2017年7月6日更新

『スターウォーズ』ポー・ダメロンについて知っておきたいこと

『スターウォーズ』の新メンバー、ポー・ダメロン。エピソード4からなる3部作をリアルタイムで観ている人にとっては、レイ、フィンと共に息子や娘の活躍を見ているようですね。まだまだ謎の多いポー・ダメロンについてご紹介します。

ポー・ダメロンが登場した『スターウォーズ』シリーズとは?

『スターウォーズ ジェダイの帰還』

説明の必要がないほど有名な『スターウォーズ』シリーズ。初めてスクリーンに登場したのは、1977年公開の『スターウォーズ/新たなる希望』でエピソード4と呼ばれているものです。

続くエピソード5の『帝国の逆襲』,エピソード6の『ジェダイの帰還』の3本が初期の3部作で、ルーク、レイア姫、ハン・ソロの物語となっています。

『スターウォーズ』エピソード4~6のあらあすじ

『スターウォーズ』 オリジナル3部作

反乱同盟軍を率いるレイア・オーガナ姫(キャリー・フィッシャー)は、恐怖政治を行うダース・シディアス皇帝との戦いに苦戦を強いられていました。

レイア姫の密命を受けたドロイドのR2-D2とC3POはタトゥーイーンでルーク・スカイウォーカー(マーク・ハミル)と出会います。ルークはオビ・ワンからジェダイの末裔であることを知らされるのです。

ルークはハン・ソロ(ハリソン・フォード)とその相棒チューバッカと一緒に同盟軍に加わりました。フォースに覚醒したルークはヨーダとの修行を積んで、宿敵ダース・ベイダーとの戦いに挑みます。

しかしダース・ベイダーが自分の父親だと知り、またその強さに歯がたちません。修行をさらに重ねて、父親を暗黒面から救い出すためルークは再び戦いに挑みます。

ポー・ダメロンの初登場

ポー・ダメロンはエピソード7となる『スターウォーズ/フォースの覚醒』に登場する主要人物のひとりです。撮影当初はカメオ的出演(友情出演等、少し出演すること)の予定だったみたいです。

『スターウォーズ/フォースの覚醒』のあらすじ

『スター・ウォーズ フォースの覚醒』

反乱同盟軍が勝利してから30年後、一時は平和を取り戻したかに見えましたが、銀河帝国の生き残りがファースト・オーダーを結成し、平和を脅かしていました。

レイア姫はレジスタンスという組織を結成して対抗するとともに、行方不明の兄ルークを探すため、レジスタンスのパイロット、ポー・ダメロン(オスカー・アイザック)とドロイドのBB-8に託します。

そこにファースト・オーダーからの脱走兵フィン、謎の女性レイ、また戻って来たハン・ソロとチューパッカが一丸となって、ファースト・オーダーと戦いながらルークを探します。

ただファースト・オーダー側には、ハン・ソロとレイアの息子でありながらダークサイドに落ちたカイロ・レンも、ジェダイの根を絶だそうとルークを探していました…。

『スターウォーズ/フォースの覚醒』でのポー・ダメロンの活躍

『スターウォーズ』 ポー・ダメロン

ポー・ダメロンは相棒のBB8とルークの居場所を書いた地図を見つけますが、ファースト・オーダーの攻撃によって惑星ジャグーで一度姿を消してしまいます。

地図を探し出したのに死んじゃったの?と心配したファンもいたと思いますが、後半に元気な姿でスターキラーを破壊してくれたので安心しました。

レジスタンスの優秀なパイロットが、そんなに簡単にはいなくなりませんよね。

ポー・ダメロンはジェダイの戦士?

『スターウォーズ』 ポー・ダメロン

当初ポー・ダメロンはフィンと共に墜落した砂漠の惑星ジャグーで死ぬことになっていました。しかしポー・ダメロンを演じたオスカー・アイザックの演技が迫真に迫っていて素晴らしく、J.J.エイブラムス監督が続投を、しかも主要キャストに決めたらしいです。

エピソード7ではポーのことはあまり語られませんでしたが、2017年公開予定のエピソード8からは、謎が少しづつ解けていきます。

ポーの母親とルークが知り合いで、帝国軍に盗られたジェダイの象徴であるフォースの木を取り返すという同じ任務を遂行し、ふたつあった木をそれぞれ持ち帰っています。

ポーの母親はフォースの木を自宅の庭に植えて、その木の下でポーは育ったと言うことです。ジェダイに覚醒する可能性も充分ありますが、パイロットの腕前から見てハン・ソロ的な立ち位置であるような気もします。

ポー・ダメロンを演じたオスカー・アイザックってどんな俳優?

『スターウォーズ』 ポー・ダメロン

ちょい役を主役級の役に押し上げた俳優、オスカー・アイザック。1979年3月9日生れ。

出演作品には『ロビンフッド』(2010年公開)『インサイド・ルーウィン・デイヴィス名もなき男の歌』(2013年公開)等があります。

ジュリアード音楽学院を卒業していて、音楽映画の『インサイド…』では主役でその実力を充分に発揮しました。また歌手としても活動しています。

さすがに『スターウォーズ』では音楽の才能は見ることがないと思いますが、今後の『スターウォーズ』には欠かせない存在ということは間違いなさそうです。