© 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved. 4月7日(金)全国公開

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のあらすじ・キャスト【攻殻機動隊実写版映画!】

2017年8月8日更新

現在ハリウッドではアメコミの実写化が流行っていますが、日本の漫画も負けてはいません。漫画『攻殻機動隊』がハリウッドでついに実写化。この記事では2017年4月7日公開となった『ゴースト・イン・ザ・シェル』の気になるキャストや噂をまとめました。

いよいよハリウッド進出!日本が誇る名作『攻殻機動隊』が『ゴースト・イン・ザ・シェル』として実写化!

これまでにも何度も映像化されてきた人気コミック『攻殻機動隊』がついにハリウッドに進出し、実写化。

士郎正宗による原作は、『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟に影響を与えた作品で、スピルバーグも大ファンだと言われています。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

(C)2016 Getty Images

この記事では2017年4月7日公開となった『ゴースト・イン・ザ・シェル』最新情報をまとめてご紹介します。

噂されていたあらすじ

これまで、第3次、第4次大戦を経た21世紀の日本で、サイボーグや電脳が普及した社会の中、多岐に渡る犯罪を防ぐために活躍する内務省直属の攻性公安警察組織「公安9課」(通称「攻殻機動隊」)に所属する草薙素子と謎のハッカーを巡る物語、とだけ発表。

笑い男のキャスティングも発表されたことから、おそらく、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』をベースにしたストーリーが展開されるのではないかと予想されていました。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』のあらすじ

『ゴースト・イン・ザ・シェル』 スカーレット・ヨハンソン

© 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.4月7日(金)全国公開

人々がサイボーク化するようになった世界で、捜査組織公安9課に所属する少佐(スカーレット・ヨハンソン)は、日々犯罪行為の取締りを行なっていました。

そんな折、テロ組織が企てたサイバー技術の破壊行為を食い止めるため、調査に乗り出した少佐は事件と深く関わるうちに、失った記憶を少しづつ取り戻していき、驚愕の過去に直面することに...。

押井守が『ゴースト・イン・ザ・シェル』の撮影を視察、期待大!

気鋭のアニメ監督・押井守は、本作と同じコミックを原作とし映像化したアニメの監督を務めていました。映像としての『ゴースト・イン・ザ・シェル』を確立した第一人者として、本作の撮影現場にも足を運んでいます。

押井守はスタジオに入り各種プロダクトを視察し、主演のスカーレット・ヨハンソンを高く評価した他、攻殻機動隊という作品群の映像化の中で一番ゴージャスな作りになるとも予想しており、本作への期待をふくらませる映像となっています。是非チェックしてみて下さい。

スカーレット・ヨハンソンを大絶賛

本作は日本アニメを原作としたハリウッド作品の中でも、一番良い条件で製作されたと押井守は語っています。その最大の理由は少佐を演じたスカーレット・ヨハンソンだったようです。

スクリーンで、ヨハンソン演じる少佐を観られるだけでも、この映画の価値があると最大級の賛辞を送っています。

ミラ・キリアン少佐を演じるのはスカーレット・ヨハンソン

『ゴースト・イン・ザ・シェル』

© 2016 Paramount Pictures. All Rights Reserved.4月7日(金)全国公開

アメリカでの実写版ということもあり、主演の草薙素子に当たる役にはハリウッド女優を起用することになりました。その役に抜擢されたのが『LUCY/ルーシー』のスカーレット・ヨハンソン。彼女は『キャプテン・アメリカ』でブラック・ウィドウを演じており、漫画の実写化はこれが2度目となります。

しかし劇中ではヨハンソンが「草薙素子」と呼ばれることはなく、「少佐」と呼ばれることをプロデューサーのスティーブン・ポールは明言しました。原作の草薙素子はあくまでも日本人であり、白人のスカーレット・ヨハンソンが演じることに合わせた脚色だと考えられます。

バトー役にピルー・アスベック

スカーレットヨハンソン主演映画『LUCY/ルーシー』にリチャード役で出演したことでも知られるピルー・アスベックが、草薙素子の相棒バトー役を演じます。

荒巻大輔を演じるのはビートたけし

『ゴースト・イン・ザ・シェル』北野武

(c) 2017 Paramount Pictures. All rights Reserved. 4月7日(金)より全国公開

公安9課の創設者で草薙素子たちの上司荒巻大輔をビートたけしが演じます。たけしのハリウッド映画出演は1995年の『JM』以来のことになります。

『ゴースト・イン・ザ・シェル』その他のキャスト!

