勇者ヨシヒコのメインキャスト一覧、面白かったゲスト陣まとめ

2017年7月6日更新

深夜だからできる自由すぎる設定と、意外な展開にハマる人が続出の『勇者ヨシヒコ』。今回は主要キャストと面白かったゲスト陣をまとめてご紹介したいと思います。

『勇者ヨシヒコ』の魅力の1つ、個性的キャストを紹介!

知らない人は損してる?『勇者ヨシヒコ』とは?

『勇者ヨシヒコ』

『勇者ヨシヒコ』はテレビ東京系列のドラマ24枠で放送されていた山田孝之主演の連続テレビドラマシリーズです。

2011年に『勇者ヨシヒコと魔王の城』が放送されるとローコスト冒険ドラマならではの“ゆるさ”が話題となり、2012年には『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』、2016年には『勇者ヨシヒコと導かれし七人』が放送されました。

今回は『勇者ヨシヒコ』を彩った個性豊かなキャスト・ゲストをご紹介します。

ヨシヒコ/山田孝之

勇者というと勇敢でしっかり者というイメージですが『勇者ヨシヒコ』は天然ボケで空気が読めないどころか、毒舌にムッツリスケベとこれまでの勇者のイメージを覆します。そんな『勇者ヨシヒコ』を演じるのは山田孝之。

シリアスな役からコメディまでこなすカメレオン俳優。いつどんな役がきても演じられるように撮影がない時には髪と髭を伸ばしているのは有名な話。

オタクで出不精としても知られていますがInstagramからは幅広い交友関係の広さを知ることができます。

ダンジョー/宅麻伸

シリーズを通してバトルマスターのダンジョーを演じるのは宅麻伸。ダンジョーは見た目通り暑苦しい熱血漢。逞しいもみあげがトレードマークでそり落としても気合で元に戻すことができます。

『課長島耕作』で主演の島耕作を演じるなど演技派俳優として渋い役を演じることが多い宅麻伸ですが『勇者ヨシヒコ』では新境地を開拓し若い層からも支持を集めています。

ムラサキ/木南晴夏

魔法使いのムラサキは胸が小さいことがコンプレックスでメンバーからも女性として扱われないどころか度々メレブや仏からもネタにされています。ムラサキはもともとはただの村娘で、転職をして魔法使いへとなりました。

そんなムラサキを演じるのは「第1回ホリプロNEW STAR AUDITION〜21世紀のリカちゃんはあなた」でグランプリを獲得した木南晴夏。

かつては酒井彩名、あびる優とLiccaというアイドルグループで活動をしていました。パンシェルジュ検定・3級や食生活アドバイザー3級を持ち、日常会話レベルなら英語、韓国語を話せるなど非常に多才です。

メレブ/ムロツヨシ

ムロツヨシがシリーズを通して演じたメレブ。

初期の頃は賢者でありながら微妙な魔法しか使えなかったものの『勇者ヨシヒコ』と旅をするようになってからは1話毎に新しい魔法が使えるようになるなど賢者らしい一面をのぞかせます。

ムロツヨシはバラエティー番組ではいじられ役に回ることが多いですが実は東京理科大学理学部数学科中退というインテリな一面もあります。

芝居を志したことから大学を中退するほど役者にかける情熱は人一倍です。

ヒサ/岡本あずさ

岡本あずさ

『勇者ヨシヒコ』の妹ヒサを演じるのは岡本あずさ。兄のヨシヒコが心配で木陰から見守る優しい妹ですが徐々に髪が金髪になったり派手な服装になったりという変化が見られます。前回登場した時との変化を探すという楽しみ方ができます。

岡本あずさはセブンティーンの専属モデルとしてデビューした後、女優として活動しテレビだけでなく映画やバラエティと活躍の場を広げています。

半年遅れにはなったものの大学を卒業するなど意志の強い一面もあります。

仏/佐藤二朗

重要なアイテムや次に訪れる場所を指し示すという重要な役割を担う仏。普通は聖人君子のイメージですが『勇者ヨシヒコ』の仏は記憶が曖昧だったり親父ギャグを飛ばしたりと、とにかくいい加減です。

そんな仏を演じるのは佐藤二朗。1996年に俳優・演劇ユニット「ちからわざ」を主宰し全公演で作・出演しています。

本作の仏や『ニーチェ先生』の店長などすこしとぼけたトリッキーな役で注目を集める名バイプレーヤーです。

オシナ/渡辺直美

『勇者ヨシヒコと魔王の城』第2話ゲストキャスト

インスタの女王と呼ばれテレビで見ない日は無いという程、大活躍の渡辺直美。2014年の5月からニューヨークに留学をしてからアメリカでも芸能活動をしています。2016年の紅白歌合戦で日本ハムの大谷投手にビヨンセのモノマネで迫ったことも大きな話題となりました。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』の第2話にオシナ役でゲスト出演しています。性格と声は良いもののブスだからということで生贄になることを免れる役でした。

