2021年7月1日更新

映画「ワイルドスピード」ドミニクはファミリー思いのアツい男!ドムの妻や弟との関係を解説

『ワイルド・スピード MEGA MAX』
©️Supplied by LMK/zetaimage

2021年8月に最新作公開を控え、注目が集まる「ワイルドスピード」シリーズ。1作目から登場し、今や“「ワイスピ」の顔”となったのが、主人公ドムことドミニクです。この記事では、彼のプロフィールや家族関係、演じた俳優&吹替声優などを解説します。

目次

映画「ワイルドスピード」のドムことドミニクについて徹底解説!

映画「ワイルドスピード」は、ドラッグレース(ゼロヨン)に熱狂する若者が犯罪を重ねるうちに、大規模な事件に巻き込まれるカーアクションシリーズです。 この記事では、いわずと知れた主人公ドムことドミニクについて詳しく解説します。 2021年8月公開の最新作「ジェットブレイク」では、ドムの過去がついに判明!彼の実弟ジェイコブの登場に備えて、プロフィールや家族関係などを整理しましょう。

ドミニクのプロフィールを紹介!ファミリー思いになった理由は?

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

「ワイルドスピード」の中心人物であり、ドムの愛称で知られるドミニク・トレット。4作目「MAX」以降は単独主人公ですが、もとは主人公のうちの1人でした。 当初は強盗団を率いて活動するほか、レースの賞金や雑貨屋の経営で生計を立てていたものの、現在は警察に協力を請われる立場に。天才的なドライバーとして名を馳せており、運転の技術も戦闘力も、ファミリーでもっとも高いといえるでしょう。 一見、気性の荒さも目立ちますが、独自の信念や正義を持つ魅力的なアウトローです。一般人や子どもには優しく接し、ファミリーとのBBQでも食事前のお祈りを忘れません。これはトレット家がクリスチャンであるためで、胸には十字架を下げています。

生い立ち

ドムの父親はストックカーレースのプロ選手で、彼も幼くして車に興味を持ちました。共通の趣味を通じ、ヴィンスの仲間やレティと親しくなります。 ある年のシーズンの最終レースで、父親が無理な追い抜きをした選手と接触事故を起こし、時速120マイル(200km)で壁に激突して死亡。ドムは事故の原因となったレーサーのケニー・リンダをボコボコに殴り、2度とレースができないほどの大怪我を追わせました。 そしてコースの出入りを生涯禁止された上、ロンポック連邦刑務所に収監されてしまったのです。 こうした経緯からドムは家族を大切にしており、血の繋がったミアはもちろん、レティたちも含む「ファミリー」をなによりも優先してきました。

ブライアンとの関係を解説!相棒でもあり義兄弟でもある

『ワイルド・スピード』ヴィン・ディーゼル、ポール・ウォーカー
©Universal Pictures/Photofest/zetaimage

ブライアン・オコナーロス市警の元警察官で、FBIの元潜入捜査官。彼とは警察官とトラック強盗の容疑者として出会い、次第に友情を深めました。 ブライアンはドムとの友情やミアへの愛を優先し、強盗と知りながらも逃走を手助けしてくれ、再会した4作目から正式にタッグを組むことに。ライバル兼相棒として、麻薬王や悪徳実業家を相手に危険なミッションを遂行したのです。 その過程でブラインとミアが結婚したため、2人の関係には「義兄弟」も加わりました。 愛する妻と我が子を守るため、7作目「SKY MISSION」で過去の罪を精算したブライアン。ファミリーを離れて暮らす彼らを、ドムも遠くで見守ることにしました。

家族関係を紹介!妻や子どもを愛するファミリー思いのドム

妻/レティ・オルティス

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

10代の頃からレースを通じて惹かれ合い、公私にわたるパートナーになったレティ。レーサーとしての技術は抜群で、自身の愛車の改造・整備もこなします。 戦闘においてもファミリーの主戦力で、相手が男性でもあっさり勝てるほどの腕前です。 ドムに対しての想いは強く、彼に異性が近づくと嫉妬心を露わにして追い払います。4作目ではとある見返りを目的に、麻薬密売組織への潜入を実行。死亡説も流れましたが生還し、失った記憶も少しずつ取り戻していきました。 7作目以前に実はドムとすでに結婚していて、“彼の妻”だったと判明。記憶喪失に悩み1度は別れを切り出しますが、現在は家族で穏やかに暮らしています。

妹/ミア・トレット

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』
(c) 2021 Universal Studios. All Rights Reserved.

ドムとともに雑貨屋兼カフェ「Toretto's Market & Cafe」を経営する実妹です。父親や兄譲りの実力がありますが、はじめはレースから距離を置いていました。 5作目「MAGA MAX」で自身も国際指名手配され、以降は本格的にファミリーに参戦。妊娠・出産をきっかけに夫婦揃って離脱し、息子と3人で静かに暮らしています。最新作ではなんと、ファミリーに戻ってくることが確定しました。

甥/ジャック

6作目の「EURO MISSION」にて、ミアとブライアンの間に誕生した第1子です。 ロンドンで暗躍する犯罪組織のボス、ショウの一味によって拉致されてしまい、輸送機のなかで殺害されそうになりますが、危機一髪でドムたちが救出。 現在はファミリーを離れた両親、母親のお腹に宿った妹と平和に暮らしていると思われます。

