2020年12月21日更新

クリスマスに観たい映画をジャンル別で40本紹介!聖夜は誰とどんな映画を観る?【2020最新版】

シザーハンズ
©T.C.D / VISUAL Press Agency
menu icon

目次

あなたはクリスマスにどれを観る?聖夜におすすめの映画を40本紹介!

1年に1度だけの聖なる夜。友達と集まってドタバタコメディ映画を観たり、恋人と2人でゆっくりと恋愛映画を観て過ごしたりと、人それぞれの楽しみがありますが、どうせならとびきりの思い出に残る夜にしたいですよね。 この記事では、クリスマスがテーマのおすすめ映画を40本厳選して紹介します!よりどりみどりの作品の中から、今年のクリスマスにぴったりの1本を見つけ出してみてくださいね。

【ドキドキ編】クリスマスの定番!ロマンチックな恋愛映画を恋人と観よう

まずはクリスマスの定番ともいえる、ロマンチックな恋愛映画を紹介します。イルミネーションで光り輝く街を舞台に繰り広げられる、甘いラブストーリーをぜひ堪能してみてくださいね。

『ラスト・クリスマス』(2019年)

クリスマスの名曲がモチーフ!ロンドンが舞台のロマンティック・コメディ

『ラスト・クリスマス』
© Universal Pictures

本作は1984年に発売され、今もクリスマスの定番ソングとして愛され続けているワム!の大ヒット曲「ラスト・クリスマス」をモチーフとしたロマンティック・コメディです。 ロンドンのクリスマスショップで働きながら、歌手を目指すケイト。妖精のコスチュームで客引きする彼女の前に、不思議な魅力を持つ青年トムが現れ、悩み多きケイトに癒しと答えを与えます。 映画『ハワーズ・エンド』(1992年)でアカデミー主演女優賞、『いつか晴れた日に』(1996年)で同脚色賞を受賞した女優エマ・トンプソンが脚本を担当。 またドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シリーズで知られるエミリア・クラークと、映画『クレイジー・リッチ!』(2018年)のヘンリー・ゴールディングの共演にも注目です。

『ラブ・アクチュアリー』(2003年)

クリスマスのロンドンで起きる、19人の男女による恋の物語

ラブ・アクチュアリー
©T.C.D / VISUAL Press Agency

恋人を実の弟に寝取られてしまったジェイミー。悲しみに暮れながら、南フランスへと旅立ちます。時を同じくして、イギリスの新しい首相であるデイヴィットは、自分の秘書となる女性に恋をしてしまい、立場を考え悩む日々を送っていました。 豪華なキャスト陣も魅力で、ハッピーな恋愛からちょっぴり切ない恋愛までさまざまな恋の形を発見できます。初監督のリチャード・カーティスが自分の世界を描ききった作品です。

『ホリデイ』(2006年)

失恋のショックから立ち直るための休暇が生んだ出会い

『ホリデイ』ジュード・ロウ、キャメロン・ディアス
©︎COLUMBIA PICTURES/zetaimage

「ホーム・エクスチェンジ」を画策した2人の女性。彼女たちはお互い、失恋の最中にいます。そんなマイナス気分を吹き消そうと、家も環境も交換してしまうことに。 ハリウッドで社長をするアマンダと、ロンドンの郊外で新聞記者をするアイリスが、各々の生活を垣間見て、得られたこととは……。キャメロン・ディアスとケイト・ウィンスレットの共演と、豪華なキャストが話題をよんだラブ・ストーリーです。

『恋人たちの予感』(1989年)

最悪の出会いから次第に変化していく2人の関係は……

初対面の男女のあいだに新しい恋が生まれるかと思いきや、最低最悪の出会いとなってしまいます。 しかし次第にお互いを理解し、友情が芽生え始めたとき、2人は大きな問題にぶち当たるのです。「男女間の友情は存在するか否か」2人が出した答えは……。 メグ・ライアンとビリー・クリスタルが主演を務め、笑いの中に淡い恋心が描かれた至極のラブコメディです。

『あなたが寝てる間に…』(1995年)

勘違いから始まるクリスマスの恋?婚約者だと勘違いされた彼女の人生は……

地下鉄の改札係に徹するルーシー。孤独を極めた彼女は、日々乗客と顔を合わせることを生きがいにしています。とある12月24日、彼女は線路に意識なく落ちてしまったピーターを助けたことで、病院でもピーターの家族にも、ピーターの彼女と勘違いされてしまい…。 偶然の出会いから、不条理な恋がどう進むのかが気になる作品です。

