山田真歩、人気作品にも出演!どういう人物なのかに迫る!

2017年7月6日更新 1832view

メガネ姿のクールな女性やおっかっぱ頭の個性的で強烈なキャラクターを演じることが多い女優、山田真歩。『花子とアン』の毒舌女流作家宇田川満代役での演技も記憶に新しいです。注目の個性派女優、山田真歩の魅力に迫ります。

注目の個性派女優、山田真歩!

山田真歩

出典: mazecoze.com

山田真歩は、1981年9月29日生まれ、東京都出身の女優で、劇団東京乾電池の研究生として活動をスタートさせます。その後は一旦出版社に就職をしますが、2009年に『人の善意を骨の髄まで吸い尽くす女』で映画デビューを果たしました。

2010年公開の『SR サイタマノラッパー2 女子ラッパー☆傷だらけのライム』で映画初主演を果たし、現在では話題のドラマや人気映画に次々に出演する、注目の個性派女優です。

女優を目指す前は教員を目指していた?

山田真歩

出典: natalie.mu

2009年の映画初出演を機に本格的に女優業をスタートさせるまで、山田真歩は教職を目指していたそうです。

というのも、両親とも教員という家庭で育ったため、幼い頃から教師という職業への興味を募らせていたからだとか……。しかし、大学入学後、演劇サークルとの出会いで、演技の魅力と素晴らしさに引き込まれます。その結果、教員の道を捨て、女優を目指すようになったそうです。

『モテキ』など数々の人気映画に出演

山田真歩3

山田真歩が女優としての活動を本格的にスタートさせたきっかけも映画でしたし、これまでも数々の人気映画に個性的な脇役として出演しています。

2011年公開の『モテキ』では、長澤まさみ演じる松尾みゆきの友人である彩海役を演じました。おかっぱ頭が印象的な彩海役で一躍注目を集めます。2012年の『アフロ田中』では松田翔太演じる田中広の高校時代の同級生二階堂麗子を演じました。

2016年には第29回東京国際映画祭コンペティション部門で上映された『アズミ・ハルコは行方不明』に吉沢ひろ子役で出演しています。

ドラマでも独特の存在感を発揮!

山田真歩4

連続ドラマでも山田真歩は独特の存在感を発揮し、ストリーを魅力的に彩っています。2013年放送の『ハクバノ王子サマ 純愛適齢期』では優香演じる主人公原多香子の友人、森秀美役を好演し、同年の『すべてがFになる』では主任プログラマーの島田文子役を務めました。

映画でもドラマでも、メガネをかけた理知的な女性を演じることが多い山田真歩。一見クールで落ち着いた風貌ですが、なかなか性格はクセがある、という強烈な印象を与える役柄が多いようです。

『花子とアン』の宇田川満代役でブレイク!

宇田川満代『花子とアン』

2014年のNHK連続テレビ小説『花子とアン』の出演がきっかけで山田真歩はついにブレイクを果たします。演じたのは、主人公花子のライバル作家の宇田川満代。花子のことを常に見下し嫌味たっぷりで高慢な態度の宇田川満代はお茶の間に強烈なインパクトを与えました。

実はイラストレーターとしても活躍している

山田展

山田真歩は、女優としての活動に留まらずイラストレーターとしても活躍しています。ブログで4コマ漫画を公開しているほか、展示会も開いています。2014年には、アノニムギャラリーにて『山田展~山田の山田による山田をめぐる展示会~』を開催。山田真歩がイラストロゴ制作を担当したアノニムギャラリーで、自身の作品に家族が手がけた絵画などを交えたアットホームな展示会でした。

ほのぼのとした雰囲気の中にもどこかシュールな表情がある山田真歩のイラストは、いつのまにかその空気にハマってしまう不思議な魅力があります。

山田真歩は2014年に一般男性と結婚!

山田真歩5

出典: subpokke.net

プライベートでは2014年に結婚している山田真歩。お相手は30代の一般男性で、女優の仕事にとても理解のある方だそう。NHK連続テレビ小説『花子とアン』の出演中の春に婚姻届を提出しました。

人気ドラマや話題の映画に続々出演し、公私ともに充実している山田真歩のこれからの活躍がますます楽しみですね。