2017年12月12日更新

染谷まこ、広島弁のワカメちゃんを紹介!【咲‐Saki‐】

染谷まこ

眼鏡っ子ワカメちゃんの染谷まこを徹底解明します。実はすごい打ち手だったようです。頑張っているのになかなか人気が上がらない彼女の魅力をここでグッと紹介!これを読めば染谷まこが好きになるはずです。

染谷まこ、広島弁が可愛い『咲‐Saki‐』のワカメちゃんを紹介!

染谷まこは清澄高校2年生の麻雀部次期主将で、団体戦では次鋒を務めています。 彼女はとてもユニークな性格で初登場シーンでは、登校してきた竹井久のことを朝弁を食べながら迎えたり、主人公・咲のことを「プラマイゼロ子」と命名したこともあります。 髪型は緑色でウェーブがかっており、まるで海藻のワカメを連想することから、「ワカメちゃん」という愛称で親しまれています。

染谷まこの可愛い広島弁

染谷まこは長野県に住んでいながら広島弁で話しています。亡くなった祖父が広島弁を喋っている影響が強いようです。 また、チャームポイントの眼鏡も祖父から譲り受けたものなんだとか。染谷にとって祖父はとても大切な人だったに違いないでしょう。染谷はまさにおじいちゃん子の代表的な存在です。

染谷まこの麻雀得意技は染め手!

染谷の麻雀は、手牌を染めようと考えるタイプ。染め手を得意としていて、特に緑一色の役が大好きなようです。 実家は麻雀卓が設置してある喫茶店を営んでいました。 染谷まこは幼少期から店で沢山の対局を見てきたため、いつしかその膨大な対局を記憶すことができるようになっていき、自らの対局時に記憶したデータを引き出し戦略に組み込むという特殊なタイプの打ち手です。 対局中眼鏡を外しているシーンがありますが、これは視界をぼかすことで記憶を呼び起こしやすくするため。この行動は本気モードのスイッチなのです。

大会での染谷まこの活躍

県大会決勝では、妹尾圭織という変則的な打ち筋を持つ”特殊な初心者”と対局し、データを引き出すタイプの染谷にとって相性の悪い相手との対局になり結果惨敗に終わりました。 しかし、この負け試合からさらに得意の打ち手に磨きをかけ、全国大会二回戦では、様々な打ち筋などを記憶した莫大なデータを思う存分活用。宮守女子高校のエイスリン・ウィッシュアートに対し12900という好成績を残し圧勝しました。

染谷まこと竹井久の関係は?

部長の竹井久とは染谷が1年生の時からの付き合いで、学年は違いますがタメ口で話す仲です。 染谷まこの入学当時、麻雀部員は竹井と翌年まで二人っきり打ち合う日々が続いていました。そのため団体戦にまで出場できる人数が集まるころには、自然と二人はインターハイ優勝を目指していました。 長い間の二人っきりの時間が、絆を生んだと言えます。

キングクリムゾンっていったい何?

キングクリムゾンとは『ジョジョの奇妙な冒険 第5章 黄金の風』に登場するスタンドのことです。 『咲‐Saki‐』では特殊な打ち手で才能ある染谷ですが、大人気キャラにはなれず、人気度は低め。勝っても負けてもクローズアップされることもなく人気の低迷している一方。 しかも、全国大会編でのエイスリンとの対局があっという間に終わってしまい、染谷ファンは血の涙を流したとか。この現象をファンの間では”キング・クリムゾン”と称しているようです。

染谷まこの声優は?

染谷まこを演じていたのは、白石涼子です。1982年9月7日生まれの青二プロダクション所属。 2002年アニメ『Get Bakers‐奪還屋‐』天野銀次(少年期)役でデビューを果たし、2005年の『まほろばHeartfui Days』白島隆士役で初めて主役を務めたことで、どんどん人気を高めていきました。 近年では、主要キャラクターを多数演じています。主な出演作品は『ハヤテのごとく』綾崎ハヤテ役や『魔法先生ネギま!』長瀬楓役などです。 ちなみに2012年に一般男性と結婚するも、2013年に10か月足らずのスピード離婚を発表したことでも話題になりました。