『めぐり逢えたら』(1993年)

運命の出会いをきっと信じたくなる!ラジオを通して始まる恋

亡くなってしまった妻を想い、とある男性がラジオ番組で心情を吐露します。その番組を聞いていたOLが彼の想いに共感し、婚約者との約束を破って男性に出会おうともがくことに。 トム・ハンクスとメグ・ライアンが描く、クリスマスに必見のラブ・ストーリーです。

『7月24日通りのクリスマス』(2006年)

長崎を舞台にしたロマンチックな純愛ラブストーリー

『電車男』(2005年)を大ヒットさせた監督・村上正典、脚本・金子ありさ、ヒロイン・中谷美紀のトリオが再タッグを組んだロマンチックコメディです。相手役には大沢たかおが扮しました。 ポルトガルのリスボンで素敵な男性に囲まれる自分を妄想してばかりいた地味でさえないサユリが、ある日学生時代に憧れていた聡史と再会します。クリスマスを1ヶ月後に控え、聡史にふさわしい美しい女性になろうと必死に努力する日々が始まるのでした。 平凡な女から洗練された美人へ、中谷美紀の見事な変貌ぶりが見どころです。原作は『悪人』や『怒り』など、多数の作品が映像化されている芥川賞作家・吉田修一の小説です。

『セレンディピティ』(2001年)

偶然による2人の出会い、そして再会が関係を変えていく

クリスマスでデパートは大賑わい。そんななかでジョナサンとサラは、同じ手袋を買おうと商品に手を伸ばしたところで出会います。なにかを感じた2人は、買い物の後カフェ「セレンディピティ」で話すことに。 この出会いは運命なのか、それとも……。ベタな出会いから始まる2人の恋にドキドキしてしまう、カップルにおすすめの映画です。

『ブリジット・ジョーンズの日記』(2001年)

30代独身女性のクリスマスを描いたベストセラー小説を映像化

仕事も恋もダイエットも、すべてに全力投球な30代独身女性の日常を赤裸々に描いたベストセラー小説を映像化。アメリカの女優レネー・ゼルウィガーが等身大の女性を見事に演じきって話題を集め、シリーズ続編も製作されています。 おっちょこちょいでおしゃべりにもかかわらず憎めない性格の主人公ブリジット・ジョーンズは、ロンドンの出版社で働く独身OL。彼女をめぐって、イケメン上司ダニエルと真面目なバツイチ弁護士・マークという2人の対照的な男性が争う物語です。 本作のクライマックスはクリスマス。欧米におけるクリスマスは帰省したりさまざまなパーティーがあったりするため、パートナーが欲しくなる恋の季節でもあるのです。

【わいわい編】友だちや家族と観るならこれ!ドタバタ劇からファンタジーまで

続いては、家族や友だちとクリスマスパーティーをしながら観たい映画を紹介。定番のドタバタムービーから、心踊るファンタジー作品まで気になる作品をチェックしてみましょう!

『ホーム・アローン』(1990年)

記録的大ヒットのコメディ映画!クリスマスをたった1人でお留守番することに

『ホーム・アローン』ジョー・ペシ、マコーレー・カルキン
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage

一家全員でクリスマス休暇を楽しもうとパリ行きの飛行機に乗り込んだものの、8歳の息子ケビンを家に残したままだったことに気付きます。たった1人での留守番となったケビンが、自由気ままを満喫しつつ、忍び込んできた2人の泥棒を様々なアイデアで撃退することに。 本作は世界中で驚異的ヒットを記録し、その後全5作にわたってシリーズ化されます。ケビンを演じたマコーレー・カルキンも本作で爆発的人気を博し、世界1有名な子役としてギネス認定されたほどでした。 対するズッコケ泥棒コンビを演じたジョー・ペシとダニエル・スターンの迷演技も爆笑ものです。

『ジングル・オール・ザ・ウェイ』(1996年)

シュワちゃん主演のドタバタ・コメディ!息子のためのプレゼント争奪戦

アーノルド・シュワルツェネッガーがクリスマスプレゼントのために奔走する父親を演じた、爆笑ホームコメディです。『ホーム・アローン』(1990年)や『ナイト・ミュージアム』(2006年)などを手掛けたヒットメーカーのクリス・コロンバスが製作し、本作も期待通りの大ヒットを記録しました。 運動器具の会社を経営する社長のハワードは、日ごろの仕事一筋を補うため、息子に「ターボマン人形」をクリスマスプレゼントとして送ることを約束します。ところが大人気の人形は品切れ状態で、競争相手の父親や隣人たちとさまざまな騒動を繰り広げるはめになってしまいます。 ホームドラマといえどもさすがシュワちゃん主演だけあって、ド派手なアクションやSFXを駆使した過激なシーンも見どころです。

