丸尾栄一郎、ガリ勉優等生からプロテニス選手を目指す天才主人公の魅力まとめ

2017年7月6日更新

2007年から週刊少年マガジンで連載中の本格テニス漫画『ベイビーステップ』。今回は何事にも几帳面で生粋の努力家。緻密にまとめた「エーちゃんノート」を片手にプロを目指していく主人公の丸尾栄一郎について迫っていきます。

丸尾栄一郎のプロフィール

丸尾栄一郎

丸尾栄一郎(まるお・えいいちろう)は大杉高校に通う高校生で9月20日生まれ。身長は170cm、体重は68kg、血液型はA型です。かぼちゃの煮物と掃除が大好きで、調味料の適量が分からないという理由から料理が嫌いです。

頭頂部から前髪あたりまで鶏のトサカのようなクセ毛が大きな特徴ですが、これはつむじが2つある珍しい体質で髪の毛が干渉しあうことにより起きる現象なのだそうです。

努力の天才、丸尾栄一郎

努力家 丸尾栄一郎

丸尾は初めてSTCに体験入部した時に、間違ってプロ育成コースのウォーミングアップに参加してしまい、小学生とのランニングにも負けてしまうほど体力がありませんでした。

それを克服するためにランニングを欠かさず行っています。さらに自分のフォームを確認するために何時間も壁打ちをするなど、丸尾栄一郎は生粋の努力家といえます。

しかし完璧さを求めすぎるあまり、初期のころは倒れるまで練習するなど無茶が目立っていました。

卓越した「眼の良さ」と綿密な戦略が武器

綿密な戦略

丸尾栄一郎は生まれつき目がいいようで、親友の影山小次郎曰く2.0以上あるのだそう。さらに自宅が線路に近いため、夕方になると通過する電車の中から父親の姿を発見できるなど動体視力もとても良いです。

その類稀なる動体視力はテニスにも生かされており、相手の打球の着地点を把握することはもちろんラケットの振り方からどこへボールが落ちるかを予測することが出来ます。

そして几帳面な性格から、自分に関することや相手のフォームやボールの軌道やクセなどを「エーちゃんノート」と呼ばれるノートに練習や試合の合間などに事細かく記載して分析。勝利するための方法を考えながらプレーしています。

テニス未経験で高校生からプロを目指す

丸尾栄一郎 テニス未経験

丸尾栄一郎は、高校に入学するまで学校や塾の勉強で忙しく運動は一切行っていませんでした。親友の影山から部活を勧められるも週1しか空いている時間がなく、軽い運動ができればいいと答える程度でした。

帰宅後、母親から「アンタ運動したがってたでしょ」と言って食事代と一緒にSTCのパンフレットを半ば強引に渡されしぶしぶ見学することになります。そこにはノートを貸したことで面識がある同級生の鷹崎奈津と再会し誘われるまま体験することになりますが、プロ用のクラスだったため厳しいウォーミングアップでバテてしまいます。

三浦優作

出典: anipla.net

後日再びSTCを訪れ、奈津に誘われる形でコートに入りますが、偶然フォアハンドでボールを打ち返すことに成功。ボールを返した喜びが忘れられず自分の思うように打ちたいと考えるようになった栄一郎は、テニスにはまっていき自主練を積極的に行っていきます。

そして、コーチの三浦に動体視力の良さを見出され、「全てのボールに追いつき、それをコントロールできれば理論的には負けない」との戦術論を伝授し大会に参加するよう促します。

初戦は第5シードの大林良に善戦しつつも実力差で敗れますが、試合での楽しさを実感し更なる強さをもとめていきます。

池爽児

を軽量改良したもの そして1年後には、同じ大会でベスト4に進むことができるくらいの実力をつけます。しかし周りが全日本を目標をしていたことに対し、一地方大会を目標にしていた認識のずれにより今後の進路について悩みますが、元STC所属でプロになった同年代のプレイヤー池爽児(いけ・そうじ)の試合を観戦することでプロへ憧れを抱くようになります。

そしてプロを目指す条件として、全日本ジュニアでの優勝を目標に掲げて両親を説得し本格的に活動していきます。

丸尾栄一郎の使用しているラケットは?

