2019年5月31日更新

『ワイルドスピード/スーパーコンボ』でショウとホブスの犬猿コンビが再結成【あらすじ・キャスト】

スーパーコンボ
(C)Universal Pictures

2001年の第1作公開以降、はちゃめちゃなカーアクションで人気を博した「ワイルドスピード」。そんな大人気シリーズのスピンオフ『ワイルドスピード スーパーコンボ』が公開に。この記事ではそんなスピンオフに関する最新情報を一挙に紹介します。

『ワイルドスピード/スーパーコンボ』最新情報 ホブスとショウの犬猿コンビが大暴れ

映画「ワイルド・スピード」は、2001年に第1作が発表され、ド派手なカーレースアクションが人気のシリーズ作品です。 その証拠に、2017年4月に公開された第8作『ワイルド・スピード アイスブレイク』は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を抜き、週末オープニング興行世界一を記録しました。 そんな人気シリーズのスピンオフ『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』が公開されます。この記事では、本作の最新情報を一挙に紹介します。

『ワイルドスピード/スーパーコンボ』のあらすじや時系列は?

スーパーコンボ
(C)Universal Pictures

「ワイスピ スーパーコンボ」の時系列や作品の立ち位置を整理

「スーパーコンボ」は時系列でいうと、「アイスブレイク」の後の作品となっています。シリーズ初のスピンオフとして注目を浴びており、メインシリーズでは、犬猿の仲だったホブスとショウの二人がタッグを組むことに。

あらすじ

本作は「アイスブレイク」から2年後が舞台。ショウの妹、ハッティはイギリスの諜報機関MI6の人物です。しかし、彼女はかつて死んだはずのMI6の捜査官ブリクストンに出会うのです。ブリクストンは、世界中の生命を滅亡させられるほど強力なウィルスを持っていました。それと同時に、改造人間となっており、人間離れした存在となっていたのです。 ハッティは彼からウィルスを奪い、彼から追われるように。そんな彼女の保護およびブリクストン打倒のために立ち上がったのが、ホブスとショウの二人。映画の舞台はイギリスのロンドンから、ホブスの故郷であるハワイにまたがり、彼らの交戦が始まります。

主演はもちろんドウェイン・ジョンソン&ジェイソン・ステイサム!!

ルーク・ホブス/ドウェイン・ジョンソン

ドウェイン・ジョンソン ゼータ
©Adriana M. Barraza/WENN.com

本作の主人公一人、ルーク・ホブスを演じるのはもちろんザ・ロックことドウェイン・ジョンソンです。 ホブスはアメリカ外交保安部の捜査官で、2011年公開の『ワイルド・スピード メガマックス』で初登場しました。 国際指名手配となりブラジルに逃亡した主人公ドミニクを追い、ブラジルに入国。一度はドミニクを逮捕しますが、その後、悪徳実業家に襲われたところをドミニクの仲間に助けられ、彼に協力することになります。 『ワイルド・スピード アイス・ブレイク』でも、耐雪仕様の装甲車に乗り込み、ドミニクの仲間として活躍。その後、娘のために暫く休暇をとると言っていましたが、今回もまた駆り出されてしまったようです ホブスを演じるドウェイン・ジョンソンは、アメリカ出身の俳優。2001年『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』で映画デビューし、俳優としてキャリアを積み上げてきました。以前プロレスラーとして活躍していたため、筋骨隆々とした肉体が特徴です。

デッカード・ショウ/ジェイソン・ステイサム

ジェイソン・ステイサム
©︎Apega/WENN.com

もう一人の主人公は、ジェイソン・ステイサム演じるデッカード・ショウです。 ショウが初登場したのはシリーズ6作目の『ワイルド・スピード ユーロ・ミッション』。同作でドミニクとホブスが手を組んで戦った犯罪組織のボス、オーウェンの兄として、エンディング後に姿を現しました。 デッカードは7作目『ワイルド・スピード スカイミッション』で悪役として登場しますが、「アイスブレイク」ではホブスとバディを組むなど、スピンオフへのつながりを連想させます。 演じるジェイソン・ステイサムは、イギリス出身の俳優で、飛込みの選手やファッションモデルとしての経歴も持っています。映画デビューは1998年の『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』でした。 その後、プロの運び屋を主人公とした映画『トランスポーター』、スマッシュヒットした『アドレナリン』で頭角を現すようになり、アクションスターの階段を駆け上がっていきました。