『ポーラー・エクスプレス』(2004年)

フルCGによるファンタジー大作!トム・ハンクスの1人4役が話題に

『ポーラー・エクスプレス』
©︎ WARNER BROS/zetaimage

サンタクロースが暮らす北極点に向かう列車の旅を描いたクリス・バン・オールズバーグの名作絵本を、ロバート・ゼメキス監督がフルCGでアニメ化しました。「パフォーマンス・キャプチャー」と呼ばれる新手法による革新的な映像世界は必見です。 クリスマスイヴの夜、サンタクロースを信じない少年の家に謎の蒸気機関車「北極号」が到着します。車掌に誘われるまま乗車した少年は、先にいた子どもたちと一緒に北極点を目指す冒険の旅に出るのでした。 『フォレスト・ガンプ/一期一会』(1994年)でゼメキス監督と名コンビぶりをみせたトム・ハンクスが、少年のほか車掌やサンタなど1人で4役もの声を担当して話題になりました。

『クリスマス・ストーリー』(2010年)

カンヌ国際映画祭で特別賞を受賞!豪華なフランス製のクリスマス映画

クリスマスを祝うために集ったある家族の姿を描いたフランス映画です。世界的大女優カトリーヌ・ドヌーヴを主演に、マチュー・アマルリックやエマニュエル・ドゥボス、メルヴィル・プポーなど実力派キャストが個性的な面々を演じ、ドラマチックな家族ドラマが展開します。 フランスのルーベに暮らす母の病もあって、子どもたちが久しぶりに集まります。ところが絶縁状態だった次男まで姿を現したことから、楽しく過ごすはずだったクリスマスに波乱が巻き起こることに……。 ジュノンを演じたカトリーヌ・ドヌーヴがカンヌ国際映画祭で特別賞に輝いたほか、セザール賞にも多数ノミネートされて、夫を演じたジャン=ポール・ルシヨンが最優秀助演男優賞を受賞しました。

『グレムリン』(1984年)

クリスマスプレゼントに送られたのは珍しいペット?

『グレムリン』ギズモ
©︎ WARNER BROS. / RALPH NELSON/zetaimage

ペットとして飼われた珍しい小動物が成長して残虐な怪物となり、さまざまな騒動を巻き起こす様子をブラックユーモア満載に描いたSFコメディです。 チャイナタウンの骨董屋で、父親が息子のために選んだクリスマスプレゼントは珍しい小動物のモグワイ。ところが教えられた飼育方法を守らなかったために、可愛かったモグワイは凶悪なグレムリンへと成長し、クリスマスを楽しむ平和な田舎町を大混乱に陥れるのでした。 グレムリンの個性的な外見も話題になり、映画は大ヒット。同じジョー・ダンテ監督のもと続編『グレムリン2 新・種・誕・生』(1990年)が製作されました。

『アーサー・クリスマスの大冒険』(2011年)

サンタの息子が主人公!プレゼントをめぐる大冒険を描く3DCGアニメ

「ウォレスとグルミット」シリーズなどで知られる、世界的に著名なイギリスのアードマン・スタジオが手掛けた3DCGによるアニメ作品です。 ある年のクリスマス、1人の子どもだけにプレゼントを配り忘れてしまうというミスが発覚します。そこでサンタクロースの末っ子で心優しいアーサーが、2時間で地球の反対側までプレゼントを届ける大冒険の旅に出るのです。 アーサーの声をジェームズ・マカヴォイ、そのほかビル・ナイやジム・ブロードベントらイギリスを代表する名優が共演しています。また主題歌を、人気歌手のジャスティン・ビーバーが担当しました。

『エルフ〜サンタの国からやってきた〜』(2003年)

奇想天外なクリスマス映画?ウィル・フェレル主演でおくるファンタジーコメディ

サンタの国で妖精エルフに育てられた人間の男が、ニューヨークでドタバタ騒動を巻き起こす姿を描いたコメディ映画です。人気コメディアンのウィル・フェレルが能天気な主人公バディを演じ、名優ジェームズ・カーンが実の父親を演じました。 孤児院にいた1人の赤ちゃんが、たまたまサンタクロースの袋に紛れ込んでそのままサンタの国に連れていかれてしまいます。小さな妖精のエルフに育てられて30年後、父親を捜してニューヨークへと旅立つことに。 俳優としても活躍し、後に『アイアンマン』(2008年)の監督を手掛けるジョン・ファヴローがメガホンをとり、全米で大ヒットを記録しました。

『34丁目の奇跡』(1994年)

クリスマスイブに奇跡は起きる!サンタクロースは実在するか?

