2017年7月6日更新

アニメ『アグレッシブ烈子』のキレっぷりがすごい。【サンリオ】

アグレッシブ烈子

サンリオから登場した新キャラクター、レッサーパンダの烈子を主人公にしたアニメ『アグレッシブ烈子』。可愛らしい外見とは裏腹に心の中ではデスボイスで毒を吐く姿が、働く女子を中心に話題を呼んでいるようです。一体どんな作品なのでしょう

アニメ『アグレッシブ烈子』ってナニ?あらすじは?

2015年に行われた「サンリオキャラリーマン総選挙」にて、アライグマの烈子というOLキャラが登場しました。『アグレッシブ烈子』はその烈子を主人公としたアニメで2016年4月からTBSの番組『王様のブランチ』の中で放送されています。 キャラリーマン株式会社という一流企業に勤めるレッサーパンダのOL烈子が、周りの同僚や上司の愚行に振り回されながら奮闘するという物語になっており、個性豊かで会社に「こういうやついる!」言いたくなりそうなキャラが勢ぞろいしています。

アニメ『アグレッシブ烈子』に登場する強烈なキャラクターたち

レッサーパンダのキレキャラ、主人公の烈子

キャラリーマン株式会社で経理部に勤める25歳のレッサーパンダのOL。年齢は25歳、11月16日生まれでさそり座A型の烈子、決め台詞は「がんばれっさー」です。 日頃は理不尽な上司や同僚に振り回されるのですが、なかなか言い返せない性格のため心の中で不満が溜まりまくっています。日頃は心の中でデスボイスで毒づいている烈子ですが、そのストレスが溜まりに溜まると1人カラオケに出かけて行き、デスメタルを歌ってストレスを発散しています。

イカツイ見た目だけど心は繊細なキャリアウーマンのゴリ部長

烈子と同じくキャラリーマン株式会社で働く女性で、マーケティング部の部長をしています。見た目がゴリラのため、いかついという理由でオシャレをしても弄られてしまう切ないキャラです。 また、見た目とは裏腹にとても繊細な心の持ち主でもあります。烈子とは会社のヨガスクールを通じて知り合い、そこから意気投合して鷲美と共に愚痴を吐き合う仲間となっています。 カフェ店員のマンドリルに密かに恋しているようなのですが、なかなか言い出せずにいる、という可愛らしい面もあります。

クールな敏腕秘書、ヘビクイワシの鷲美

キャリアウーマン株式会社にはアフリカゾウの社長がおり、彼には美人の敏腕秘書がついています。それが鷲美です。普段は社長の人使いの荒さとメンタルの弱さにうんざりしているのですが、クールを装っています。 ゴリ部長と同じく会社のヨガスクールを通じて2人と知り合い、それ以来愚痴を吐き合う仲間となっています。妹にキャビンアテンダントをしている鷲子がおり、姉妹揃ってプライベートは派手なようです。

烈子のキレっぷりに働く女子が共感!!

このアニメ最大の特徴といえば、烈子の愛らしい見た目からは想像もつかないほどのキレっぷりです。とはいえ、表には出すことはなく心の中で叫ぶだけですが。さあ、定時に帰ろうとなった途端、突然上司から書類を頼まれた烈子。心で「部下に仕事丸投げして定時退勤クソ上司!」と叫びます。それを聞いて「私も!」と思った方、いるのでは? この叫びは烈子と同じような立場で働く人々から共感を呼んでおり、今にも画面の前から「わかるわー!」という声が聞こえてきそうです。

『アグレッシブ烈子』に声優として横澤夏子が登場していた!

2016年の7月に放送された回に、空気の読めないウーパールーパーのキャラクター、ヨコサワさんが登場しているのですが、実はこのキャラクター、お笑い芸人の横澤夏子が担当しています。 横澤夏子といえば「ちょっとイラっとする女子」というのをネタに良く使っていますが、それを体現したようなキャラクターとなっています。ヨコサワさんも個性豊かそうですね。