2022年8月17日更新

「ジュラシックワールド3/新たなる支配者」のあらすじ・ネタバレ解説考察 ラストの意味とは

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

大人気SFアドベンチャー「ジュラシック・ワールド」シリーズ第3弾『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』が2022年7月29日に公開! この記事では、シリーズ完結編となる今作について、前半はネタバレなし、後半からネタバレありで内容を詳しく紹介・解説していきます。

※この記事は、『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』のネタバレを含みます。読み進める際は注意してください。

「新たなる支配者」のあらすじ

恐竜が至る所を闊歩し、「ジュラシック・ワールド」と化した地球が本作の舞台。山小屋に身を隠すオーウェンたちの前に、子どもを連れたブルーが姿を現します。その直後、子どものラプトルは何者かに襲われ、さわられてしまいました。 オーウェンは我が子を奪われて怒り狂うブルーに、「必ず連れ戻す」と約束。 そのころエリー・サトラー博士は、ある目的のため恐竜を研究する巨大バイオテクノロジー企業バイオシンを追っていました。彼女のもとにグラント博士も駆けつけ、マルコム博士に協力を仰ぐことにします。地球の支配権を得るのは人間か、それとも恐竜か、あるいは……。 人間の欲のために生み出され、ただ生きようとする恐竜たちはいったいどうなってしまうのでしょうか。

【解説】伏線回収やブルーの決断は?

バイオシンCEOの最期は壮大な伏線回収だった!

『ジュラシック・パーク』
©UNIVERSAL/All Star Picture Library/Zeta Image

映画終盤、バイオシンのCEOルイス・ドジスンは燃え上がる社屋から脱出しようとします。しかし途中でモノレールが止まり、ディロフォサウルスに殺されてしまいました。実はこのシーンは、シリーズ第1作目『ジュラシック・パーク』のオマージュになっています。 『ジュラシック・パーク』では、パーク建設のために働くシステムエンジニアのネドリーがある人物に買収され、恐竜の胚を盗み出します。しかし彼は、雨の中ディロフォサウルスに殺されてしまいました。 このときネドリーを買収した人物こそ、ドジスンだったのです。ネドリーは彼から細工したシェービングクリームの缶を渡され、それに恐竜の胚を入れて持ち出しました。ドジスンは30年前に雇ったネドリーと同じ末路をたどったのです。 ちなみに彼は社屋から脱出する際、シェービングクリームの缶を持ち出しています。どうやらドジスンは、ネドリーが盗んだ恐竜の胚を回収するのに成功していたようです。

ブルーの決断は?

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)ベータ、ブルー
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

前作でオーウェンの誘いを断り、ひとりで生きていくことを選んだブルー。オーウェンに再会した彼女は、自ら単為生殖で産んだ子どもを連れていました。しかしその子どもが誘拐され、オーウェンはブルーに子どもを取り戻すことを約束します。 彼が約束通り子どもを連れ帰ったあと、ブルーにはオーウェンたちと一緒に暮らすという選択肢もありましたが、彼女は子どもとともに森の奥へと消えていきました。 ブルーは恐竜と人間がそれぞれに暮らす新たな世界で、野生動物として生きていくことを選んだのです。もともと人間のいない時代に生きていた恐竜は、人間に依存して生きる必要はありません。 人間に生み出され、育てられたブルーでしたが、本来の恐竜らしく生きる道を選んだのではないでしょうか。

【考察】伝えたかったことは?酷評されるわけ

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)クリス・プラット
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