1947年公開の名画『三十四丁目の奇蹟』を、青春映画の名手ジョン・ヒューズが制作・脚本を務めてリメイクしたヒューマンドラマです。 ニューヨーク34丁目にある老舗デパートのクリスマスイベントでサンタ役を務めるクリス・クリングルは、子ども好きな老人。彼は自分のことを本当にサンタクロースだと信じているようです。 ところがクリスの活躍に嫉妬したライバル・デパートが、彼をワナにはめることを計画しました。子どもたちの夢を守りたいクリスは、法廷で闘うことを決意。事件は「サンタクロースは実在するか」を問う裁判にまで発展することに……。 クリスマスイブに重なった判決の日、少女スーザンの機転が奇跡を起こします。

『クリスマス・クロニクル』(2018年)

クリスマスイブにサンタのソリが壊れた!プレゼントは大丈夫?

アクション、アドベンチャー、コメディの要素が一杯つまったファンタジー映画。子どもの頃の気持ちを思い出させてくれる作品です。 クリスマスイブに子どもだけで留守番をすることになったテディとケイト。10歳になってもサンタクロースが実在すると信じている妹ケイトのために、兄テディはカメラを仕掛けて2人でサンタを待ち構えます。 そこに現れた本物のサンタクロース。2人に驚かされたサンタは、ソリのコントロールを失って墜落。プレゼントは散逸し、サンタは警察に逮捕されてしまいます。果たしてサンタは、テディとケイトの協力でプレゼントを無事配ることができるのでしょうか? サンタ役を演じるのは、子役時代も含めて半世紀以上の芸歴を持つベテラン・カート・ラッセル。妹に振り回されるやんちゃな兄・テディを演じるのは、ホラーコメディ『ザ・ベビーシッター』(2017年)などで知られるようになったジュダ・ルイスです。

『マペットのクリスマス・キャロル』(1992年)

文豪ディケンズのクリスマス小説をマペットを使って映像化

19世紀イギリスの文豪チャールズ・ディケンズの名作『クリスマス・キャロル』を、マペットを使って映像化した作品です。マペットは1950年代にジム・ヘンソンが開発した人形劇キャラクターで、『セサミストリート』などのテレビ番組で大人気でした。 舞台は19世紀のロンドン。ケチな金貸しのスクルージは、クリスマスの休暇も従業員に与えたくないほどの強欲で、人々から嫌われていました。その彼のもとにクリスマスイブの夜、3人の妖精があらわれます。 過去、現在、未来のクリスマスにおける自分の姿を見せつけられたスクルージが、次第に人間らしい心を取り戻していく感動のストーリー。ほとんどの登場人物がマペットの人形ですが、それがかえって親しみやすく感じられます。

『幸せのポートレート』(2005年)

大混乱一家のクリスマス?末娘役のレイチェル・マクアダムスが可愛い

クリスマス休暇に長男が連れてきたフィアンセが家族と馴染めず、一家が大混乱に陥っていく様子を描いたコメディタッチのヒューマンドラマです。 真面目だけど堅物なため、自由奔放な彼氏の一家に打ち解けることのできないキャリアウーマンにサラ・ジェシカ・パーカーが扮しました。 この作品を演じた頃の彼女は「セックス・アンド・ザ・シティ」シリーズが最終シーズンを迎えたところで、長年演じたキャリーとは正反対の役柄に意欲的だったそうです。 一方でクリスマスの日に家族に乳がんが再発したことを告白する自然体の母親を演じたのは、ダイアン・キートン。レイチェル・マクアダムス演ずるやんちゃな末娘も一役買って、派手にケンカをしても最後は仲良く過ごすアメリカ映画らしい展開になります。

『ガーディアンズ 伝説の勇者たち』(2012年)

