2019年6月13日更新

タランティーノ新作映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 』キャスト一覧 公開前から高評価続出

クェンティン・タランティーノ監督待望の最新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』が2019年8月30日に公開されます。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピット初共演でも話題の新作について、その他のキャストも含めて紹介します!

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』 タランティーノ新作は実際の事件を絡めたコメディ!?

2009年『イングロリアス・バスターズ』、2012年『ジャンゴ 繋がれざる者』、2015年『ヘイトフル・エイト』と直近で約3年置きに新作を発表してきたクェンティン・タランティーノ監督。周期的にそろそろ新作が発表されるのでは?という噂どおり、最新作が公開されます。 監督9作目となる新作のタイトルは、『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド 』。日本では2019年8月30日に劇場公開されます。 この記事ではその気になるあらすじや関連情報、そして豪華キャスト一覧をお届けします。

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のあらすじ

ブラッド・ピット『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

舞台は1969年のロサンゼルス、ハリウッドにある「ヒッピーの丘」。かつてのテレビの西部劇スターだったリック・ダルトンと長年彼のスタントを務めてきたクリフ・ブースは、映画界ではなかなか評価されず焦っていました。そこにリックの隣人である人気女優シャロン・テートがカルト集団「マンソン・ファミリー」によって殺害されるという衝撃的な事件が起きてしまいます。 このショッキングな事件と並行して、リックとクリフは起死回生のための策を講じますが……。

実在したカルト教団による無差別殺人事件がテーマ?その詳細は……

殺害されたシャロン・テートって誰?

シャロン・テート
© Photoshot/zetaimage

本作は1969年に実際に起った「シャロン・テート殺害事件」を題材にしています。この事件で殺されたシャロン・テートとは、どんな女優だったのでしょうか。 テキサス州ダラス出身のシャロン・テートは、ミスコンで優勝したりモデルとして活躍したあと、1960年代からテレビや映画に出演しはじめます。1967年、『吸血鬼』に出演したことがきっかけで、同作の監督であり共演者でもあるロマン・ポランスキーと結婚しました。

「シャロン・テート殺害事件」の概要、犯人

チャールズ・マンソンの死亡記事
© Avalon.red/zetaimage

1969年8月9日。テート宅に突然見知らぬ3人組が押し入り、テートとその友人3人、そして彼らに声をかけた通行人1人を殺害する事件が起きます。 当時妊娠8ヶ月だったテートは「子供だけでも助けて」と懇願したそうですが、犯人グループは彼女をナイフで計16ヶ所刺して惨殺。3人は、狂信的カルト指導者チャールズ・マンソンの信奉者で、マンソンの指示によって犯行におよんだのです。 しかし実際のターゲットはテート宅の前の住人テリー・メルチャーで、彼がミュージシャンを目指していたマンソンをメジャーデビューさせられなかったことを逆恨みしての犯行でした。シャロン・テートは、人違いによって26歳でおなかの子とともに亡くなったのです。 指導者であるチャールズ・マンソンは主に家出少女たちを集めて「ファミリー(マンソン・ファミリー)」というコミューンを率いていました。自ら殺害を実行することはなかったマンソンでしたが、逮捕後の1971年には死刑判決が下されます。しかし、翌1972年にカリフォルニア州で死刑制度が一時的に廃止されたため、終身刑に減刑。マンソンは2017年11月19日に胃腸出血のため獄中から搬送された病院で死亡しました。

落ち目の俳優リック・ダルトンを演じるのはレオナルド・ディカプリオ

レオナルド・ディカプリオ
WENN.com

主人公である元西部劇スター、リック・ダルトンを演じるのはレオナルド・ディカプリオ。2012年のタランティーノ監督作『ジャンゴ 繋がれざる者』で悪役・カルヴィン・キャンディを熱演し、新境地を開いたディカプリオは、今回タランティーノとは二度目のタッグとなります。 本作でディカプリオ演じるダルトンは、1960年代から2018年に死去するまで活躍しつづけたバート・レイノルズにインスパイアされたキャラクターだとか。レイノルズは『さすらいのガンマン』(1966)に主演するなどタフガイのイメージで大人気を博しましたが、一時はプライベートのスキャンダルにより人気が低迷。その後、1997年の『ブギーナイツ』でアカデミー賞助演男優賞にノミネートされ、復活を果たした俳優です。

