2018年1月8日更新

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』あらすじ・キャスト【タイムトラベル映画の名作】

アカデミー賞も受賞しタイムトラベル映画の名作と知られる1985年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』。日本でも36億円という興行収入を記録し、多くのファンを魅了しました。そんな本作の魅力をご紹介します。

タイムトラベル映画の名作『バック・トゥ・ザ・フューチャー』

多くの名作を生み出してきたロバート・ゼメキスが監督と脚本を務めた『バック・トゥ・ザ・フューチャー』は1985年に公開されると瞬く間にファンを虜にしたタイムトラベル映画の金字塔。

その後も1989年には『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』がそして1990年には『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART3』が製作されました。

今回はシリーズ1作目が公開から20年以上たった今もファンに愛され続ける『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の魅力をご紹介します。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあらすじ

back to the future

1985年、カリフォルニア州ヒルバレーに住む高校生のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)は、ミュージシャンになることを夢見ている青年です。ガールフレンドであるジェニファー・パーカー(クローディア・ウェルズ)や、うだつの上がらない父親ジョージ・マクフライ(クリスピン・グローヴァー)らと共に平凡に暮らしていました。

ある夜、ドクことエメット・ブラウン博士(クリストファー・ロイド)が開発した乗用車型のタイムマシーン”デロリアン”の実験を行うためショッピングモールの駐車場へとやってきたマーティ。実験で1955年11月5日にタイムマシンをセットしたところで、リビア人集団に襲われドクは命を落としてしまいます。

back to the future-movie

マーティはタイムマシーンに乗ってその場から逃げようと試みますが、不本意にタイムトラベルのスイッチを入れてしまうのでした。

そして彼がたどり着いたのは30年前のヒルバレー。30年前のドクを探し出し助けを求めようとするマーティでしたが、ドクは疑心暗鬼。しかし、自分しか知るはずのない情報を知っている彼を信じ未来へ戻る手助けを始めます。

果たしてマーティは無事1985年に戻り、ドクを救うことができるのでしょうか...。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のキャストをご紹介

マーティ・マクフライ/マイケル・J・フォックス

BACK-TO-THE-FUTURE-marty

ギターと音楽を愛する高校生マーティ・マクフライを演じたマイケル・J・フォックスはカナダ出身の俳優です。

18歳の時にアメリカに移住し、1982年から放送されたテレビドラマシリーズ『ファミリータイズ』に出演したことで一躍有名俳優となりました。

30歳という年齢でパーキンソン病を発病したことから、俳優としては第一線を退き闘病とパーキンソン病研究活動を行う団体の支援に力を入れています。

近年は脇役でテレビドラマに出演することもあるようです。

エメット・ブラウン博士/クリストファー・ロイド

back_to_the_future_christopher_lloyd

1938年にコネチカット州スタンフォードに生まれた俳優クリストファー・ロイドが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でちょっと間抜けで陽気なエメット・ブラウン博士を演じています。

19歳でニューヨークに移り住んだ彼ですが、その後ブロードウェイで演技力を磨きその後映画出演するようになりました。

1991年の映画『アダムス・ファミリー』フェスター・アダムス役や1993年の映画『風と共に去る20ドル!?』ジミー役など幅広い役を演じ、その演技力には定評があります。

ジョージ・マクフライ/クリスピン・グローヴァー

george_savesday-back to the future

マーティの父親ジョージ・マクフライ役を演じたのはアメリカ人俳優クリスピン・グローヴァーです。

ジョージはうだつが上がらず職場の上司に馬鹿にされていましたが、30年前も気の弱さは全く変わっておらず。タイムトラベルで過去へやってきたマーティはそんな父親の姿を見てがっかりします。

思わぬところでマーティと顔見知りになり、未来の自分を変える出来事と遭遇するジョージ。ちょっとおっちょこちょいで気の弱いジョージ役をグローヴァーが好演しています。

ビフ・タネン/トーマス・F・ウィルソン

back to the future-biff

マーティの父親ジョージの雇い主であり高校生の時からの知り合いでもあるビフ・タネンを演じているのはトーマス・F・ウィルソンです。俳優としてだけでなく、コメディアンそしてミュージシャンとしても活躍しています。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のビフは町で有名な不良としてやりたい放題。事あるごとにジョージをいじめていました。