「ジュラシック」シリーズでずっと描かれてきたテーマは「人間と自然の共存」です。 映画終盤、メイジーの母であるシャーロットはビデオのなかで、人類も恐竜も地球の長い歴史の一部でしかなく、支配しようとせず、お互いに信頼し、共存していく道を語りました。ここからやはり本作のテーマも「人間と自然の共存」であることがわかります。 『ジュラシック・パーク』から登場しているヘンリー・ウー博士は、自分が生み出した巨大イナゴを自らの手で絶滅させる手段をとりました。これは、自然に対して人間が犯してしまった過ちを最後まで誠実に対処していく必要性を語っています。 とくに「パーク」シリーズでは、自然を科学の力で支配しようとする人間の愚かさを描き、「ワールド」シリーズでは、コントロールできなくなった状況から逃げずに対処する責任を描いています。本作はその集大成だからこそ、当初からのテーマにもっと踏み込み、「人間と自然(恐竜)が共存する世界」をしっかりと描く必要があリました。 しかし実際には、俳優陣のアクションやパニック映画としての側面が強調されています。そのためシリーズ特有の深いテーマが中途半端になってしまい、熱心なファンにこそ不満を与える結果になってしまったのではないでしょうか。 また、より現実的な問題に見えるとはいえ、イナゴに関するシーンが多すぎて、恐竜の存在感が薄れてしまったようにも感じられるのも酷評される理由の1つになっているのかもしれません。

「新たなる支配者」の結末までのネタバレ

起:メイジー誘拐事件と巨大イナゴの大量発生

ジュラシック・ワールド 新たなる支配者 オーウェン
(c) 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

恐竜が世界中に放たれてから4年。オーウェンとクレアは恐竜の保護活動をつづけながら、クローンとして有名になってしまったメイジーを守るため、人里離れた山小屋で暮らしていました。そんなある日、彼らのもとに、ブルーが子どもを伴って現れます。驚きながらも彼女が元気に生きていることを喜ぶオーウェンたち。 しかしあるとき、ブルーの子どもとメイジーが何者かによってさらわれてしまいます。オーウェンは怒り狂うブルーに必ず彼女の子どもを連れ帰ると約束し、2人を救出に向かいます。 一方テキサスでは、エリー・サトラー博士が農作物に壊滅的な被害をもたらす巨大イナゴの調査をしていました。そのイナゴはどういうわけか、バイオシン社の種を使った農作物は荒らしません。バイオシン社は恐竜のDNAを独自に研究し、新たな薬品や医療技術の確立で急成長している企業でした。 そこでエリーは旧知の仲であるアラン・グラント博士を誘い、バイオシン社に潜入調査をすることにします。

承:バイオシン社の陰謀

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

エリーとアランは、バイオシン社に勤めるイアン・マルコム博士を訪ねます。CEOのドジスン博士に歓迎され、広報部長のコールの案内でマルコム博士と再会した2人。彼はイナゴはバイオシン社の陰謀の一部であることを話し、2人に研究施設に入れるデバイスを密かに手渡しました。 一方、バイオシン社の依頼でメイジーとブルーの子どもであるベータを誘拐した恐竜の密輸業者は、運び屋のケイラに2人をバイオシンの本社へ運ばせていました。 オーウェンたちは誘拐犯の正体を突き止め、彼らがいる恐竜の闇市場へ。そこでクレアはケイラに出会い、メイジーを探していると言います。当初は関わり合いになることを避けていたケイラでしたが、メイジー救出を手伝うことを決意。クレアとオーウェンを乗せて、自らの飛行機でバイオシン社へ向かいます。 バイオシン社に連れてこられたメイジーは、ヘンリー・ウー博士と面会します。彼は自身がイナゴのDNAを操作し、自社の種を使った農作物以外を食い尽くすようにしたことを告白。またメイジーの母であるシャーロットが、自らの意思で無性生殖の技術を確立し、彼女を産んだことも明かしました。 そこへドジスン博士が現れ、今回の件に罪悪感を持っているウー博士と口論に。それを聞いたメイジーは身の危険を感じ、ベータとともに脱走します。ちょうどそのころ、エリーとアランは立入禁止区域でイナゴの研究施設を発見。DNAを採取した2人はメイジーに出会い、一緒に逃げることにします。

転:メイジー救出作戦

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)クリス・プラット、ブライス・ダラス・ハワード、ディワンダ・ワイズ
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