バート・レイノルズ
©Debbie VanStory iPhoto Inc./Newscom/Zeta Image

レイノルズの大ファンだと公言するタランティーノによって、彼をモデルにしたダルトンはどのようなキャラクターになっているのか、たのしみですね。

ブラッド・ピットがスタントマン、クリフ・ブースを演じる

ブラッド・ピット
WENN.com

そして、リックの長年の相棒でスタントマンであるクリフ・ブースを演じるのはブラッド・ピット。ディカプリオとは今回初共演となります。2009年の『イングロリアス・バスターズ』でアルド・レイン中尉を演じ、初めてタランティーノ監督とともに仕事をしました。ディカプリオ同様、今回二度目のタランティーノ映画出演です。 ブラッド・ピットが演じるクリフは長年バート・レイノルズのスタントマンを務めたハル・ニーダムをモデルにしています。 二大スターの初共演となる本作は、そのコンビネーションにも注目したいですね。

そのほか豪華キャストを一挙紹介

マーゴット・ロビー/シャロン・テート

マーゴット・ロビー
Jennifer Graylock/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

本作でシャロン・テート役を演じるのは、『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインや『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』で知られるマーゴット・ロビーです。 タランティーノ作品初参加のロビーは往年の美人女優をどのように演じるのでしょうか。

ラファウ・ザヴィエルハ/ロマン・ポランスキー

シャロン・テートの夫である映画監督ロマン・ポランスキー役には、本人と同じくポーランド出身の俳優ラファウ・ザヴィエルハが起用されました。 タランティーノに見出され本作がハリウッド初出演作となるザヴィエルハは、第二のクリストフ・ヴァルツとなれるのか注目です。

エミール・ハーシュ/ジェイ・セブリング

エミール・ハーシュ
©J�rg Carstensen/dpa/picture-alliance/Newscom/Zeta Image

『イントゥ・ザ・ワイルド』(2007)や『ミルク』(2008)などへの出演で知られ、2018年には『ジェーン・ドウの解剖』で主演を務めたエミール・ハーシュも、本作に出演します。 彼が演じるのは、シャロン・テートとともに殺害されたヘアスタイリスト、ジェイ・セブリングです。

ルーク・ペリー/スコット・ランサー

ルーク・ペリー
©️Judy Eddy/WENN.com/zetaimage

“スコット・ランサー”はテレビシリーズ「Lancer(原題)」でウェイン・マウンダーが演じたキャラクターの名前です。 実話をもとにした本作のなかでルーク・ペリーが演じるのは、テレビのなかの架空の人物ということになります。

ダミアン・ルイス/スティーブ・マックイーン

ダミアン・ルイス
©Sthanlee Mirador/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

『大脱走』や『ブリット』、『パピヨン』で知られる往年のアクションスター、スティーブ・マックイーンを演じるのは、ダミアン・ルイス。 ルイスはテレビシリーズ『バンド・オブ・ブラザース』や『HOMELAND』などで知られ、2018年には『オーシャンズ8』にも出演したイギリスの俳優です。

マイク・モー/ブルース・リー

マイク・モー
©️Eugene Powers/WENN.com/zetaimage

『燃えよドラゴン』などで知られる伝説的アクションスター、ブルース・リーを演じるのは、アメリカジョージア州出身の俳優マイク・モーです。 モーはテレビドラマ「ストリート・ファイター」シリーズや、『Empire 成功の代償』、Netflixオリジナルシリーズ『インヒューマンズ』など、幅広い作品で活躍しています。

ロレンツァ・イッツォ/フランチェスカ・カプッチ

ロレンツァ・イッツォ
©️Apega/WENN.com/zetaimage

グラマラスなイタリアの映画スター、フランチェスカ・カプッチを演じるのはチリ出身の女優ロレンツァ・イッツォ。 彼女は2013年の映画『グリーン・インフェルノ』で主演を務めています。

