2018年12月22日更新

「アナ雪」続編には新キャラも?『フローズン2(原題)』の最新情報まとめ

2014年日本でもアナ雪旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』。そんな大ヒット作品の続編が公開決定!この記事では、『フローズン2(原題)』の公開日やあらすじなど最新情報を紹介します。

「アナ雪」こと『アナと雪の女王』の続編!映画『フローズン2 (原題)』の公開が決定!

2014年に公開され、日本でもアナ雪旋風を巻き起こしたディズニー映画『アナと雪の女王』の続編が2019年11月全米で公開されることが正式に発表されました。 主題歌「Let it go」が大ヒットするなど世界中に多くのファンをもつ本作の続編のオリジナルタイトルは『フローズン2(原題)』。ディズニー映画の中でも人気の高い映画であることからも、映画の内容に大きな期待が寄せられています。 そんなアナ雪続編のこれまでにわかっているストーリーやキャラクターなどの最新情報を、噂を含めて紹介します。

公開日:全米2019年11月27日、日本は未定……でも予想してみました!

全米公開は2019年の11月27日に公開予定。日本の公開日はまだ決まっていませんが、前作「アナと雪の女王」は全米では2013年11月27日公開、日本では2014年3月14日公開。全米公開日が偶然か必然か、同じ日となっていました。 ということは、もしかすると日本での公開は2020年の3月14日の可能性も! しかし、大ヒット作とだけあって日本での期待値も大きいため、前作より短いスパンで公開される可能性もありそうです。

【あらすじ】アナ雪の続編はどんな映画になる予定?

2019年に公開が予定されている『フローズン2 (原題)』ですが、その気になる物語は果たしてどんな内容になっているのでしょうか。 インターネット上ですでに多くの議論が交わされていますが、アレンデール王国の王女・エルサがついに誰かと恋に落ちるのでは?というのが有力なようです。   『アナと雪の女王』では妹アナが最後に山男の青年クリストフと結ばれたのに対し、エルサのロマンスは描かれませんでした。また、エルサに同性の相手と恋に落ちてほしいという人が続出。それに対して、監督であるクリス・バックとジェニファー・リーは肯定も否定もしませんでした。 そのため、本作ではエルサの恋物語が話の中心なのでは?とファンの間ではすでにささやかれています。

「アナ雪」キャラクターは続編にも登場する?声優は?

エルサ/イディナ・メンゼル

エルサはもちろん続編にも登場。アメリカ人女優であり、ブロードウェイでも活躍するイディナ・メンゼルが引き続き声を担当する予定です。 トニー賞にもノミネートされたことのある彼女ですが、2007年の映画『魔法にかけられて』や2009年のテレビドラマ『glee/グリー』などでも活躍する女優です。

アナ/クリステン・ベル

アナも引き続きメインキャラクターとして登場。声優には、前作と同様クリステン・ベルがキャスティング。 彼女は、2007年から2012年までテレビドラマ『ゴシップガール』ゴシップガール役や2012年の映画『ハッピーエンドが書けるまで』ケイト役など幅広く活躍しています。

オラフ/ジョシュ・ギャッド

『アナと雪の女王』に登場するキャラクターで主人公エルサとアナに負けないくらいの人気を博した雪だるまのオラフ役には前作同様ジョシュ・ギャッドが決まっています。 声優から俳優、映画からテレビドラマまで幅広く役を演じている彼は2013年の映画『スティーブ・ジョブズ』でアップルの共同設立者の1人であるエンジニアのスティーブ・ウォズニアック役を演じていました。

新キャストが登場!

View this post on Instagram

Woke up early to do business adult things with briefcase. Because this is life now.

Evan Rachel Woodさん(@evanrachelwood)がシェアした投稿 -

また続編では新しく、スターリング・K・ブラウンとエヴァン・レイチェル・ウッドが声優として起用された模様です。 スターリング・K・ブラウンは登場人物全員が36歳という設定のドラマ『THIS IS US』のランダル役で有名。エヴァン・レイチェル・ウッドはSFドラマ「ウエストウッド」シリーズなどで有名です。 まだ二人の役柄は発表されていませんが、新キャラクターが登場するのは間違いなさそうです。

続編には注目すべき点が盛りだくさん!

新キャストの登場以外にも続編には注目ポイントが!3つの注目すべき点を紹介します。

クリス・バック&ジェニファー・リーが引き続き監督を務める

『フローズン2 (原題)』の監督には前作同様クリス・バックとジェニファー・リーが監督をつとめることがわかっています。 2人が監督をつとめた『アナと雪の女王』では、第86回アカデミー賞長編アニメ映画賞を受賞。そんな2人のタッグが『フローズン2 (原題)』でも再び実現しそうです。

『アナと雪の女王』のキャラクターは続編でどんな風に変わっていく?

『アナと雪の女王』ではアナとエルサの姉妹愛と、エルサの成長について描かれました。そんなキャラクターたちが『フローズン2 (原題)』ではどのように変わっていくのでしょうか? クリス・バック監督によると、アナやオラフにも変化があるようですが1番の変化はやはりエルサのキャラクターだそうです。 前作の邦題は『アナと雪の女王』。続編は『エルサと〇〇』になる可能性も無きにしも非ずでは?

「Let It Go」を超える新たな名曲の誕生に期待が膨らむ

前作では「Let It Go」や「生まれて初めて」など大ヒットを記録した名曲が多数誕生しました。 続編でも同じように、いや、それを超えるほどの名曲が用意されていることを期待せずにはいられません!

続編の前に!スピンオフをおさらい!

スピンオフ「エルサのサプライズ」

スピンオフ第一弾『アナと雪の女王/エルサのサプライズ』は2015年4月25日公開の『シンデレラ』と同時上映されました。約8分間の短編で、『アナと雪の女王』の後日譚となっています。 エルサはアナの誕生日に様々なサプライズを準備し、姉妹の失われた時間を埋めるようなストーリーになっています。また、本作では、風邪を引いたエルサがくしゃみをするたびに生まれる雪だるま「スノーギース」という新キャラクターも登場しました。

スピンオフ「家族の思い出」

オラフが活躍するスピンオフ第二弾『アナと雪の女王 家族の思い出』が2017年12月23日日本公開のピクサー映画『リメンバーミー』と同時上映されました。上映時間は約22分。 本作も『アナと雪の女王』の後日譚。アナとエルサはクリスマスを祝うことにしますが、二人には家族の慣習がなかったためお祝いの仕方がわからず。「私のせいね」とエルサが落ち込み、姉妹の間に再び溝が生まれてしまいます。そこで、雪だるまのオラフが祝い方を模索して二人の仲を取り戻そうと奮闘するという内容になっています。

また、新曲の「あなたといるだけで」も再びアナとエルサの美声が聞けるということで話題になりました。 その際には、空にはオーロラが立ちのぼり、エルサによって氷のツリーが作りだされるなど非常に美しいものとなっています。

「アナ雪」続編『フローズン2 (原題)』の公開が待ちきれない!

ストーリーやキャストなどまだまだ謎に包まれた『フローズン2(原題)』。 ciatrでは引き続き最新情報を更新していくので見逃さないようにチェックしてくださいね!