『ジュラシック・ワールド』モササウルスの謎と魅力に迫る!【DNAの採取はどうしたの?】

2017年8月4日更新

2015年に公開された『ジュラシック・ワールド』で華々しい初登場を飾った、モササウルス。その迫力に圧倒されてしまうばかりです。しかし、あのモササウルス、実はその存在自体に矛盾がある!?サイズが大きすぎる等、ファンが抱くような疑問点の解説も含めて、モササウルスの魅力をご紹介します。

予告編で印象的なモササウルスの魅力に迫る!

『ジュラシック・ワールド』の予告編で最も印象的な恐竜のひとつであるのが、シリーズ史上初登場となった海棲恐竜のモササウルス。巨大な身体、ワニのような頭部を持ち、白亜紀に生きていました。バリオニクスのように、大小様々な魚やアンモナイト等の貝類、海棲生物を補食し、その顎の強さはティラノサウルスを超えるほどのものだと言われています。 そんなモササウルスの魅力に迫りたいと思います。

1.秘書ごとプテラノドンを丸呑みするジャンプ力!

「ジュラシック・ワールド」内では、非常に人気の高いモササウルスの水中エサやりショーが紹介されていました。水上に掲げられたサメを、水中からジャンプして一気に丸呑みにする姿は圧巻!それは、後にパークが崩壊した際、プテラノドンに攫われたクレアの秘書ザラを食べてしまうシーンの伏線となっています。

2.モササウルスの鳴き声は、こうやって生み出された!

サウンドデザイナーはモササウルスの鳴き声を、より一層海棲恐竜らしさを持たせるために海の中に住む生き物を混ぜ合わせて作り上げたとメイキング動画で話しています。 その生き物とは、セイウチ、ゴンドウクジラ!動画で紹介された鳴き声を聞くと、まるで第一作目の『ジュラシック・パーク』に登場したブラキオサウルスの鳴き声にも似ています。もしかすると、モササウルス以外の恐竜にもこの手法は使われていたのかも?

3.待って、そもそもモササウルスのDNAはどう復元されたの?

さて、勘の良い人はモササウルスの存在に疑問を抱いたのではないでしょうか? 遡ること一作目『ジュラシック・パーク』で、パークの科学者が如何に恐竜をこの世に蘇らせたのかを説明しています。そのキーとなるのが、ジョン・ハモンドの杖の先にもついていた琥珀です。太古に恐竜の血を吸った蚊が、樹脂に飲まれて琥珀となり、その蚊から恐竜のDNAを搾取していました。 では、モササウルスは水中に住んでいたのにどのように蚊にさされたというのでしょうか?モササウルスの存在自体、おかしくないのでしょうか? これに関しては、マイケル・クライトン著の原作『ジュラシック・パーク』上巻に見解が記載されています。映画では蚊から血を抜き取る方法だけが紹介されていましたが、原作では「化石をすりつぶす事で恐竜のDNAの断片が見つかり、それが大量に回収できればクローン技術によって再生できる」と説明があります。 尚、『ジュラシック・ワールド』による公式サイト「マスラニ・グローバル・コーポレーション」に記載があるウー博士の研究メモによると、2000年に最新テクノロジーを使用してモササウルスの化石から再構築可能なDNAの断片を発見できた事が明かされています。つまり、原作と同じ手法でモササウルスは蘇ったのです。

4.あのサイズ感、大きすぎない?

ファンの間では度々、このモササウルスが巨大すぎると話題になっています。 これは、元々製作総指揮をしていたスティーブン・スピルバーグが「もっと大きく、もっと怖い感じに作ってこう!」と製作側に要求したことがきっかけとなったそうです。製作側も、あまりにも大きなサイズ感になると非現実的になってしまう、と懸念していましたが「水棲恐竜は海の中にいるので、巨大に成長を遂げるリミットのようなものはないのではないか」という考えの基、大きなサイズ感でも良いのかもと納得したのです。

5.インドミナス・レックスを倒す、まさに喧嘩番長!

映画のクライマックスでは、地上でインドミナス・レックスの撃退に苦戦するラプトルのブルーとティラノサウルスに代わって、突如あの持ち前のジャンプ力を生かし、水際にきたインドミナスに食らいつきます。そして、そのまま水中へと引きずり込んだ事で万事は解決したのです。 今日までに発見されているモササウルスの化石は、どれも傷が多かった事から普段闘争が絶えなかったのではないかと考えられています。更に、モササウルスは最も巨大・強大な海棲生物だったと言われているため、売られた喧嘩は全て勝つような、まさに“喧嘩番長”的な存在だったのかもしれません。そう考えると、あの映画のラストもなんだか納得のいくシナリオですね。

6.『ジュラシック・ワールド』続編に、モササウルスは再登場するのか!?

In one year, life finds a way. Day 52 @jurassicworld #jurassicworld #jurassicworld2 #JurassicWorldFallenKingdom

Bryce Dallas Howardさん(@brycedhoward)がシェアした投稿 -

さて、現在撮影がクランクアップされている待望の続編『ジュラシック・ワールド:フォールン・キングダム(原題)』に果たしてモササウルスはカムバックするのでしょうか!? 未だに次作に登場する恐竜は公表されていませんが、次作にはシリーズ史上最大規模となる“水中シーン”が存在するとのこと。特にクレア役のブライス・ダラス・ハワードは、びしょ濡れになった様を自身のSNSで投稿しています。 シリーズ史上最大規模の水が関わるシーンとなれば、史上最大の海棲恐竜のモササウルスも登場する可能性が非常に高いのではないでしょうか!?また、続編では遂にバリオニクスが初登場するという噂も流れています。バリオニクスは、モササウルスのように完全な海棲ではないものの、同じように魚食だったと言われているため水の中に潜る動作があると考えられます。 期待が高まる『ジュラシック・ワールド』続編の全米公開は、2018年6月22日です。