アル・パチーノ/マーヴィン・シュワルツ

アル・パチーノ
WENN.com

本作の豪華なキャストのなかでも特に注目されるのが、ディカプリオ演じるリック・ダルトンの代理人・マーヴィン・シュワルツ役のアル・パチーノです。 タランティーノ監督とともに仕事をするのは初めてとなるパチーノ。名優が個性派監督のもとでどのようなキャラクターを演じるのか楽しみですね。

デイモン・ヘリマン/チャールズ・マンソン

ダミアン・へりマン
©️FayesVision/WENN.com/zetaimage

カルト集団「マンソン・ファミリー」を率いて、数々の凶悪事件を起こした実在のカルト指導者チャールズ・マンソンを演じるのは、映画『J・エドガー』(2011)や『ローン・レンジャー』(2013)などへの出演で知られるデイモン・ヘリマンです。 米The Wrapによれば、ヘリマンはなんとデヴィッド・フィンチャーが製作総指揮を手がけるNetflixオリジナルシリーズ『マインドハンター』のシーズン2でも、マンソンを演じると報道されています。タランティーノとフィンチャーという2人の鬼才がマンソン役に同じ俳優を選んだことで、どれほど役にハマっているのかも注目です。

ダコタ・ファニング/リネット・フロム

ダコタ・ファニング
©︎FayesVision/WENN.com

マンソン・ファミリーの一員で、フォード元アメリカ大統領暗殺未遂犯として知られるリネット・フロムをダコタ・ファニングが演じます。 『アイ・アム・サム』(2001)や『ハイド・アンド・シーク 暗闇のかくれんぼ』(2005)などの映画で天才子役として名を馳せたファニング。近年では『500ページの夢の束』(2017)や『オーシャンズ8』(2018)などで大人の女優としての風格もみせています。

オースティン・バトラー/テックス・ワトソン

オースティン・バトラー
©︎Brian To/WENN.com

『コンビニ・ウォーズ バイトJK VS ミニナチ軍団』(2016)などへの出演で知られるオースティン・バトラーは、マンソン・ファミリーのメンバーでテート殺害事件の実行犯のひとりであるテックス・ワトソンを演じます。

レナ・ダナム/キャサリン・シェア(ジプシー)

レナ・ダナム
©️Adriana M. Barraza/WENN.com/zetaimage

米HBOの人気テレビシリーズ『GIRLS/ガールズ』で製作・監督・脚本・主演を務めたレナ・ダナムも本作に出演します。ダナムが演じるのは仲間内で“ジプシー”と呼ばれていたキャサリン・シェア。彼女もマンソン・ファミリーの一員ですが、マンソンのために殺人を犯したことはないという人物です。 本作は実際の事件をモチーフにはしているものの、完全に史実に沿っているわけではないので、シェアの役割も実際とは異なってくるかもしれません。

ブルース・ダーン/ジョージ・スパーン

ブルース・ダーン
©︎Admedia, Inc/Byron Purvis/AdMedia/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

マンソン・ファミリーに住む土地を貸していた農場の持ち主ジョージ・スパーンを演じるのは、『ジャンゴ 繋がれざる者』や『ヘイトフル・エイト』でタランティーノと仕事をしてきたブルース・ダーンです。 実はこの役はディカプリオ演じるダルトンのモデルとなったバート・レイノルズが演じる予定でしたが、2018年9月6日にレイノルズが急死。本作の撮影前であったため、残念ながらこのキャスティングは幻に終わってしまいます。 レイノルズの代わりに、長年の友人だったダーンがこの役を演じる事になりました。

カート・ラッセル/ランディ

カート・ラッセル
©Media/Newscom/Zeta Image

『デス・プルーフ in グラインドハウス』(2007)や『ヘイトフル・エイト』(2015)で、すっかりタランティーノ作品常連となったカート・ラッセルも本作に出演。しかしその役どころは「ランディ」という名前以外は一切不明となっています。 渋い役からクセ者まで幅広い役柄をこなすラッセルは、本作ではどんな魅力を発揮してくれるのでしょうか。