オーウェンとクレアを乗せたケイラの飛行機は、バイオシン社上空までやってきたものの、着陸許可が得られません。そうこうしている間に飛行機は翼竜に襲われ、墜落寸前に。 クレアが先にパラシュートで脱出し、ケイラは凍った貯水湖になんとか飛行機を不時着させました。3人はそれぞれ恐竜に襲われながらも合流し、メイジー救出に向かいます。 一方、エリーたちがイナゴのサンプルを持ち出したことに気づいたドジスン。モノレールで脱出しようとしている彼らを阻止するため、電源を落とします。 そしてイナゴのケージに火を放ち、証拠隠滅を図りました。しかし遺伝子操作で生命力が強くなったイナゴはすぐには死なず、火がついたままダクトから逃げ出し、恐竜たちの住む森に炎が広がっていきます。 足止めされてしまったエリー、アラン、メイジーの3人は、恐竜がうようよいる洞窟を抜けて外に出ることに。恐竜に襲われた彼らを間一髪で救ったのは、コールから助けを得たイアンでした。 彼は3人を車に乗せて逃げるものの、運転を誤って斜面に転落。しかし彼らはそこで、オーウェン、クレア、ケイラに出会います。 合流した一行はギガノトサウルスに襲われながらも、なんとかコントロールタワーに逃げ込みました。

結:炎に包まれたバイオシン社から決死の大脱出!

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

バイオシン社から脱出するには、空から飛び立つしか方法はありません。そのためには対防空システムを解除する必要がありますが、システムは火災でダウンしてしまっており、再起動しなければなりませんでした。 そこでエリーとクレアがシステムの再起動に向かい、オーウェン、メイジー、アランはベータ保護に向かいます。イアンとコールはコントロールタワーに残って彼らをバックアップ。 クレアたちはシステムの再起動に成功。その影響で脱出のためにドジスンが乗っていたモノレールは停止し、そこに現れたディロフォサウルスに襲われて彼は死亡しました。 一方メイジーたちは無事にベータを保護します。そんな彼らの前に現れたのはウー博士。彼は巨大イナゴを絶滅させる方法があるので、自分も連れて行ってほしいと懇願します。オーウェンとアランは彼を疑っていましたが、メイジーは彼を信じると言い、ともに逃げることに。 そんななか火災は広がりつづけ、森に住んでいた恐竜たちが社屋の周辺に集まってきます。脱出用のヘリコプターの周囲にも恐竜が集まり、簡単には近づけなくなってしまいました。

ところがそのとき、ギガノトサウルス、T-レックス、テリジノサウルスの大型肉食恐竜の三つ巴の戦いが始まります。その隙きを突いてオーウェンたちはヘリコプターに乗り込み、無事に脱出することができました。 その後、エリーたちによってバイオシン社の不正が明るみに。本社跡地は恐竜の保護区として活用されることになりました。ウー博士は、DNA捜査で遺伝性の疾患を組み込んだイナゴを群れに放ち、巨大イナゴの駆逐に乗り出します。 山小屋に戻ったオーウェン、クレア、メイジーは、約束通りベータをブルーのもとに帰します。ブルーは1度オーウェンと顔を見合わせてから、森に戻っていきました

「新たなる支配者」に登場する恐竜

「新たなる支配者」ではお馴染みのブルー、ブルーの子どものベータ、そして本作から新たに登場する恐竜たちの姿も確認できます。 予告編に既に登場するのは、銃を構えた人間たちを取り囲み、バイクに乗ったオーウェンを狙うアトロキラプトル。また海中からはモササウルスが襲いかかり、空中には史上最大級の翼竜ケツァルコアトルスが!アロサウルス、カルノタウルスらも次々と登場し、陸海空どこにも逃げ場はありません。 ここからは、「新たなる支配者」に登場する恐竜たちについて詳しく解説していきます。

大型恐竜・ギガノトサウルスが新たに登場!