丸尾栄一郎 使用ラケット

丸尾栄一郎が愛用しているテニスラケットは、テニス界では有名メーカーであるPrince社の2006年1月販売開始のTOUR DIABLO XPです。

配色は黒をベースに赤色とシルバーでデザインされており、前モデルTOUR DIABLO MPの軽量型として販売されてました。サーブやスマッシュのコントロールが効きやすくストロークがしやすいが、ボレーがあまり伸びないTOUR DIABLO MPを軽量改良したもの。

ボレーが伸びやすくボールコントロールが容易となりましたが、軽量化したため強烈なサーブやスマッシュがやや打ちづらくなっているのがこのラケットの特徴で、初心者用としてテニススクールなどで使用されることが多いようです。

丸尾栄一郎は几帳面な性格!

丸尾栄一郎 几帳面

出典: festy.jp

丸尾栄一郎の性格はとても真面目で超がつくほどの几帳面です。学校の授業でとったノートを自宅で別のノートに丁寧に清書し直しをしています。

更に勉強好きな為、小中学校の成績がオールA判定を9年間連続で取っており自分の名前が「栄一郎」であることから「エーちゃん」とあだ名が付けられたほどです。

丸尾の真面目・几帳面さはテニスにも生かされており、練習や試合会場でもテニスに関係する情報をノートにこと細かく記入する癖がついています。

このテニスノートは試合中でもエンドチェンジ等に相手のデータや自分のコンディションやボールの軌道等が記入されています。

気になるなっちゃんとの関係は?

丸尾栄一郎 鷹崎奈津

なっちゃんとは栄一郎の同級生の鷹崎奈津(たかさき・なつ)のことで、容姿端麗なことから大杉高校のアイドルと呼ばれています。

なっちゃんは社会のテストの為に栄一郎のクラスにいる友達にノートを見せてもらうためにやってきますが、「見せてもらうならエーちゃんノートがいいよ」との勧めで見せてもらいます。しかし、あまりにも緻密に書かれているノートを見て「キモイ」と発言。第一印象はよろしくなかったようです。

栄一郎がSTCに体験入部した時に再会し、半ば強引にアップにつき合わせるも「プロを目指している」ことを打ち明けられます。

そして栄一郎がフォームの練習の為に何時間も壁打ちしている姿を見て強くなることを実感した奈津はことあるごとに関わっていくのです。しかし本人にあまり自覚が無いらしく、奈津に好意を抱いていた江川逞(えがわ・たくま)の嫉妬を買うなど小悪魔的な一面も覗かせます。

奈津の告白

出典: festy.jp

栄一郎が緻密な戦略でプレーするのに対し、奈津は感覚でプレーするといった真逆のスタイル。これが互いにとっていい刺激になったようで、徐々に距離を縮めていきます。

何度か栄一郎から告白しようと試みるもその度に邪魔が入り上手くいきませんが、最終的には高校3年生の夏に奈津から逆告白されて付き合っています。

丸尾栄一郎の戦績は?

丸尾栄一郎 戦績

丸尾栄一郎の戦績はテニス初心者だった高校1年生の時、初の公式戦の神奈川ジュニアテニスサーキットで1回戦敗退、以降数々の大会で最大で三回戦どまりでした。

しかし、2年生になると爆発的な成長を見せ、1回戦敗退だった神奈川ジュニアテニスサーキットではベスト4入り、10月開催のSTCカップ神奈川大会では優勝をとげています。

この間わずか1年半です。更に11月開催の全日本ジュニア選抜室内テニス大会の関東地区予選では1回戦敗退で敗退しているものの、3月開催の神奈川県ジュニアテニス大会では準優勝するなどとてもテニス歴2年未満の選手とは思えないほどの戦績を残しています。

丸尾栄一郎の声優は村田太志

丸尾栄一郎役 村田太志

出典: soraouji.com

丸尾栄一郎は村田太志(むらた・たいし)が担当しています。1982年5月13日生まれ。高知県出身の声優でアクロスエンタテインメントに所属しています。

学生時代に声優を志すも両親からの反対で一度は諦めますが、アルバイト生活を送りながら養成所に通っていた苦労人で、20代半ばから活動を開始した遅咲きの声優です。

シャイな性格を克服するために事務所の社長の要請でバンジージャンプを飛んだことから、バンジー声優を自称している変わった経歴の持ち主でもあります。

代表作として『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』ノルバ・シノ役、『アルドノア・ゼロ』カーム・クラフトマン役などが挙げられます。