緻密なCGで描き出す、豪快なサンタクロースの冬の冒険

細部まで作り込まれた美しい映像が特徴のドリームワークスが製作した、3DCGアニメーション映画。霜の妖精ジャック・フロストが、サンタクロースたちとともに恐怖の化身ピッチ・ブラックと戦うなかで、ガーディアンの使命を自覚していく物語です。 本作でサンタクロースに相当するのが、ニコラス・セント・ノースという「感動」を司るガーディアン。北極に工房を構えて、イエティやクリスマスのトナカイを配下に持つロシア人風のキャラクターです。 子どもたちの夢と希望を守るのがガーディアンたちの使命。彼らの活躍に子どもばかりでなく大人も勇気づけられます。

『サンタクローズ』(1994年)

サンタクロースになってしまった男の物語

ある日突然、サンタクロースの仕事を引き継ぐ羽目になったセールスマンの姿を描いたコメディ映画です。 タイトルは「サンタの身に何かあったとき、事故の責任者がサンタの衣装を着てその任を引き継ぐ」という契約の条項(クローズ)の意味。サンタクロースの英語読みと、発音が同じであることにかけたシャレです。 主演のティム・アレンは、約8年続いたTVシチュエーション・コメディ『Home Improvement(原題)』でカルト的人気のあるコメディアン。 彼の映画デビューとなった本作は、クリスマス映画の王道を歩む心温まるストーリー展開が好評で、1994年の年間最高の興行収入をあげました。その後2002年と2006年に続編が製作されています。

『ゴーストバスターズ2』(1989年)

クリスマスらしくないクリスマス映画!ビル・マーレイ率いるバスターズが大活躍

1984年に公開され、ビル・マーレイのコメディ俳優としての世界的知名度を一気に上昇させたのがSFコメディ映画『ゴーストバスターズ』です。 ニューヨークの冴えない研究者たち4人組が幽霊退治に乗り出すという、シンプルながら斬新なアイデアが大ヒット。その後ノベライズはもちろん、アニメやファミコン向けソフトまで開発されるという、巨大フランチャイズに発展しました。 第1作から5年後に公開された本作はその続編にあたります。舞台設定こそクリスマス時期から新年にかけてのニューヨークですが、それ以外にはクリスマスとは一切関係のない幽霊退治のストーリーです。 当時日本での公開は11月末からで時期ぴったりでしたが、アメリカの公開は6月中旬の初夏という季節外れ。興行的には成功しましたが、今でも「クリスマスらしくないクリスマス映画」の例にあげられます。

【ほっこり編】観た後には心がぽかぽかに!あたたかな愛に触れられる映画

ここからは寒い冬にぴったりの、心があたたまるハートフルムービーを紹介していきます。観た後はきっと大切な人に会いたくなるはずです。

『グリンチ』(2018年)

クリスマスの定番キャラ・グリンチをイルミネーションが3DCGアニメ化!

グリンチ
©︎2018 UNIVERSAL STUDIOS

ドクター・スースの絵本『いじわるグリンチのクリスマス』を、イルミネーション・エンターテインメントが3DCGアニメ化。グリンチはアメリカでは、サンタクロースに次ぐクリスマス定番キャラとして愛されています。 長年の孤独によって、ひねくれて成長してしまった緑色の怪物グリンチ。村の嫌われ者となり、村人たちに意地悪ばかりしていました。彼らがクリスマスの準備に勤しむ様子を見て、クリスマスを“盗む”ことを企みます。 グリンチは1966年にテレビ番組として、2000年にジム・キャリー主演の実写映画として製作され、本作は3度目の映像化。グリンチの声は、オリジナル版をベネディクト・カンバーバッチ、日本語吹き替え版を大泉洋が担当しています。

『アパートの鍵貸します』(1960年)

聖夜にほっこりしたいあなたに!ビリー・ワイルダー監督のロマコメ最高傑作

出世願望の強いバド。彼はその願いを叶えるため、会社の上役のために自分のアパートを情事で使用することを良しとします。 しかしそこに現れたのは、バドが密かに思いを寄せていたエレベーターガールの女の子でした。最後にバドが選択するのは、会社の地位か人生の幸せか……。 不倫をする女性に惹かれるバドの想いに、だんだんと女性側も惹かれていく……。笑いながら鑑賞でき、観終わった後はほっこりする、カップルにおすすめの作品です。 傑作コメディを作り続けるビリー・ワイルダー監督がメガホンをとっています。

『素晴らしき哉、人生』(1946年)

クリスマス映画のなかでも不朽の名作!イヴに起こった美しい奇跡とは?