ヘレン・ミレンも続投決定 その他キャストを紹介

ハッティ・ショウ(ショウの妹)/ヴァネッサ・カービー

ヴァネッサ・カービー
©Peter West/ACE Pictures/Newscom/Zeta Image

デッカード・ショウの妹、ハッティ・ショウ。先述の通り、MI6のフィールド捜査官として活躍しています。今回、ブリクストンの野望をいち早く阻止しようとするも、追われる身となってしまい……。 ハッティを演じるのはヴァネッサ・カービー。1988年4月生まれイギリス出身の彼女は、Netflixのドラマ『ザ・クラウン』のマーガレット王女役などで知られる注目株です。2018年8月公開の『ミッション:インポッシブル フォールアウト』にもホワイト・ウィドウ役で出演を果たしています。

ブリクストン/イドリス・エルバ

イドリス・エルバ
©Abaca Press/Marechal Aurore/Abaca/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

本作の敵、ブリクストン。ハッティと同じように元MI6の捜査官でしたが、死後何者かの組織によって改造人間として復活します。ウィルスを狙って、ハッティやホブス、ショウと対峙することに。 ブリクストンを演じるのは、イドリス・エルバ。1972年9月生まれ、イギリス出身であり、「マイティ・ソー」シリーズのヘイムダルや『パシフィック・リム』のスタッカー将軍役などで知られる人気俳優です。

マグダレーン・ショウ/ヘレン・ミレン

ヘレン・ミレン

ショウとハッティの母親であるマグダーレン・ショウ。前作「アイスブレイク」で初登場し、観客の度肝を抜いた強ママ。組織のボスでしたが、本作では獄中にいながら登場するようです。 演じるのは女優ヘレン・ミレン。彼女は、これまでカンヌ国際映画祭女優賞をはじめとする数々の賞を受賞してきた大物女優です。また、その功績が讃えられて、大英帝国勲章を受勲し、デイムの敬称をもらっています。

マダムM/エイザ・ゴンザレス

マダムMは、女性傭兵集団のイケてるボス。謎多き存在として登場します。 彼女を演じる女優エイザ・ゴンザレスは、本作へのキャスティングが他作品『ゴジラVSコング (原題)』の関係で最後の最後に決定したと言われています。これまでに『ベイビー・ドライバー』や『アリータ:バトル・エンジェル』などに出演し、存在感を発揮しています。

監督は『アトミック・ブロンド』のデビッド・リーチ!

ドウェイン・ジョンソン、イドリス・エルバ、ジェイソン・ステイサム『ワイルド・スピード/スーパー・コンボ』
©UNIVERSAL PICTURES

本作でメガホンを取るのは、デビッド・リーチ。キアヌ・リーブス主演のネオノワール『ジョン・ウィック』やシャーリーズ・セロンが美しき女スパイを演じた映画『アトミック・ブロンド』で監督を務めた人物です。 そして、2018年には、異色のR指定ヒーロー映画として人気を博した『デッドプール2』でもメガホンをとっています。アクションの演出には定評があるリーチなら、「ワイスピ」スピンオフにも大きな期待ができそうです。

スピンオフはシリーズを飛び出した作品へ!

「ワイルドスピード」シリーズの新たなことへ挑戦する姿勢に魅力を感じていたというデビッド・リーチ。そんな彼は、このスピンオフ作品でシリーズを飛び出した作品を目指すとアメリカFandangoのインタビューで答えています。 この発言からすると、スピンオフでしか描けない「ワイスピ」作品が誕生することになりそうです。

スピンオフ映画『ワイルドスピード/スーパーコンボ』の公開日は?

ドウェイン・ジョンソン、ジェイソン・ステイサム『ワイルド・スピード/スーパー・コンボ』
©UNIVERSAL PICTURES

「ワイルド・スピード」シリーズのスピンオフ『ワイルドスピード/スーパーコンボ』は2019年8月2日日米同時公開です。毎度の事ながら、カーチェイスやアクションなどの迫力がとにかくすごい映画です。是非映画館の大きなスクリーンに足を運んで観てみてください。