桜内梨子はµ’sの生まれた学校からの転校生!その魅力に迫る!

2017年7月6日更新

ピアニストを目指すもスランプに陥りトラウマになってしまった桜内梨子を徹底検証!釣り目で強気に見える彼女は実は大人しい地味な女の子でした。スクールアイドルを知らなかった彼女がアイドルになるきっかけは何だったのでしょうか。ギュッとご紹介します。

桜内梨子のプロフィール

8d07009ec957b1a4e5858ea2fdbf8354

出典: matomame.jp

桜内梨子は9月19日生まれのA型で容姿は暗めの赤い色をした長い髪のスレンダーの女の子です。

ラブライブのキャラクターとしては珍しい釣り目が特徴。一見気が強そうに見えますが、初期設定では自分のことを”地味”と称する大人しい少女でした。アニメでは、これにツンとした要素が加わり”落ち着いているようで実はあわてん坊”というキャラ設定になっていました。

また、1stシングルでは千歌とのダブルセンターを務めていて、もう一人の主人公と言える存在でしょう。

国立音ノ木坂学院からの転校生

CmaN0FWVMAEng2Ys

出典: lovesoku.com

高校1年生のころの桜内梨子がいた高校はなんと、μ'sが生まれた音ノ坂学院です。ピアニストの夢を諦め、高校2年の時に東京秋葉原から、静岡県の浦の星女学院へと転校してきました。

「君のこころは輝いているかい?」のPV、または、テレビアニメ第1話で音ノ坂の1年生の時の梨子の制服姿が確認できます。

趣味のピアノに打ち込んでいた

399405

出典: animepeace.jp

桜内梨子は転校、ピアニストとして周囲から期待されていました。コンテストを境にスランプに陥ってしまい、夢を諦め新しい生活を送ろうと浦の星女学院に来ました。

アニメ当初は、スクールアイドルを知らないという事実が明かされ、高野千歌を驚かせているシーンが描かれています。それだけピアノに没頭していたのでしょうね。

ピアニストの夢が途絶えてしまったという言わば心の傷を徐々に癒すのは、主人公の高野千歌でした。

大人しい…と思いきや行動力アリ!?

1467996402_1_1_fc58e05775b3cb32c14bcb4ad8c3bfb2

地味で大人しい桜内梨子ですが、海の音が聞きたいと4月のまだ冷たい駿河湾に飛び込もうとするなど、実は行動力のある少女だということがいうことが証明されました。

ある意味少し変わり者のようで、天才肌とも言えるかもしれません。彼女の行動から、ツイッターでは放送翌日に大喜利大会が開かれたこともありました。

自宅は高海千歌のお隣さん

54113

桜内梨子の自宅は高海千歌の隣にあり、千歌の部屋とは窓枠で移動できるという物凄い近さです。

ピアノに対してトラウマを抱えていることを千歌に話すまでの仲になっており、第二話での窓越しに手をつなぐシーンはとても印象的でした。

桜内梨子は犬が苦手…?

Cqb4txRUIAABj5R

出典: ja.whotwi.com

ゲームの設定では定かではありませんが、アニメでは犬が大の苦手なようです。高海家の”しいたけ”という犬に一度追いかけられ、高海家2階から自宅2階へと見事な大ジャンプを披露。恐ろしく焦っていたのがこの描写で伝わります。

彼女曰く大きさは関係ないとのことで、小型犬の“わたあめ”にもかなり怯えていた様子が描かれています。「かじられたら死ぬ!」とまで言っていました。

桜内梨子の声優は逢田梨香子

1447595326-989ef850937da511ffa74146645524e5

出典: sifblog.net

トラウマを抱えるピアニストの桜内梨子役を演じたのは声優の蓬田梨香子(あいだ りかこ)。1992年8月8日生まれで賢プロダクションに所属しています。過去に伊藤梨花子として活動していましたが、現在は蓬田梨香子として活動中。愛称は「りきゃこ」で定着しているようです。

小学2年生から5年生までの4年間、ロサンゼルスに住んでおり”伊藤梨花子”時代の事務所はフロム・ファーストプロダクションでした。

主な出演作品は、『ラブライヴ』の桜内梨子役はもちろん、『甲鉄上のカバネリ』一乃進役、鯖役、民人役、『パックワールド』ゴースト役などです。

ちなみに独特な絵を描くことで有名で、友人とのお泊りの時に絵を披露しツイッターに載せた際、ファンから怖いという声も上がっているほどだったそうです。