2017年7月6日更新

『斉木楠雄のΨ難』主人公・斉木楠雄の基本情報から能力まで一気に紹介!

生まれつきサイコメトリーや透視、テレパシーなどの超能力を持って生まれた斉木楠雄が、様々な出来事に巻き込まれながら他人と打ち解けていくギャグアニメ『斉木楠雄のΨ難』の主人公・斉木楠雄の基本情報や能力をご紹介します。

斉木楠雄のプロフィール

ピンク色の髪の毛で、頭に制御装置をつけ、緑色のレンズをした眼鏡をかけている、PK学園に通う高校生。

生まれつきあらゆる超能力を持った超能力者で、幼少期の体験から、自分の超能力を隠して周囲と距離を置いて暮らしています。

そのため、本来の特徴的な容姿も、周囲をマインドコントロールして平凡なものと思い込ませています。

全9教科満点をとれるほど頭脳明晰で、冷静沈着でドライな性格の持ち主のため、人間や動物にあまり関心を示しません。その一方で、困っている人を見つけると、密かに超能力を使ってその人を手助けするなど、心優しい一面もあります。

名前は英語で超能力者を意味する「サイキック」が由来です。

また、あえて超能力を使わなくとも素の身体能力が高く、時速1kmから1200kmで走る事が出来たり、39度の高熱に耐えられるほどの強靭な体を持っています。

斉木楠雄は漫画界史上最強キャラクター!?

生まれた頃から超能力を持っていた斉木楠雄。生まれて初めての会話はテレパシーで両親に挨拶をし、生後一カ月で空中を歩きはじめます。

その後、一歳にして母親が「ミリンが切れてる」と言った瞬間その場から消え、次の瞬間にはみりんを大量に持ってその場に戻るというテレポートを習得しています。

また、二歳になる頃には、父親の似顔絵を念写で描けるようになりました。

高校生になる現在では、物体を意志の力だけで操る事が出来るようになり、トラックに轢かれそうになっている犬を、トラックを浮かせて助けたりしています。

ですが、本人はこの超能力を「全てを奪われて生まれてきたと同じだ」と思っており、スプーン曲げが出来ても「カレーが食べにくいだけだ」、伏せられているカードの柄が分かっても「神経衰弱がただの作業だ」と冷めた意見を持っているようです。

斉木楠雄はモテモテ

人間に興味がなく、ドライな性格の斉木ですが、意外にも女子からモテモテなエピソードも多いです。

斉木の通うPK学園のマドンナ的存在で、容姿端麗な照橋心美は、大半の異性が彼女に惚れる中、彼女の腹黒い本性を見抜いているため彼女に興味を示さない斉木に惹かれてるようです。

また、夢見がちで気の変わりやすい夢原知予も、初めのうちは斉木に好意を持っていました。

他にも、ギャル風の容姿の女子生徒でありながら実は超能力者の相ト命も、自分と同じく超能力を持った斉木に運命を感じ、好意を抱いているようです。

斉木楠雄とスイーツ

スイーツが好物で、特にコーヒーゼリーに目がなく、限られた月のお小遣いをほとんどコーヒーゼリーに費やしているほど。

食事中に激しく喧嘩する両親を後目に、一人嬉しそうにコーヒーゼリーを食べていたり、スーパーマーケットで、普段食べている1個138円のコーヒーゼリーと、3個183円のゼリーのどちらを買うかで延々と悩み、ふと目に入った1個2950円のコーヒーゼリーを買ってしまう、というエピソードも。

斉木楠雄の能力一覧

テレパシー

半径200mの他人の声を聞いてしまう能力。頭に付けている制御装置を外した場合は、地球上全ての声を聞く事が出来るようです。

同じ高校に通う燃堂力のような何も考えていない人間や、テレパスキャンセラーを装着した人間の声は聞こえないらしいのですが、対象のものに触りながらテレパシーを送ると、声や音、映像を送れる事も出来ます。

また、自分を介して他人同士の声をお互いに届ける"強制以心伝心"を使う事も出来て、この能力で喧嘩した両親を仲直りさせた事もあります。

サイコメトリー

手で触れることで、物体に残された残留思念を読み取る事の出来る能力です。

人間に触れると、その人物が感じている事が分かるようで、第4話で斉木に弟子入りを申し込んできた霊能力者の鳥束零太に触った際には、零太の持つ霊能力を体験した事もあります。

