この復讐がすごい!映画史の残るリベンジ映画15選

2017年7月6日更新

映画においてキャラクターが行動する動機というのはとても重要で、感情移入できるかどうか、大切なポイントの一つです。家族、友人、恋人が悲惨な目に遭った時、人は復讐に囚われてしまうのではないでしょうか!?今回は海外サイトが選んだ映画史に残るリベンジ映画15選を紹介します。

1.レイプ被害に遭った女性が加害者へ復讐を決意する!過激なバイオレンス描写が話題に!

Chanichz 「発情アニマル」(苦笑)のリメイク版。実際に起きた事件を基にしているそうだけど女性が見るには苦しすぎる・・・。 1日のうちに何度も性的暴行を受けて、キレたヒロインが壮絶な復讐をする。 と、いうのは「よしっ!」と言いたいけれど、グロすぎ~。胸が悪くなるのを覚悟で。

2.パートナーから裏切られた男が、復讐を決意するハードボイルドな作品!

ibett 盗みのプロの男による復讐劇。裏切りによって奪われた自分の分け前の奪還とクスリ漬けにされて死亡した妻の復讐のために、かつての相棒が属する強大な組織に挑む。

原作はリチャード・スタークの『悪党パーカー/人狩り』。

組織、チャイニーズ・マフィア、私腹を肥やそうとする警官を相手どっての主人公の立ち回りが小気味いい。 ソウル、ジャズミュージックを伴っての雰囲気作りも好みだった。

2月公開のジェイソン・ステイサム主演『PARKER/ パーカー』に備えて観賞。

3.将軍から奴隷に身分を落としたマキシマスが、グラディエーターになり再び這い上がる! 

HMworldtraveller ラッセル・クロウの風貌が、実直で骨太で男達に信頼される強い男マキシマスのキャラにピッタリはまり魅せてくれました。古代ヨーロッパ史を題材にしたものはあまり得意じゃないけどこれは良かった。その強さと人望の厚さ故に運命に翻弄され生きる主人公が男っぽくてカッコいいです。アカデミー主演男優賞も納得の円熟味ある渋い演技でした。対照的なキャラの新皇帝を演じるホアキン・フェニックスも力演と言えるのではないでしょうか。小心者で卑怯な皇帝ですが、父にも姉にも愛されず愛に飢えた彼は彼で哀れで、悪人だけど憎めませんでした。この作品は歴史もの・アクションものとしてではなく人間ドラマとして好き。ラッセルとホアキン、2人の熱演と物哀しくて美しい音楽がシンプルな物語を補って余りある重厚なドラマにしています。少々強引な設定や矛盾もありますが、もともと史実に忠実なドキュメンタリーではなくフィクションだし、そこは許容範囲かな。薄れていく意識の中で夢見る、故郷に帰って麦の穂を撫でながら歩くシーンが切なく印象的で心に残ります。

4.父親を殺された少女マティが保安官と共に復讐の旅へ出る!

Tomochika_Nakano 父親を殺した男を縛り首にするために14歳の娘が立ち上がる、曲者ハンターとともに繰り広げる復讐の旅。 悪いことをした人間は追いかけなくても逃げる。罪と罰と正義を問うヒューマンドラマ。

5.ミュンヘンオリンピックで起きたイスラエル選手殺害事件の報復、首謀者暗殺が計画される!

Hanae_Sakuma パレスチナとイスラエル。 終わりにしたいのか? いつまで続ける? 彼らは本当に戦いたいのか? もう止まらないのだろうか? ひとり殺され、ふたり殺され、ずっと...。 マサドを滅ぼした、ローマ軍が悪いのか? 1972年に起こった事件 。生まれる前だ。 もちろんプロパガンダだし、世界情勢の流れもあっただろう。 自分の子供が、隣人によって殺されたら、私自身は許せるのだろうか? この近年に起こった事。浅間山荘、ケネディー暗殺に始まった一族の暗殺など。 決して私には理解出来ない事なのかもしれない。 母国もあるし、熱心な宗教を持たない(熱心ではないが宗教心はある)私には。 こんな私では、語ることすらいけないのかもしれない。 でもやっぱり、願ってしまう。自分を殺す人を許せることを。 プロレスラーの長州力選手の学生時代、オリンピック代表でミュンヘンに出たら、 爆発が宿舎の前だった話は必見です。「スカパー!バトルLIFE!!(携帯サイト)」 作品としては、人間が感じられすばらしい作品でした。うん。

6.穏やかな性格だった数学者の男が、暴力と怒りにより復讐の鬼と化す! 