元恋人/エレナ

5作目で初登場したブラジルの地元警察官。夫を射殺された過去があり、“最愛の人を喪った”という共通点が傷心中のドムを慰め、彼の新しい恋人になります。 6作目ではドムやミアたち夫婦とともに、強奪した1億ドルの山分け金で暮らしていました。しかしレティの生存が判明したため、エレナは身を引くことを決断。破局後は警察に復職し、DSS(アメリカ外交保安部)のロス支部でホブスの下に付きます。 前作「ICE BREAK」以前にドムとの間に男児が誕生し、彼に打ち明けようとした矢先、息子とともにサイファーに人質に取られました。 最期は一種の見せしめの形で、ドムと息子の目前でサイファーの部下ローズに殺害されます。

息子/ブライアン

エレナとの間に生まれた第1子で、ドムがファミリーを裏切ってまで助けに向かった息子です。エレナは亡くなりますが、彼はドムのかつての敵デッカードに救出されます。 ドムは前作のラストで息子をファミリーに紹介し、相棒の名からブライアンと名付けました。最新作の予告編を観る限りでは、現在はレティが育ての母になっているよう。ドムはブライアンの良き父親になるべく、妻と一緒に家事に励む毎日を送っています。 意味深に思える名前の由来から、「ブライアンは死亡した!?」と思われがちですが、海外では友人や親から名前をもらうことは珍しくありません。製作側の意図としては、ブライアン役の故ポール・ウォーカーへの敬意を現したそうです。

最新作「ジェットブレイク」で弟・ジェイコブとの確執が明らかに?

『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』ヴィン・ディーゼル、ジョン・シナ
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

最新作「ジェットブレイク」では、トレット兄弟の確執をめぐる物語が展開します。 マッスルカーをトラクターに乗り換え、愛する家族と暮らしていたドム。彼は世界を揺るがす陰謀を止めるため、実弟のジェイコブと戦うことになりました。 ジェイコブは「凄腕の殺し屋」や「一流ドライバー」、「盗みのプロ」などの異名を持ち、ドムに勝るとも劣らない実力者です。前作「ICR BREAK」の黒幕サイファーと組み、越えるべき存在であり、憎悪の対象でもある兄の前に立ちはだかります。 一方のドムにとっても弟は“消したい記憶”で、妹のように良好な関係ではありません。ベールに包まれたドムの過去とは?兄弟対決の行方はどうなるのでしょうか?

ドミニクが使っている愛車は?父から受け継いだ車を乗りこなす

1970年式ダッジ・チャージャー

ワイルド・スピード ユーロ・ミッション
© Universal Pictures/zetaimage

ドムの愛車として有名なのが、ダッジ・チャージャーのB-body(第1世代)です。父親から受け継いだ形見であり、「運転するのが怖い」と語るシーンも。 自宅ガレージで少しずつ整備され、1作目の終盤でついに日の目を見ました。しかしブライアンが操るトヨタ・スープラとのレースの末、廃車寸前の状態に……。 ドムは年式や形が違う複数のチャージャーにも乗りますが、父親から受け継いだ思い出深いこの車は4・5・7作目でも搭乗します。 そのほかにもシボレー・シェベルSS(1970年式)、プリムス・ロードランナー(1970年式)など、マッスルカー好きはたまらない車種が登場。劇中車として日本車も数多く起用されていて、ドムも1作目の序盤では赤のマツダ・RX-7に乗っていました。

ドミニクを演じた俳優&吹き替え声優

ヴィン・ディーゼル

ヴィン・ディーゼル
WENN.com

ヴィン・ディーゼルは2作目を除いて、「ワイルドスピード」のほぼ全作品でドミニク役を演じ、4作目以降は製作も兼任してきました。 自主制作の短編映画がカンヌ国際映画祭で高評価を受け、スティーヴン・スピルバーグ監督の『プライベート・ライアン』(1998年)に抜擢されたとき、彼はすでに31歳。今や世界的なアクションスターですが、実は遅咲きの俳優だったのです。 その後は「ワイルドスピード」で大出世を遂げ、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのグルート役でも知られています。 俳優以外に映画監督、脚本家、プロデューサーの顔を持ち、自身が設立した映画製作会社「One Race Films」は本作の一部にも携わりました。

内田直哉

1作目と3作目「X3 TOKYO DRIFT」の吹き替え声優は、俳優で声優の内田直哉です。 もとは舞台やTVドラマで活躍していましたが、1996年頃から声優メインに転向。アニメでは「COBRA THE ANIMATION」シリーズのコブラ役、吹き替えではブルース・ウィリスやケネス・ブラナーなどのスターを担当しています。

楠大典

4作目の「MAX」以降は内田に代わり、楠大典が吹き替え声優を務めています。 楠は「テニスの王子様」シリーズの真田弦一郎役、『キングダム』の蒙武役などで有名ですが、海外作品の吹き替え経験も豊富です。ヴィン・ディーゼルのほか、「ワイルドスピード」でホブス役を演じたドウェイン・ジョンソン、ジェイミー・フォックスらを持ち役にしています。

映画「ワイルドスピード」のドムことドミニクはファミリー思いの男だった!

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
©︎UNIVERSAL PICTURES/zetaimage

2001年に1作目が公開され、長年に渡り愛され続ける「ワイルドスピード」シリーズ。ファミリー想いのドムは、重要なテーマである「家族」を象徴する主人公です。 彼は愛する子どもを救うために、ファミリーを裏切る決断をしたこともあります。離脱したメンバーをも気にかけ続けるドムは、なぜ実弟とは不仲なのでしょうか? 最新作で敵として立ちはだかる弟に、兄としてどんな決着を付けるか注目ですね!