また、便器や食べ物など読み取る対象によっては相当な精神的ダメージを負うので、本人曰く「最もいらない最低最悪の能力」ということで、普段は透明な手袋をして能力を封印しています。

マインドコントロール

世界を作り変える事の出来る能力で、強い力が必要なため制御装置を外さないと使えないため、普段は封印しているようです。

楠雄自身の特徴的な容姿が目立たないのは、地球全体をマインドコントロールしてピンク色の髪は不自然ではないと思い込ませているからで、頭につけられた制御装置も「これはヘアピンである」とマインドコントロールしています。

透視

対象を見ると自分の意志に反して自然に透視してしまう能力。

能力が発動してしまうと、相手の服が透け、最終的には骨と筋肉だけが残るので、斉木曰く「女の裸は3歳で見飽きた」との事です。

予知

夢や頭痛によって引き起こされる、未来に起こる事が予知出来る能力。

ただし、知りたい未来をピンポイントで見られるというわけではなく、過程や結果など所々しか見られないため、あまり実用性はないようです。

瞬間移動

自らの肉体を別の場所へ移動させる"テレポート"と、物体を引き寄せる能力"アポート"がセットになっているもの。

テレポートを使って、1歳の時にはじめてのおつかいを済ませたり、父親が会社に遅刻する危機を救ったりしています。知らない場所へは写真などを見ないと移動出来ない点がデメリットのようです。

千里眼

離れたところにいる対象を観察出来る能力で、一度目にした場所や人物のみに使えるもの。発動中は必ず寄り目になってしまうようです。

変身能力

人間や動物、虫などに変身出来る能力で、猫やゴリラのほか、女体化して斉木楠子になる事も出来るもの。胎児の頃から獲得していた能力だそうで、誕生直後の性別は女児だったようです。

変身完了までに2時間かかってしまうので、短時間で変身を繰り返す事が出来ず、慣れない体になるため力加減が出来ず周囲の人間をなぎ倒してしまう事も。

記憶消去

相手の頭に強い衝撃を与えて記憶の一部を消す事が出来る能力。

1度の衝撃で1分間分の記憶が消去出来るようで、殴って記憶を消してから、殴られた肉体を復元して逃げる、という手順になっています。

また、脳に出来た空白の部分には自動的に偽の記憶が補充されるようで、燃堂力に超能力者とバレそうになった場合などにこの能力を使いました。

幽体離脱

自分や他人の体から魂を抜き取り分離させる能力。

幽体離脱した体は幽霊のようになり、人間の体では追い払えない幽霊を攻撃する事が出来るようになります。また、抜き取った魂は44秒以内に肉体に戻さないと成仏してしまうとのことです。

復元能力

対象物の時間を数日前の状態に戻す事が出来る能力。基本的に、同じ対象には1日1度しか使えませんが、人間の体を1日前の状態に戻すという応用も利きます。

また、制御装置を外した場合は、1日3度までを限度に、7年前まで時を戻す事が出来るようです。

念写

脳内に思い浮かべたものを紙に写し出す事が出来る能力で、学校の宿題を念写してすぐ終わらせる事も出来ます。

念写を成功させるには集中力が必要で、雑念が生じるとその雑念も一緒に写し出されてしまうため、難易度が高い能力です。

斉木楠雄を演じる俳優は誰?

2017年に実写映画化が決まっている『斉木楠雄のΨ難』。主人公の斉木を演じるのは俳優の山崎賢人です。

山崎賢人といえば、実写映画化には欠かせない存在の俳優で、これまでにも2015年公開『ヒロイン失格』や『orange』、2016年公開の『オオカミ少年と黒王子』、『四月は君の嘘』など人気漫画の実写化作品に主人公として多数出演しています。

アニメでの斉木楠雄の声優は誰?

斉木楠雄役は声優として活躍する神谷浩史。

近年の代表作としては2015年放送のアニメ『おそ松さん』での松野家三男・チョロ松役や、2016年放送の『クレヨンしんちゃん』での2代目ぶりぶりざえもん役、2008年から放送中の『夏目友人帳』での主人公・夏目貴志役などが有名です。