Satoko_Suzuki サム・ペキンパーの暴力描写がスゴイ、っていう伝説を聞いて、実際見て見たら、そうでもなかったです(昔だから、公開当時はすごかったんでしょうね)。でも真面目な主人公が、こんな事を!っていうギャップが効いてました。

7.韓国映画らしい容赦ないバイオレンス満載、婚約者を殺害された元刑事の復讐劇 

gallivant55 目を伏せたくなるような惨い殺しがいっぱいの残酷な復讐劇。

最初から最後まで、ある意味ツッコミどころ満載だけど、そんな中でも最初のコロコロ〜って転がるシーンとか、アイスピックのシーンとか、悪趣味過ぎて全く笑えないブラックジョークも入っていて、もう完璧。(ちょっとウケたけど)

なにより、ルイ16世やマリー・アントワネットも真っ青な切れ味で、見てるこっちもビックリしたよ。

何も知らずに見た人は、ダメージ大きいと思うので見る前は気を付けてくださいねー。

8.娘を誘拐された父親が犯人たちを容赦なく追い詰める!犯人がターゲット選びを完全に誤った作品! 

hatake1216 スーパーお父さん映画。 シンプルなストーリーで入りやすく楽しみやすいけど 最後あれでいいの?っていう物足りなさも感じました。 ストーリーの軸になってる部分はちゃんと解決するけど 他にも事後処理として語っとく事あるんじゃない?と思いました。

9.夫を殺された妻が声を失ったある男に復讐を依頼

Keimiyazato マカロニウェスタンですが全編 雪!主役はジャン ルイ トランティニャン!悪役にクラウス キンスキー、終始 残忍、無情な展開のこの作品 ラストの非情さは他の追随を許さない程です どれ程かと言うと製作会社が命令で無理やりなハッピーエンドを作らせた程、自分がビデオで観たのは本筋のバッドエンドですがDVDには特典映像でハッピーなバージョンも収録されているとか、残忍なラストはアメリカ主導の正義への批判が込められているのは解るんだけど、しかし無情!怪優 名優と思っていたクラウス キンスキーの私生活の鬼畜生さを知り嫌いになってしまった、、、知らぬが仏でした(T-T)

10.相棒に裏切られた男が復讐を決意する!『ペイ・バック』と同じ原作をもとに作られたリベンジ映画! 

Keimiyazato 60年代後半にデビューしたジョン・ブアマン 77年に監督したエクソシスト2までコンスタントに秀作を発表しています、中でも脱出は傑作で大好きな作品、68年発表の本作はリー・マーヴィンのハードボイルドな魅力全開で妻にも仲間にも裏切られた男の悲しい復讐劇。

11.パク・チャヌクの復讐三部作の2作目!15年間監禁されていた男がその理由を探る!

pleiades_gin 「復讐」というテーマをここまでじっとり表現できるのは韓国映画の特質かなと実感する。 執念・引き金・暴力、それぞれの描き方が上手だな〜。

痛々しいシーンと爽快なシーン、途端にくるユーモアに揺られるリズムは心地良い。 映像もどことなくフランス映画を思わせる節もあり、いいスパイスになっている。

12.近未来を舞台に妻子を殺されたマックスは復讐を決意する!カルト的人気を誇るオーストラリアアクション映画のクラシック!

yuki12241 若かりし頃のメル・ギブソン主演の伝説的映画。二作目の方が有名ですかね。 暴走族と警察の対決映画だと思っていたのですが、いざ鑑賞してみるとちょっと違いました。マッドなマックスというのも納得、どちらかというと復讐モノと言う感じです。 冷静で家族想いのマックスが怒り狂う姿はとてつもない恐ろしさでした。肝心なシーンが少しあっけない印象ではありましたが、上映時間も短くスピーディなので気軽に観れるところが良いかなと思います。 続編ありきの滑り出しと思えばそこそこでしょうかね!