2019年3月29日更新

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズの魅力的なキャラクター一覧 意外なキャラもカメオ出演?

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』
©︎Supplied by LMK

MCUの中でもコメディ色が強い「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ。3作目の製作が待たれるなか、これまでに登場してきた個性豊かなキャラクターたちを紹介しましょう!

この記事の目次 [閉じる]

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」の魅力的なキャラクターたちを紹介!

MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)第10作目となった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』(2014)は、これまでのMCU作品では見られなかったコメディ色の強い作風で人気となりました。また、2017年には第2作目『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』も公開され、ファンの心をがっちりとつかんでいます。 そんな「ガーディアンズ」シリーズに登場した魅力的なキャラクターたちを紹介します。製作が待たれる3作目にももちろん登場する主要キャラクターから、カメオ出演していた意外なキャラクターまでチェックしましょう!

《※この記事には「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのネタバレが含まれます!作品を未鑑賞の方はご注意ください。》

1. ピーター・クイル/スター・ロード(演:クリス・プラット)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』クリス・プラット,ピーター・クイル
©︎Supplied by LMK

クリス・プラット演じるスター・ロードピーター・クイルは、はみ出し者ばかりが集まったヒーローチーム“ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”のリーダーです。もともとは冒険者でトレジャーハンター。プラットによれば「ハン・ソロとマーティ・マクフライ(※「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズの主人公)をミックスしたような」キャラクターだとか。 悪知恵がはたらく調子のよい遊び人で、度胸があって楽観的、そして行動力は抜群!しかし、その出自には秘密があり、9歳で母を亡くし、宇宙海賊「ラヴェジャーズ」に誘拐されました。 ピーターの能力は、戦略家としての才能やエレメント・ガンを使っての卓越した狙撃術や剣術。そしてスーパーヒーロー“スター・ロード”としては、スーツをつけた時に発揮される怪力、飛行能力があり、宇宙船ミラノ号を操って宇宙を旅しています。日本語吹き替え版では山寺宏一が声優を担当しています。

2. ガモーラ(演:ゾーイ・サルダナ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ゾーイ・サルダナ,ガモーラ
©︎Supplied by LMK

ゾーイ・サルダナ演じるガモーラは、マーベル世界におけるスーパーヴィランであるサノスによって殺人兵器として育てられた暗殺者です。サノスと密約を交わしたロナン・ジ・アキューザーが、強力な破壊力を持つ球体「オーブ」を盗んだクイルを狙うべく送り込みました。 ゼン・フーベリというエイリアンの種族の最後の生き残りで、「宇宙で最も危険な女」と呼ばれるほどの暗殺者に成長。高度な暗殺術と格闘術を習得しており、超人的な怪力とスピードを持つガモーラは、サノスを裏切りガーディアンズ・オブ・ギャラクシーの一員になりました。現在は、暗殺者として行ってきたことへの贖罪を探し求め生きています。日本語吹き替え版では朴璐美が声優を担当しています。 ガモーラを演じるサルダナは、ジェームズ・ガン監督から緑色のキャラクターを演じるよう依頼があって驚いたものの、以前『アバター』に出演し、青色のキャラクターを演じたことがありました。青から緑、なかなかのインパクトですね。

3. ドラックス(演:デイヴ・バウティスタ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』デイヴ・バウティスタ
©︎Supplied by LMK

ドラックスを演じるのは、元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ。別名「破壊王ドラックス」と呼ばれ、家族を殺したロナンへの復讐を誓っています。野獣のような鍛え抜かれた肉体にケロイド状の赤いタトゥーが特徴で、凶悪な囚人たちからも恐れらる存在。しかし、頭はあまりよくないようです。 日本語吹き替え版では楠見尚己が声優を担当しました。 ちなみにメイクアップにかかる時間は4時間、メイクを取り去るには90分を要したそうです。肌の色は同じマーベル・コミックのキャラクターである超人ハルクと似た色になるのを避けるために、コミック版の緑色ではなくくすんだ灰色になったといいます。

4. ロケット(声:ブラッドリー・クーパー/モーションキャプチャ:ショーン・ガン)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ブラッドリー・クーパー(ロケット)
©︎Supplied by LMK

ハイテクマシンに強く、武器や戦術にも長けたロケットは遺伝子改造されたアライグマです。賞金稼ぎや傭兵としてお金を稼いでいます。高度な知性を持ち、そのかわいらしい外見とは真逆な荒々しい性格の無法者。 ピーターに懸けられた賞金目当てに相棒のグルートと彼を襲いますが、成り行きで一緒に行動するようになりました。口が悪く、たびたび銃をぶっ放すような短気な性格で、「アライグマ」と呼ばれることが大嫌いなようです。 英語版の声優はブラッドリー・クーパーが務め、撮影現場では、監督の弟であるショーン・ガンがモーションキャプチャスーツを着てロケットの動きを演じました。ロケットはクーパーとショーン両人の表情と手の動きを参考にして誕生したのです。日本語吹き替え版ではお笑い芸人の加藤浩次が声優を担当しています。