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』
© 2021 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

オーウェンとクレア、博士たちの前に立ちはだかる大型恐竜ギガノトサウルスも新登場。白亜紀後期に実在した恐竜で、全長は約13mに達したと言われています。 コリン・トレボロウ監督は、DCコミックスでバットマンと対をなすヴィラン「ジョーカー」のような存在として、ギガノトサウルスを造形したそう。「ただ、世界が燃えるさまを見たい」という行動原理は、ジョーカーにちなんだ設定です。 ちなみに、この恐竜の故郷は「バイオシン・バレー」という土地。インジェン社のライバル企業であるバイオシン社との関係が伺え、社員の青年も登場します。同社は薬学調合における調査の名目で、捕獲された恐竜を収容する契約を各国の政府と結ぶ一方、何か別の目的もあるようです。 焼却処分されそうになった巨大イナゴによってバイオシン社の森が炎に包まれるなか、オーウェンたちの前に現れたギガノトサウルス。ここでマルコム博士は、その口に火のついた布を投げ入れ、追跡をかわすことに成功しました。 これは『ジュラシック・パーク』での彼の行動のオマージュとなっています。

テリジノサウルス

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)ブライス・ダラス・ハワード、テリジノサウルス
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

テリジノサウルスは、白亜紀後期にモンゴルに生息していた恐竜です。その特徴は、全長2mもの巨大な前脚と刃渡り70cmにもおよぶ長いツメ。化石はこの前脚のほか、わずかな後ろ脚と肋骨しか発掘されておらず、今に至るまで謎の多い恐竜です。 バイオシン社に向かう途中で墜落しかけた飛行機から、パラシュートで脱出したクレア。ジャングルに落ちた彼女に襲いかかったのがテリジノサウルスでした。この恐竜から逃げるため、彼女は水の中に潜って息を潜めていました。

ピロラプトル

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)ピロラプトル
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

ピロラプトルは白亜紀後期のフランスに生息していた、小型の肉食恐竜です。現時点で発見されている化石は腕と脚、2本のかけた歯と何個かの脊椎、そして長さ6cmほどのツメのみで、全体の10%ほどしか発掘されていません。 ツメが鋭利なことに加えて脚の骨がとてもしっかりしていることから、走ることや木登りが得意だったのでは、と予測されています。 本作では、全身を羽毛に覆われた姿で登場。オーウェンとケイラがバイオシン社に侵入した際、凍った貯水湖の上で彼らに襲いかかります。割れた氷の下に転落したオーウェンを水中まで追ってくるなど、恐ろしいシーンもありました。

「新たなる支配者」には初代キャストが大集結!

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』(2022年)ジェフ・ゴールドブラム、サム・ニール、ローラ・ダーン
© Universal Pictures/Photofest/Zeta Image

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』には、なんと1993年に公開されたシリーズ1作目『ジュラシック・パーク』のオリジナルキャストが再登場します。 前作『ジュラシック・ワールド/炎の王国』(2018年)には、オリジナルキャストの1人であるジェフ・ゴールドブラムが「ジュラシック・パーク」シリーズと同じイアン・マルコム博士役でカムバックを果たしました。 さらに「新たなる支配者」では、それ以外のオリジナルキャストも出演し、ファンを喜ばせています。 ローラ・ダーン演じるエリー・サトラー博士は、巨大イナゴによる農作物の被害を調査中。その原因と思われるバイオシン社に探りを入れることにします。その際、サム・ニール扮するグラント博士も彼女に合流することに。2人はバイオシン社に勤めるマルコム博士に協力をあおぐのでした。 一連の事件が収束し、サトラー博士とグラント博士は再び恋人同士になります