天女/小池栄子

『勇者ヨシヒコと魔王の城』第4話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと魔王の城』第4話で、伝説の防具である羽衣を持つ天女役として登場しました。ヨシヒコの「早く脱げ」と言う失礼極まりない一言により心を閉ざし、ヨシヒコ達を拒否しましたが、メレブの魔法で豚っ鼻にされてしまい、呪文を解く代わりに渋々羽衣を渡しました。 小池栄子は1980年11月20日生まれの、グラビアアイドルにてデビューし、当時はFカップのバストとセクシーさを売りにしていました。その後は軽快なトークやはっきりとした物言いなどがバラエティ番組で受け、メディアへの露出が増えていきました。 女優業は1997年から始めており、2012年のドラマ『リーガルハイ』や、2017年のドラマ『母になる』などに出演しています。

ケンタウロス男/綾野剛

『勇者ヨシヒコと魔王の城』第9話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコ』

主演の山田孝之と仲が良いことでも知られている綾野剛。『日本で一番悪い奴ら』や『新宿スワン』など主演映画は軒並み大ヒット。

『勇者ヨシヒコと魔王の城』の第9話でなぜか後ろ足が動かないケンタウロス男という役で出演しています。

後ろ足が動かない理由は一目瞭然。ハリボテだから。『勇者ヨシヒコ』だからこそ許される設定・姿です。

魔法戦士バッカス/小栗旬

『勇者ヨシヒコと魔王の城』第10話ゲストキャスト

小栗旬

ドラマや映画に立て続けに主演している小栗旬。『勇者ヨシヒコと魔王の城』の第10話に魔王の城の門番である魔法戦士バッカス役として出演しています。

ルパン三世のルパンやミュージアムで沢村など主演することが多い小栗旬なのでさぞ重要な役と思いきや威力のしょぼい魔法しか使えないばかりか少し頭が悪いという役どころ。あっさりヨシヒコに斬られてしまいます。

こちらも主演の山田孝之と仲が良いことで知られています。

オルトガ/鈴木福

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』第1話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』の第1話に登場しました。勇者の血を引くオルトガという少年で、村長から「是非旅に出て欲しい」と頼まれましたが、子どもだからという理由で拒否しました。その後、ヨシヒコたちと旅に出るという案も出たのですが、鈴木福のスケジュールの都合により1話のみの登場となりました。 鈴木福は2004年6月17日生まれです。2006年に教育番組『いないいないばあっ!』の登場がデビューで、子役、タレントとしていろいろな場面で活躍しています。2011年にドラマ『マルモのおきて』に出演したことで広く知られることとなり、ドラマのエンディングで踊っていたダンスも有名になりました。

偽ヨシヒコ/濱田岳

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』第7話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』の第7話にて偽勇者として登場しました。モンスターが変化の魔法を唱えたことにより登場した偽勇者で、ヨシヒコと違い常識人で洒落たジョークも使いこなします。一時はヨシヒコとの旅もしましたが、彼らの目的は世界を魔物のものにすることであったため、和解は出来ませんでした。 濱田岳は1988年6月28日生まれです。濱田は演技力の高さに定評のある俳優で、9歳で子役デビューして以来、長きにわたって俳優活動をしています。2007年公開の映画『アヒルと鴨のコインロッカー』では、主演を務め高崎映画祭最優秀主演男優賞を受賞しました。

偽ムラサキ/有村架純

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』第7話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』にて、濱田岳が演じた偽ヨシヒコと共にパーティーを組み、偽ムラサキを演じていました。毒舌なムラサキと違って可愛らしく気配り上手で胸のサイズもムラサキよりも上でした。 そんなカワイイムラサキを演じた有村架純は1994年2月13日生まれで女優業は2010年の『ハガネの女』がデビューとなっています。繊細で透明感のあるキャラが多く、演技力の高さにも定評があります。2013年にはNHKの連続テレビ小説ドラマ『あまちゃん』にて小泉今日子が演じた主人公の母の若かりし頃を演じたことで話題になりました。

エリザ/指原莉乃

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』第9話ゲストキャスト

AKBグループの総選挙で2015年、2016年と連覇し、今やバラエティー番組にひっぱりだこの指原莉乃もゲスト出演していました。

『勇者ヨシヒコと悪霊の鍵』の第9話でヨシヒコ達と偶然出会う盗賊エリザという役です。

すっぴんが恥ずかしいからと約30分かけて代り映えのしないナチュラルメイクで登場するなど、少し天然なところや「アキモト先生」というセリフがあるなど本人を彷彿とさせます。