5. グルート(演:ヴィン・ディーゼル)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』グルート(ヴィン・ディーゼル)
©︎Supplied by LMK

樹木の身体をしたヒューマノイドであるグルート。根は優しく、不器用ですが仲間思いのなごみ系キャラクターです。ロケットの相棒として一緒に行動していますが、実は話せる言葉は唯一「私はグルート(I am Groot.)」のみ。その一言ですべての感情を表現します。 能力としては自由自在に伸びる枝を使って戦い、木を食べて体に取り込み自身を強化することもできます。また、ほかの木をコントロールしたり、火に対する耐性も。 グルートを演じたのはアクション俳優として活躍するヴィン・ディーゼル。日本語吹き替え版では俳優の遠藤憲一が声優を担当しています。ディーゼルはグルートの声とモーションキャプチャーでグルートを演じており、たった一つのセリフ「私はグルート」にさまざまな感情を込めて、意味を持たせた演技は見事です。

ベビー・グルート

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ヴィン・ディーゼル(ベビー・グルート)
©︎Supplied by LMK

1作目の終盤で粉々になってしまったグルートは、エンドロールでは挿し木になって植木鉢で成長しています。 2作目『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』では、ちいさなベイビー・グルートが登場。そのかわいらしい姿が人気になり、重要なシーンでも活躍しました。

ティーンエイジ・グルート

さらに「リミックス」のエンドロールでは、ティーンエイジャーになったらしいグルートが登場しています。ピーターに「ゲームばかりするな!」と言われて口答えしたようですが、私たちに聞こえるのはやはり「僕はグルート(I am Groot.)」。 ティーンエイジ・グルートは『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも登場し、そのときにはピーターだけでなくドラッグスも彼の言っていることが理解できるようになっていたようです。

6. ヨンドゥ・ウドンダ(演:マイケル・ルーカー)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』マイケル・ルーカー
©︎Supplied by LMK

マイケル・ルーカー演じるヨンドゥ・ウドンタは、宇宙海賊ラヴェジャーズのリーダーです。ピーター母親を亡くした時に地球からさらい、彼の父親代わりになりました。日本語吹き替え版では立木文彦が声優を担当しています。 外見は青い肌が特徴。コミック版では頭から赤いモヒカンのようなヒレが背中まで伸びていますが、実写版では頭のモヒカン部分は埋め込み式の赤い機械のフィンに変わっています。海賊らしく荒くれ者ですが、冗談好きでおおらかな性格でもあります。 ヨンドゥは、「ヤカ」と呼ばれる槍を口笛で自在に操ることができます。クイルに裏切られオーブを盗まれた彼は追いかけて取り戻そうとしますが、結局クイルを助けたり最終的には騙されても笑っているような味のあるキャラクター。ピーターを本当の息子のようにかわいがっているのですね。

7. テイザーフェイス(演:クリス・サリヴァン)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』クリス・サリヴァン
©︎Supplied by LMK

クリス・サリヴァン演じるテイザーフェイスは宇宙海賊ラヴェジャーズのメンバーで、ヨンドゥの部下の一人です。日本語吹替版では声優廣田行生が担当しています。 長い髭を蓄えモヒカン頭に血管が浮き出たような姿をした宇宙人で、自分の名前テイザーフェイスを気に入っており、登場するたびに名乗ります。劇中では捕虜にしたロケットに大笑いされていました。 いつもピーター・クイルに甘いヨンドゥを快く思っておらず、謀反を起こしてラヴェジャーズ乗っ取りに成功。しかし、復活したヨンドゥの手によって、テイザーフェイスと反逆したラヴェジャーズは粛清されてしまいます。

8. タルク(演:トミー・フラナガン)

トミー・フラナガン演じるタルクは宇宙海賊ラヴェジャーズの一員で、ヨンドゥ・ウドンタの部下です。日本語吹替版は声優の隅本吉成が担当しています。 特徴は、アウトローな雰囲気を漂わせるガンベルトにロングコート。ヨンドゥを崇拝しており、テイザーフェイスが謀反を起こしたときに対立したため、生きたまま宇宙空間に投げ出されてしまいました。

9. クラグリン・オブフォンテリ(演:ショーン・ガン)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ショーン・ガン
©︎MARVEL STUDIOS