素晴らしき哉、人生!
Supplied by LMK Media/zetaimage

名匠フランク・キャプラがメガホンをとり、ジェームズ・スチュワートを主演に迎えた名作ヒューマン・ドラマです。 アメリカ映画協会により「感動の映画ベスト100」の第1位、大手映画批評サイトにより「クリスマス映画ベスト」の第1位に輝いたこともあるなど、米映画を代表する古典として位置づけられています。 不運と逆境続きの人生ながら、ささやかな幸せに感謝し前向きに生きてきた主人公ジョージですが、クリスマスだというのに最大の絶望に直面し、ついに自殺を図ります。そこに現れたのが1人の見習い天使でした。 アメリカの希望と良心をテーマに、生きることの素晴らしさをファンタジックに描いています。ちなみに、ウィル・スミス主演で2017年に公開された映画『素晴らしき哉、人生』は本作とは異なる物語です。

『東京ゴッドファーザーズ』(2003年)

今敏の秀作クリスマスアニメ!3人のホームレスに起こる幸せの奇跡

『PERFECT BLUE』(1997年)や『千年女優』(2002年)の両作が世界的に注目された今敏監督が手掛けた、長編アニメの3作目です。東京に暮らす3人のホームレスがクリスマスの日に出会う、素敵なプレゼントとその後の顛末を描きます。 競輪選手だったギン、元ドラァグ・クィーンのハナ、家出娘ミユキという3人のホームレスが、クリスマスのゴミ捨て場で生まれたばかりの赤ん坊を発見。清子と名づけ、3人で母親探しを始めたことでさまざまな事件に巻き込まれてしまいます。 今敏らしいリアルな描写はもちろん、心温まる展開が優しい余韻を残す秀作です。スペインの国際カタルニヤ映画祭で最優秀アニメーション映画観客賞を受賞するなど、国内外で高い評価を受けました。

『グリンチ』(2000年)

クリスマス嫌いの怪人が街で巻き起こす騒動とは?

グリンチ
©︎UNIVERSAL PICTURES/zetaimage

アメリカで長らく愛されているドクター・スースのベストセラー絵本を実写映画化した作品です。『アポロ13』(1995年)のロン・ハワード監督がメガホンをとり、痛快かつハートウォーミングなコメディに仕上げました。 世界でクリスマスをもっとも愛するフーヴィルの街を舞台に、クリスマスが嫌いな緑色の怪人グリンチが住民たちからクリスマスを盗んでしまおうと意地悪な計画を企てます。ところが心優しい少女シンディと出会ったことで思ってもみない展開に……。 奇怪な外見にもかかわらず意外と憎めないひねくれ者のグリンチ役を、見事な特殊メイクで演じたジム・キャリーのまさにはまり役です。

『天使のくれた時間』(2000年)

13年前に別れた昔の恋人と歩む、もうひとつの人生

13年前に仕事での成功をめざすために恋人ケイトと別れ、ロンドンへと旅立った主人公のジャック。彼が体験する不思議な出来事と目覚めを描いた、大人のファンタジー映画です。 ロンドンで夢見た成功を手にし、金融会社の社長として優雅な生活を送っていたジャックですが、クリスマスイヴにケイトから電話の痕跡があり奇妙に思います。 その夜、家で眠りについたジャックが目覚めると、不思議なことに妻となっているケイトと2人の子どもと幸せな家庭を築いていました。 ジャックをニコラス・ケイジ、ケイトをティア・レオーニが演じた本作。クリスマス映画の古典『素晴らしき哉、人生!』(1946年)をモチーフにした感動物語です。

【しっとり編】世界観が美しい!ちょっぴり大人向けの静かなクリスマスに

クリスマスといえば、しっとりした雰囲気も魅力のひとつ。ここからはそんな静かな聖夜を楽しめる大人向けの映画を紹介します。

『キャロル』(2016年)

クリスマスに始まった女性同士の美しい恋を描く

キャロル、ケイト・ブランシェット、ルーニー・マーラ
©The Weinstein Company/Photofest/zetaimage

パトリシア・ハイスミスの小説「ザ・プライス・オブ・ソルト」を原作としたラブストーリーで、『エデンより彼方に』(2003年)のトッド・ヘインズが監督を務めました。 1952年、クリスマスシーズンのニューヨーク。写真家を夢見るテレーズはmデパートのおもちゃ売場で働いていました。そんなある日、娘のプレゼントを探しに来た美しい女性キャロルに心を奪われてしまいます。 ケイト・ブランシェットがキャロルを、ルーニー・マーラがテレーズを演じ、世界各国の映画賞で主演・助演女優賞にノミネート。カンヌ国際映画祭ではルーニー・マーラが女優賞を受賞し、LGBTをテーマにした映画に与えられる「クィア・パルム」を獲得しています。