アラン・グラント役/サム・ニール

サム・ニール
©Agentur/Newscom/Zeta Image

シリーズ1作目『ジュラシック・パーク』に登場したアラン・グラント博士が、本作で再登場します。 古生物学者のグラント博士は、インジェン社が最初に「ジュラシック・パーク」を建設する際に、恐竜の育て方について助言するためイスラ・ヌブラル島に呼ばれました。しかし、そのときに大変な目にあい、シリーズ3作目『ジュラシック・パークⅢ』(2001年)では、恐竜を蘇らせることに反対していました。 グラント博士を演じるサム・ニールは、『レッド・オクトーバーを追え!』(1990年)や『モンタナの風に抱かれて』(1998年)、『ピーターラビット』(2018年)など数多くの作品への出演で知られています。

エリー・サトラー役/ローラ・ダーン

ローラ・ダーン
© Adriana M. Barraza/WENN/zetaimage

古植物学者のエリー・サトラー博士も、グラント博士と同様『ジュラシック・パーク』、『ジュラシック・パークⅢ』に登場し、最新作にカムバックします。かつてグラント博士とは恋人同士でしたが、その後別の男性と結婚し、息子を授かりました。 サトラー博士を演じるローラ・ダーンは、デヴィッド・リンチ監督作品の常連として知られるほか、1991年の『ランブリング・ローズ』でアカデミー主演女優賞、2014年の『わたしに会うまでの1600キロ』でアカデミー助演女優賞にノミネート。2020年には、『マリッジ・ストーリー』でアカデミー助演女優賞を受賞した名女優です。

イアン・マルコム役/ジェフ・ゴールドブラム

ジェフ・ゴールドブラム
©Famous/ACE Pictures/Newscom/Zeta Image

「ジュラシック・パーク」3作と前作「炎の王国」に出演したジェフ・ゴールドブラムも、本作での続投が決定。彼は、本シリーズのほかにも「インデペンデンス・デイ」シリーズや『グランド・ブダペスト・ホテル』(2014年)、『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017年)などへの出演で知られています。 ゴールドブラムが演じるイアン・マルコム博士は、数学者でカオス理論の専門家。前作のラストで意味深な言葉を残しました。

「新たなる支配者」のメインキャスト

オーウェン・グレイディ役/クリス・プラット

クリス・プラット
©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

「ジュラシック・ワールド」シリーズ1作目からの主人公、オーウェン・グレイディは、テーマパーク「ジュラシック・ワールド」でヴェロキラプトルの飼育員をしていた人物。対等な生き物として恐竜に敬意を持って接しており、彼らを単に「生体兵器」や「商品」とみなしている上層部と衝突することもありました。 オーウェンを演じるクリス・プラットは、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズをはじめ、多数の作品への出演で知られています。また、2020年3月13日には、声の出演を務めた『2分の1の魔法』が公開されました。

クレア・ディアリング役/ブライス・ダラス・ハワード

ブライス・ダラス・ハワード
©︎Michael Boardman/WENN.com

「ジュラシック・ワールド」の元パーク管理責任者であるクレア・ディアリング。頭が良く、インジェン社のコンサルタントや株式資本募集など多くの役職をこなしていました。 前2作にひきつづき、ブライス・ダラス・ハワードがクレア役を続投します。彼女は2004年にM・ナイト・シャマラン監督の『ヴィレッジ』で映画主演デビュー。その後も、『スパイダーマン3』(2007年)や『ヘルプ 〜心がつなぐストーリー〜』(2011年)など、話題作に出演しています。

日本語吹き替え声優は玉木宏&木村佳乃が続投

オーウェン・グレイディ役/玉木宏

渋くてセクシーな声を活かし、番組ナレーターや声優としても活躍する玉木宏。『ジュラシック・ワールド』(2015年)から3作続けてオーウェンを演じます。彼曰く、最新作は「アトラクションのように観る人の気持ちを揺さぶる作品」とのこと。 劇中で好きなシーンは、アトロキラプトルとの手に汗握るバイクチェイスだそうです。

クレア・ディアリング役/木村佳乃

木村佳乃
©ciatr

クレアの吹き替え声優を務めてきた木村佳乃も、玉木宏とともに続投。彼女は29年におよぶシリーズの歴史に触れつつ、「予告をみただけでも迫力の更にスケールアップした作品を私も楽しみにしています。」とコメントしました。 玉木ほどではありませんが、海外アニメ「カンフーパンダ」シリーズなど声の出演も豊富です。

ケイラ役/伊藤沙莉

『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』 伊藤沙莉
© 2021 Universal Studios and Amblin Entertainment. All Rights Reserved.