トーマス・ウィルソンは本シリーズの3部作すべてに出演している数少ない俳優の1人でもあります。

ロバート・ゼメキス監督

robert-zemeckis

これまでにトム・ハンクス主演1994年の『フォレスト・ガンプ/一期一会』や2000年の映画『キャスト・アウェイ』など数々の名作を生み出してきたロバート・ゼメキス監督。そんなゼメキス監督を一躍有名にしたのが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』でした。

視覚効果の革新者とも呼ばれる彼ですが、近年では2004年の映画『ポーラー・エクスプレス』など3Dアニメーション映画にも力を入れています。そんな彼の最新作はブラッド・ピット主演の戦争ロマンス映画『マリアンヌ』です。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の関連情報

back to the future-1985

『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』でマーティとドクが未来へタイムトラベルするのですが、その未来が2015年だったことからPART4が制作されるのでは?という噂が幾度となく流れています。

残念ながらこの噂はロバート・ゼメキス監督自身によって否定され、ファンの中からは失望する声が多数上がりました。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の感想・評価【ネタバレ注意】

back to the future-mage

完成度の高い1985年映画

watadon_46 1985年 監督:ロバート・ゼメキス

やはり素晴らしい。面白い。この言葉に尽きる。これが1980年代に作られたとは思えない完成度の高さ。過去を変えることで少しずつ現在に影響が及んでくる。タイムパラドックス系の原点にして最高傑作。

PART2,3も見たい!

Yuudai_Nagai わくわく、の一言につきる!!

最初から最後まで一貫したストーリーであり続けたことがすごい! 本当に無駄なシーンがなかった。

父母の学生時代に、俺が出会っていたらどうなるんだろう。 マーティーと同じように、父母の知らない一面が見えてくるんだろうな。 友達になれるんだろうか? 本当にわくわくする!

昔の映画だから、映像が汚いかと思いきや、意外と綺麗だったことも良かった! もっと早くからこの作品に出会いたかったなー

2.3も絶対に見よう!

素晴らしい映画と音楽

amemiyas2 2時間以内で魅せる映画のひとつ。 こういうストーリーのアイディアはどこから湧いてくるんだろう。 ドクが銃殺される10分前に戻ってきたマーティンが、過去にタイムスリップする瞬間のデロリアンを見ているシーンが不思議。なんかパラレルワールド?とかそういうことを一瞬考えました。 最初と、戻ってきた未来(現代)とで登場人物の関係性とかが微妙に変わってくるところも面白い。

街の雰囲気とか、ファッション、音楽のオールド感がたまらない。 そして素晴らしい映画には、素晴らしい音楽がつきものですね。こういうワクワクする映画、また観たいなぁ。

何度も観たい映画

HMworldtraveller これよりも優れた映画や感動的な映画、心を揺さぶられる作品、ハラハラドキドキする作品はたくさんあると思うけれど、いつ観てもおもしろくて最初から最後まで寸分たりとも退屈せずに楽しめるエンタメ作品としては個人的ランキング堂々ナンバーワンです!

愛すべきキャラクター、颯爽とスケボーに乗るマーティ、誰もが1度は憧れるタイムトラベル、50年代のアメリカの街並みやインテリアのノスタルジックな魅力、見事と言うしかない数々の伏線の鮮やかな回収。青春、SF、コメディ、アドベンチャー、どのジャンルの視点で見ても完成度が高く嫌みが無い。

プルトニウムの代わりに雷をエネルギー源として使うのも、物語のクライマックスの” バック・トゥ・ザ・フューチャー” の瞬間を落雷が盛り上げるという効果にもなり、最高にワクワクする。

普遍にして最高峰に君臨する娯楽映画の1つ。これからも定期的に、繰り返し観たい。