2019年4月22日更新

「スター・ウォーズ」全シリーズ完全解説ページ【最新情報随時更新】

スター・ウォーズ 最後のジェダイ ルーク
©︎LMK

1977年に実写映画が公開されて以降、その世界を広げ続けている「スター・ウォーズ」シリーズ。このページでは、作品がありすぎて観る順番が分からない、キャラクターが多すぎて詳しく知らないといった悩みを一気に解決!

「スター・ウォーズ」シリーズを徹底解説

スターウォーズ 新たなる希望
©LUCASFILM

ジョージ・ルーカスによって生み出されたスペースオペラシリーズ「スター・ウォーズ」。1977年の実写映画「新たなる希望」を皮切りに、2019年現在もその世界は広がり続けています。 この記事では、壮大すぎて置いてけぼりになってしまわないよう、「スター・ウォーズ」シリーズを徹底解説!観る順番から、登場キャラクター、知っておくと映画がもっと楽しくなる情報まで盛りだくさんでお届けします。 長大な記事となります。記事上部の目次リンクの活用をおすすめします。

【最新情報】2019年公開の最新作は「スター・ウォーズ9/ライズ・オブ・スカイウォーカー」

まずはシリーズの全体像を把握しよう 適切な観る順番は?

実写映画「スター・ウォーズ」シリーズは大きな流れとして3つのトリロジーがあり、2019年公開の作品を含めて全部で9作です。さらに実写映画本編を補完するようにスピンオフ映画やアニメ、ドラマ、小説などがメディアミックスとして展開されています。 まずはシリーズの全体像を把握しましょう。

実写映画本編

公開年 作品タイトル EP トリロジー
1977年 「スター・ウォーズ/新たなる希望」 4 旧三部作
1980年 「スター・ウォーズ/帝国の逆襲」 5 旧三部作
1983年 「スター・ウォーズ/ジェダイの帰還」 6 旧三部作
1999年 「スター・ウォーズ/ファントム・メナス」 1 新三部作
2002年 「スター・ウォーズ/クローンの攻撃」 2 新三部作
2005年 「スター・ウォーズ/シスの復讐」 3 新三部作
2015年 「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」 7 続三部作
2017年 「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」 8 続三部作
2019年 「スター・ウォーズ/ライズ・オブ・スカイウォーカー」 9 続三部作
未定 「-」 10 製作予定
未定 「-」 11 製作予定
未定 「-」 12 製作予定

これまでトリロジー(三部作)として公開されてきた実写映画。それぞれをエピソード4〜6を「旧三部作(オリジナル・トリロジー)」、1〜3を「新三部作(プリクエル・トリロジー)」、7〜9を「続三部作(シークエル・トリロジー)」と言います。 さらに2019年公開の「ライズ・オブ・スカイウォーカー」に続くかたちで、新たな三部作が製作予定であることが明らかになりました。それぞれの公開年、タイトルなどはまだアナウンスされていません。続報に期待です。

スピンオフ実写映画

公開年 作品タイトル シリーズ
1984年 『イウォーク・アドベンチャー』 イウォーク二部作
1985年 『エンドア/魔空の妖精』 イウォーク二部作
2016年 「ローグ・ワン」 アンソロジー・シリーズ
2018年 「ハン・ソロ」 アンソロジー・シリーズ

旧三部作公開の流れで製作されたイウォークにまつわるスピンオフが2作、続三部作公開の流れで製作された本編を補完するスピンオフが2作あります。 アンソロジー・シリーズにおいては、2019年現在、人気キャラオビ=ワン・ケノービを主人公としたスピンオフの企画も噂されています。

シリーズの観る順番が知りたい!

そして、多くの人がぶつかる観る順番問題。劇中の時系列と映画の公開年が異なるため、これから「スター・ウォーズ」の世界に足を踏み入れる人は、1度こちらの記事を読んでおくといいかもしれません。

「スター・ウォーズ」には魅力的なキャラクターばかり!登場人物一覧

「スター・ウォーズ」シリーズの最大の魅力でもある登場キャラクターたち。 40年以上続く長期シリーズですから多くのキャラクターが登場しますが、どのキャラも物語の厚みを出す存在なので押さえておきたい……!

各トリロジーの主人公とメインキャラ

旧三部作(エピソード4~6)の主人公は、ルーク・スカイウォーカ―。旧三部作では若い頃のルークが描かれ、エピソード7、8では伝説のジェダイとして登場します。

新三部作(エピソード1~6)の主人公は、アナキン・スカイウォーカー改めダースベイダーです。新三部作にはアナキンとして、旧三部作にはダース・ベイダーとして登場。

続三部作(エピソード7~9)の主人公は、レイ。

レジスタンスの将軍で、ルークの双子の妹レイア・オーガナはエピソード4〜9と長きに渡り登場。

密輸業を営むパイロットでしたが、ルークやレイアと出会い銀河帝国の戦いに加わることになる重要キャラクターのハン・ソロ。本編4~7と、スピンオフ映画「ハン・ソロ」に登場します。

ジェダイ

シリーズに欠かせない正義の騎士・ジェダイ。宇宙のあらゆる生命をつなぐエネルギー・フォースを司り、ライトセーバーを用いて戦います。

新三部作全エピソードと5、6、8に登場するジェダイ・マスターのヨーダ。

新三部作の全エピソードに登場する最強の剣士メイス・ウィンドゥ。

エピソード1、2に登場するクワイ=ガン・ジン。オビ=ワンの師匠です。

シス

ジェダイと相対する存在の暗黒卿「シス」。ジェダイと同じようにフォース扱いますが、憎しみなどの負の感情が元となっているダークサイドのフォースを信奉する者たちです。シスの活躍は新三部作で描かれています。