『シザーハンズ』(1990年)

心優しい人造人間の手は、ハサミだった……ほろ苦い禁断の恋物語

シザーハンズ
©T.C.D / VISUAL Press Agency

博士によって作られたエドワード。しかし未完のままに博士が亡くなり、エドワードの身体には欠陥が残り、手がハサミのままになってしまいます。孤独に過ごす中、セールス・レディのペグの訪問により、エドワードは人間との繋がりや恋を知っていきます。 人造人間のエドワードをジョニー・デップが純粋に演じきった、ティム・バートンの薄暗いラブ・ストーリーです。2人の心の交流が切ないけれど、心温まります。

『わんわん物語』(1956年)

ディズニーが贈るワンコたちのロマンチックな冒険物語

『わんわん物語』
© DISNEY/zetaimage

犬好きで知られるウォルト・ディズニーが製作した、シネマスコープ長編アニメの記念すべき第1作目。本作は半世紀を超えて、世界中で愛され続けるクラシックとなりました。 物語の主人公は、雑種の野良犬トランプとアメリカンコッカースパニエルのお嬢様犬レディです。生まれも育ちも性格も違う2匹の犬が、さまざまな冒険を繰り広げながらロマンスを育みます。 ロマンチックで心ときめく数々の名シーンに加え、「ララルー」や「ベラ・ノッテ」など全編に散りばめられた名曲の数々が今もスタンダードナンバーとして愛され続けています。

『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』(1993年)

原案・製作は名匠ティム・バートン!ダークファンタジーで綴るおとぎ話

ハロウィンタウンの王様ジャックがある日偶然迷い込んだのは、楽しいクリスマスタウン。ジャックを中心につぎはいで作られた人形サリーなど、どこかグロテスクな仲間たちが繰り広げる奇妙な騒動が描かれます。 数々の名作ファンタジーを世に送り出しているティム・バートンが原案と製作を手掛け、ヘンリー・セリックがメガホンをとった人形アニメです。ストップモーションの手法で生み出された、異色ダーク・メルヘンの傑作として知られています。 怪奇な雰囲気に包まれながら、美しい映像と音楽で独特の異世界が創造されました。伝統的な人形アニメと最新デジタル技術の組み合わせが見どころです。

『大停電の夜に』(2005年)

クリスマスの東京が舞台に!もし大切なイヴの夜が大停電に見舞われたら?

大停電に襲われた東京でクリスマスイヴの一夜を過ごす、12人の男女の姿を描いた異色のクリスマス映画です。真っ暗になった大都会で繰り広げられるそれぞれの奇跡のドラマが、ロマンチックかつファンタジックに描かれます。 昔の恋人を待つバーのマスター、愛人のもとへと向かう男、上海の恋人を想う中国人、キャンドルショップの女性オーナー、病気の人気モデルらさまざまな状況の12人が、暗闇と化した東京で大切なものに気づき、行動を起こします。 豊川悦司、原田知世、寺島しのぶ、井川遥、淡島千景、宇津井健ら豪華なキャストが集結しました。監督を『東京タワー』(2005年)の源考志が務めています。

『アニー・ホール』(1977年)

若い2人の苦々しい恋を独特の手法で描ききる

コメディアンのアルビーが出会ったのは、想像を絶する美女のアニー。すぐに2人は意気投合し、同棲生活がはじまります。しかし元々よく知らない者同士だった2人は、すぐに相手の欠点に目が向いてしまうのでした。そんななかアニーが別の舞台で活躍することとなり…。 ウディ・アレンが監督・主演を務めた本作。ひと目惚れから始まり、大人な別れ方を遂げるまでを描いたラブストーリーです。

『くるみ割り人形と秘密の王国』(2018年)

クリスマスの定番バレエが原作!主役のマッケンジー・フォイがキュート

くるみ割り人形
© Walt Disney Studios Motion Pictures

チャイコフスキーの音楽で、クリスマスが近づくと世界各地の劇場で必ず上演されるバレエの定番『くるみ割り人形』。本作はそのプロットに着想を得た、ディズニー製作の実写ファンタジー映画です。 舞台は19世紀後半・ビクトリア朝のロンドン。イブの夜、クララは自分の名札がついた糸を辿って雪の森の中に迷い込んでしまいます。くるみ割り人形の兵士ホフマンに導かれ、彼女は「花」、「雪」、「お菓子」、「第4」の4つの国からなる世界の冒険に乗り出すことに……。 バレエの舞台を想起させる、豪華で幻想的な衣装や美術が素晴らしい作品。キーラ・ナイトレイが扮する妖精の豹変ぶりも見逃せません。

