2019年11月22日更新

【ネタバレ】「アナ雪2」で分かったエルサが魔法を使える理由。『アナと雪の女王2』完全解説ガイド!

アナと雪の女王2
©Supplied by LMK/zetaimage

2014年、日本でもアナ雪旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』。そんな大ヒット作品の続編『アナと雪の女王2』が2019年11月22日に公開されました!「アナ雪2」のあらすじやキャスト/吹替声優から、鑑賞後の感想、鑑賞ガイドなどネタバレありで紹介します。

目次

「アナ雪2」で明かされた秘密を余すことなく解説!【アナとアナと雪の女王2】

2014年に公開され、日本でもアナ雪旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』の続編『アナと雪の女王2』が2019年11月22日(金)に日米同時公開されました! 前作は、主題歌「Let it go」が大ヒット。続編『アナと雪の女王2 (原題:フローズン2)』にも大きな期待が寄せられています。 はたして本作で明かされた姉妹の秘密とは?そしてアナとエルサはどうなったのでしょうか?ネタバレありで紹介します。 ※この記事には『アナと雪の女王2』のネタバレが含まれます。作品を未鑑賞のかたはご注意ください!

前作『アナと雪の女王』を動画配信サービスでお得に視聴する!

【ネタバレなし感想】前作のファン必見!名曲満載で姉妹の物語が完結する

まず、「アナ雪2」を鑑賞した感想をネタバレなしで紹介します。 「アナ雪2」は、前作の愛すべきキャラクターたちにまた会える、という点でファンとしては胸熱な作品。また、なぜエルサだけが魔法の力を持っているのか、なぜエルサたちの両親はふたりを置いて旅に出たのかなど、前作でひっかかりを覚えた人もいたであろう点がしっかりと明かされ、納得のいくストーリーになっています。 もちろん、すばらしい歌も満載。メインテーマである「イントゥ・ジ・アンノウン」をはじめ、前作にはなかったクリストフのソロ曲「恋の迷子」や、オラフの「おとなになったら」、エルサ(と母イドゥナ)が歌う「みせて、あなたを」、そしてアナの「わたしにできること」などは物語にも大きな意味を持ち、聴き応えがあります。 監督のジェニファー・リーやクリス・バックが語っていたとおり、本作は前作と合わせて1つの作品として楽しめます。

【あらすじ/ネタバレなし】王国を救うため姉妹は過去の秘密をめぐる旅へ

アナと雪の女王2
©️Supplied by LMK/zetaimage

前作の後、アレンデールでは女王であるエルサやその妹アナ、クリストフ、スヴェンやオラフをはじめ、国民たちが平和に暮らしていました。しかしエルサは日々謎の歌声を耳にし、それに悩まされていたのです。 そんなある日、王国は突然の強風に襲われてしまいます。すべての火と水が消え、地面はひび割れて国民は高台に避難することに。 トロールの話によると、災害の原因はアレンデールの過去にあるとか。かつて父が語った話を思い出したエルサとアナは、オラフやクリストフ、スヴェンとともに王国の外のある森に向かいます。

【ネタバレ】「アナ雪2」を理解するための4つのポイント

ポイント①: アレンデール王国の外の世界は? “不思議の森”の存在

アナと雪の女王2
©️Supplied by LMK/zetaimage

突然の自然災害に見舞われたアレンデール。その原因を突き止めるため、アナとエルサ、オラフ、クリストフとスヴェンは旅に出ます。彼らが向かったのは、アナとエルサが幼いころ父から聞いた“不思議の森”でした。

アレンデールはかつて、不思議の森で自然の精霊たちからの恩恵を受けて暮らす先住民族“ノーサルドラ”と友好関係を結びました。その証に、エルサたちの祖父である当時のアレンデール国王は、不思議の森にある大きな河にダムを建設します。しかしダムの完成を祝う宴の最中、突如争いが起きてしまいました。それに怒った自然の精霊たちは、不思議な霧で森を包み込み、誰も森から出られないようにしてしまいます。 その場所にアレンデールの過去が秘められているとトロールから教わったエルサたちは、その秘密を探るため森を目指します。

ポイント②: なぜエルサには力が与えられたのか

深い霧に閉ざされた“不思議の森”には誰も入れないはずでしたが、エルサが手をかざすと少しだけ霧が晴れ、道ができました。

そこで彼らが出会ったのはノーサルドラと呼ばれる先住民の人々。さらに、アレンデールの兵士たちもそこに住んでいましたが、ノーサルドラの人々とはまだ和解していないようす。 その後、エルサが火の精霊・サラマンダーと仲良くなったのをきっかけに、彼女は「水には記憶がある」ということに気が付きます。そして、むかし森の中で争いが起きたとき、父アグナルを助けたのはノーサルドラの少女だったこと、そして彼女が母イドゥナだったことがわかりました。 自分の敵だったアレンデールの王子を愛したイドゥナは、広い心を持ったごほうびに魔法の力を持つエルサを授かったのです。 また、このときエルサはハニーマレンから人間と精霊たちをつなぐ第5の精霊がいるという話を聞きます。

ポイント③: なぜアナとエルサの両親は旅に出てしまったのか

前作でアナとエルサの両親は海難事故に遭い、命を落としてしまいました。エルサの不思議な力を世間の目から隠すため、城に閉じこもって暮らしていた彼らは、いったいなぜ当時18歳のエルサと15歳のアナを置いて旅に出たのでしょうか。

