2018年2月1日更新

忍足侑士、クールな瞳にクギヅケ!眼鏡イケメンを徹底解剖【テニスの王子様】

『テニスの王子様』『新テニスの王子様』に登場する、関西弁・メガネ・ポーカーフェイスとあらゆるイケメン要素が詰め込まれた忍足侑士。今回はクールな表情の中に隠れた忍足の魅力を追求していきましょう。

『テニスの王子様』の忍足侑士のクールなプロフィールは?誕生日は?

青学のライバル校である氷帝学園に所属。関西弁を話し、メガネをかけているのが特徴です。 身長 178センチ 体重 64キロ 誕生日 10月15日 天秤座 血液型 A型 プレ―スタイルはオーソドックスな右利きのオールラウンダー。なかでもゲームメイクに長けており、その才覚は「氷帝の天才」と呼ばれるほど。 常にポーカーフェイスで読みにくいうえに、無心となることができ相手からすべてを隠すことができます。しかし、時にはがむしゃらなプレーをみせるといったアツい一面も。 さて、今回はそんなクールかつアツい男・忍足侑士をさまざまな観点から紹介していきましょう。

千の技を持つ氷帝一の天才

「氷帝の天才」と呼ばれる所以に、「千の技を持つ」といわれています。さすがに千の技すべてを披露することはありませんでしたが、「F&D」「F・A・S」「S・S・A・S」といった高度な技を立て続けに披露。それらは、ドライブリターンからドロップショットまで多岐に渡ります。ここからも千の技を持つことが事実であることがうかがえます。 また、先述の心を閉ざす「無心」も忍足の技の1つ。「テニプリ」には心を読んだり未来予知をしたりするキャラが登場します。そんなキャラクターに有効なのが心を閉ざすことなのです。 そんな多くある技のなかで得意とするのは「ドロップショット」。派手な技ではありませんが、クールな忍足らしい冷静な技でしょう。

忍足の眼鏡って実は……。

「テニプリ」では数少ないメガネキャラの忍足ですが、実は「伊達メガネ」なんです。本人も隠しているわけではなく、あらゆるシーンで伊達メガネ発言をしています。 ということはファッションとしてメガネをかけているのかと思いきや、忍足がメガネをかけているのにはれっきとした理由がありました。 その理由は「裸眼をみつめられると恥ずかしいから」というもの。実にどうでもいい理由でかけているのです。 しかし、忍足が言うだけで可愛いと思ってしまいます。イケメンだからこそ許される発言でしょう。

忍足侑士と忍足謙也の「複雑」な関係

「テニプリ」にはもう一人忍足という苗字の人物が登場します。忍足謙也、四天宝寺中学校所属の「浪速のスピードスター」と呼ばれる人物です。侑士と謙也、この2人の関係はどのようなものなのでしょうか。 想像つく方もいるでしょうが、実はこの2人「従兄弟」なのです。しかし、外見も性格もまったく似ていません。 プレースタイルもまったく違い、「技」の侑士に対し「スピード」の謙也。これは忍足の家系が代々医者の家系、謙也の母方の家系が足が速いことから、血の影響なのかもしれません。侑士には忍足の、謙也には母方の血が濃く流れているのでしょう。 対照的な2人ですが、まったく似ていないのかといわれればそうでもなく、テニスを含むあらゆる物事で互いを強烈にライバル視している、という点では似ています。

クールな中にも闘争心溢れる熱き名言

「打ちごろやんなぁ」「攻めるん遅いわ」「甘いわ」「かなわんなぁ」

このように、試合巧者である忍足の優勢が想像できるような発言が多いです。これらの言葉は常に余裕の表情ではなたれ、その様子はクールとしかいいようがありません。

「ええ加減お前を倒さへんと 頂点へ行かれへんわ」

しかし、アツい一面を持つ忍足は時には発言もアツくなります。 実はここに書かれたすべての発言は青学・桃城との試合の時の発言です。桃城とは何かと因縁があり、クールな表情の奥に潜む闘争心をむき出しにして戦います。

変態?ロリコン?初代テニミュで斎藤工が演じる!

今や数多くのドラマや映画に出演している斎藤工。そんな人気俳優がミュージカル『テニスの王子様』にて、忍足侑士を演じていました。 ポーカーフェイスでクールな忍足にまさにぴったりの配役に思えますが、実は忍足は斎藤のせいでテニミュ界隈で「変態キャラ」とされているのです。 どうやら斎藤がミュージカルに出演する年下の共演者たちとじゃれていた姿が印象的で、それを知ったファンが斎藤を「ロリコン」認定。そのとばっちりを食う形で、忍足までロリコンの変態キャラ認定されてしまったのです。 しかし、あくまで噂なので、斎藤が本当にロリコンかの真偽は不明。その点は注意してください。

『テニスの王子様』忍足侑士のクールなキャラソンに痺れる。

「テニプリ」は登場キャラのほとんどがキャラソンを出しています。忍足も例にもれず、何枚ものキャラソンがあります。その中で、忍足のシングルに絞って紹介していきましょう。 「Crafty」「眼鏡をはずす夜」「て~つなご。」「バレンタイン・キッス」「A気持」 「バレンタイン・キッス」はほとんどのキャラが歌っているため除きますが、タイトルをみるに、おおむねクールでほんわか関西弁の忍足のイメージに沿ったキャラソンでしょう。 また、アルバムも2枚発売されており、そちらには10曲以上もの曲が収録されています。そのどれもが忍足らしさが表現されている曲となっています。 さて、クールな眼鏡イケメン・忍足侑士の魅力は伝わったでしょうか。興味を持った方はぜひ『テニスの王子様』『新テニスの王子様』にて彼の活躍を括目しましょう。