サンリオのマイメロディがやっぱりかわいい【誕生日からアニメまで】

2017年7月6日更新

白いウサギが赤ずきんを被っている愛らしいルックスで人気の『マイメロディ』。実はその歴史は古く、誕生したのは1975年なのです。プロフィールからちょっとした豆知識まで、これを読めば『マイメロディ』の世界をより楽しめるようになる事間違いなし!

みんな大好き!マイメロディのプロフィール 【誕生日や好きなものは?】

実際にキャラクターとしてマイメロディが作られたのは1975年ですが、年齢が設定されているわけではありません。誕生日は1月18日。身長は「森の水玉きのこと同じぐらい」、好物はアーモンドパウンドケーキ、趣味はママと一緒にクッキーを焼くこと、とだいぶ女の子らしい内容になっています。 家族は祖父母・両親・リズムという名前の弟の6人家族で、リズムはサンリオの機関紙「いちご新聞」の読者公募で名前が決まった過去があります。 もともとウサギをモチーフにして赤ずきん風に仕上げた、シンプルなデザインですが、それだけに魅力的で、人気の長く続くキャラクターになったようです。

サンリオキャラクター大賞の上位ランカー【2連覇の経験有り!】

1986年から、サンリオの機関紙「いちご新聞」にて行われている「サンリオキャラクター大賞」。2016年までで大賞獲得の最多はハローキティの合計14回、続いてポチャッコの5回。それを追うように、マイメロディとポムポムプリンが3回ずつ大賞を獲得しています。 マイメロディはTVアニメを放送していた2010年・2011年で連覇。その後2014年に1位を獲得した他、1997年から2016年まで19年連続ベスト5入りを果たしており、その人気の高さが伺えます。 次に1位の栄冠を手に入れるのは、マイメロディかポムポムプリンか、それとも全く別の キャラクターなのでしょうか?

マイメロディ、その人気の軌跡 【その人気は国内に留まらない!】

1975年に登場して以来、シンプルでありながらも可愛いデザインで、マイメロディの活躍は様々な方面に広がっています。 銀行のイメージキャラクターや、ペイントバスの運行、映画化や後述するTVアニメのヒット。さらにはサンリオピューロランド限定ユニットとして、サンリオのうさぎ仲間と「バーニーズ」の結成と松田聖子の名曲「赤いスイートピー」のカバーといった活躍を見せています。 またアメリカ・イタリアなどでサンリオ商品の売上No.1を記録するなど、世界中で老若男女を問わずマイメロディは愛され、今でも新しいグッズが毎年展開されています。

マイメロディに負けない、キュートな仲間たち!

クロミ 【ちょい悪黒頭巾ちゃん】

後ほどご紹介する、TVアニメ『おねがいマイメロディ』シリーズに登場して人気が出てきたのが、クロミです。 マイメロディのライバルで、サンリオでは悪役のキャラクター、というのはあまり例がなく、『バッドばつ丸』の「ばつ丸」と同様に珍しい事例です。 主な1人称は「アタイ」、好物はらっきょう、趣味は日記・恋愛小説を読む事だったりと、悪役でちょっと渋い部分と女の子の可愛い部分が混在しています。悪役ではありますが、抜けている所があり、どこか憎めない性格からマイメロとは違った路線で人気が出る事となりました。

ピアノちゃん 【可愛い毒舌羊】

ピンク色の毛をした羊の女の子。マイメロの幼馴染ですが、TVアニメ『おねがいマイメロディ』の放送当初は名前がなく、後にサンリオの機関紙「いちご新聞」の読者公募にて名前が決まりました。 傍目には「あっぱめぇ~!!」と「ぽきゅる~」しか喋っていないように聞こえませんが、マイメロディ・クロミ、一部の限られた人間には意味が通じていたようで、普段は天真爛漫ですが、実は毒舌な一面もあるのだとか。 特技はポエム・キーボード演奏といった芸術的なものが多く、TVアニメではポエム対決も披露しました。羊らしく、誰かを眠らせることと、自分も瞬時に寝てしまう事も得意技の1つとしています。

アニメが爆発的大ヒット!マイメロディがキュートに飛び回る!

TVアニメ『おねがいマイメロディ』【マイメロディ30周年記念作品】

マイメロディ30周年となる2005年に、記念企画として作成されたのが、TVアニメ『おねがいマイメロディ』です。 マイメロディは異世界「マリーランド」に住んでいました。ある日、「マリーランド」のいたずらコンビ、クロミとバクの脱獄を手助けしたと誤解されたマイメロディは、償いとして王様から人間たちの夢を守るよう言い渡されるのでした。 人間界で出会った少女、夢野歌とともに、クロミ達から人間たちを守るドタバタ楽しい日々を描いたこの作品は人気が爆発し、シリーズ化。2009年3月まで放送される人気作となったのです。 ふわっとしたキュートなキャラクターとして扱われることの多いマイメロディですが、アニメでは天然悪女のような一面もあり、そのギャップが人気の秘密かもしれません。

TVアニメ『おねがい♪マイメロディきららっ★』 【新展開たっぷり】

2005年に放送されたTVアニメ『おねがいマイメロディ』。その人気から『おねがいマイメロディ~くるくるシャッフル!~』、『おねがいマイメロディ すっきり♪』とシリーズ展開が続きました。『おねがいマイメロディきららっ★』は3作品続いたシリーズの過去を描いた作品です。 願いを叶える「願い星」で憧れの先輩に告白したかった主人公、きらら。しかし願い星が粉々になったことで願いはかなわず、更に人間界へ帰ることが出来なくなってしまいます。友達になったマイメロディやクロミと一緒に願い星のかけらを集めるきらら、皆の願いは叶うのでしょうか? マイメロディやクロミへのスポットの当て方やストーリーの展開など、前作までとはガラッと変わった作品になっており、飽きのこない構成になっています。