新三部作と旧三部作のエピソード5、6に登場するダース・シディアス。エピソード5、6では銀河帝国の初代皇帝として、新三部作では銀河共和国の元老院議員・最高議長パルパティーンとして登場します。

ダース・シディアスの弟子であるダース・モールはエピソード1に登場しました。

ストーム・トルーパーは、銀河帝国軍のストームトルーパー軍に所属する機動歩兵のこと。旧三部作、新三部作に登場するトルーパーは銀河帝国版、続三部作に登場するのはファースト・オーダー版と言われています。

反乱同盟軍

反乱同盟軍は、共和国再興同盟や反乱軍とも言い、銀河帝国の圧制政治に反対して結成された軍事組織です。数でも力でも帝国軍には及ばない組織ですが、強い闘争心と決意溢れる兵士たちを保持しています。彼らの活躍は、旧三部作で主に描かれています。

ハン・ソロのかつての悪友で、今は良きライバルのランド・カルリジアン。エピソード5、6とスピンオフ映画「ハン・ソロ」に登場します。

ソロの相棒でミレニアム・ファルコン号の副操縦士チューバッカ。ソロと共に旧三部作全エピソードと、スピンオフ「ハン・ソロ」に登場します。

ファースト・オーダー

銀河帝国の崩壊後に台頭した組織です。帝国の繁栄を取り戻すことを目的としており、帝国軍の残党で結成されました。ファースト・オーダーの活躍は、続三部作で描かれています。

エピソード7、8に登場するファースト・オーダーの最高指導者・スノーク。

スノークに誘惑されダークサイドに落ちたカイロ・レンは、続三部作全エピソードに登場します。

レジスタンス

反乱同盟軍のメンバーと共にレイア姫が設立した軍事組織。ファースト・オーダーと戦うことを目的としています。ファースト・オーダーと同じ時期である、続三部作でその活躍が描かれています。

続三部作全エピソードに登場するポー・ダメロンは、レジスタンスのエースパイロットです。

ドロイド

「スター・ウォーズ」シリーズには様々なドロイドが登場します。忠実で勇敢なドロイドたちは、いつも人間を助けてくれる存在です。

「ローグ・ワン」に登場するキャラ

スピンオフ作品にもかかわらず、魅力的なキャラクターが多く登場した「ローグ・ワン」。劇中で特に活躍したキャラをまとめました。

押さえておきたい!重要用語解説

壮大な世界観のため、劇中には様々な用語が登場します。だいたいの意味は分かるけど、詳しくは知らないという用語も多いのではないでしょうか? 以下の記事では、知るとシリーズの理解が深まる重要用語を解説しています。

「スター・ウォーズ」をもっと楽しむためのコンテンツ

「スター・ウォーズ」について詳しくなってきたアナタ!誰かに話したくなるようなコアな情報もたくさんあります。 ファンを語るなら知っておきたいトリビアや、シリーズを網羅しているから楽しく読める名言集や最強キャラランキング、さらにはグッズ情報などをまとめてお届け!

実写映画だけじゃない!映画以外のアニメ、ドラマ作品

シリーズのメインストリームは実写映画の本編で描かれますが、スピンオフという立ち位置でアニメやドラマ作品もあるのです。 もっと「スター・ウォーズ」の世界に入り込みたい人は、これらの作品を視聴してみるのもおすすめです!

アニメシリーズ

放送年 作品タイトル 作品
1985年 『ドロイドの冒険』 TVアニメ
1985-1987年 『イウォーク物語』 TVアニメ
2003-2005年 『スター・ウォーズ クローン大戦』 TVアニメ
2008年 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』 アニメ映画
2008-2019年 『スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ』 TVアニメ
2014-2018年 『スター・ウォーズ 反乱者たち』 TVアニメ
2017年 『スター・ウォーズ/フォース・オブ・デスティニー』 Webアニメ
2018年 『スター・ウォーズ レジスタンス』 TVアニメ

実写ドラマ

2019年現在、製作予定の実写ドラマ『ザ・マンダロリアン』は、ストリーミングサービス「ディズニープラス」で配信予定です。

配信年 作品タイトル
2019年 『ザ・マンダロリアン』

「スター・ウォーズ」サーガはこの人物によってつくられた

この壮大な世界観の創出者ジョージ・ルーカス。彼は「ルーカスフィルム」を設立し、「スター・ウォーズ」をはじめとするヒット作を世に送り出してきました。 またルーカスとタッグを組みあの名曲を生み出した、作曲家ジョン・ウィリアムズのことも知っておくと、より「スター・ウォーズ」が好きになるかもしれません。

だから面白い「スター・ウォーズ」シリーズ

スターウォーズ R2D2 C3PO
©LUCASFILM

「スター・ウォーズ」シリーズは、あらゆる角度から私たちを楽しませてくれます。宇宙にロマンを持った人たちが、血の繋がりや、信じる心・裏切りなどにフォーカスした人間関係を描いてきました。 現在は、CG技術などが発達したことによって、より没頭できる映像でその世界観を楽しむことができます。 まだまだ終わらない「スター・ウォーズ」サーガ、あなたの楽しみ方でスペースオペラに触れてみてください。