映画『友罪』キャスト・あらすじ【生田斗真×瑛太!『ロクヨン』監督が少年犯罪を描く】

2017年11月17日更新

薬丸岳の小説『友罪』が、『64 ロクヨン』シリーズの瀬々敬久監督によって映画化されることが発表されました。この記事では、主演を務める生田斗真と瑛太のコメントや、原作のあらすじ、みどころなどをご紹介していきたいと思います。

日本ミステリー界の若き旗手、薬丸岳作品『友罪』の映画化に生田斗真・瑛太らが参加

映画『友罪』は、2018年5月に公開が予定されています。同作の原作を手がけるのは、デビュー作『天使のナイフ』で第51回江戸川乱歩賞を受賞したほか、『Aではない君と』で第37回吉川英治文学新人賞を受賞したことなどで知られる薬丸岳。薬丸作品はこれまで、『天使のナイフ』『悪党』などがドラマ化されましたが、映画化されるのは『友罪』が初となります。 薬丸作品初の映画化作品となる『友罪』のメガホンをとるのは、映画『64 ロクヨン』などの瀬々敬久監督。主演は、生田斗真と瑛太が務めると発表されています。

原作『友罪』のあらすじ

フリー画像

『友罪』は、著書の薬丸岳が児童連続殺傷事件から着想を得て執筆した作品です。 同作の主人公は、ジャーナリストを志しながらも夢破れ、町工場で働くことになった男・益田純一。益田の同僚である鈴木は、無口で陰気なので職場では好かれていませんが、益田は同期入社ということもあり、徐々に鈴木と親しくなっていきます。 そんな中、十数年前に起きた児童殺傷事件「黒蛇神事件」について調べることになった益田は、その事件の犯人が鈴木なのではないかと疑うようになっていく、というストーリーです。

生田斗真&瑛太は映画『友罪』で3度目の共演

映画『友罪』で、益田を演じるのは生田斗真、陰気な男・鈴木は瑛太が演じます。 瑛太と生田が共演するのは、2009年に放送されたドラマ『ヴォイス〜命なき者の声〜』、2016年に公開された映画『土竜の唄 香港狂騒曲』に続いて3度目。3度目の共演となることについて、生田は切磋琢磨していきたいといったコメントを寄せており、一方の瑛太も、生田やスタッフ、瀬々監督を信じて最後まで演じ切りたいとコメントしています。 なお、益田演じる生田は、薬丸作品のファンであり、『友罪』も数年前に読んだ作品とのこと。同作の映画化について、生田は映画館の椅子から立てなくなるような作品になる予定ともコメントしています。

監督は『64 ロクヨン』で知られる名匠・瀬々敬久

映画『友罪』のメガホンを取るのは、映画『64 ロクヨン』シリーズなどで知られる、瀬々敬久監督。 瀬々監督と言えば、数々のピンク映画を手がけ「ピンク映画四天王」の異名を取っていたほか、映画『MOON CHILD』、4時間38分の上映時間を持つ『ヘブンズストーリー』など、多様な作品を手がけることで知られています。また、近年でも『ストレイヤーズ・クロニクル』などの商業映画を手がける一方で、自主企画映画『菊とギロチン 女相撲とアナキスト』などを精力的に制作するなど、多様な制作方法でジャンルに縛られない作品を発表し続けています。 『友罪』の映画化に対して瀬々監督は、日常の中で起こる様々な事件の中でも、忘れてはいけない事件というものがあり、本作はそこから派生する様々な問題に対する答えを探し続ける映画になるとコメント。重厚な原作を瀬々監督はどのように映像化していくのでしょうか?特報等の公開が待たれます。

佐藤浩市、夏帆ら、豪華追加キャスト20人超が一挙発表!

友罪
©2017映画「友罪」製作委員会 ©薬丸岳/集英社

映画『友罪』の追加キャスト20名以上が一挙に発表されました。佐藤浩市、夏帆をはじめ、今回発表された追加キャストも豪華俳優陣がズラリと並んでいます。 今回新たに出演が判明したのは、佐藤、夏帆に加え、山本美月、富田靖子、奥野瑛太、飯田芳、小市慢太郎、矢島健一、青木崇高、忍成修吾、西田尚美、村上淳、片岡礼子、石田法嗣、北浦愛、坂井真紀、古舘寛治、宇野祥平、大西信満、渡辺真起子、光石研です。 文字数の関係で全キャストの役柄を説明することは出来ませんが、今回は特に重要な役と思われる一部キャラクターとそのキャストを紹介します。

瀬々組の常連?佐藤浩市は贖罪に向き合うタクシードライバー役に

佐藤浩市は、『感染列島』、『ヘヴンズ ストーリー』、『64-ロクヨン―前編/後編』に続く瀬々監督作品への出演となります。 もはや瀬々監督の作品の常連とも言える佐藤が本作で挑むのは、息子が過去に犯した事件を機に一家離散し、贖罪と向き合い続ける日々を過ごすタクシー運転手・山内修司役を演じます。

夏帆はAVへの出演を強要された過去を持つ女役に

2017年9月期ドラマの『監獄のお姫様』に出演している夏帆も、『友罪』に登場します。彼女が本作で挑むのは、瑛太演じる鈴木に助けられたことで、彼に対して好意を抱いていく藤沢美代子役です。 藤沢は、AVへの出演を強要された過去を持つ難役ということなので、映画『海街diary』で第39回日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞をした夏帆の演技力の見せ所と言えるのではないでしょうか?

山本美月は益田の再起を願う元恋人役に挑戦

2017年9月期ドラマ『刑事ゆがみ』にも出演している山本美月も追加キャストとして発表されました。 山本は、益田の元恋人で、彼のジャーナリストとの再起を願う杉本清美役です。劇中では、雑誌記者として犯人を調べる姿が、益田のジャーナリストとしての心を刺激するキーパーソンとなるそうです。

富田靖子は鈴木の過去と現在を知る唯一の人物・白石役として出演

鈴木の少年院時代に担当法務教官だった白石弥生役を演じるのは、映画・ドラマ・舞台と幅広く活躍するベテランの富田靖子です。 劇中では、鈴木の現在と過去を知る唯一の人物として立ち回ることが明らかになっています。

映画『友罪』は2018年5月公開!

少年犯罪を描いた映画『友罪』は2018年5月に公開されます。この記事では情報が解禁され次第、最新情報をお伝えしていきます!