(c)2017「結婚」製作委員会 

映画『結婚』あらすじ・キャスト【ディーン・フジオカが結婚詐欺師を演じる!】

2017年5月11日更新 5020view

直木賞作家、井上荒野原作の『結婚』が2017年夏に決定しました。イケメン俳優ディーン・フジオカがあらゆる女性を騙し、翻弄する新しい役所に挑戦!騙し騙され進んでいくストーリーの中、甘美でロマンチックなシーンも楽しめる結婚のあらすじ・キャストを紹介します!

ディーン・フジオカが結婚詐欺師に!?映画『結婚』が2017年公開

2017年6月24日公開の映画『結婚』は直木賞作家の井上荒野の原作を、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』でディーン・フジオカのミステリアスで情熱的な魅力を引き出した監督・西谷真一がメガホンを取り実写化したもの。

今回ディーン・フジオカが朝ドラの爽やかで清純なイメージを捨てて挑む役柄は、なんとその容姿の美しさを武器に女性を陥れる結婚詐欺師役!

演じる悲しみと闇を抱えた主人公があらゆる女性を結婚詐欺の罠にはめ、女性を陥らせるというなんともドロドロな結婚詐欺ストーリーに目が離せません。この記事では、結婚詐欺をめぐる注目の映画『結婚』について紹介していきます。

ディーン・フジオカ主演映画『結婚』のあらすじ

結婚

今回、ディーン・フジオカは主人公、古海健児を演じます。古海健児はあらゆる世代、職業の女性たちを虜にし、金を騙し取る結婚詐欺師です。

古海は転身を続けその中で女との結婚に話を進ませ、最終的はお金を騙し取ります。騙された女性たちは傷つき、絶望する者や、古海を待ち続ける者など、女性の反応は様々。

古海の相棒として、女でありながらも女を騙すことに協力する千石るり子は、柊子が演じます。彼女自身、以前、古海に騙されかけた経験の持ち主でありながらもなぜ、彼の相棒をしているのか?また、彼自身が悲しみと秘密を抱えている人物であり、なぜ結婚詐欺師になったのかは今作の見どころの1つです。

映画『結婚』の主演キャストはディーン・フジオカ!

古海健児/ディーン・フジオカ

生まれは日本ですが、学歴はアメリカの大学を卒業しており、卒業後はアジアの国を旅して回っていたということもあり、英語、インドネシア語、中国語など5ヶ国語を話すことができます。

また、俳優業のみならず音楽活動も行っており、ラップやギターなどもテレビ番組内で披露しています。ライブ活動も行っており、2016年末には横浜、大阪でライブを行いました。

そんな彼の名を世に広めたのはNHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』でしょう。五代友厚役を演じ、爽やかな顔と高い演技力が認められました。元の脚本では2015年末で亡くなり、クランクアップの予定でしたが、あまりの人気から脚本を書き換え、登場話を1ヶ月伸ばしたことでも話題となりましたね。

公式twitterも行っており、画像をスタンプなどを用いて可愛らしくしていることが多く、クールな顔ながら親しみやすさも感じ取れます。

古海の相棒・るり子に新進気鋭の女優・柊子が大抜擢

千石るり子/柊子(しゅうこ)

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

ディーン・フジオカ演じる古海に、結婚詐欺の対象となるターゲットを紹介する相棒・千石るり子役には新進気鋭の女優・柊子が抜擢されました。

彼女は、2008年にJK21というアイドルグループのメンバーとして活躍しましたが、アイドル活動は1年足らずで辞めてしまいます。その後作詞家として注目され、Shuという名義でJK21をはじめとした楽曲の作詞を行っています。

最近ではNHK朝の連続テレビ小説『まれ』に出演したことで注目を浴び今後注目大の女優です。

古海の妻・初音には貫地谷しほりがキャスティング!

古海初音/貫地谷しほり

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

朝ドラのヒロインを務めた経験もある実力派女優・貫地谷しほりが映画『結婚』に出演します。

本作で演じるのは古海健児の妻・初音。健児は妻という存在がいながら、結婚詐欺を繰り返すようです。1番の被害者ともいえそうな妻・初音役を、貫地谷はどのように演じるのでしょうか。

謎の女・柊泰江をベテラン女優、萬田久子が務める!

柊泰江/萬田久子

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

朝ドラ『あさが来た』でディーン・フジオカと共演経験もある萬田久子。本作では古海の手助けをする、謎の女として登場する予定です。

サスペンスドラマから不倫ドラマ、一般家庭の主婦まで幅広く演じ分けることができるベテラン女優。彼女が演じる謎の女優の行方が気になりますね!

映画『結婚』のその他のキャスト

工藤麻美/中村映里子

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

映画『結婚』で、古海に惹かれていく被害者の1人、家具屋の店員である工藤麻美は中村映里子が演じます。

中村はローティーン向けファッション誌でモデルデビューしたのち、女優に転身。ドラマ『ボクの妻と結婚してください。』や『沈まぬ太陽』などに出演経験があります。

吉岡真奈/松本若菜

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

キャリアウーマンとして働く編集者の吉岡真奈も、古海に惹かれていく女性の1人です。吉岡を演じるのは映画『愚行録』に出演したことが記憶にも新しい松本若菜です。

穂原鳩子/安藤玉恵

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

工藤や吉岡と同じく古海に騙され、古海の居場所を突き止めようとする市役所勤務の女性・穂原鳩子を演じるのは安藤玉恵。

本作で共演する貫地谷しほりとは『女くどき飯』で共演しています。

矢島/古舘寛治

穂原鳩子と共に古海を追う探偵・矢島役には実力派俳優の古舘寛治がキャスティングされました。

映画『渇き。』や『海よりもまだ深く』、『TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ』など話題作に多数出演しています。

映画の主題歌はディーン・フジオカによる楽曲!

『結婚』

(c)2017「結婚」製作委員会 

近年、俳優としての活躍が目立つディーンですが歌手としての実績もあり、映画『結婚』では主題歌を務めることが決定しました。ディーンは2013年「My Dimension」にファーストシングルを発売、過去に4枚のシングルと1枚のアルバムをリリースしています。

今回、自らが作詞・作曲しアーティスト名「DEAN FUJIOKA」として発表した新曲「Permanent Vacation」は予告編のバックで流れており、彼の新しい一面を垣間見ることができます。

原作は直木賞作家、井上荒野

『井上荒野』

井上荒野は1989年から体調不良のため、書くことから離れていましたが2001年『もう、切れるは』ではで活動復帰します。

著書は多くの作品を出していますが、2008年『切羽へ』で直木賞を受賞し、より世間に名前を広めることとなりました。絵本の翻訳なども行っています。

また、彼女の作品は今作の『結婚』以外にも2016年『だれかの木琴』などが映画化されています。

あなたも騙される?映画『結婚』は2017年6月公開

ディーン・フジオカ主演の注目映画『結婚』は2017年6月24日に公開されます。