『サンタクロースになった少年』(2007年)

フィンランド風サンタクロース誕生物語!自然が美しいヒューマンドラマ

フィンランドの作家が2006年に出版したサンタクロース誕生物語を映像化。この映画を観ると大人から子どもまで、「サンタクロースは存在する」と納得します。 昔々、フィンランドの村にニコラスという孤児がいました。彼は毎年クリスマスになると世話になった家族の子どもたちのために、木彫りのおもちゃをプレゼントしていました。 やがて家具職人のもとで修行をして一人前になったニコラスは、クリスマスに子どもたちにおもちゃを贈ることをライフワークとします。ニコラスは年老いてこの世を去るのですが、クリスマスの贈り物は続けられるのでした。

【ハラハラ編】この映画もクリスマスが舞台!?戦争ものからミステリーまで

実はクリスマス映画には、定番ものとは少し違ったテイストの作品も。戦場を舞台にした名作から、名女優が勢ぞろいのミステリーまで、意外な作品を紹介します。

『戦場のメリークリスマス』(1983年)

国際的な異色キャストが揃った日英合作の戦場ドラマ

戦場のメリークリスマス
© Universal Pictures

ハードコアの『愛のコリーダ』(1976年)などで世界的評価を得ていた大島渚監督が、デヴィッド・ボウイやビートたけし、坂本龍一ら豪華な異色キャストを抜擢して織り上げた極限状態の人間ドラマです。 太平洋戦争真っ只中の1942年、インドネシアのジャワ島にあった日本軍の捕虜収容所が舞台です。ハラ軍曹、イギリス人のロレンス中佐とセリアズ少佐、所長のヨイノ大尉を中心に、人間のエゴと文化的相違、愛憎入り混じる深遠な人間ドラマが描かれました。 ラストシーンでビートたけしが放つクリスマスのセリフと、坂本龍一自身が手掛けた音楽も評判を呼んだ名作です。

『ダイ・ハード』(1988年)

ブルース・ウィルス主演!クリスマスが舞台の大ヒットアクション大作

『ダイ・ハード』ブルース・ウィリス
© 20TH CENTURY FOX/zetaimage

ロサンゼルスにある日本企業の高層ビルを襲った武装テロリスト集団に、たった1人で戦いを挑む刑事の姿を描いたノンストップ・アクション大作です。 人間味あふれる主人公ジョン・マクレーン刑事を演じたブルース・ウィルスの当たり役となり、また悪役のリーダーにはアラン・リックマンが扮しました。 マクレーンはニューヨーク市警の刑事でしたが、ロスに別居中の妻ホリーの勤務先ナカトミ商事のクリスマスパーティーに参加し、高層ビルにたまたま居合わせたという設定です。 映画は世界中で大ヒットを記録し、その後5作の続編が公開される人気シリーズとなりました。

『8人の女たち』(2002年)

舞台は50年代のフランス!大女優8人が競演する犯人探しのヒューマンドラマ

1950年代のフランスを舞台に、クリスマスを祝うために集った8人の女たちによる群像劇をミステリー仕立てで綴った人間ドラマです。劇作家ロベール・トマの戯曲を、『スイミング・プール』(2003年)のフランソワ・オゾン監督が見事に映像化しました。 雪が降り積もるクリスマスイヴの朝、閉ざされた大邸宅で主の死体が発見されます。外部との連絡が途絶えた密室状態の邸宅にいる8人の女同士で、誰が犯人なのかお互いの探り合いが始まるのでした。 カトリーヌ・ドヌーヴ、ファニー・アルダン、イザベル・ユペール、エマニュエル・ベアールらフランスを代表する人気女優たちがそれぞれに訳ありの8人を演じています。50年代のファッションやインテリアも見どころのひとつです。

聖なる夜を素敵なクリスマス映画とともに!

マコーレー・カルキン『ホーム・アローン』
© LFI/Photoshot/zetaimage

恋人とまったり鑑賞するもよし、友人たちとワイワイ鑑賞するもよし!切ない夜にしたいのか、ほっこりしたいのか、気分によって作品を決めるのも良いでしょう。 聖なる夜をどんな風に過ごしたいかをイメージして、クリスマス映画を選んでみてくださいね。