実は、彼らがふたりを置いて目的地も告げずに旅立ったのは、エルサのためでした。力を持っているせいで閉じこもって暮らさざるをえない娘のため、彼女の力がどこからきたのか探りに行ったのです。 不思議の森へ入ったあと、アナとエルサはさらに謎の歌声を追いかけて、北の果てのノース・シーに着きます。そこで彼女たちが発見したのは、なんと両親が乗っていた船。ふたりはその船はサウス・シーに沈んだと聞かされていました。 船のなかで地図を発見したアナとエルサは、両親が目指していたのは“アートハラン”と呼ばれる伝説の河だったと知ります。しかし、そこへたどり着くためにはダーク・シーという荒れ狂う海を超えなければならず、その途中で彼らの船は沈んでしまったのです。 エルサは両親が死んだのは自分のせいだと責めますが、アナはアートハランを目指したのは両親の決断だった、と彼女をなぐさめました。

ポイント④: アレンデールを救う方法は?エルサだけでなくアナにも変化が

エルサは自分だけが魔法の力を持っている理由を知りましたが、さらに過去の真実を探ることにします。

両親が目指していた伝説の河・アートハランに行けば、真実がわかると考えたエルサ。一緒に行くというアナとオラフを魔法で遠ざけ、ダーク・シーを渡ろうとしますが、荒れ狂う波や馬の姿をした水の精霊に何度も沈められてしまいます。しかし最終的には精霊を手懐け、彼に乗ってアートハランにたどり着きました。 そこで氷に閉じ込められた記憶を見たエルサは、彼女の祖父である当時のアレンデール国王がノーサルドラの長を裏切ったことを知ります。また、彼がダムを建てた本当の目的は、精霊の力を弱めるためでした。 アートハランの氷に囲まれたエルサの体はだんだんと凍っていきます。彼女は最後の力を振り絞って、アナに自分たちの祖父の真実を伝えました。 一方アナは、エルサの力が弱まったことで、体の雪の結晶がバラバラになって消えてしまったオラフを思って泣いていました。しかし、エルサからのメッセージを受け取り自分にできることをしよう、と行動を起こします。 アナは、ダムを壊せば精霊の力が蘇ると考えました。そこで、眠っているアースジャイアントを起こし、彼らをダムの方へとおびき寄せます。危機一髪のところでクリストフに救われたアナの作戦通り、アースジャイアントがダムを破壊しました。 決壊したダムからあふれ出た水は、アレンデールの方に押し寄せていきます。そこに水の精霊に乗ったエルサが現れ、氷の壁で王国を守りました。アナの前に現れたエルサは、外見にも変化が。自然の精霊たちと人間の架け橋となる第5の精霊は、エルサだったのです。

オラフ吹替声優や新キャラクターなど、前作との違いは?

オラフの吹替声優は武内駿輔に!

アナと雪の女王
©️Supplied by LMK/zetaimage

本作の公開にあたって、前作でオラフの吹き替えを担当していた電気グルーヴのピエール瀧に代わり、声優の武内駿輔がオラフ役を務めています。もともと武内は、動画配信サービスDisney DELUXE内の「アナ雪」関連作品やゲーム作品でオラフ役を担当していました。 ほかの出演作では渋い声で演技をすることが多い武内ですが、オラフ役の違和感は全くなし。また歌唱シーンでも、かわいらしいオラフの声から突然のバリトンボイスへの変化など、ユーモラスながらすばらしい裏声を聴かせてくれます。

母イドゥナ役にエヴァン・レイチェル・ウッド 吹替は吉田羊

前作にもほんの少し登場していた、エルサたちの母でありアレンデール王妃であるイドゥナは、本作で重要な役割を担います。 彼女を演じるのは、大ヒットSFドラマシリーズ『ウエストワールド』の主演で知られるエヴァン・レイチェル・ウッド。凛々しさと優しさを持つ姉妹の母を好演しています。 日本語版では吉田羊が声優を務めており、その美声にも注目です。

不思議の森に住むノーサルドラの人々

アナと雪の女王2
©Supplied by LMK/zetaimage

予告編でエルサたちは、毛皮でできた服を着た人々と出会っています。彼らはノーサルドラという不思議の森の先住民です。彼らとアレンデールの間に起こったある出来事が、王国を襲った災害に関係があるようす。 ハニーマレンという若い女性とライダーという若い男性、イェラーナという高齢の女性が特に活躍します。

アレンデールの忠実な兵士・マティアス少尉が登場

本作で新キャラクターとして登場したマティアス少尉は、アレンデールの忠実な兵士。エルサたちの祖父である当時のアレンデール国王とともに不思議の森を訪れ、そこに閉じ込められていました。 マティアス少尉を演じるスターリング・K・ブラウンは、テレビシリーズ『THIS IS US』(2016年〜)や映画『ブラックパンサー』(2018年)などへの出演で知られています。

かわいいサラマンダーをはじめとする自然の精霊たち

予告編に登場している青いトカゲ・サラマンダーも、本作から登場する新キャラクター。そのかわいらしさで映画公開前から注目を集めました。 実はサラマンダーは火の精霊です。また、やはり予告編でエルサが海の中で出会う馬のような生き物は、水の精霊ノック。巨大な岩のような大地の精霊アース・ジャイアント、ひとの真似をすることが得意な風の精霊ゲイルの4つの精霊が登場。 彼らも本作の重要な存在です。

姉妹の物語、ついに完結!『アナと雪の女王2』は2019年11月22日から公開中

エルサに力が与えられた理由や、彼女たちの両親について、そしてアレンデールの歴史などが明らかになる「アナ雪2」。前作と同じく名曲満載でつづられる姉妹の物語は、前作のファンなら必見です。 はたしてエルサとアナの過去に秘められた真実を知り、ハッピーエンドを迎えることはできるのでしょうか? 『アナと雪の女王2』は2019年11月22日(金)から公開中です。