ディワンダ・ワイズ演じる新キャラクター・ケイラの日本語吹き替えは、女優の伊藤沙莉が演じます。持ち前のハスキーボイスを活かした演技に今から期待が高まります。 『大豆田十とわ子と3人の元夫』(2021年)のナレーション、アニメ映画『シチリアを征服したクマ王国の物語』(2022年)の声優などで多く声の仕事をしている彼女ですが、実写映画の吹き替えは今回が初となります。

舞台は「炎の王国」から4年後

ジュラシックワールド2 炎の王国
©︎Universal Pictures

3作目『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』の舞台は、前作「炎の王国」(2018年)から4年後の2022年の世界。「ジュラシック・ワールド」シリーズはこれまで公開年と同じ時代を意識して描かれてきており、「ジュラシック・ワールド3」も公開年が舞台になっています。 米「Deadline」の取材でコリン・トレボロウ監督は、「この映画は、共存や共に生き抜くことの必要性を描いた作品です。 このパンデミックが何かを教えてくれたとすれば、それお互いを守るために異なる世代の人が必要であるということ。ですから、このような時に製作するのにぴったりな映画でした。」と語っています。 劇中で新型コロナウイルスのパンデミックは直接的には描かれないとのことですが、今の時代に合った作品になっていることは間違いなさそうです。

「ジュラシック」シリーズは終わらない?!

今回でシリーズ完結との見方もありますが、あくまで「ジュラシック・ワールド」トリロジーの最終章となり、今後も続く可能性が高いです。 プロデューサーのフランク・マーシャルは、Netflixのアニメ「サバイバル・キャンプ」シリーズにも触れつつ、フランチャイズの展望に言及しています。 彼は以前にも、本作を「新しい時代の幕開け」と称しており、「恐竜と人間の共存の可否」という興味深い問いを足がかりとして、良い映画をもっと作りたいと考えているそう。 具体的な構想までは至らずとも、製作陣は次に向けて動き出しているかもしれません!

「新たなる支配者」の感想・評価

総合評価
3

吹き出し アイコン

20代女性

ポップコーンを食べる間もなく、ずーっとハラハラドキドキしっぱなしの2時間半でした。特にクライマックスの恐竜たちは圧巻です。スケールはもちろんですが、恐竜の肌感や目の動きなどもリアリティがあり、ストーリーに没入して楽しめる作品です。ジュラワの世界に1度でいいから行ってみたい……!

吹き出し アイコン

30代男性

「ジュラシック」シリーズの最後がこれでいいのか?と正直がっかり。とにかくファンのための映画という感じで、ストーリー性や話の主軸がしっかりしていなかった印象。旧キャストが登場したのはいいがこれといった活躍はないし……。「恐竜との共存」っていうテーマに踏み込んだなら、そこをもっとちゃんと描いてほしかったな。ご都合主義観が否めない。

3作目『ジュラシック・ワールド/新たなる支配者』のあらすじネタバレは必見

ジュラシック・ワールド/新たなる支配者
(c) 2021 Universal Studios and Storyteller Distribution LCC. All Rights Reserved.

シリーズ完結作となった「新たなる支配者」。 この「支配者」とは、地球上における権利を持つものという意味だと思われます。世界に恐怖と混乱をもたらした恐竜、そして人間がたどるのは、どんな結末なのか……。オーウェンは果たして、ブルーに誓った約束を守れるのでしょうか? 超大作の結末は一体どうなるのか、ぜひあなたの目で確かめてくださいね。