笑い男役にマイケル・ピット

日本ではあまり知名度が高くありませんが、ミュージシャンとしても活躍するマイケル・ピットが笑い男役で出演することが決定しました。

桃井かおり

桃井かおり

『SAYURI』をはじめとした海外の作品にも数多く出演しているベテラン女優・桃井かおりが本作に出演することが決定しています。近年はメキシコ映画やドイツ映画など国際色強く活躍している彼女が、どんな演技をみせるのか注目が集まっています!

ジュリエット・ビノシュ

映画『ショコラ』などで知られるフランス出身の女優ジュリエット・ビノシュの出演も決定しています。キャラクターの詳細はまだわかりませんが、博士という役どころだそうです。

マイケル・ウィンコット

映画『三銃士』『ヒッチコック』などに出演するベテラン俳優マイケル・ウィンコットの出演も決定しています。

チン・ハン

映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』や『ダークナイト』に出演したチン・ハンが公安9課のメンバーとして出演するようです。

泉原豊

オーストラリアを中心に俳優・スタントマンとして活躍している泉原豊も本作に出演することが決まりました。本作以外にも『ウルヴァリン: SAMURAI』など、ハリウッド映画への出演経験も豊富です。

福島リラ

Fashion story for @ginzamagazine✨. Thank you for amazing team. #louisvuitton #ginzamagazine #nicolasghesquiere

Rila Fukushimaさん(@rila_fukushima)がシェアした投稿 -

日本人モデルの福島リラの出演も発表されました。近年は映画『ウルヴァリン: SAMURAI』でハリウッドデビューを果たしたのをきっかけに海外ドラマに出演するなど、活躍の幅を世界に広げています。

監督・スタッフ紹介!

監督はルパート・サンダース

今作でメガホンをとるのはルパート・サンダース。イギリス出身の監督で、『スノーホワイト』で監督を務めたのをきっかけに注目されるようになりました。

脚本はウィリアム・ウィーラー

脚本を手がけるのはウィリアム・ウィーラー。『ザ・ホークス ハワード・ヒューズを売った男』でも脚本をてがけた経験があります。

スカヨハが熱光学迷彩を使う!

主演を務めるスカーレット・ヨハンソンが熱光学迷彩を着て、戦闘するシーンの動画がYouTubeにて公開されました。

映像は13秒という短いものですが、光学迷彩により透明化した主人公の華麗なアッパーと、攻撃を受けてスローモーションで宙に舞う男の姿が。

そして気になるのが、最後に表示される「11.13 TOKYO」。2016年11月13日に東京で行なわれるイベントを示したものだそうですが、一体どんな発表があるのか気になりますね。

スカーレット・ヨハンソンが出演を決意した理由

スカーレット・ヨハンソンが本作への出演を決意した理由を明かしてくれました。彼女によると、元々受け身のキャラクターだった少佐が、次第に能動的な人生を歩もうとする自己探求の物語に大きな魅力を感じたと言います。

日本語吹き替えキャストにアニメ版の声優が再集結!

『攻殻機動隊』ファンに嬉しいニュースが飛び込んできました。本作の日本語吹き替え声優として押井守版、そして神山健治のテレビシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』のキャストたちが参戦することが明らかに。

数多くの洋画吹き替えを担当、攻殻機動隊のアニメでは草薙素子を演じた田中敦子が少佐、バトーに大塚明夫、トクザに山寺宏一と、オリジナルファンにはたまらないキャストが集結しています。

これまでの経験を生かしたアドバイス

少佐の吹き替え声優を務めた田中敦子は、本作のアフレコ時にこれまで培ってきた『攻殻機動隊』の声優経験を生かして色々と提案をしていたそうです。例えば、ドグザは少佐には丁寧語を使わないだとか、バトーは荒巻のことをおやっさんと呼ぶとアドバイスをしていました。