ティム・ロス

ティム・ロス
JC Olivera/Sipa USA/Newscom/Zeta Image

タランティーノ監督デビュー作『レザボア・ドッグス』(1992)や『パルプ・フィクション』(1994)、そして『ヘイトフル・エイト』など、タランティーノ作品でおなじみの俳優ティム・ロスも、本作に出演するといわれています。しかし、2019年6月現在その役柄は不明です。

脚本執筆に5年!?タランティーノ監督9作目の制作秘話

『パルプ・フィクション』のようなストーリー?

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』撮影風景

タランティーノは「この映画の脚本を書くのに5年かかった。自分がまだ7歳だった1969年の頃も含め、人生の大部分をロサンゼルス郡で過ごしてきたんだ」「今となっては失われてしまったロサンゼルスやハリウッドのはなしを物語るのは、とてもエキサイティングだ」と語っています。 さらに、2018年4月23日にラスベガスで行われたイベントにおいて本作は今までに自身が手掛けた作品の中でいうと『パルプ・フィクション』のようなストーリーになると語りました。 『パルプ・フィクション』といえば、ロサンゼルスを舞台に様々な登場人物が織りなすいくつもの物語が時系列をバラバラにして展開される作品。アカデミー賞の脚本賞やカンヌ国際映画祭のパルムドールなどに輝いた、タランティーノの出世作です。そうなると本作も複雑なプロットになることが予想されます。 具体的な内容については「トップシークレット」とのこと。ますます期待がかかりますね!

2大スター共演に出演交渉は難航!?

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド ポスター

今回の主役二人のキャスティングにあたっては、その高額な出演料のため、出演交渉は波乱を見せたようです。事実、2018年の1月時点では、ディカプリオが降りてしまう可能性があったのだとか。 しかし、ソニーピクチャーズは、ディカプリオとピットの二人がそれぞれ過去のタランティーノ映画で名演技を見せていること、優れた興行収入を得る見込みがあることを挙げ、二人のキャスティングに踏み切ったそうです。 タランティーノは、「リックとクリフの役をディカプリオとピットに演じてもらえて、かつてないほど幸せだよ」と語っています。

すでに高評価続出!カンヌでスタンディング・オベーションも

『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』カンヌ
©️Dave Bedrosian/Future Image/WENN.com/zetaimage

2019年5月21日(フランス現地時間)第72回カンヌ国際映画祭にて、本作のレッドカーペットイベントと公式上映が行われました。 タランティーノ監督をはじめ、ディカプリオやピット、ロビーらがレッドカーペットに登場するとフラッシュの嵐が。タランティーノは「映画はハリウッドの変化を表していて、劇中ではその黄金時代のことが語られている」と作品を説明。キャスト陣は本作に出演できたことに改めて感謝を述べ、その出来栄えに自信をのぞかせました。 公式上映後には、客席からスタンディング・オベーションが沸き起こり拍手は6分間もつづいたとか。その高評価は批評面でも顕著で、米大手映画レビューサイトRotten Tomatoesでは批評家からの評価で92%フレッシュを獲得。また、インターネット・ムービー・データベース(IMDb)でも星10個中9.7個と非常に高く評価されています。

期待の新作『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日公開!

レオナルド・ディカプリオ『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』

実際の事件に絡めながら、ハリウッドの黄金期を描く本作。レオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットという2大スターの初共演でも注目を集めています。 タランティーノは本作についてカンヌでの会見で、旧知のスタッフに脚本を読んでもらったときのことを明かしました。「これまでの8本がすべて詰まったような9本目だ、と言われた。自分でもまさにそうだと思う」と語っており、ファンの期待は高まるばかり。 豪華キャスト出演で送るタランティーノからのLA、ハリウッドに対するラブレター『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』は2019年8月30日全国ロードショーです!