ショーン・ガン演じるクラグリンは宇宙海賊ラヴェジャーズのメンバーです。日本語の吹き替えは声優の土田大が担当しています。 ヨンドゥの右腕ですが、ピーター・クイルに寛大な態度のヨンドゥにやや疑念を持っていたため、ピーターに対し敵愾心を持っていたテイザーフェイスの反乱を見逃し、ラヴェジャーズ乗っ取りを黙認してしまいました。 しかし、テイザーフェイスの非道なやり方についていけず、ヨンドゥを裏切ったことを後悔します。そしてヨンドゥの脱獄を助け、宇宙船のパイロットとして再びヨンドゥの右腕として活躍します。 映画のエンドロールでは、ヨンドゥから受け継いだヤカの訓練していました。しかし、なかなかうまくいかずドラックスに刺さってしまうシーンはちょっと笑えますね。

10. ロナン・ジ・アキューザー(演:リー・ペイス)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』リー・ペイス,ロナン
©︎MARVEL STUDIOS

リー・ペイス演じるロナン・ジ・アキューザーは、サノスと契約を交わしてガーディアンズたちと敵対するヴィランです。宿敵ザンダー人の根絶を狙うクリー族であるロナンは、クイルが盗んだ「オーブ」を狙っており、彼に賞金を懸けてガモーラを送り込みました。 日本語吹き替え版では白熊寛嗣が声優を担当。 ロナンはその後『キャプテン・マーベル』(2019)にも登場していますので、MCUフェーズ4以降の作品にも登場する可能性があります。

11. ネビュラ(演:カレン・ギラン)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』カレン・ギラン、ネビュラ
©︎Supplied by LMK

カレン・ギラン演じるネビュラは、サノスの養女としてガモーラと姉妹同様に育ちました。姉と同様に暗殺者として訓練されています。サノスとロナンの忠実な部下として行動し、ロナンとともに宇宙の果ての「ノーウェア」まで追跡します。日本語吹き替え版では森夏姫が声優を担当しました。 ガモーラと確執があり、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では対決しますが敗北。しかし2作目の「リミックス」では、ガモーラと和解し彼女を助けます。 ギランは役作りのために髪をそって古代のスパルタ人を研究したとそうで、2ヶ月にも及ぶ訓練を受けたといいます。また、インタビューでネビュラのキャラクターについて「嫉妬という感情が人をどんなに醜く変えてしまうかという点がいちばん面白い要素になっている」と語りました。

12. アイーシャ(演:エリザベス・デビッキ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』エリザベス・デビッキ
©︎Supplied by LMK

エリザベス・デビッキ演じるアイーシャは、遺伝子操作により誕生した人口生命体ソヴリン人の指導者で、全身が金色なのが特徴です。彼女は自分たちが最高の種族であると思っているため、その他の種族を見下す傾向が。日本語版吹替は魏涼子が担当しています。 前作でのガーディアンズの活躍を知り、ソブリンの重要なエネルギー「アニュラクス・バッテリー」を怪物から守るため、彼らに怪物退治を依頼。しかし、任務を完了したロケットがアニュラクス・バッテリーを盗んだことが発覚し、無人ドローンで彼らを追ってきました。 追跡に失敗したアイーシャは、新たな生命体を製造したことをエンドロールで明かします。その生命体をアダムと名付けたため、ファンの間で次作ではアダム・ウォーロックが登場するのではないかと期待されています。

13. エゴ(演:カート・ラッセル)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』カート・ラッセル,エゴ
©︎Supplied by LMK

カート・ラッセル演じるエゴは立派な髭を蓄えた初老の紳士で、マンティスの保護者です。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』での初登場シーンでは、ソブリンの無人ドローンに襲われていたガーディアンズを救った謎の人物として現れました。日本語吹替版では金尾哲夫が演じています。 そしてピーター・クイルーが探していた本当の父親であり、太古の昔から生き続けていた天人(セレスティアル)の一人であることを明かします。その正体は巨大な惑星で、人間に似せた姿を分身体として様々な星を渡り歩いていました。 再会したピーターに父親らしいことをしたいとを告げ、自分の星に招待したエゴ。しかし彼の真の目的は、宇宙全体に自分自身を拡張させることでした。そのためにあらゆる惑星に自分の分身体を植え付ける必要がありましたが、自分だけでは無理があったため様々な惑星で女性に自分の子供を産ませており、ピーターもその1人だったのです。

14. マンティス(演:ポム・クレメンティエフ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』ポム・クレメンティエフ マンティス
©︎Supplied by LMK

