2017年12月13日更新

シュワちゃん主演のクリスマス映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』のトリビア6選!

1996年公開、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のクリスマス映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』。本作はシュワちゃん扮するハワードが子供のために人気フィギュアをゲットしようと奮闘するドタバタコメディ。この記事では本作の魅力的なトリビアを紹介します。

シュワちゃん主演のクリスマス映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』の魅力的なトリビア!

あのアクション・スター、アーノルド・シュワルツェネッガー主演のクリスマスコメディ映画『ジングル・オール・ザ・ウェイ』。本作でシュワちゃんは不死身のヒーローでもなく、ごく普通の父親を演じているのです。 1996年の作品で、監督は『フリントストーン』シリーズのブライアン・レヴァント、製作に『ホーム・アローン』を監督したクリス・コロンバスが名を連ねています。 共演は『コーンヘッズ』で有名なコメディアンのシンバッド。シュワちゃん演じる主人公のハワードとクリスマス・プレゼント争奪戦を繰り広げるマイロンを演じています。

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』の気になるあらすじは?

ビジネスマンのハワード・ラングストンは日々多忙で、息子ジェイミーが空手の段を授与される晴れの日すら欠席する始末。すっかりジェイミーに嫌われてしまったハワードは、なんとか信頼を取り戻すため、クリスマスにジェイミーの大好きなアクション・ヒーロー「ターボマン」のフィギュアをプレゼントする約束をします。 しかし、クリスマス商戦を甘く見ていたハワード。大人気のターボマンを手に入れることは、さすがにクリスマス・イヴでは遅すぎました。同様にターボマンを探すマイロン・ララビーと出会い、そこから仁義なき争奪戦が始まります。

1.アーノルド・シュワツネッガーの4作目のコメディ

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』はシュワルツェネッガーにとって第4作目の主演コメディ作品。それまでに1988年の『ツインズ』、1990年の『キンダーガートン・コップ』、1994年の『ジュニア』の3作品に主演しています。『ツインズ』と『ジュニア』の2作品でダニー・デヴィートと共演しました。 『ツインズ』では極秘実験で誕生した超優秀な遺伝子を持つジュリアス、『ジュニア』では自ら被験者になって妊娠してしまう科学者アレックス、『キンダーガートン・コップ』では幼稚園の先生として潜入捜査を行う刑事キンブルをコミカルに演じていました。

2.バズ人形フィーバーが元ネタ

クリス・コロンバス自身が体験したクリスマス商戦の悪夢が、この作品に反映されているようです。『トイ・ストーリー』の大ヒット後に、バズ・ライトイヤーのフィギュアを入手するため、ハワードと同じような苦境に立たされたことがあったとのこと。 当時誰もが欲しがっていたバズ人形はどの店頭からも消え失せており、人気の商品をクリスマス・プレゼントとしてゲットすることの難しさをようやく理解したのだそうです。 大人気のヒーロー物フィギュアや人形が入手困難になるという話は、クリスマス・シーズンではよくあることなのですが、実際に購入に走った経験がないとわからないこともあるようですね!

3.サンタのトナカイの名前知ってる?

方々を探してもターボマン・フィギュアは見つからず、意気消沈していたハワードとマイロンの耳にラジオから吉報が!サンタクロースが引く8匹のトナカイの名前を当てられたら、ターボマン・フィギュアをプレゼントするというもの。 二人はわれ先にとラジオ局に突進!ドアを蹴破ってまで答えを直接言いに行ったせいで、不審者扱いされてしまいます。ところでサンタのトナカイにそれぞれ名前があるということ、知っていますか? 実は先頭からダッシャー、ダンサー、プランサー、ヴィクセン、コメット、キューピッド、ドナー、ブリッツェンという名前が付いているのです。名前の由来は1823年に発表されたクリスマス詩「A Visit from St. Nicholas」で、サンタクロースが彼らの名前を呼んでいます。

4.ターボマンフィギュアは実際に購入可能!

劇中で登場したターボマン・フィギュアはサイズが大小あり、14インチ版が新発売されたという設定になっています。パレードのシーンにプレゼント用として登場したものが大きいサイズです。 また、ターボマン・フィギュアは映画が公開された年に販売されており、実際に購入も可能です。ただしやはり入手困難なのか、少しお高め。ネットオークションサイトのeBayでは、梱包された完全な状態で約15,000円から30,000円で取引されています。

5.クリスマス・パレードはユニバーサル・スタジオで撮影

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』のクライマックスで行われているクリスマス・パレードは、ハリウッドのユニバーサル・スタジオにあるニューヨーク・ストリートで撮影されました。パレードは通常夜に開催されますが、撮影は昼間に行われ、しかも猛暑の夏だったそうです。 ヘリを使ったり多面的な撮影方法が行われたため3週間もかかり、エキストラは総勢1500人が3つのフロートに沿って参加したといいます。ターボマンのフロートはなんと10メートルを超す高さ!パレードにはUCLAのマーチングバンドが実際に演奏で参加しました。

6.『ジングル・オール・ザ・ウェイ』のターボマンスーツは特注だった!

ターボマンのスーツは、実際に劇中でターボマンを演じたダニエル・リオーダンとシュワルツェネッガーの体を型取りして制作されました。かなり体に密着したスーツの上、猛暑の中での撮影だったので、冷却水が巡るという機能も備えていたそうです。 このターボマンの造形をデザインしたのは、リアル・スティールやX-MENなどでロボットやヒーローのコンセプト・アートも手がけたデザイナーのティム・フラッタリー。『ジングル・オール・ザ・ウェイ』でのシュワルツェネッガーとの仕事は良い経験になり、スーツをデザインすることを楽しんだそうです。