2017年11月17日更新

超正統派ラブストーリーと話題の『恋は雨上がりのように』の完成度がヤバそう!【2018冬アニメ】

恋は雨上がりのように 8

累計発行部数175万部突破の正統派ラブストーリー漫画『恋は雨上がりのように』がついにアニメ化を果たし、2018年1月から放送されます。今回はPVから既に名作の雰囲気を感じさせる本作の魅力をいち早くご紹介します。

『恋は雨上がりのように』、超正統派ラブコメがアニメ化!

2018年1月からフジテレビのノイタミナ枠で放送となるアニメ『恋は雨上がりのように』。原作は眉月じゅんがビッグコミックスピリッツで連載中(2017年11月現在)の漫画で、バイト先の店長に恋する女子校生を主役とする超正統派ラブストーリーです。 青年誌で連載していることもあり、大人の読者を満足させる緻密な心情描写とドキドキするようなストーリー展開が好評を博しており、累計発行部数は175万部を突破。アニメ化におけるファンの期待値も高い作品です。 アニメを手掛けるのは2018年秋クールの『魔法使いの嫁』、『進撃の巨人』などで知られるウィットスタジオ。公開された第1弾アニメーションPVでは持ち前の描写力の高さを如何なく発揮しており、期待は高まるばかりです。

『恋は雨上がりのように』のあらすじ

17歳の女子高生・橘あきらは、普通にしていると周囲から怒っていると思われてしまうような、感情表現が苦手な女の子。エースとして活躍していた陸上部を怪我で退部してからは、ファミレスでのアルバイトに精を出しています。 黒髪のロングヘアーに整った顔立ちのあきらに言い寄る男子は多いですが、当のあきらはというとバイト先の45歳の店長・近藤正巳に密かに思いを寄せているのでした。 そんなある日、忘れ物を届けるために客を追いかけたあきらの怪我が再発し、以来正巳もあきらのことを気にかけるようになります。この出来事はあきらの恋心をますます加速させ、ついに彼女は正巳にその気持ちを伝え、思いもよらない告白に戸惑いを見せる正巳、はたして二人の恋の行方は……。

『恋は雨上がりのように』の主役となる二人の登場人物

橘あきら(たちばなあきら)

本作のヒロイン・橘あきらは、風見沢高校2年D組に所属する17歳の女子校生。綺麗な黒髪ロングヘアーで、目鼻立ちもくっきりしており容姿端麗です。 かつては陸上部に所属し、エースになるほどの実力の持ち主でしたが、右足アキレス腱に深刻な怪我を負い退部することに。それからはファミレス「cafeレストラン ガーデン」のウエイトレスとして、熱心にバイトに励んでいます。 バイト先の店長である近藤正巳に密かに恋心を抱いていますが、寡黙で誤解されやすい性格なこともあり、その気持ちは伝わっていませんでした。バイト先で怪我が再発した出来事をきっかけに正巳との距離が縮まり、思いを伝えることに。

近藤正巳(こんどうまさみ)

もう一人の主人公・近藤正巳は「ガーデン」の店長を務める45歳の男。バツイチ子持ちで、現在はアパートで独り暮らしをしています。 寝ぐせのついた髪型、だらしない身だしなみなど風貌はさえない中年男性そのものです。あきらからの好意にはまったく気付かず、1回目の告白も「人間的に好き」と誤解するなど、恋愛には縁がないと思っています。 その後、彼女の本当の気持ちを知ってからも自分の状況やあきらの幸せを考慮し、恋人関係に踏み出せないでいます。

胸キュンな直球のラブストーリーが魅力!

本作最大の見どころはド直球なラブストーリー。特に一つ目の山場となるあきらの二度目の告白シーンまでは必見です。 28歳の年齢差がある二人の前には、実にさまざまな障害が立ちはだかります。そんな二人がゆっくりではありますが、距離を縮め、互いを理解していく物語は、ときめきと切なさが盛りだくさん。ラブストーリー好きのアニメファンは見逃せない作品となりそうです。

年齢・性別問わず高評価、秀逸な心情描写の映像化も楽しみ!

「このマンガがすごい!」のホームページで公開されている作者・眉月じゅんのインタビューによれば、ファンレターは男女半々、年齢層も幅広いとのことで、原作漫画は年齢・性別問わず読者に愛されています。 原作におけるあきらの心情描写は特に印象的で、セリフで多くを語らずに美しい背景やふとした仕草の描写を積み重ねていく手法が秀逸。一途に正巳に思いを寄せ、ちょっとしたことで一喜一憂するあきらは可愛らしく、彼女の恋を応援したくなります。 こういった原作の良さや心地よい読み味はそのままにアニメ化されれば、2018年冬クール1、2を争う話題作となることは間違いないでしょう。原作を読んだことがない人も、タイトルに入っている「雨上がり」をはじめ、風景の描写にはぜひ注目してみてください。

アニメ『恋は雨上がりのように』の主題歌を歌うのは人気急上昇中の女性歌手・Aimer

『恋は雨上がりのように』の主題歌はアニメファンにお馴染みの女性歌手・Aimerが担当します。2017年には、圧倒的な人気を誇る「Fate」シリーズの劇場最新作『Fate/stay night [Heaven's Feel] I.presage flower』でも主題歌を担当し、話題になったのが記憶に新しいです。 透明感がある声でAimerが優しく歌い上げる主題歌「Ref:rain」はラブストーリーにぴったりの楽曲で、アニメ版『恋は雨上がりのように』を一層盛り上げてくれることでしょう。気になった人はPVをぜひチェックしてみてください。 今回は2018年冬アニメの中から『恋は雨上がりのように』をご紹介しました。公開された第1弾PVからも力の入りっぷりが伝わってくる本作、アニメファンもそうでない人も見逃せないアニメとなりそうですね!