパス』(槙島聖護)

ドラマ『踊る大捜査線』で知られる本広克行の構想から始まった、近未来SF刑事アニメです。人の心理状態を数値化する「シビュラシステム」によって人々が管理され、「犯罪係数」の高い人物を「潜在犯」として事前に裁き、犯罪を抑止するような監視社会においても発生する事件を追う、公安局刑事課一係の刑事たちの物語が展開されます。 銀色の長髪ですらりとした印象の槙島は、紙の本を読むことを好み名著の一節を引用するなど知的な雰囲気の持ち主です。人間は自らの意志で行動を選択すべきであるという思想の持ち主で、監視社会から逸脱した存在である「潜在犯」に手を貸し、事件の裏で暗躍します。

2012年『しろくまカフェ』(シロクマくん)

ヒガアロハの漫画『しろくまカフェ』が原作のアニメ作品です。シロクマが経営するカフェに集まるパンダなどの常連客、それを取り巻く動物や人間のほのぼのとした生活が展開されます。人間社会に溶け込んでいる動物たちですが、大きさは実際の動物のままで描かれ、偶然迷い込んだ喫茶店のような感覚も魅力です。 櫻井孝宏演じる主人(?)公であるシロクマは「しろくまカフェ」のマスターです。ダジャレを連発したり、マイペースなギャグで周囲を煙に巻いたりするなど、お茶目な性格をしています。作り話で常連客を担いだり、自らの経歴ですら言うたびに変わっていたりと、虚言癖があるようです。

2015年『おそ松さん』(松野おそ松)

赤塚不二夫の漫画の『おそ松くん』を原作としたアニメです。赤塚不二夫生誕80周年を記念して制作された『おそ松さん』は、大人になったおそ松くんたち六つ子の起こす騒動を描いたブラックコメディとなっています。六つ子それぞれを個性的に描き、女性ファンから絶大な支持を得たことで社会現象にまでなりました。 定職に就かず趣味に勤しむ松野家の六つ子の内、長男のおそ松は小学6年生のメンタルのまま成長してしまった「奇跡のバカ」。パチンコと競馬が生きがいで、ずぼらな性格から行動に計画性がありません。しかし、必要なタイミングではリーダーシップを発揮して、曲者揃いの六つ子をまとめ上げます。

2015年『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(マクギリス・ファリド)

『機動戦士ガンダム』シリーズ『鉄血のオルフェンズ』は、極度の貧困や人権を無視した処遇に苦しむ少年兵たちが火星独立運動という大きなうねりに巻き込まれながらも奮闘する姿を描いた青春群像劇として進行するロボットアニメです。 櫻井孝宏が演じたマクギリス特務三佐は、ギャラルホルンの監査局から火星支部に派遣されたエリート士官です。ギャラルホルンの中枢「セブンスターズ」の一門ファリド家当主の妾子で、後に養子として引き取られた過去を持ち、ギャラルホルンの腐敗と支配力の低下を憂慮し、並外れた知識と洞察力を駆使して組織の改新のため暗躍します。

2016年『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』(岸辺露伴)

荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の第4部東方仗助を原作にしたアニメです。アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』シリーズは、原作の独特な語り口や書き文字をアニメでも再現したことでファンの支持を得ました。第4部は、日本のM県S市にある杜王町を舞台に、スタンド能力を人に与える「弓と矢」を追いかけていくサスペンスホラー作品となっています。 週刊少年ジャンプに「ピンクダークの少年」という連載漫画を持つ人気漫画家の岸辺露伴は、作品のリアリティを何よりも重視し、創作のためなら他人の迷惑やあらゆる犠牲を省みません。取引を持ち掛けた敵に対して「だが断る」と突っぱねるなど不遜な性格をしていますが、自身が敬意を抱いた人物には素直にそれを伝える面もあります。対象を本にし、記憶を読んだり情報を書き加えたりすることのできる「ヘブンズ・ドアー」のスタンド使いです。