2017年7月6日更新

『キン肉マン』悪のカリスマと称された悪魔将軍を徹底検証!

キン肉マン

『キン肉マン』作中最強の恐怖のカリスマと称される悪魔将軍。彼の強さは巨体と力だけではなかったのです。その根拠は何でしょう?そして、悪魔将軍の声を担当していたのは大御所中の大御所でした。驚きの彼に注目しました。

目次

悪魔将軍のプロフィール

悪魔将軍は漫画家ゆでたまごの作品『キン肉マン』、『キン肉マンⅡ世』にて登場するキャラクター。七人の悪魔超人悪魔六騎士を束ねる首領で、「戦いの神」や「恐怖の将」と呼ばれています。

元超人の神「ザ・マン」に認められ、完璧超人始祖の一人として、完璧壱式の名を与えられた経緯があります。

ちなみに、悪魔将軍は天上人、出身地は天上界、身長220㎝、体重162㎏というかなりの巨体です。

悪魔将軍の性格

悪魔将軍の登場当初は、非道な性格として描かれており、表情も豊かで反則も平気で行うような外道として扱われていたようです。

近年のシリーズ『完璧始祖編』ではあまり余計な事を語らない冷静沈着な超人として登場しており、過激で気難しい性格ですが、超人たちの行く末を心から心底心配する良き指導者としての一面も描かれています。

キン肉マンをも恐れさせた実力は?

悪魔将軍は、その堂々とした風格と威圧感で貫録たっぷりの敵キャラクターです。硬度を自由に変えられる能力をもっており、硬度0~硬度10まであります。その硬さは0のスネークボディから10のダイヤモンドボディまで自由自在の体に変形できます。

連載当時はバッファローマンをも超える作中最強でしたが、現在シリーズでは少々弱々しく感じてしまいます。

しかし強さの秘訣は力だけではなく、多彩な技にありました。特に彼の必殺技をキン肉マンは破ることができず、現在も悪魔将軍を見ると逃げ出すほど恐れられていたようです。

そのキン肉マンをも恐れた技をご紹介します。

地獄の九所封じ

地獄の断頭台でとどめを刺す前の技で、名前の通り相手の肉体に九つのツボを押してダメージを与えぼろぼろになったところへフィニッシュ。その段取りはまず背中を封じることから始まり、両腕を封じ、両足を封じます。

さらに頭部を封じて、腹部を封じ、思考を封じるのです。とどめは首を破壊するという料理で言うとフルコースのようですね。

地獄のメリーゴーランド

硬度調節機能が備わっている悪魔将軍の体は硬さを自由に変更できるので、自分の体を硬度10に変更し、両手に剣を持ち前方宙返りで突進する技です。

ちなみに硬度10はダイヤモンドボディと呼ばれ、どんな攻撃も通用しない硬すぎる体のようです。

悪魔将軍とゴールドマスクの関係は?

原作では、超人の神「ゴールドマン」の化身とされていますが、様々な臆測が飛び交い、実態は未だはっきりしていないようです。

その証拠に『黄金マスク編』以降の続編『キン肉マンⅡ世』で度々復活しており、その時に別の身体に憑依していたり、人間や超人からパワーを吸い取ったりしています。

悪魔将軍の声優は誰?

恐怖の将と呼ばれている悪魔将軍の声を担当したのは、北川米彦(きたがわ よねひこ)、本名は武田国彦です。1931年6月9日生まれの東京都出身。青二プロダクション所属の大御所声優の一人です。

また、青二プロダクションの設立メンバーの一人で、数多くの新人を育成した偉大な人物でもあります。

アニメ創成期から活躍し、お年寄りの役や重厚な悪役、ギャグキャラまで演技の幅が非常に広いようです。主な出演作は、『キン肉マン』悪魔将軍をはじめ、『ゲゲゲの鬼太郎』初代子泣き爺役、『巨人の星』務治さん役や『サイボーグ009』バーボン博士役などです。

このような経歴を見ると、演技力の高さが垣間見れますね。現在は、声優の仕事はほとんどしていませんが、青二塾東京校で優秀な人材を育て上げるため、塾長として勤めています。