デレク・ジャーマン、厳しさや官能が押し寄せてくる極北の映像作家を紹介

2017年9月5日更新

独特の映像手法により、同性愛をメインテーマにした厳しくも官能的な作品を発表した、映像作家デレク・ジャーマン。小説家や園芸家としても才能を発揮したばかりか、ゲイへのバッシングや病と闘った孤高の芸術家についてご紹介します。

デレク・ジャーマンのプロフィール

デレク・ジャーマン

デレク・ジャーマンは、1942年1月31日生まれ、イギリス・ミドルセックス州出身。映像作家(映画監督)のほか、舞台デザイナーや作家、園芸家として多彩な才能を発揮した芸術家です。

ロンドン大学キングス・カレッジで美術などを学び、1960年代半ばから画家として活動していました。その後、衣装デザインにも進出し、ケン・ラッセル監督のもとで美術監督などを担当。この頃から演出にも興味を抱き、76年の『セバスチャン』で、長編映画監督デビューを果たします。また80年代以降は、ロックバンドのミュージッククリップの演出でも活躍しました。当時、まだ無名のアーティストを映画音楽に起用し、新たな才能を発掘した人物でもあります。

映画監督としての代表作は、『テンペスト』や『エドワードⅡ』、『BLUE ブルー』など。生前にゲイであることを公表し、1986年にHIVの感染が判明、94年にAIDS合併症で他界(満52歳)しました。

トランスジェンダーなどのLGBTを扱った作風

『セバスチャン』

ゲイ活動家でもあり、死の直前まで『最低同意年齢(同意上の同性間性交渉を合法とする年齢)』の訴訟にも関わっていたデレク・ジャーマン。発表した作品のほとんどは、性的マイノリティであるトランスジェンダーなどのLGBT、その中でも自らと同じゲイを題材に描かれました。

古代ローマ帝国の聖セバスティアヌスが同性愛に耽溺する姿を描いた『セバスチャン』では、全てのセリフがラテン語で交わされました。

『エドワードⅡ』

赤裸々な官能シーンとともに、イングランド国王・エドワード2世の同性愛を描いた『エドワードⅡ』。

荒廃した近未来イメージや官能性豊かな作品は、ゲイ表現の論争を巻き起こしたことも。そこには、国や法、ゲイ差別にHIVウィルスなど、常に何かと戦い続けたジャーマンの内面が現れていると言われています。

時に過激で攻撃的な表現は、それでも彼が愛したものたちへの愛、優しさに満ちています。そして、独特のビデオ編集処理で生み出された映画は、アート・フィルムとも呼ぶべき美しさを湛えています。

日本初紹介作品は『エンジェリック・カンヴァセーション』【1987年日本公開】

日本初紹介作品は、映像と音楽によるイメージ・フィルム『エンジェリック・カンヴァセーション』です。

映像の美しさはもちろんのこと、8ミリで撮影したものをビデオ、35ミリへと転換した荒いモノクロ映像が、デレク・ジャーマン独特の世界観を演出。シェイクスピアの『ソネット』の朗読とともに、愛し合うゲイの男性2人、冒頭の廃墟の窓辺から、岩場・洞窟・泉の風景などが次々と映し出されました。

『エンジェリック・カンヴァセーション』

ジャーマンの自己投影、同性愛を扱った作風が色濃く反映され、その本質がダイレクトに伝わってきます。他の作品と比較しても、本作ほど映像が明るいものはあまりなく、同性愛賛歌ともいえる作品です。

代表作は実在の画家の生涯を描いた『カラバヴァッジオ』【1987年日本公開】

代表作の『カラヴァッジオ』は、イタリア・ルネッサンスの異端の画家、ミケランジェロ・メリージ・ダ・カラヴァッジオの生涯を、デレク・ジャーマンの創作で映画化した作品です。

『カラヴァッジオ』

© Courtesy of Zeitgeist Films

カラヴァッジオの絵画を中心に置き、時に車やタイプライターなど現代の物を織り交ぜつつ、同性愛や殺人を犯した画家として有名な彼の一生を綴った作品。多くの実在の人物の生涯を映画化し、「耽美的」「変質的」と形容されることの多いケン・ラッセル監督の作風を連想させるとも言われています。

本作でも、ジャーマン監督らしい独特の手法が見られ、透明な映像と光と影の使い方が鮮烈です。

オスカー女優ティルダ・スィントンとの関係

ティルダ・スウィントン『カラヴァッジオ』

© Courtesy of Zeitgeist Films

イギリス人女優ティルダ・スウィントンは、1980年代にデレク・ジャーマンと知り合い、彼の代表作でもある『カラヴァッジオ』でデビューを果たしました。

デビュー以来、ジャーマン監督のミューズとして『ザ・ガーデン』など計7作に出演し、1992年公開の『エドワードⅡ』ではヴェネツィア国際映画祭・女優賞を受賞しています。

『The Garden』

ジャーマンの没後も着実にキャリアを重ね、1999年にはハリウッドに進出。『ナルニア国物語』シリーズなどの話題作に多数出演しています。2007年公開の『フェイクサー』ではアカデミー助演女優賞を受賞し、今やオスカー女優のティルダですが、故ジャーマンのことは生涯の師と仰いでいるそうです。

2011年に、3度目の来日を果たした際のインタビューでは、

「いつだってデレクはわたしと共にあると思っているし、彼から教わったすべてが今のわたしの経験に役立っていて、本当に感謝しているわ。彼は今もわたしにとってとても大きな存在なの」

とコメントし、過去の存在として懐かしむ対象ではなく、「今も共に生きている」と語りました。

遺作となった『BLUE ブルー』は”青”一色の異色作【1994年日本公開】

『BLUEブルー』

デレク・ジャーマンの遺作『BLUE ブルー』は、タイトル通り約70分に渡って一面の”青”が映され、そこに音楽とジャーマン自身の朗読を添えた異色作です。

最後の作品に”青”を選んだのは、フランスの画家イヴ・クラインへのオマージュとされています。クラインは、青を、宇宙の神秘のエネルギーに繋がるものとして頻繁に使用。自らの理想である「インターナショナル・クライン・ブルー」を生み出し、特許も取得した人物です。

青一色の映像と音楽が淡々と流れる中で、AIDSによる死期を悟ったジャーマンが語る失明の恐怖や思索、これまでの人生に対する悲痛な言葉の数々。ナレーションを読んでいるその時も、刻一刻と死に向かっていた彼に思いを馳せると、様々な感情が浮かんでくることでしょう。

デレク・ジャーマンが遺した名著『Derek Jarman's Garden』

Derek Jarman’s Garden

デレク・ジャーマンは、自叙伝的な『ダンシング・レッジ』など数冊の本を執筆しており、中でも『Derek Jarman's Garden』は死生観に影響を与える名著とされています。

HIV感染が発覚した1986年、ドーバー海峡に面した村である”ダンジェネス”に移住し、買い取った漁師小屋を改修し残り少ない生涯を過ごしました。1991年からこの世を去る1994年まで、ジャーマンが庭を造る姿を友人写真家が撮影した写真に、本人による感情豊かな文章と詩を添えた作品です。

彼の庭にあるのは、海岸の貝殻や流木、鉄くずのオブジェと遠くに見える原子力発電所など。どこか別の世界のように感じられるその場所で、人生の終わりに何を感じて、何を思っていたのでしょうか。