盗賊/菅田将暉

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第1話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の第1話にて盗賊Aとして登場しました。なかなか強そうなキャラだったのですが、背後に忍者がおり忍者から狙われながら戦っていました。最終的に忍者はヨシヒコが倒し、彼もまたヨシヒコの剣の前に倒れます。 菅田将暉は1993年2月21日生まれです。2008年のジュノン・スーパーボーイ・コンテストがきっかけで、芸能界入り。シリアスな役からギャグまで様々な役をこなす演技は俳優として知られています。映画では2013年の『男子高校生の日常』、2014年の『そこのみにて光輝く』にてTAMA映画賞の最優秀新進男優賞を受賞するなど、輝かしい功績を持っています。

噛みの神/片岡愛之助

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第2話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の第2話にてゾンビ状態を回復してくれる、噛みの神役として登場。しかし、女性といちゃいちゃしている内に自分もゾンビになってしまい、ヨシヒコに「エッチなことしたんですか!」と激しく突っ込まれました。 片岡愛之助は1972年3月4日生まれです。1979年に歌舞伎の舞台に出た際に十三代目片岡仁左衛門にその才能を見出され、片岡一門へと入門しました。現在は6代目片岡愛之助として活躍しています。歌舞伎の他、ドラマの出演も多く2013年のドラマ『半沢直樹』ではあくの強いエリート官僚を演じて注目を集めました。 実は大の『ドラゴンクエスト』ファンであり、2015年に発売されたゲーム『ドラゴンクエストヒーローズ』でもヘルムート役として登場しています。

アリーナ/中川翔子

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第3話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の第3話にて。ヨシヒコの妹ヒサが変化の杖を使い、『ドラゴンクエスト』のアリーナに変化した際にアリーナにコスプレした姿で登場しました。 中川翔子は1985年5月5日生まれです。しょこたんの愛称で親しまれる彼女は、漫画やアニメ、ゲームが大好きでそのキャラクターを生かし、様々なイベント、バラエティ番組に登場しています。また、絵が得意なことと歌が上手いという特技も持ち合わせており、歌手としても活躍中です。

林家パー子

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第4話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第4話に登場。ヨシヒコの妹ヒサが変化の杖で化けた後の姿で、林家ぱー子本人として登場しました。 本人を演じた林家パー子は1948年8月13日生まれ。林家ぺーの妻であり、ピンク色のド派手な衣装に、キャハハハという甲高い笑い声と共に写真を撮影する姿が有名ですね。元々は落語家としてデビューしており、美人落語家として脚光を浴び、その愛嬌で人気を呼んでいました。

ニッテレン/徳光和夫

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第5話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第5話にニッテレンという神様として登場しました。このニッテレンはテレビ局「日テレ」をもじったものであり、各テレビ局の名前が神様の名前という放送を危ぶまれる激しいパロディの回での搭乗でした。 演じた徳光和夫は1941年3月3日生まれで、アナウンサーや司会者、タレントとして活躍しており、徳さんの愛称で親しまれています。アナウンサー時代は『ズームイン!!朝!』が有名で、朝仕事に行く時などこの声に送られて家を出た人も多いのではないでしょうか。涙もろい事でも有名な人です。

レオパルト/大地真央

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第7話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第7話にレオパルト役で登場。ミュジコの村の玉人であり、素晴らしい歌と踊りを披露して視聴者も魅了しました。しかし、実はその正体は大阪にいそうなおばちゃんというオチが用意されていました。 大地真央は1956年2月5日生まれ。宝塚月組のトップを飾っており、当時は斬新なスタイルで周囲を驚かせる事もあったようです。現在は女優として活躍しており、2016年にはNHKの連続テレビ小説ドラマ『とと姉ちゃん』に出演。CM出演やアニメ声優などもしています。

猿/柳楽優弥

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』第8話ゲストキャスト

『勇者ヨシヒコと導かれし七人』の第8話にて登場し、やる気のないゆとり世代の桃太郎のお供で、こちらもまたやる気のない猿役を演じました。 柳楽優弥は1990年3月26日生まれです。2004年に自身のデビュー作である『誰も知らない』にてカンヌ国際映画祭男優賞をしており、当時の柳楽は14歳。最年少の受賞ということで話題になりました。非常に繊細な人物で自身の在り方に悩むこともあるようですが、その演技力の評価は高く近年も2017年『おんな城主 直虎』で大河初出演を果たすなど、精力的に活躍しています。