ポム・クレメンティフ演じるマンティスは、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』で新登場したキャラクター。マンティスはどうやらクイルの父親「エゴ」に育てられた人物のようです。 コミック版では緑色の肌をしているマンティスですが、チーム内でガモーラと同じ緑色のキャラクターがかぶるのを避けてか、実写版ではかなり色白になっています。人に触れることでその感情を読み取ることができ、武術の達人でもあります。 マンティスはその後、ガーディアンズのメンバーとともに『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』にも参加しています。

15. スタカー・オゴルド/スターホーク(演:シルベスター・スタローン)

シルヴェスター・スタローンが演じるスタカー・オゴルドは、かつて宇宙海賊ラヴェジャーズを率いていた元幹部の一人で、ヨンドゥとは古くからの知り合いです。しかし、ヨンドゥがエゴとの闇取引にヨンドゥが応じたため袂を分かち、疎遠となっていました。日本語版の吹替はアニソン歌手で知られるささきいさおが担当しています。 見た目は壮年の筋肉質な男性で銀髪が特徴。ピーター・クイル同様に通り名があり、スターホークと名乗っています。コミック版では、初代ガーディアン・オブ・ギャラクシーのメンバーの一員でヨンドゥらと共に銀河を救うため活躍しています。 劇中ではヨンドゥと口論するシーンが印象的。また、ラストシーンにも登場しガーディアンズ3作目の伏線ともとれる意味深なセリフを残しました。今後の活躍が期待されますね。

16. タニリーア・ティヴァン/コレクター(演:ベニチオ・デル・トロ)

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ゾーイ・サルダナ、ベニチオ・デル・トロ
©︎MARVEL STUDIOS

ベニチオ・デル・トロ演じるタニリーア・ティヴァンは「コレクター」と呼ばれ、古代超人種族であるエルダーズ・オブ・ユニバースに属しているヴィランとも味方とも言い切れないキャラクター。サノスが目論んでいる宇宙破滅からすべての生物を守らなくてはという強迫観念から、「ノーウェア」に膨大な標本を集めている謎の人物です。 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では「ノーウェア」に逃れてきたクイルたちが持つ「オーブ」を開けて、それが強力な破壊力を持つ「インフィニティ・ストーン」であることを教えました。エンドロール後のシーンでは、インフィニティ・ストーンが起こした爆発によってめちゃくちゃになった保管庫で座り込んでいる姿も見られました。 実はコレクターは、2014年の『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』のエンドクレジット後にも登場しています。

17. ハワード・ザ・ダック(声:セス・グリーン)

マーベルコミックのキャラクターであり、80年代には映画も製作されたハワード・ザ・ダックは「ガーディアンズ」シリーズの2作品両方にカメオ出演しています。 1作目ではコレクターの蒐集品のひとつとして檻に入れられていましたが、ラストの保管庫の爆発で自由になり、お酒を飲んでいました。「リミックス」では、ラベジャーズとバーで飲んでいる姿が登場し、自由を満喫している様子。 ハワード・ザ・ダック役はノンクレジットですが、英語版ではセス・グリーン、日本語吹き替え版では声優の伊丸岡篤が担当しています。

18. グランドマスター(演:ジェフ・ゴールドブラム)

グランドマスター,マイティソー バトルロイヤル, ジェフ・ゴールドブラム
©MARVEL STUDIOS/DISNEY

『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)でヴィランのひとりとして登場するグランドマスターも、実は『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』にカメオ出演していました。 「リミックス」の公開は「バトルロイヤル」の半年前であり、先取りして初登場していたのです。

19. サノス(演:ジョシュ・ブローリン)

サノス インフィニティ・ウォー (ゼータ)
©Supplied by LMK

MCU最大のヴィランであるサノスも、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』にカメオ出演しています。ガモーラとネビュラの養父で、2人を暗殺者に育て上げたサノス。1作目では、姿こそエンドロール中にちらりとしか登場しないものの、ロナンの影で糸を引いていました。 MCU各作品のカメオを含む出演で、サノス役はすべてジョシュ・ブローリンが声とモーションキャプチャーで演じ、日本語吹き替え版では銀河万丈が声優を担当。 サノスのその後の活躍はご存知のとおりです。

「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズには魅力的なキャラクターがいっぱい!

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ゾーイ・サルダナ、デイヴ・バウティスタ、クリス・プラット
©︎MARVEL STUDIOS

数あるMCU作品のなかでも「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズには数多くの個性的なキャラクターが登場しています。また、ガモーラとネビュラはサノスと直接つながりのあるキャラクターなので、実は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『アベンジャーズ/エンドゲーム 』にとっても重要なシリーズともいえるのではないでしょうか。 宇宙を舞台に無法者たちがヒーローとなって活躍する「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズ。3作目の公開が待ち遠しいですね!